フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

『YAMA』のステージ

おしらせCM(2) TB(0)

先週末のことになりますが、『YAMA』の今年5つ目の演奏も無事終了し、ほっとひと息。
ここであらためて今後の活動についてまとめてみたいと思います☆

助っ人のMiwaさんと4人編成で
『YAMA』 4thステージ@第2回 マチュピチュ・エン・ハポン

2009年 『YAMA』演奏スケジュール

  3月29日 世羅岡田牧場祭り(広島・世羅町) 終了御礼!
  4月 6日 亀居城桜祭(大竹市) 終了御礼!
  4月18日 焚火学会(佐伯区湯来町) 終了御礼!
  4月19日 マチュピチュ・エン・ハポン(大竹市) 終了御礼!
  4月25日 短歌出版記念コンサート(大竹市)
 終了御礼!
  5月17日 歌の広場(廿日市市)
  5月24日 三木山フォルクローレ音楽祭(兵庫・三木市)
  6月 6日 大竹ソロプチミスト25周年童謡コンサート(大竹市)
  6月 7日 正直村コンサート(北広島町)
  8月22日 キッチンたまがわライブ(広島・安芸太田町加計)
  9月26日 赤崎神社フォルクローレ音楽祭(長門市)
 10月初旬 デイケアなんかい(東広島市安芸津町)
 10月初旬 平尾台フォルクローレ音楽祭(北九州市)
 11月    山口きらら物産展 ペルーブース(山口市)
 11月22日 シンフォニア岩国(岩国市)

当面、5月下旬の“三木山フォルクローレ音楽祭”に向けての調整中心になるなあ。僕は初参戦、西日本各地からたくさんのアマチュアグルーポさんやプロの演奏家も集結する大きなイベントなので、気合い入れてしっかり練習して、本番は大いに楽しむでよ!!
それと夏の“キッチンたまがわライブ”は、『YAMA』の90分(!)単独ステージということで、これも夏合宿するなりしてしっかり準備じゃな。どんなプログラムを組もうかね~♪

              

で、25日にありました“短歌出版記念”での演奏ですが、コンドルなど4曲を演奏してきました。
みなさんニコニコと、熱心に聴いてくださって誠にありがとうございます!
…とその開始前に少々時間が空いていたので、急きょ近くの幼稚園でリハーサルを兼ねて、園児たちの前で3曲ほど披露。わあ~なんだかわからないけどおもしろいーってな感じで、みんな興味深そうに見入ってくれてました。かわいいのう!
多少ステージにも慣れてきたし、演奏はどうだったかまだまだですが、お客さんの上々の反応に気をよくしたnosaでありました(フラウタ音がよ~出んかった、、これから特訓よ!)。

トーストにキスマーク(食べないところが粋)
ノートのあいたスペースにらくがき。マスターが仕上げに唇を(ベルクカッツェみたいすね…)

りょうたくんは午後から学校へ。りなちゃんと僕は休憩所へ戻って打ち合わせ。三木山での演奏曲目決定しました!がんばるぞ☆
次のイベント“歌の広場”では、『YAMA』初代メンバー&リーダーで、りなちゃんのチャランゴの師匠のえーちゃんも出演とのことで、お互い成長した姿で再会を喜びたいね!!
さ~ヘタっぴーは練習練習じゃ!みなさま5月に元気にお会いしましょう☆

スポンサーサイト

Jizoさんがやって来た!

活動歴CM(3) TB(0)

みなさまこんちには!
マチュピチュ・エン・ハポンの余韻さめやらぬ先週末、アルコイリスの練習にグルーポ・ヴィエントスのチャランギスタ、Jizoさんがいらっしゃいました☆

アミーゴ~♪

春先から転勤のためY市にお住まいのJizoさん。ようこそ、おいでませ山口へ!
こりゃあ周南地区のフォルクローレ界はますますにぎやかになりそうです。ロビーコンサートなんかもいっしょに楽しめますねえ~♪

ささっ、ロイヤルシートへ!

さっそくArcoからリクエストのかかっていた「アミーゴ」の手ほどきをいただきました。
演奏してみながら覚えていくアルコの練習スタイルで、まあとにかくいっしょにやってみようということで、いきなりですが、
「オイガ!アミーゴ!!
チャランゴのストロークの雰囲気、微妙なシンコペーション、そして歌のムード♪~いいですのう。やっぱり実際に演奏されてる方とのセッションは、ずいぶんと参考になりますし楽しいなあ。ちゃんと演奏できてるような気分にも浸れます!

旬の甘夏じゃよ 食べてみんさい、甘いけん
今日のお茶うけより、甘夏と苺のだんご

今までヴィエントスさんのステージで何度も見てきたし、曲の感じはみんなつかめてるので、けっこう早くレパートリーにできるかも。
問題は歌じゃのう。。がんばって覚えてハモリの部分もきれいに響かせるようになりたいね~。

行くよ~、 ほいっ! よっ!!

そしてJizoさんからArcoへリクエストの「エル・チューニョ」ではなんと、ダンス部3人組といっしょに踊ってしまいました!
おおっ、トバスのけっこう激しいステップなのですが、やりますね~。
楽器だけでなくて、歌あり、踊りありのフォルクローレが、ますます花開いていきそうな気配。これからの展開がひじょ~に楽しみです。
Jizoさんありがとうございました。また遊びにいらしてくださいませ!ロビーコンサートにも出てみましょうよ、お待ちしております☆

ハロー、ルイです!

おまけ。先日のマチュピチュ・エン・ハポンで、Massyがヴィエントス・Yanaiさんに書いてもらったサイン。上達間違いなしじゃな。
ちなみに右へ90°回転させるとちゃんと読めますよ☆

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン ~ フィナーレと番外編

nosaレポートCM(2) TB(0)

今年も楽しかったマチュピチュ・エン・ハポン。
ステージ以外の様子を織り交ぜつつ、いよいよフィナーレへGO!

出演者全員でフィナーレ

演奏を終えたArcoチーム。お目当ての楽器や雑貨を求めて販売テントブースへ。
どんなんあるかな~♪

杉山楽器前~ 風工房前~

みんなそれぞれお気に入りのアクセサリーなどを購入。ポンチョも欲しかったけど、何やらみんな風工房さん前で夢中でフラウタを吹き始めたぞ~。
結局1本買ってしまいました、フラウタ!しっかり練習がんばれよ~「ちぎれ雲」の間奏などできるようになりたいのう。好きこそものの上手なれ☆

ぶぉ~っ なかなかカッコイイ!

杉山さんを囲んで、未来のフォルク界のTR・Hiroくんりょうたくんと。
いつかYさんが言ってました、“彼らは自ら訪れて行っている”のだと。たしかにそばで見ていて、りょうたくんの目は、僕らとは違うはるかかなたを映している気がします。
 
訪れゆく者たち すごーい♪

「技術的に優れた人はたくさんいるけど、雰囲気ある、見る者を感動させる演奏ができるのは一握り。Hiroくんの演奏はすばらしい」と杉山さん。よーく目に焼き付けておこうな。

ごんぶとです! それではお話を~ 宝物じゃな!大事にしいよ

あこがれのあのミュージシャンがこんなに近くに!Massyはヴィエントス・Yanaiさんにギターの奏法を教わってサインまでもらってました。
お食事中もステージは着々と進行。ごった煮音楽のフォルクローレは、演奏者とお客さんの距離も近く、音あり衣装あり踊りあり、食べながら買い物しながら試奏しながら、ほんと自由だ!

はい、配るよ~ キラリ♪神楽まんじゅう

お昼は古代米うどん&ちらし寿司。うまい!みんな完食です。
そして出演者には“神楽まんじゅう”がふるまわれました。いただいた矢先に食べちゃった、これもうまかったのっ。
それではいよいよフィナーレへ!!

今年もやっちゃうよー あんたらあもいらっしゃいな!

SAMAYさんの演奏の最後は、エクアドルのパサカージェから「レイナ・イ・セニョーラ」。
恒例のむかでダンスの始まりです!
踊りの行列はどんどん長くなって、テントを囲んでぐるり一周。みなさんいい笑顔♪

踊ってみんさい、楽しいけん♪ Arcoチームは楽器とダンスで応援

そしてお祭りのラストは、参加者全員で「サリリ」の演奏とダンスで大合奏!!
さわやかな青空のもと、たくさんのお客さんたちと、色とりどりの民族音楽を、一日中たっぷりと楽しみました。
今思い返すと、はるか天上の出来事、夢のようなお祭りでした。
たくさんの楽しい思い出をありがとう!

ヴィエントスさんと吉田徳明さんとりょうさんと ロスコイさんとティアスさんと
みなさん笑顔でいっぱいです。おつかれさまでした☆

  <キャスト>

出演

  広島アルプホルン倶楽部
  『YAMA』
  ドス・ケナス
  ティエラ・ヌエバ
  ロス・コイジス
  グルーポ・ヴィエントス
  アルコイリス
  杉山貴志
  吉田徳明
  チュキアゴ・マンタ
  YOSHIKI-CHA
  竹取の翁「PAN」
  ボリビアマンマ
  備前の風
  SAMAY

出展

  風工房
  中川うどん
  安芸太田町PR隊
  アンデスマンタ
  安芸津焼
  福島・川俣町PR隊
  世羅・総領町PR隊
  杉山楽器
  大竹ふれあい市場
  ボリビアマンマ
  我楽器多屋

音響

  矢川ピアノ
  TOKUsan

司会
 
  お姉さん

プロデューサー(仕掛人)

  三倉マスター

ボランティア・スタッフ

  シルバー人材センターさんほか

撮影

  nobuさんほか

スペシャル☆サンクス

  三倉岳と青い空、そしてたくさんのお客さま! 

三倉岳とArcoとTamさんと
photo by takeoさん

それではまた、来年も元気にお会いしましょう☆

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン ~ 『YAMA』 2DAYS

nosaレポートCM(4) TB(0)

ではここで、前日のもようなども合わせて、『YAMA』のステージをどうぞ☆

お昼の演奏にて

18日の土曜日。この日も天気はカラリと晴れ。
マチュピチュ・エン・ハポン準備と午後からの招待演奏のため、ひと足お先に三倉岳休憩所へと乗り込みました。

チーちくパン、うまいよ ステージへの階段を増設中 横断幕もできました
みなさんをお迎えする準備も着々と進んでいます。お昼のランチは奥さま手作りのパン、その中身はチーズ&ちくわで、これはりなちゃんのお気に入り。世羅・岡田牧場さんの濃厚なミルクといっしょにいただきます♪

時間があったらりょうたくんたちといっしょに三倉岳まで登ろうか!と打ち合わせてたのですが、前回の演奏をなんとディジタル・ヴィジョンで撮っていただいてたそうで、その鮮やかなイケてないステージっぷりにマスターから「練習せい!」と一喝。。
準備を手伝いつつ練習に励みましたとさ。

燃え上がれ!! 着いたよ~

夕方からは、広島市の西の山あい、旧湯来町の湯の山温泉にあります“アンデス湯の山”太田川たんけん協会さんの紹介ページ)にて、焚火学会なる催しに招かれて演奏してきました。
おおこんなところにアンデス?焚火学会って…。と何やら謎だらけだったのですが、アンデス湯の山さんはトルコ風カレーのおいしい軽食喫茶で、オーナーさんは以前広島市内に初めてアンデス雑貨のお店をオープンされた方なのだそうです(写真はありませんがなるほど白のポンチョがきまってましたョ)。
焚火学会とは、まあ火を囲んで楽しみましょう!といった集まりで、今年で16年目になるとか。その由緒あるお祭りは夜からが本番とのことでしたが、明るいうちからたくさんの人たちがワイワイにぎやかにやってらっしゃいました。

なるほどアンデスっぽいですな ディス・イズ・ターク
お店のネーミングは、まわりの山々の景色がアンデス山脈に似ていることからも名づけられたそう。
右は“ターク”と呼ばれる、この学会だけで使われる通貨。100ターク=100円。イカスぜ焚ーク!


コンドルや翌日演奏する曲など4曲を演奏してきました。
まだまだステージは慣れんのう。。でもみなさんの陽気な声援で調子も出てきたぞ!ありがとうございました!!
演奏後、りょうたくんとりなちゃんは2000タークのおひねりをゲット!焼きたてのピザや鮎などもいただいてホクホク顔。よかったの♪
みんないい人たちだったし、温泉にも浸かりたかったが、まあまたゆっくり来ようか☆

はるばるようこそ! ごちそうじゃ♪
今夜のお食事は鹿肉の焼き肉を中心に、竹の子の煮付けやステーキ、タラの芽のごま和えなど、旬の豪華な品々が並びます。ビールも飲みたかったが勝利の美酒はとっておくか!このあとマスターはりょうさんゆうさんとフォークソング談義、僕はりょうくんと将棋の対局。ゆっくりとお祭り前の夜は更けていきました。

休憩所に戻って、しばらくして大分から竹取の翁「PAN」のりょうさんゆうさんがご到着。遠くからようこそ!
ちなみにグルーポ名の由来は、りょうさんゆうさんでリョーユー…って言ったらパンの会社だからPANと付いたそうで~す!3年くらい前にコンビを組んで、ライブハウスやアーケードなどのストリートでも演奏されてるそうで、とくにりょうさんはヘルメットの土方姿でケーナを吹いてる写真を僕もネットで見たことがあり、大分に行った折には生で見てみたいなあ~。

見よ!ロイアル・ストレート!!(偶然そろってただけ~) あ~なた~に~
宿泊棟に、りょうさん、ゆうさん、りょうたくんと僕の4人で宿泊。お休みにはちょっと時間も早いのでみんなでトランプ、なつかしいなあ。神経衰弱やババ抜き、7並べに、ポーカーは初めてだったけど、ロイアル・ストレートを上がっちゃった!ビギナーズ・ラックそのものですな。。
右、nobuさんナイスお仕事!!


一夜明け、朝のお食事のあとは思い思いに演奏の準備など。7時くらいだったか、nobuさんが早々と会場入り、おつかれです!
で、ちょうど ゆうさんと一緒に「22才の別れ」をギター弾いて歌ってたときの写真。
ゆうさんはなんと、元かぐや姫のメンバーで、伊勢正三さんに作詞の手ほどきを授けた方なのです!“詩は自分の言葉でつくるもの”と、伊勢さんが数年後に作った曲がかの「なごり雪」だったと、ちょっと前の朝○新聞に掲載されてましたが、まさにその師匠さんとセッションできるなんて~。。幸せな時間でした!
ゆうさん、当然テクニックもムードも抜群でしたね、スカボロフェアしびれましたー☆

朝の演奏 お昼の臨時演奏(よく見るとズボンがポトシです)

そして本番。朝のステージでは「サリリ」と「パハロ・チョグイ」の2曲を元気よく演奏。
ウェルカムみなさん!今日は一日楽しんでくださ~い!!
お昼には、杉山さんのアトラクションのときに急きょ呼ばれて、Arcoの衣装のまま登壇。
「リャキ・ルナ」と「緑の涙」の2曲を演奏させていただきました。
山々に響くりょうくんの澄んだケーナの調べ。りなちゃんもいいリズム刻んで楽しかったな☆
イベント終了後、会場に落ちているごみが少なくて、「緑の涙」の曲の想いが届いたからかな?とりょうくんと話しながら後片付け。
みなさまのおかげでとても素晴らしいお祭りになりました。感謝!!

ウン、いい笑顔! マスター会心の笑み!

夕刻、吉田徳明さんやMiwaさんといっしょに談笑しながら、「リャキ・ルナやれえ!」「はい、サンフランシスコ!」とバンバンYAMAにリクエストするマスター。
おつかれでございました~。いいお酒が飲めて僕らもうれしいっす!!

朝のエントランスロード

いよいよ次回、フィナーレと番外編などお届けいたします。アディオス・アスタ・ルエゴ!

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン ~ 午後の部ダイジェスト

nosaレポートCM(0) TB(0)

さあではフィナーレまで一気にまいりましょうか、午後の部です!

あんたらあもいらっしゃいな!

お昼時は古代米のうどんをはじめ飲食ブースがにぎわいをみせています。
ステージのほうも、少しばかりの休憩をはさんで、午後のトップを飾るのは、今までの出しものとは趣の異なるアンデス伝統の土着音楽・アウトクトナから☆

壇上で、広場で、動きと迫力ある演奏 スペースもフル活用
“チュキアゴ(現在のラ・パス)の人”という意味のチュキアゴ・マンタというグルーポ名は、杉山さんからいただいたそうで、僕はアウトクトナはよくわからないけれど風格を感じますよね。多人数で重層的な音と動きのあるダイナミックな演奏はお客さんの目にも強く焼きついたことでしょう。Hiroくんのトヨの音デカッ!

うれしいことにここでも山口の方々が大活躍されてます。県内でもいつの間にか演奏者やグルーポの数も増えてきました。正統派からアウトクトナ、僕らのようなポップス系フォルクローレもあって、顔ぶれも多彩。
山口に工房を構えてケーナを広めてきたヴィエントスのtanakaさんや、東京からさらなるフォルクローレの定着をと活動を続けてこられた長門フォルクローレのmasaさんはじめ、多くの先達の方々の努力のたまものです☆

やや、そろいの装束… どどーん! すごーい!快進撃だ!!
YOSHIKI-CHAのみなさんのコスチュームの背中には、筆書きのロゴが!リーダー・masaさんの後ろ姿もよりグレイトな感じですね~。そして何より演奏も3階級くらい特進したのでは?!というくらいグーンとパワーアップ!!水戸黄門の印籠のパフォーマンスも飛び出したぞーっ、お見事!

遠方からお越しのグルーポさんはおもに午後にご登場。とくに九州の方たちは高い技術に加えて、これぞアンデスの風!と思わせるような雰囲気ある演奏を見せてくださいます。
現地に行かれた方も多く、その人の見聴き体験した本場の音やリズム、さらに風景や文化や暮らしといったものまでも、きっと演奏を通じて伝わってくるんだろうな。

会場沸いてたなあ さすが…手が届かん・・ 
左:竹取の翁「PAN」のお二人。りょうさんの尺八を思わせる野太い音とおもしろトークで魅了します。ギターのゆうさんもこれぞフォーク!というようなムード満点の演奏、それもそのはず…。
右:福岡のボリビア・マンマさんは、ただでさえ熟達したコンフントにアルパまで備わって、それはもう抜群の上級演奏ですよ。。民俗音楽なのに洗練された都会の雰囲気さえ漂っています。


巧みなお客さん操縦術は今年も健在! 多彩な楽器に加えて歌と踊りのセクションも!
左:備前の風Imaiさん。透きとおるようなパンフルートの音色、巧妙なトーク、オペラ歌手ばりの歌もとってもお上手!今年もアンコールをリクエストしてしっかりゲット。最後はみんなで合唱でした(千のか~ぜ~に~)♪
右:お祭りのトリはやっぱりSAMAYさん。エクアドルの楽曲を中心に歌あり!踊りあり!最高のエンターテイナーズです!!Arcoメンバーもすっかり気に入ったようで、撮った写真を何枚も送ってもらったよ~☆


えいっ! やっ! とーっ!(とは言ってない)
Shibuyaさんのサンフアニートに目が釘付け!Arco女性陣は衣装の着付けまで教わって満足顔。ダンスも教わってみたいのう。

しかしこれだけ多くのグルーポさんが集まって、遠い異国の音楽を奏で、たくさんの人たちと楽しんでるなんて、なんだか夢のようなお話。まさに天上の楽園、天空のうたげ。せっかくだからもうちょっと延長だ!

やった~!!

というわけで次の機会に、フィナーレその他のようすをお送りいたします。ここで一旦さようなら~。それではまた☆

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン ~ 昼の部ダイジェスト版

nosaレポートCM(2) TB(0)

それでは続けてまいりましょう、“第2回マチュピチュ・エン・ハポン”お昼のステージです☆

天上の祭典 マチュピチュエンハポンⅡ

各地から集まったグループの演奏に、熱心に聴き入る観客のみなさん。暑い日差しを避けるためテントや木陰の下はいちるの隙もないほどです!ありがとうございます!!
そしていよいよ舞台では、プロの方々のパフォーマンスが始まりますよ☆

バグパイプ演奏

ボリビア・ラパスよりお越しの杉山貴志さん。
アウトクトナ(アンデス地方の土着の音楽)ではボリビアで最も人気のあるグルーポ“パクシ・カナ”のメンバーです。
アウトクトナを中心に、現地の演奏や文化や情報を日本へと伝え、国内のフォルクローレ界をリードする存在のひとり。また福岡の杉山楽器さんにて輸入した楽器や物品を扱っています。アルコのポトシの衣装も杉山さん買い付けのものなんです。
さて演奏のほうは…急に入った『YAMA』の演奏の準備のためおちおち聴いておられず。。焦って着替えながら耳に届いた、ずーっと続く低音の音階の響きが心地よかったなあ~。
一昨年の博多どんたくとこの日に少し話しただけですが、ビッグネームなのにほんとに気さくに応じてくださる杉山さん。その背中から僕たちは多くを学んでいくことができるでしょう、本場の雰囲気やすばらしい伝統をガツガツ吸収していきたいね☆

トロテかな?超絶の域!

お次はチャランゴの名手、吉田徳明さん。
こちらも演奏はあんまり見てないんですけど、お馬さんの走るリズムで右手と左手を逆に奏でる奏法をマスターといっしょに見てたら、これをnosaさんもやってみんさいと言われました。無理!
毎年大分から海を渡って、山口を皮切りに全国を漫遊する演奏旅行を続けていらっしゃって、以前山口だったかで初めて生演奏を聴きました。当時まだフォルク事始め段階だったので、一人何役もこなすスタイルが印象的でした。当時とはなんか髪型も変わってずいぶんカワユくなられたような…。
青年海外協力隊でボリビアに赴任されていたそうで、Arcoリーダー・Sumiちゃんの先輩にあたります。その活動や演奏に影響を受けた方も多く、ヴィエントスさんはじめたくさんのフォルクロレリスタが誕生するきっかけを築いてくださいました。
三倉メンバーとも仲良しのようで、次会うときはいろいろ聞いてみたい。マスターとのセッション演奏も聴きたいな~!

そして、プロのお二方の間でわれわれ『YAMA』も2曲ほど演奏させていただきましたが、この様子はまたの機会にね☆

杉山さんを先頭に、いざ出陣! みんなで奏でるお祝いの調べ

午後の部に入る前に、アンデス村祭り隊有志によるパレードの始まり始まり~!
5月の博多どんたくで演奏する祝祭楽曲を、打楽器とシーク(サンポーニャ)で上演。福岡の方たちを中心にラス・ティアスのみなさんもがんばっちょりますねー!
屋外の演奏ではひときわ映えるアウトクトナ。楽器を持ってれば誰でも参加OKです。大勢でやると一層楽しいよ。この勢いで行っちゃおっかーどんたくへ!

暑い中ごくろうさまです! きれいな声で会場をつないでくださりありがとう!

と、ここで忘れちゃいけない縁の下の力持ちのご紹介。
PAの矢川ピアノさんとTOKUさん。重た~い機材の数々と被ばくピアノもご来場、マイクのセッティングや細かい調整もお世話になりました!元GOZOのTOKUさん演奏の姿もまた見てみたいですね☆
そして司会のお姉さんには、手間取るセッティングの場つなぎで助けられたことよ。。きれいな声、なめらかなトークで会場を美しく飾っていただきました!
みなさんあっての大成功。写真をたくさん撮ってくださったnobuさんもね☆本当にありがとう!!

今年もやっちゃうよー 百足ダンスが始まるぜ!

というわけでお昼のアトラクションでした。さらに続くでよ☆

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン ~ 午前の部ダイジェスト版

nosaレポートCM(4) TB(0)

さあそれでは、“第2回マチュピチュ・エン・ハポン”のもようをダイジェスト版でご覧いただきます!まずは午前中のステージから☆

ティエラ・ヌエバ ステージより
※ 写真はnobuさんにご協力いただきました。いつもありがとうございます☆

晴れわたる空の青、咲きほこるミツバツツジの紫色に染められて、いよいよ始まった春のフォルクローレの祭典。東から西から、そして南米からも、たくさんの演奏家が三倉岳のふもとのログハウス前広場に大集結!
気温もグングン上昇し熱気に包まれる会場には、朝早くから多くのお客さんが詰めかけました。駐車場は初っ端から満車状態でパトカーまでやって来たぞ~!
千客万来、公式発表によるとなんと来場者は1000人を数えたとか。すごいのう!!

ブワ~ンとぉ!今年もさあ始まるぞ♪ 何やら地上はにぎやかじゃのう
広島アルプホルン倶楽部さんの演奏で幕開け。山開きにはうってつけの音色ですなー。朝早くから、遠路アイスと楽器をかかえていらっしゃったエラードさんはじめみなさんごくろうさまです!とくにHANAさんは電車で来たそうで、なんだかいきなりちょっと感激!いい一日になりそうだ ♪

さあっ元気よく行くぞ!!

さて本編。まずはホームの『YAMA』の演奏でスタートです!
今回はコスキンの里・福島県川俣町からMiwaさんにも助っ人で加わっていただきました。はるばる遠くからありがとうゴザイマス、Mucha Gracias!!
そしてドス・ケナスさんやティエラ・ヌエバさんといった近隣のグルーポさんが続きます。イベント運営の協力態勢もバッチリ!プログラムも押すことなく順調にスムーズに進行していきました。

編成もボリュームアップ! ボーカルTIOさんいいムード♪
左:初出場のドス・ケナスさん。昨年初めてお会いして同じ会場で演奏させていただきました。今回ピアノとバイオリン(うらやましい!)も加わって演奏に一層厚みが出ています。曲のチョイスがなんだか僕らに近いのでこれからも要チェックじゃな!
右:おひざ元・広島のティエラ・ヌエバさん。大所帯でもバランスのとれた多彩な演奏、しかも見るたび新しいチャレンジもされていて、かつみんな仲良し!やっぱりいいチームだなあ。TIOさんの歌も聴けて楽しかったー☆


2回目の今年は出演者も初顔がいっぱいで実にフレッシュ。演出やMCもみなさんとんちが利いてておもろいぞ!
いっそうグレードアップして早くもフォルクローレの一大祭典に育った感ありです。
ふだんなじみのない一般の方にも十分楽しんでいただけたのでは。来年は参加グルーポももっと増えるとすごいことになりますね!!

ヴィエントス キター! オイガー!マチュピチュ!!
やっぱり心躍る!グルーポ・ヴィエントスさんのステージ。今回はなかなか見られないフルメンバーでオリジナルも2曲ご披露。Fujiiさんのアコーディオンいいでしょう~、アミーゴもよかったっすよJizoさん☆

われらがロスコイさんも! 今だーっ、撮っちゃえー!
そして僕らと同じ周南地区からはおなじみロスコイジスさん。セレステええなあ!右は熱心に撮影に励むMassyでありました。おやマスターも?!

ボーカルの名コンビ☆ まぶしいぜーっ!
で、Massyがたくさん撮って送ってくれた写真より。愛情がうかがえるのう☆

ここでいよいよアルコイリスが熱烈支持する2グルーポのご登場!
しかし自分たちの出番前に立て続けの出演だったので、リハーサルしないといけないからあんまり落ち着いて聴けないなあ…と思ってましたが、結局リハーサルをパスしてしまいました~!
しっかり堪能して本望でござった。ではぶっつけ本番と参りますか☆

整列! スッタカター♪ photo by nobuさん
トバスのダンスはアマゾン近郊の狩りの踊り。すーちゃんは勇ましく手に槍と盾を持っております。さあ~その手でお客さんのハートを鷲掴みじゃ!

僕らも力をもらってます、ガンバレ!! こっちも負けちょらん! photo by nobuさん
元気一杯のダンスは、北九州のグルーポ・タキさんから受け継いだものをベースに、自分たちで工夫して踊っています。また合同のコンパニェロスでいっしょにさわぎたいねー!

暑さでクラクラになりそうだったけどいい汗かいたなー、みんなグッジョブ!
さああとはお昼をいただいて、買い物して、のんびり演奏を楽しみますか。おつかれさま!

まだまだ続くよー ぶおー♪
風工房さんにてタルカを試奏中のすーちゃん

ではでは、ちょっとお時間をいただきまして、次回お昼のゲスト演奏へとつづく☆

第2回 マチュピチュ・エン・ハポン!!

演奏歴CM(2) TB(0)

行ってきました三倉岳!
晴れて2度目の出場となりました春のフォルクローレの祭典”マチュピチュ・エン・ハポン”。
みんなで思う存分楽しみました☆

今年もマチュピチュを背に マっチュピっチュさんよっ ありがとう♪

ご覧のとおり見事な青空!しかも気温は25℃以上の夏日で、温度も盛り上がりもアツ~い一日でした。
新聞などで紹介されたこともあってか、会場へは去年の倍近く、1000名(!)の来場者があったとか。駐車場も満ぱい、日差しも強いしリハーサルする場所もないほど。。でも、ああ、うれしい悲鳴じゃな!

チューニョ・ダンス イミリタイ
photo by nobuさん。今回もありがとうございました!!素敵な写真が満載のnobuさんのフォトページはこちらをクリック → nobuさんのフォトページ

まずは「チューニョの花咲くころに」で、Arcoダンス部3人組が元気な踊りを披露です!
オリジナルの振り付けを3人で考案して、しっかり練習も積み重ねてきました。暑さにも負けずによくがんばった!!
イミリタイ」では Suzumaくんの雄叫びが大炸裂!お山の上まで届いたか?
自作の「砂漠のトラ」は何やら恥ずかしいやらだったけど、OmuさんのMcで「ジャングルの」と言うところを「ヤングなトラが砂漠に…」と説明してて、おかげでずいぶんなごみました~ アリガト!
そして「ワヤヤイ」で締めくくり。みなさまありがとうございましたー!!
今回はMassyとAyaちゃんが初出場。初めての舞台にかなり感激しておりました。写真もグッズもあこがれのあの方のサインなどもた~くさんゲット☆いろんな人と会えて話せたしよかったな!

way ay ay nobuさんナイスショット!!

フィナーレの「サリリ」でもめいっぱい演奏して踊って大盛り上がり!
興奮冷めやらぬArcoメンバー、Suzumaくんのジェンベダンスを囲んでもう一丁、それっワヤヤヤヤーイ♪大フィーバーでございました☆
イベントが終了して、いったんここでお別れ。僕以外のメンバーは”マロンの里交流館”でひと休みして家路についていきましたとさ。次の演奏もがんばるぞー! またの!
というわけでまずはアルコイリスのステージでした。もちろんまだまだ続きます、またあとでお会いしましょう!米ガトーでした☆

三倉岳へ行こう!!

おしらせCM(12) TB(0)

いよいよ今週末に開催される“第2回 マチュピチュ・エン・ハポン”。フォルクローレをたっぷり楽しむのはもちろん、せっかくだから行楽気分もしっかり味わいたいですよね。
そこで今回は、会場となります三倉岳休憩所をはじめ、周辺のスポットなどをご紹介します☆

”日本のマチュピチュ”三倉岳 2008年春の三倉岳

三倉岳は、別名三本槍とも呼ばれ、古くから信仰の対象として崇められてきました。
右(東)から朝日岳、中岳、夕陽岳で、それぞれに福・徳・寿の神さまが住んでいるそうです。
最高所は夕陽岳で標高701.84メートル。
山登りでは初心者からベテランまで幅広く楽しめる、花崗岩の岩肌が美しい名山。
ロッククライミングの名所としても知られています。
AコースとBコースの登山ルートがあり、初心者にはBコースからがおすすめとのこと。
所要時間は2~4時間。午前中なるべく早い時間に出発しましょう。
以前ティエラヌエバのメンバーさんを中心に、山頂で演奏されたことがあるそうです(!)。
僕もこの土曜日に登ることになるかも。がんばるぞ~!!


いらっしゃい!

まずは三倉岳休憩所。おもに登山客への案内や入山登録を行う施設です。
周囲にはキャンプ場もあり、事前に申し込めば無料で利用できます。
休憩所ログハウスでは、深煎りコーヒーとケーキのセットや軽食、加えて運が良ければ『YAMA』兄妹の生演奏も楽しめます。

YAMA その4 YAMA その3
昨年のお祭りのようす。ステージ前の広いスペースで踊る方もたくさんおられました☆

お祭り当日はうどんなどの飲食物や、フォルクローレの楽器や衣装やアクセサリーなどの出店もあります。
楽器の出張修理屋さんもいらっしゃるそうで、ステージでのパフォーマンスをはじめ、いろいろ珍しい発見や体験もできそうですね!

松尾峠越えルート
松尾峠越えルート(写真をクリックすると拡大します)。
ぬけ道は、手前、左手に丸い銀枠の案内板のあるパーキングと佛教関連施設があり、右手に野菜販売の小さな小屋があって、カヌー教室がどうの…という看板が出ているのでそこを右折。
万一見逃してしまっても、真っすぐ進めばいずれ弥栄湖には出られますのでご安心を。


三倉岳へのルートですが、おクルマで、山口の山陽側や遠方からだと、岩国インターから北へ、県道1号線“関々トンネル”を抜けて、小瀬川沿いの国道186号線を北上するのが一般的です。
ほかに、やや難路になりますが、岩国市下多田から松尾峠を越えて弥栄湖畔に至るルートもあります。峠の手前で急カーブが多いものの、道幅はおおむね広いですし、湖畔や山里の景色や雰囲気が好きで、僕はいつもこちらを利用しています。
休憩所の駐車スペースはとっても広いですが、なるべく乗り合わせて行きましょう~!

              

また公共交通機関利用だと、JR玖波駅からバス(市内バス栗谷線)が利用できます。
所要約40分、栗谷支所前下車徒歩25分くらいかな?運賃は片道750円。
バス時刻ですが、マチュピチュ・エン・ハポンを楽しむならば、行きが玖波駅8:58発 - 栗谷支所前9:36着、帰りが栗谷支所前16:08発 - 玖波駅16:47着と、さすがにかなり限定的。
行きはお祭り開始時刻にも間に合いませんし、料金も高いなあ。たいへん過酷な道ですが、思い出に残るいい旅となるにちがいない!(…だけどやっぱり、登山で行くならまだしも、クルマのほうが断然いいと思います。。)
それでもチャレンジしたい方は、大竹市の交通案内をご覧ください。くわしい時刻表や運賃表へのリンクがありますよ。


               

国道186号線を北上する途中には、弥栄湖(やさかこ)や弥栄峡(やさかきょう)といった観光スポットがあります。
とくに蛇喰岩(じゃぐいいわ)は、大昔に三倉岳に住む大蛇が食べてできたという伝説がある、大きな穴がぼこぼこと空いた珍しい地形。
まだ行ったことはないのですが、奇岩と渓流の絶好の水遊び場のようで、春先でも日ざしの強い日などは涼みに行ってもいいかもね。
くわしくはこちらをご参照ください。 → 大竹市の観光情報

かき氷もね♪ マロンのソフトクリームがおいしいよ!

おなかがすいたら、休憩はマロンの里交流館で。おみやげもここで購入できます。
18日と19日はマロンの里春祭りが開催されていて、マスを釣って焼いて食べたり、お米のすくい取りなどさまざまな催しがあるようです。
また最近オープンしたばかりの、若いご夫婦とかわいい男の子が販売する種類もたくさん♪クレープ屋さんも来ているかも。とってもおいしいのでおすすめです!!

三倉岳へのエントランス・ロード 新緑とミツバツツジがお出迎え

というわけで、山の春をお祝いする音楽の祭典、
2009 人力フェスティバル ~三倉岳~
“第2回 マチュピチュ・エン・ハポン”
は、4月19日(日)朝9時半からの開催です!
東は岡山、西は九州福岡・大分、南は南米ボリビア(!)からたくさんのフォルクローレ演奏家が集結する、めったにない機会。多くの新鮮な出会いが待っていることでしょう。
さあ~19日は、みんなで来てみんさい三倉岳へ!!

アミーゴ

フォルクローレの曲CM(4) TB(0)

アミーゴ(Amigo)」はチリを代表する人気グルーポ、イジャプ(イリャプとも)(Illapu)のナンバー…と思ってましたが、ボリビアとアルゼンチン出身のメンバーからなるコンドルカンキ(Condorkanki)のリーダー、レネ・カレアーガ(Rene Careaga)作の曲です。
イジャプの演奏動画はこちらをどうぞ↓



”ラララララライララ(カンタ!) ラララララライララ(アミーゴ!)”のかけ声に思わずつり込まれてしまいそう。「マリポーサ」のようにお客さんといっしょに楽しめる参加応援型の楽曲です。
なお、かけ声の部分、原曲では「カンタ(歌おう)!」のところが「オイガ(oiga、聞いてよ)!」となっています。
近隣では、グルーポ・ヴィエントスさんがよく演奏されてます。

リズムは、もとはタキラリ?だったかよくわからないのですが、YouTubeなどで見かけるものは、前奏と間奏のケーナパートがカポラル、歌のパートでクンビアっぽいアレンジになっています。
間奏部では、ケーナを巻き舌で震わせながら吹く”フラッター(Flatter)”という特殊な奏法が盛り込まれています。演奏のアクセントや荒々しい表現をする際に用いられるようで、たまに出てくると、おっ、とひき込まれるような音色です。

動画の演奏はAm調ですが、歌うには少々キーが高いので、Em調で作ったMIDI音源はこちら → 「Amigo

曲を耳にした際はさあ、あなたも「」と叫んでみましょう~。一日をスッキリしたモードですごせるかも♪

ご入学おめでとう!レッスン

活動歴CM(1) TB(0)

十五夜のお月さまがまぶしい金曜日の夜は、新年度になって初めてのArco練習でした。この日もよ~さわぎました。
New!
 ダンス完成!
日曜日、Natacha邸での臨時ダンスレッスン。ビデオで確認したりかなりがんばったみたい。仕上がりが楽しみです☆

ただ今、19日の”マチュピチュ・エン・ハポン”に向けて、当日演奏する4曲を練習中です。
曲目は、

 1、「チューニョの花咲くころに
 2、「イミリタイ
 3、「砂漠のトラ
 4、「ワヤヤイ」

本番のステージ時間も11:40と決定、お昼前のひとときを勢いよくにぎやかに飾るでよ~!
練習はあと1回だけど、踊り子組は日曜にもNatacha邸で臨時ダンスレッスンに取り組むそうで、いい仕上がりとなるようにがