フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

パサカージェ

フォルクローレのリズム様式CM(0) TB(0)

パサカージェ(Pasacalle)は、国によってリズムに違いがあるようですが、ここではまずエクアドルのパサカージェについて書いてみたいと思います。

もともと、楽師が通りをふらつきながら演奏した様から興った舞曲の様式で、通り(Calle)を歩く(Pasear)が語源です。
ややテンポの速い4拍子の、行進曲風のリズムです。
ッカッ ッカッ ッカッ ッカッ …”と、”ッ”の表拍のところにアクセントがあります。行進の際は体を左右に揺らしながら、表拍のところで足踏みをします。
軽快なリズムに加え、曲調も快活でにぎやかな感じのものが多いようです。

おもな曲には、いも虫(百足?)ダンスで有名な「レイナ・イ・セニョーラ(Reina y Señora)」があります。

恒例のムカデダンス 写真は”平尾台フォルクローレ祭り”で行進するお客さんたち。

さて、ペルーやボリビアなどでは、このパサカージェは、お祭りなどの最後に流れる、お別れの曲なのだそうです。
テンポはゆったりとした4拍子または2拍子。”タン タン …”と、ややおとなしめの進行です。
後半にしばしばワイノ(ワイニョ)のように”タンタタ タンタタ”と展開していきます。
別れを惜しむかのように、儚げで、悲しげな曲調という点でも、エクアドルのものとはまるで異なるリズムのようです。
ちなみに、ペルーなどでは、三部構成の「コンドルは飛んで行く」の2部 フォックス・インカイコのところにこのパサカージェをあてているケースも見られます。

スポンサーサイト

シルクウェイにちはら収穫祭

nosaレポートCM(4) TB(0)

11月も目前に迫り、にわかに秋めいてきた先週末、島根県津和野町の道の駅シルクウェイにちはらにて行われました収穫祭のもようをお届けします☆

GRUPO VIENTOS ライブ

雨が降ったりやんだりのしぐれ模様のお天気、風もやや強く肌寒い一日でした。
瀬戸内地方からの道中の渓谷では紅葉も見られ始め、山深い場所ではすっかり秋の風情。
…しかしこの天候でライブは大丈夫?もちまきは?!

石見神楽 

収穫祭、しっかり行われていました!
道の駅前のスペースでは、鮎の塩焼きをはじめ地元の産品を販売する屋台がずらり。小雨にもかかわらずそれらを買い求める観光客の方たちの熱気でいっぱいです。
お昼前の特設ステージでは、ちょうど石見神楽の上演中。寒さのなか口もとで手をすり合わせつつ、激しい太鼓のリズムにのって、くるくると流れるように舞う演者さんの姿にしばし見入っていました。
そしてこの後にはもちまきも。今日もガッチリ☆

屋根の下から鑑賞

まずは山陰地方を中心に活躍中のシンガー・六子さんのライブです。
現在放映中のNHKの朝の連続テレビ小説「だんだん」等、テレビやラジオにも多数出演している人気の女性デュオです。ふるさとを思うあたたかな詩とメロディ、そして美しく透きとおるような歌声のハーモニーがすばらしい!お客さんやファンもたくさん詰めかけていました。

この日のライブでは、レパートリー曲の「だんだん」や「祈り」に加え、なんとVIENTOS・柳井さんの「ちぎれ雲」も披露していただきました(しかも共演です)!!
今回、残念ながら撮影、録音は禁止でしたので画像などありませんが、5月に同じくシルクウェイにちはらで共演したときの映像がYouTubeでご覧いただけます!!こちら → ちぎれ雲@2008.5.18シルクウェイにちはら

フォルクローレのオリジナルとはまたひと味違った透明感あふれるアレンジで、三部混声のボーカルと柳井さんの篠笛も心に沁み入るような演奏でした。
ちなみに六子さんは、来る11月28日(金)に松江にて、初の単独ライブを開催されるようですよ。”だんだん”とともにちぎれ雲も、全国的にブレイクしていくかも?!今後の展開と活躍が楽しみです!!

フォルクローレも定着してきたかな ガンバレ~!

それではお待たせいたしました。GRUPO VIENTOSのステージをどうぞ!
幸いにも雨や風も止み、リハーサルも含めて約1時間たっぷりとフォルクローレです。

「グアダルキビール」、「パンディニータ」、「マリポーサ」、「コンドルは飛んで行く」、「花祭り」などのおなじみの曲に加えて、もちろん「米の酒と笑い声と自慢ばなし」と「ちぎれ雲」の両オリジナル曲も披露。
フルメンバーの今回は、Fujiiさんのアコーディオンや、Ookaさんのパンディーロなども加わって、演奏もさらに充実していました。
最後はアンコールで「アミーゴ」。ボーカルのOkidaさんはいきなり&久しぶりでびっくりだったそうですが、それでも滞りない演奏はさすがですねー!

せーのこりゃ~ よいしょー!!

それにしてもやっぱりおひざ元、手拍子やヘイヘイ!などのアクション、せーの・よいしょ!などのかけ声も定着している感じです。道の駅の売店には、柳井さんのファーストアルバム「音手紙」も置いてあり、地元に広がるフォルクローレの輪!うれしいことじゃな~☆
小さな子どもたちやお年寄りもいっしょになって、元気よく手拍子やこぶしを振り上げて楽しんでいる様子は、フォルクローレ、VIENTOSならでは。”そのままで”いい、ほっとするような気分に包まれて、今日も楽しい帰り道でした。

ちなみに柳井勇さんのアルバム「音手紙」は、津和野町のシルクウェイにちはらのほか、山口市の風工房さん、大竹市の三倉岳休憩所さんでもお買い求めいただけます☆

 … … …

ところで、来月23日の柳井まつりでは、午前と午後の2回、GRUPO VIENTOSのステージがあるのですが、その中でArcoメンバーもボンボで”米酒”の演奏をお手伝いする予定です!パチパチパチ~!!
柳井さんが楽器紹介でボンボについて、「演奏の重心、グルーポを一つにまとめる要」と説明されてたように、とても重要なセクション。こりゃあ映像見て猛特訓せんといけんでよ!!
プロのグループと演奏をご一緒させていただくことは、とても光栄なことだし素晴らしい機会だから、しっかり練習を積んで、秋晴れの晴れ晴れしたいいお祭りになるようがんばろう!

というわけで次のステージもなにかと楽しみです!
以上、収穫祭レポートでした。それではまた☆

秋のイベント情報

行事予定CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは!アルコイリスのメンバーが出演のステージ、および、ちょっと応援に行ったりするイベントのご案内です☆



○ 新南陽ふるさとふれあい物産展

 日時:11月3日(月・文化の日) 9:00 ~ 16:00
 場所:新南陽体育館前ステージ(周南市中央町4-10)

 ※ イベントは前日から開催、アルコイリスは3日の13:30 ~ 14:00に演奏の予定です。
   演奏曲目(予定):ソルテロ・リブレ、砂漠のトラ、マリポーサ、ユリイ、花祭り



○ 大野寮フェスタ

 日時:11月22日(土)
 場所:広島県立大野寮 (廿日市市大野町2645)

 ※ 午前中のYAMAのステージに、nosaもパーカッションで参加の予定です☆



○ 柳井まつり

 日時:11月23日(日・勤労感謝の日) 9:00 ~ 16:00
 場所:JR柳井駅 ~ 白壁通り

 ※ 商工会議所前の特設ステージにて(多分)、午前(11:00)と午後の2回、GRUPO VIENTOSのライブがあります!! そこにArcoirisメンバーも応援に駆け付け、「米の酒と笑い声と自慢ばなし」では打楽器の演奏のお手伝いも(!)。誰が出てくるやら…お楽しみに☆

 ※ お祭りは、ライブのほかにも子どもみこしや花傘おどり、屋台村やふわふわドームなどのゲームコーナー、フィナーレは1万個のもちまき大会なども用意されています。くわしくは柳井商工会議所のホームページをご覧ください。



○ 中小企業勤労者フェスタ

 日時:11月23日(日・勤労感謝の日) 12:50 ~
 場所:スターピアくだまつ 大ホール

 ※ 13:00からのロス・コイジスさんのステージに、nosaもパーカッション等で参加させていただく予定です。
 ※ 入場無料。その他イベントの詳細についてはこちらをどうぞ → 下松市私設案内



☆ GRUPO VIENTOS情報 「シルクウェイにちはら 収穫祭

 日時:10月26日(日) 10:00 ~ 15:00
 場所:道の駅 シルクウェイにちはら

 ※ 14:00ころからGRUPO VIENTOSのライブがあります!地元島根の人気ミュージシャンで、NHKの朝の連続ドラマ”だんだん”にも出演の六子さんとのセッション演奏も予定されているそうです!!

 ※ 入場無料。その他イベントの内容は、10:00~御神楽、12:00~もちまき、13:00~六子ライブ など。雨天の場合…不明です。晴れるといいですね☆

 

ジョランド・セ・フェ

フォルクローレの曲CM(1) TB(0)

ジョランド・セ・フェ(Llorando se fue)」は、ボリビアの代表的なフォルクローレ グルーポ、ロス・カルカス(Los Kjarkas)のウリーセス・エルモサ(Ulises Hermosa、故人)の手による名曲で、リズムはカポラル。日本では「泣きながら」の曲名でも知られています。

1980年代後半に、フランスの音楽グループの「カオマ(Kaoma)」が、カルカスの原曲を無断で借用し、「ランバダ(Lambada)」として世界的に大ヒットさせました。

「ランバダ」は、ブラジル北東部バイア地方の”ランバーダ”(鞭で打つという意)というリズムにのせてアレンジされたことからきていて、もとの曲名はポルトガル語の「Chorando se foi(泣きながら去った)」だったそうです。
アップテンポな曲調と、とてもセクシュアルなダンスで一世を風靡しました。日本でもカバーソングがヒットしたのは、もう20年近くも前のことになりますね。

New! (2014.12.10)
   Llorando Se Fue   クリックでMIDI試聴できます

”ランバーダ(Lambada)”は、ブラジル在来のリズムと、ドミニカの”メレンゲ(Merengue)”やコロンビアの”クンビア(Cumbia)”が融合して生まれたリズムおよびダンスで、現在はカリブ由来のズーク(Zouk)とミックスが進んでいるそうです。

さて、原曲の「ジョランド・セ・フェ」ですが、愛する人が去ってしまった悲しみを歌う失恋ソング。
アップテンポで軽快な「ランバダ」に対して、ややゆったりめのカポラルのリズムに引きずられるように、哀感漂うメランコリックな曲調となっています。
日本語の歌詞がありますが、これは、自分たちの曲が日本でも親しまれていることを知ったロス・カルカスのメンバーが、ボリビア在住の日本人に頼んで訳詞を付けたのだとか。なので、しばしば現地の人たちも、スペイン語に日本語の交ざった歌詞で歌っているそうです。

   Llorando se fue
   Y me dejo solo sin su amor

   Llorando estara recordando el amor
   Que un dia no supo cuidar

   La recuerdo hoy
   Y en mi pecho no existe el rencor

   Llorando estara recordando el amor
   Que un dia no supo cuidar

   泣きながら あなたは去って行った
   泣きながら あなたを偲ぶ夜

   つむじ風 粉雪散らし あなたの消えた道
   つむじ風 粉雪散らし あなたの消えた道

第1回 まほうのことば音楽祭

演奏歴CM(9) TB(0)

みなさまこんにちは!秋晴れに恵まれた日曜日、周南市の旧熊毛地区で開催されました、”第1回 まほうのことば音楽祭”に出演してきました☆

まほうのことば音楽祭にて

まほうのことば音楽祭は、未来を担う子どもたちとともに、地域、家庭にあいさつの輪を広げていくことをめざした参加型音楽イベントで、地元のあいさつ運動テーマソング「まほうのことば」を、参加グループに思い思いにアレンジしてもらい、その普及とともに演奏力や表現力を競うコンテストでもあります。
アルコイリスもオリジナル・アレンジでのぞみました。結果はのちほど☆

好天に恵まれました 中のスタッフも中学生!ごくろうさま
実行委員長さんと教育長さんの開会あいさつに続いては、カルチェラタン・エクスプレス・オーケストラさんのオープニング演奏。今回も大迫力!
右はイベント・マスコットのGENKIくんとYUMEちゃん。中学生もがんばってます。


音楽祭と同時開催の(こちらがメインなのですが)元気こどもゆめまつりは、地元の資源や人の技術を活かし、環境にも配慮した、子どもが主役の地域密着型の祭典です。
スタッフの方々はもとより、参加者も自分たちの力でお祭りを成功させようと、その熱気がひしひし伝わってきます。子どもたちを中心にたくさんの人たちの参加と協力で、趣向を凝らした各コーナーもかなりの盛り上がりでした。

作ったり、遊んだり 学んだり、買いものしたり
体育センター会場のようす。ゲームやクラフト、パネル展示など、たくさんのコーナーにたくさんのお客さんが詰めかけています。熱気でいっぱい!

また会場内では、イベント通貨”元気”でのやり取りも行われました。
たとえば、空き缶を集めて”元気”と交換してもらい、その通貨を使って買い物やゲームを楽しもうというもの。地域通貨のイベント版です。なお集めてきた空き缶は、地元・八代に毎年飛来してくるナベヅルのモニュメント作りに使った後は、しっかりリサイクルに回されていました。
ふだんお金を使う機会の少ない小さな子どもたちにとっては、お金や環境のことを楽しく学べたんじゃないかな。

台唐(だいがら) 竹のオブジェ
左、もちつきのだいがら。きなこもちが無料でふるまわれたそうです。この日はほかの食品類も大盛況だったようで、のきなみ売り切れ!演奏してたのでどれもいただけんじゃった。。
食べ物のほかにも竹細工やバザーなどの出店、さまざまなオブジェや消防車に白バイの展示も。


紐をくるくる巻いて… 5分間の夢心地
昔なつかしの遊び体験、ふわふわドームやバッティングや9ゴールバスケット、クイズラリーなどもあってちょっとした遊園地です。無料のものが多く、”元気”も使えるとあって、どこも子どもたちでいっぱい。

ステージ近くでは、バルーンアートやジャグリングのパフォーマンスも。こちらも大人気でした。道行く子どもたちもバルーン片手に得意顔。
さっそく作ってもらったすーちゃん。Omuさんも甥っ子のMitchanへのおみやげにもらっていました。最後まで割らんかったなぁ すーちゃん、エライ!

バルーン~ グーだね!
右、Omuさんは今回、東京アルコからプレゼントしてもらったボリビアの衣装での初舞台。着せやすいしバッチリ決まってましたね!

さて、音楽祭のステージです。
どのグループさんも、演奏のアレンジのみならず、人形劇や手話など、さまざまなパフォーマンスを交えて、「まほうのことば」とあいさつの大切さを伝えていました。
へーっ、こんな見せ方もあるんだなあと、やっぱり他ジャンルのステージはとても参考になりますね。ジャズやフォークや合唱にハーモニカ。同じ曲の演奏なのですが実にバラエティ豊か。
でも、どのグループさんもそれぞれの持ち味を発揮されてて、とても見ごたえがありました。広い会場が「まほうのことば」でひとつにまとまった、そんな気がします。やっぱり音楽っていいね!

ちょっと日差しが強かった 演劇仕立てで魅了します
日のあたる場所はちょっときつかったかも。しかし熱心に鑑賞&応援するお客さんの姿もたくさん。
ゲストの徳山少年少女合唱団の演奏は、歌声もパフォーマンスもいきいきしていてすばらしい!


さあ、ゲストの演奏も終わり、いよいよ審査発表です!結果は…

やった~!!

次点の特別賞に、熊毛中学校吹奏楽部のみんなとともに選ばれました!おめでとう!!
フォルクローレの珍しさ、衣装の派手さと、すーちゃんのダンスの楽しさが評価されたようです。よかったよかった、うれしいね♪
なお最優秀賞のコールおおかわちさんは、来年早々、周南市文化会館で行われる大きなイベントで演奏されるそうです。おめでとうございます、がんばってください!

ありがとうございます! 何を買おうかな~♪
左、表彰式。実行委員長さんから賞状と副賞の音楽ギフト券をいただきました。
右、ヘッドセットマイクか?アンプか?それとも…


あいさつ、環境、地元のよさの再発見、子どもたちの未来…こうしたテーマでたくさんの人たちをつなぎ、楽しさと学びとふれあいを提供しあった、みんなで作り上げるすばらしいイベントでした。
地元の中学生たちも、ボランティア・スタッフとして笑顔でお祭りを盛り上げていましたし、これは明るい未来が待ってるな、そう感じさせてくれた秋の一日でした。

飛んでけー! ふわふわ 遠くまで夢届け

お祭りの仕上げに、子どもたちが作ったエコ風船(紙製の風船に思い思いの夢が書いてあります)を、空に向かって一斉に飛ばします。それっ!

高~い 秋の空に吸い込まれていきます ワ~!

最後にスタッフから感謝をこめて、盛大にもちまきです。
もちをまく人も、拾う人も、みないい笑顔!大成功ありがとう!!

天高く おつかれさま、次もがんばろう☆

というわけで、音楽祭レポート、これにて終了です。
今回いただいた賞を励みに、これからもますます元気に、楽しいステージを届けていきたいと、一同思いも新たにしています。
次は11月の物産展での演奏、ダンスも交えて大いに盛り上げてこよう!そしてまたたくさんの笑顔に出会えるといいね。
ひとまずおつかれさまでした。それではまた☆

ギタレアーダ DE なんじゃこりゃ大福

活動歴CM(0) TB(0)

こんにちは。深まりゆく秋、お月さまも明るくきれいです。
昨夜は、Omuさんの誕生日をなんじゃこりゃ大福で前祝いしました。

Omuさんへのバースデイ…大福 北海の塩鮭か?!

昔、同じ職場で働いていたNatachaと東京アルコの二人が大好きだった一品なのだそう。
遠く宮崎からのお取り寄せ、包みにも風情と風格がありますね。どれどれ…

大き~い 苺、栗、チーズ

なかなか食べ応えのあるビッグサイズです。
中身はというと、大福の中にはなんと苺、栗、チーズの三種の具がせめぎあっています!
それぞれに味わいがあるけれど、クリームチーズがいいアクセントになってるね。これは文句なしにおいしいです!
(…ところでEriちゃんとMassyは学園祭準備のため欠席でした。まあ次の演奏の打ち上げがあるさ、学園祭ガンバレ!!)

おめでとう! うまいっす!

Omuさんお誕生日おめでとう!なんじゃこりゃ大福の中身のように個性的な面々だけど、これからもおおらか~にArcoを包んでいってやってください。
そうそう、アビリンピックもがんばって!千葉への旅程、N700系も楽しみですね。
その前にまほうのことばの演奏と、それに餅拾いもしっかりとね。まあ気楽に秋の一日を楽しみましょう。ではまた☆

秋の演奏予定

行事予定CM(0) TB(0)

こんにちは。アルコイリスの10、11月の演奏予定です☆

○ 第1回 まほうのことば音楽祭

 日時:10月19日(日) 12:00 ~ 14:30
 場所:熊毛中央公園野外ステージ(周南市大字呼坂2-2)

 たくさんの市民ミュージシャンが未来を担う子どもたちとともに、地域、家庭に
 あいさつの輪を広げていくことをめざした、参加型音楽イベントです。

 出演グループ:
   1 カルチェラタン・エクスプレス・オーケストラ
   2 コールおおかわち
   3 こんにちは!アミーゴ
   4 こどもの文化研究会 
   5 アルコイリス
   6 熊毛中学校吹奏楽部
   7 モリーズ
   8 ザ・ハーモニー
   ゲスト 徳山少年少女合唱団

 ※ 同時開催 ”元気こどもゆめまつり” 10:00 ~ 15:00

   各種バザーやキッズフリーマーケット、ふわふわドーム、白バイ・消防車展示、
   スポーツや遊びの体験、工作、ミニ動物園、もちまきなどがあります!
   イベント通貨”元気”を使ってお買いものやゲームにチャレンジ♪
   空き缶を洗って持ってきてたくさん”元気”をもらおう!(たぶん子ども限定。。)



新南陽ふるさとふれあい物産展

 日時:11月3日(月・文化の日) 9:00 ~ 16:00
 場所:新南陽体育館前ステージ(周南市中央町4-10)

 ※ イベントは前日から開催、アルコイリスは3日の13:30 ~ 14:00に演奏の予定です。
   演奏曲目(予定):アグアス・クラーラス、砂漠のトラ、マリポーサ、ユリイ、花祭り

 ※ 昨年のイベントのもようがロスコイジスさんのホームページに詳しく紹介されています。
   こちらをどうぞ → 新南陽ふるさとふれあい物産展’07

祝☆7000カウント!!

ごあいさつCM(0) TB(0)

いつもご覧いただきありがとうございます。
おかげさまでこのたび、アクセスカウンタも7000を突破いたしました!

最近節目のカウントになると、新しいMIDI音源を作る流れになってますので、今回もがんばりました。カルカスの「イミリタイ」です、どうぞ!→ 「Imillitay

サンプル作りはなかなか骨の折れる作業なのですが、実り多いものでもあります。その工程をちょっとご紹介します。
まずは参考にするCDやライブ映像などをしっかりと、細部などは何度も巻き戻しつつ聴いて、ケーナやサンポーニャのメロディラインからチャランゴなどの伴奏、ベースパート、ボンボなどのパーカッション等、各パートごとに楽譜に上げていきます。
この採譜の作業は、曲全体を把握するためにとても有効です。できた楽譜はグルーポの次期レパートリーとして活用していきます。
そしてその楽譜をもとにMIDI音源の作成です。僕の場合、”Studio ftn Score Editor”という、インターネットで無料でダウンロードできるフリーソフトを使っています。五線譜上に音符などを落とし込むタイプのものでお薦めです。ほかにもいろいろな種類のフリーソフトがありますので、検索してお気に入りのものを選んでみてください。

ライブなどを聴いて、感動して、ぜひ演奏してみたい!という曲に出会ったなら、実に楽しい作業となります(合計10時間くらいかかりますが…)。
なお、できたサンプル音源は一部携帯機種でも聴くことができます(DocomoはOKのようです)。
「ジョランド・セ・フェ」や「ルンバ・ランバダ」などの定番曲も作りたいけど…カウンタの増加を励みにしておいおいがんばっていきます☆

米泉湖で練習

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは!すがすがしい秋の日々いかがおすごしでしょうか。
先日体育の日、Arcoirisは下松市の米泉湖ほとりの芝生広場にて、野外練習を楽しみました。

米泉湖で練習? photo by PIYOちゃん

天気は見事な秋晴れ、それに体育の日ということもあってか、親子連れを中心にスポーツなどを楽しむ人たちでにぎわっていました。常設してあるステージでも、子どもたちが壁とキャッチボールしたり鬼ごっこしたり。
僕たちはほどよい木陰に陣取って、今週末行われる”まほうのことば音楽祭”に向けての曲合わせと、やっぱりここに来れば遊びたくなるよな~、合間合間にボール遊びやだるまさんが転んだ(なつかしい!)などもしました。

手ごろな日かげを選んで 芝生にゴローン

最近練習もあまりできていなくて、仕上がりもまだまだな感じもあり、いつもより熱心な調整です。遠くから”なんじゃろ~”と眺める人たちの視線も気にせず、みな集中できていた様子。
小さな子たちも不思議そうに近づいてくるけど、知らない異国の歌を聴いてみんなどんなふうに感じてたのかなあ。

ステージで練習だ!

この日は初ものが2つ。
ジュニアの3人にとっては初めての米泉湖でした。日暮れころには遊ぶ人たちも少なくなったので、せっかくだからステージへ!
何曲か歌って踊って…いつかここでたくさんのお客さんの前で演奏できるといいな☆
それと、先日の平尾台にて、あるグルーポさんが使っていたのを参考に、すーちゃん用のボンボの台を作って持ってきました(写真中央、Eriちゃんの後ろ)。
これで立ったまま、パフォーマンスしながら叩けるな~!週末の演奏が楽しみです。

だるまさん なかなか転ばず

しっかり練習して、キャッチボールで走り回ったし、ちょっと疲労感もありますが、秋の空気をいっぱい吸っていい一日をすごせました。さあ、本番のステージもがんばっていくでよ!! by 米

平尾台フォルクローレ祭り ~ 場外編

nosaレポートCM(1) TB(0)

もう1週間前の出来事になってしまいました、遅くなってすみません、、平尾台フォルクローレ祭りのステージ以外のもようなどお伝えいたします☆

五郎八さんと尋くんかあさん パレードにて
アンデス音楽隊パレードにて。

まずはステージ演奏に先駆けて、休憩所そばの広場をパレード。丸一日降り続いた雨もこのときばかりは上がってくれました。
このパレードにはシーク(サンポーニャ)を持っている人なら誰でも参加できます。ラス・ティアスのみなさんもポンチョ着てがんばってますね~。
ただやっぱり曲は練習していったほうがより楽しめるよね。来年は晴れて野外音楽堂までの長~い距離を歩けるといいなあ。

さて、左に見える謎の道化師。パレードを先導し大いに盛り上げていました。
ペピーノ(Pepino=きゅうり)といって、観客に水をかけながら通りを進み、最後は彼がやっつけられて祭りが幕を閉じるのだそうです(尋くん母さん談)。ああ、憐れなりペピーノ…。
しかしなんとまあ目立つ衣装。すごいのがいるな~と話を聞いてみると、中の人、五郎八さんじゃん!去年のどんたくのときは別の衣装着てませんでしたっけ?エンターテイナーやな~!

ずら~り アンデスの笛 楽器に雑貨 衣類も豊富
会場の外にはアンデスのお店が出店。なかなかの品揃えです。

こういうフォルクローレのイベントでは、楽器や雑貨などのお買いものができることもうれしいですね。さまざまな種類の笛やCD、衣類や小物、ふだんはなかなかお目にかかれないものをじかに手にとって選べます。送料いらずだし、お値段も手ごろ。
しかしなんとロスコイジスの艦長さん、チャランゴ買っちゃった!気に入ってしまったんだって~。

橋本さんと笹久保さんを迎えるスタッフ・出演者 ボリビアマンマさんのArpista ちゅうさん
会場を彩るミュージシャンのみなさん。

フォルクローレって、演奏者とお客さんが何かと近いですよね。同じジャンルの音楽だし、雲の上のような人でも声をかけやすい?となりで演奏聴いてる人があとですごいステージやってたり…みんな同じ人間なんだなあって感覚になります。
真ん中のアルパの方の演奏素晴らしかったです。プロなのかな?最初”アルピニスト”って紹介されてて、おおっ登山家か、と思ってたらあとで訂正、正しくはアルピストか。
右、巨大なレコントラ・トヨの説明と実演をしてくださったちゅうさん。レコントラ・トヨを吹いたあとはトヨですら楽に音を出せるとのことでした。ほかにも水で濡らして吹く笛(フラボ)や手作りしたような弦楽器…アウトクトナってほんとにいろんな楽器があるなあ。ちゅうさん、いつも快く応えてくださってありがとう!

¡Hola! 司会のお姉さんもおつかれです! 客席のみなさん
会場内の様子。高原の秋ですがお祭りの熱気で暑いくらいでした。

takeoさんもご自身のホームページで書かれてましたが、出入り自由、飲食自由、踊るのも自由…と、思い思いに楽しめるいい空間でした。
なるべくお客さんに席を空けるため、出演者はテーブルを譲り合ってお弁当や休憩。でも出演者とお客さんの分け隔たりはあまりなくて、ひとつ屋根の下って感じで、こういうのもなかなかいいですね。

サマイさんのステージ、ビクトル君の舞い 華麗にサンフアニート!
サマイのビクトル君のサンフアニート・ダンス。速すぎてとらえられない!

今回個人的にとくに感銘を受けたのは、ウイニャイ・インティさんのカッコイイ&美しいボーカルと、サマイのビクトルくんのダンスでした。本場の(男の人の)勇壮、華麗な舞踏は初めてでしたし、あんなにスピーディに動けるなんて!思わず機会があれば教えてと彼に握手を求めてしまいました。

恒例のいも虫ダンス ぞろぞろ~ ぐるぐる~

お祭りのトリはサマイさんの「レイナ・イ・セニョーラ」にのせて、みんなでいっしょに恒例のいも虫ダンスです。
スタッフの方々や近場のグルーポさんは朝から、ステージだけでも5時間の長丁場、さぞやお疲れのことでしょうけれど、こうしていっしょに踊ってると ああ楽しかった、また来年も!と思わず笑顔に。やっぱりいいイベントだったなあ。
 
来年は晴れてほしいね!

初めてのことばかりで肩に力が入りすぎてしまった2008年の平尾台でしたが、次回は落ち着いてのびのびと楽しみたいと思います。できれば野外のステージで!
では、さようなら、平尾台!参加されたみなさまおつかれさまです、ありがとうございました。また会う日を楽しみに、日々元気にすごしていきましょう☆

ギタレアーダ DE メキシコ土産

活動歴CM(0) TB(0)

こんばんは!平尾台レポートもちょっと小休止。
今夜は、先日新婚旅行でメキシコに行っていた東京アルコから届いたお土産とともに、久々の練習を楽しみました。

Photo&Deco by Massy

下の写真の上のほうの2つは両方とも”Arcoiris”と名のついたお菓子、それに下のほうは先日ブログで紹介したアロス・コン・レチェではないか!さっそく送ってくれてグラシア~ス。

メキシコ土産のお菓子

見た目スーパーで売ってるヨーグルトのようですが、東京アルコから”必ず全員が食べること!”とのお達しをいただいてたので、みんなで恐る恐る挑戦です。。(Eriちゃんは腹痛で参戦できず、早くよくなれよ!)

アロス・コン・レチェ ズバリ!アルコイリス このコンビネーションもなかなか

お、これ、おいしいよ!マイルドな甘酒とヨーグルトを足したような感じで、でもそんなにクセがない。お米の粒がいいやわらかさで残ってて食感もGood。風味づけにシナモンを利かせてるけど、日本人にもぴったり合う味じゃないかと思います。みんなにもなかなか好評でした。
Arcoirisのお菓子は片方だけ開けたのだけど、ビスケットの上にカラフルなマシュマロが乗ってるやつね。上はフワフワ、下はサクサクで、こちらもふつうにうまい。
あれれ~、なんか意外。東京アルコのことだから、てっきりきわどい線を突いてくると思ったが…アロス・コン・レチェなんて今度自分で作ってみようかと思うほどじゃったよ。

マーマレード入り紅茶 正しい食べ方 ん~!
マーマレードはやや甘さ控えめ。かえってお菓子本体のほうが甘いです。
Massyの表情はうまいのか、そうでもないのかどっちだ?!


で、マシュマロビスケットのほうの最後の1個を取り出したら、ついでに何か出てきたぞ。イチゴのマーマレード…ひょっとしてこれかけて食べるんだったの?ああ今さら…。
仕方がないので最後の1個にたっぷりかけていただきます!それでも余った分は紅茶に入れて、濃く入れてたので苦かったのが若干まろやかになったとか。
初めてのことでいろいろと試行錯誤したけれど、おいしかったしおもしろかったでよ!東京アルコありがとな~☆

苦しゅうない、うまかったぞ! 昔のSISAYの映像鑑賞

お菓子やお土産に夢中になって、ちょいと練習の時間も少なくなりましたが、さらに先日Hさんからいただいたシサイの昔の映像も楽しみました。
今とはずいぶん違った雰囲気で一同見入ってしまい、あっという間の夜のひととき。
まあ週明けに補習を入れるし、今夜は楽しかったしこれでよし!
メキシコからのトロピカルなエネルギーをもらったことだし、秋のステージに向けてますますがんばってまいりましょう~。東京アルコも達者でな、米ガトーでした☆

平尾台フォルクローレ祭り ~ 一般の部

nosaレポートCM(0) TB(0)

それでは平尾台フォルクローレ祭り、アマチュア・セミプロ11グルーポさんのステージのもようをお届けします。
…しかしながらすでにロスコイジスさんのホームページに、たいへん詳しく臨場感たっぷりに掲載されてますので(感動しました!)、ぜひこちらをご覧ください☆ → takeoさんのレポート

ロス・コイジス Ⓒ photo by nobuさん
ロス・コイジスさんのリハーサル風景。最後から2番目の登場で、それまでダンスでわいわいやってたこともありけっこうフラフラ。。でも、4曲、がんばった!!

福岡を中心に九州各地、遠くは長崎、熊本、大分からフォルクローレの仲間が集いました。
レパートリーも、衣装も、キャリアも、ケーナの音色も実にさまざま。それぞれにカラーがあってたいへん参考になりましたし、初めての僕には次に何が出てくるのかワクワクするようなステージでした。

アマドナス ポコポコ ケーナクラブ
アマドナスの左から2番目と4番目のお二人は、現地のチョリータさんの装いでモレナーダの舞いを披露、本物の人の毛の付け毛をされてるんですよ。ポコポコのちびっ子二人はボンボとチャフチャスで元気いっぱい!ケーナクラブさんは初出場、さぞ緊張されたろうなあ~。

会場となった無料休憩所には、テーブルと椅子がいくつも並んでいて、お客さんはお弁当やおやつを食べながらゆっくりと演奏を楽しんでいました。
もともと音楽向けの施設ではないため、やや音が散ってしまう感じもありましたが、ちょうどいい広さで一体感のある会場です。
後ろのほうではノリノリでダンスを踊る(おもに出演者の)みなさんもステージをいっしょになって盛り上げていました。

ロス・エッパカーニャス 熊本フォルクローレ 竹取の翁PAN
佐世保のエッパカーニャスさんはノリが愉快!ディアブラーダのサンポーニャは圧巻、すげ~。熊本フォルクローレさんはソロで実力十分。右端、お会いできて光栄!のりょうさんのケーナの太い音色はとても印象的。ヘルメット姿も見てみたいね~。

春の三倉岳の音楽祭のときも感じたのですが、九州のグルーポさんは、実力もさることながら何より持ってる雰囲気が…違う!行ったことはないけれど、アンデスの風に吹かれているような…。
実際現地に行かれた方も多いようですし、それに杉山楽器さんはじめ本場の音楽や風物を発信するベース的な存在もあり、話を聞いてみると音楽の知識をはじめ、文化や現地のことなど、本当によく知っているなあと感心させられます。
僕はフォルクローレを外から眺めてその真似ごとを楽しんでいるにすぎないけれど、九州の方たちはその内側から表現している、そういうふうにも思えました。

チュキアゴマンタ ボリビアマンマ 
チュキアゴマンタさんの超巨大!レコントラ・トヨでの「イマンタタ」演奏は人間の可聴領域を超えてるのでは?と思えるほど。ボリビアマンマさんはとにかく、う…、上手い!!

しかしフォルクローレっていうのは、聴く人がけっこう演奏もしてしまう音楽で、やっぱり誰にでも気軽に、身近にって点も大きな魅力のひとつ。今回の出演者も老若男女問わずいろんな方が参加されていました。
へえーこんな人もいるの(いてもいいの)?!それもあり?!とたくさん驚かせてもらいましたし、そういう場ってなんだか安心できますよね。
もちろん惚れぼれするような上質な演奏もあって、巧拙・静動・哀楽入りまじり、それぞれの色合いをより鮮やかに引き立てる。いろんな要素があるって素晴らしい!

ウイニャイ・インティ サマイ
ウイニャイ・インティさんのコーラスのハモリは最高!!テンポもよくって「イミリタイ」は場内まるでディスコに!サマイさんのサンフアニートは今回超カッコいいダンスも加わって実に本格的。会場を揺らせます!

とてもバラエティに富んだ5時間のステージ、みなさまおつかれさまでした!
この祭典に参加できたことにとても感謝しています、それも出演者として(ロスコイジスのみなさん連れてっていただきありがとうございました!)。本当にいい経験をさせていただきました。
来年も、出場できるできないにしろまた来たいなあ、今度は野外のステージの空気を味わってみたいです。そこでそれぞれ成長された姿をお互いに楽しみたいですね☆

…レポート、もう少し続きます。最後に場外編です!では、また。

アルコTシャツ in メキシコ

東京アルコCM(4) TB(0)

さて、ここで平尾台の報告をひと休みしまして、東京アルコことUzuちゃんから、幸せいっぱいの写真とコメントを送ってもらったので掲載します☆新婚旅行でメキシコに行ってきたそうな。
長門や平尾台では会えなかったけど、元気そうで何よりじゃな!フォルクローレもがんばっちょるか~。

 … … …

アルコTシャツ in メキシコ

東京アルコ in Mexico 8

こんにちは。東京アルコです。
アルコグッズと共に名所めぐりシリーズ第3弾です。(多分・・)
今回はメキシコでアルコTシャツを着てきましたー。

東京アルコ in Mexico 1 東京アルコ in Mexico 2 東京アルコ in Mexico 3

メキシコではピラミッドを見たり登ったり、ビーチでくつろいだりイルカと遊んだり、
いろいろと楽しんできました。アルコTシャツもメキシコにとてもなじんでますね(^^)

東京アルコ in Mexico 4 東京アルコ in Mexico 6 東京アルコ in Mexico 7

メキシコのマリアッチ音楽も良かったですよ~。男性の裏声がたまらんかったです。
こうなると次の夢はアルコTシャツで南米!ですね。いつか叶うといいなぁ。

東京アルコ in Mexico 5

余談ですが、毎回浮き輪をふくらませる時に、ケーナやサンポーニャで
肺を鍛えておいて良かった~、と思います。何に頼らずとも自力で
ふくらませて楽しむことができますからね(^_-)-☆

平尾台フォルクローレ祭り ~ ゲスト演奏

nosaレポートCM(3) TB(0)

行ってきました、平尾台!九州をはじめたくさんのグルーポさんや豪華ゲストの集うフォルクローレの祭典、”第5回 平尾台フォルクローレ祭り”のもようをレポートいたします。まずはゲスト演奏から☆

橋本仁&笹久保伸 Ⓒ photo by nobuさん

イベント中盤にご登場のメインゲスト、橋本 仁さんと笹久保 伸さん。会場のお客さんの注目も熱気も一気に高まりました。今回もペルーの楽曲中心の編成です。
僕は昨日のコンサートでは、しっかり聴いちゃろう!と肩に力を入れすぎてましたが、2回目のこの日はゆっくり楽しむことができました。
あらためて素晴らしい表現力。アンデスの大地の荒涼とした風景や、人々の抱く悲しみが聞こえてくるような演奏でした。まさに魂の雄叫び!!(三倉の管理人さんのコンサートのサブタイトルより。)会場のみなさんも熱心に聴き入っていました。

若きギタリスタ Ⓒ photo by nobuさん
ペルーの田舎を渡り歩いて集めたという民謡の哀愁の調べ。僕はすっかり気に入ってしまいました。

一見近寄りがたい雰囲気のお二人ですが、声をかけてみるととっても気さく。ギターの笹久保くんはなんとまだ25歳!ペルー滞在歴も3年ということでビックリ。橋本さんのケーナは現地で500円で買ったものだとか。あちこちの穴を軟質のパテ(その場で形を変えて微調整できる)で補修。ステージの合間には手品も披露されてたし、プロっちゃあいろいろとすげーなあ~。

そしてYAMAのステージです。

YAMA Ⓒ photo by nobuさん

平尾台には初登場、今回はリーダーのエーちゃんも参加してのフル編成でした。
…そして右端はボンボで演奏を手伝うことになった僕。三倉の管理人さんに助っ人を言われて、長門のときのように気楽に考えてた僕は「いいですよ!」と二つ返事で参加させてもらったのですが、気がついたらYAMAって今回ゲストじゃん!!初めての平尾台でたいへんなことになってしまった…。

まあなんとか演奏し終えてきましたが、あらためて彼らの演奏には僕のボンボのような余計な音は必要ないなあと思えるような、こちらも素晴らしいステージでした。
それぞれの独立した音やパートの完成度、それでいてお互いの音を引き立てていて、息の合った演奏は変化にもぶれない。

そして何よりも、お客さんに素晴らしい演奏を届けるという強いプロ意識。
僕は最近まで恥ずかしながら、ステージでひょうひょうと演奏する彼らに、場慣れしているしまだ年若いから緊張などしないんだろうなあ、と勝手に思っていました。でも、近くで見ていて感じたことは、彼らはお客さんの前で演奏することの意味を十分に理解しているし、そしてたいへんなプレッシャーと戦い、その上であれだけのパフォーマンスをしているいうことです。

リハーサルにて Ⓒ photo by nobuさん

彼らは、怖くても、辛くても、一時は手を休めることはあっても常に前に進んでいました。
素直で控えめで、お互いに思いやり、ここはこうするということを自分で決めて行動することのできるりょうくんとりなちゃんの兄妹。まったりとしてるけど実にやさしく、自分に対しては本番の日も鍛練を怠らないエーちゃん。音楽に対してとてもまっすぐで、演奏も人間としても彼らはもうすでに立派なプロなんだと感じました。

平尾台での演奏の最後にアンコールをいただいて軽快に「パサカージェのメドレー」。ちなみにパサカージェは、お祭りの最後に演奏するリズムなんだそうです。
プレッシャーから解放されてとってものびのびと、一番彼ら本来の音が出てたんじゃないかな~。アンコールってそういう姿を見たくて叫ぶものなのかもしれませんね。僕もうれしかったしぶち楽しかったー!!ありがとうございました☆

ステージのあと、本当に楽しそうに会場内のあちこちを飛び回っていたりょうたくんの姿がとても印象に残っています。彼はきっと日本屈指のケーナ奏者になっていくことでしょう。
エーちゃんも りなちゃんも、山口の仲間が応援しちょるからこれからもみんながんばれよー!!僕らもYAMAの活躍を励みに一層がんばっていくでよ☆

無料休憩所の一角のテーブルの上に置いてあるハニワ なんじゃコイツ?!

それではのちほど、今回ご一緒させていただいたロスコイジスさんのステージや、イベント全体の様子もレポートさせていただきます。
今日はここまで、ではまた。

三倉岳・スペシャルコンサート体験記

nosaレポートCM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。本日午後、三倉岳休憩所にて行われました”三倉岳スペシャルコンサート”で、日本一の誉れ高い橋本 仁さんのケーナと、若いながらたいへんな経歴の笹久保 伸さんのギターの演奏を楽しんできました。

三倉岳スペシャルコンサート

ロス・コイジスのTamさん、takeoさん、Muroさんと乗り合わせ、いざ秋の三倉岳へ。
夏の緑が鮮やかに残る山麓は、紅葉の見ごろはまだまだ先でしょうか、天候もよくさわやかな昼下がりです。ログハウスの中はフォルクローレの愛好者で徐々に埋まっていきました。
山口から風工房のtanakaさんや、masaさんはじめ長門のみなさん、ティエラ・ヌエバのTIOさん(お声をかけていただきありがとうございました!)、ごあいさつできませんでしたが岩国のこんどう楽器さんなどなど、たくさんの方たちが詰めかけておられました。みなさまお元気そうで何よりです!

ペルーの楽曲を中心に、現地の村々を渡り歩いて集めた音源からの曲、ヨーロッパのイベリア半島からのユダヤ移民に伝わる曲、アイヌのシンプルなメロディながら表現に富んだ曲など、さすがとうならせる演奏をたっぷりと1時間。演奏技術もさることながら、強弱、硬軟、高低などの抑揚のつけ方が実に絶妙で豊かで、とても心地いい場所に連れていってもらったような、そんな感覚に包まれます。
目を閉じればアンデス高原の情景が浮かんできそうな贅沢なひとときを、おいしい珈琲とアップルケーキとともに堪能させていただきました。

橋本さんを囲んで サインに応える笹久保さん
 
演奏を終え、お客さんたちと歓談するお二人。僕はYAMAのエーちゃんたちとちょっと音合わせなどしてましたが、お話を聞いたTamさんやtakeoさん、Muroさんによると、技術的なことに的確に答えてくださって たいへんためになった、と大満足のご様子でした。
そして帰りの間際にはちょっとしたセッション演奏。ワプルーなど、橋本さんを交えたケーナの合奏にはシビレたな~!こちらでやってる曲にスッと入って合わせてしまう…プロの技を間近に見ることができて感動でした☆

魅せます!押尾コータロー流 戦メリ&ハードレイン

さて、明日5日も、北九州の平尾台にて橋本さん&笹久保さん、そしてYAMAのゲスト演奏があるのですが、YAMAのステージを僕もボンボで手伝うことになりました(!)。

今回その曲合わせもしてきたのですが、彼らとの演奏は実に楽しいです。
りょうたくんの軽やかなケーナの調べ、まだ始めたばかりなのに雰囲気あるりなちゃんのチャランゴ。いっしょにやっててうれしくなってきます。
それにエーちゃんの超絶ギター!ギターをまるで音色付きの打楽器のように弾きこなす彼の姿に、こんなこともできるのかーっと、楽器と人間の可能性ってすごいなあと感心しきり。今回は久しぶりにYAMAとして演奏するので、こちらもおおいにお客さんを魅了することでしょう。

というわけで、彼らがのびのび力を発揮できるよういいリズムを刻んで、まあ一番近くにいる応援団のつもりで盛り上げてまいります!
また橋本さん&笹久保さんの演奏はじめ、九州の各グルーポさんの演奏もしっかりと聴いて楽しんで、出演者や来場者にとって実り多いお祭りとなるよう、明日は演奏に応援にダンスに、みなさま大いにがんばりましょう!!米ガトーでした☆

三倉岳・スペシャルコンサート

おしらせCM(1) TB(0)

みなさまこんにちは。日本一のケーナの音色が聴ける!コンサートのおしらせです。
といってももう明日の話ですが…。

三倉岳スペシャルコンサート
橋本 仁&笹久保 伸の世界
~ フォルクローレ界の鬼神、橋本・笹久保両氏が贈る 魂の雄叫び!! ~

   出 演 : 橋本 仁(ケーナ)、笹久保 伸(ギター)
   日 時 : 10月4日(土) 16:00 ~ 17:00
   場 所 : 大竹市栗谷町 三倉岳休憩所 (ログハウス)
   会 費 : 2000円
   問合せ: 0827-56-0660

なお、コンサートは定員制となっておりますので、これから行ってみようという方は三倉岳休憩所さんまで、席が空いているかどうか確認してみてください。
終了後はフォルクローレ愛好者によるセッション交流会もあるそうです。

管理人さんいわく、「橋本さんのケーナの音色はとにかく凄い!」とのこと。
先日ロビーコンサートに来ていたEiichirouも偶然ネットで聴いたそうで、フォルクローレにあまりなじみのない彼も「ぶちすごいっちゃ!!」と絶賛していました。
僕はまだ未体験、何の知識もない分どんな衝撃が待っているのか楽しみです!

橋本さんと笹久保さんのお二人は、YAMAのえーちゃん、りょうたくん、りなちゃんとともに、翌日の平尾台フォルクローレ祭りにもゲストで出演しますので、土曜日に聴き逃した方は平尾台自然の郷へGo!近隣のアマチュアグルーポさんもたくさんやってきますよ☆



おまけ。
新しいMIDI音源ができました!こちら → 「Baila Caporal

この曲は、春の三倉岳の音楽祭で演奏したのですが、特設ステージの上でステップ踏んでたら、調子にのりすぎてマイクを倒してしまったという苦い思い出があります(ごめんなさい~)。
でも、カポラルのステップは本当に楽しい!スキップが”たった タッタ”(※ ひらがなが右足、カタカナが左足)なのに対し、カポラルは”たたっ タタッ”とやります。ちょっと慣れが要りますが、要領覚えて曲に合わせて踊ってみましょう!米ガトーでした☆

ウドゥ

フォルクローレの楽器CM(0) TB(0)

ウドゥ(Udu)は、本来フォルクローレの楽器ではありませんが、近年演奏に取り入れられるようになりました。
陶器製の壺型打楽器で、アフリカ中部の国 ナイジェリアのイボ・ハウサ族に伝わる民俗楽器です。もともとは本物の壺を叩いていたそうで、その壺は水筒として使われていたものだとか。

胴の横に穴が空いているのが特徴で、その穴を叩いたり、胴を叩いたりして演奏します。穴のふさぎ加減でボワン、ポィンと、変化に富んだ不思議な音色が奏でられます。
いろいろな形のものがあり、ふつうの壺型や、壺を平たくつぶしたようなもの、野菜のクワイのようなもの、古代の土器を思わせるものまで実にさまざまです。胴の穴の部分に太鼓の皮を張ったものもあります。

近年は、新しい音のバリエーションを求める音楽家たちに注目され、フュージョンやフラメンコなどでも使われてきているそうです。

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

SUZUMA OFFICIAL WEBSITE-banner
すーちゃんのホームページ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
 El Condor Pasa(Taquirari/Fox Incaico/Wayno)
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun 2017
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay 2017
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena 2017
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste 2016
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2017
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Carinito 2017
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi 2017
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2017
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita 2017
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento 2017
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
イスカンワヤ (カルナバル)
 Iskanwaya
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルの空 (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
リデル (アイレ・デ・バイレシート) 2017.9
 Líder
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: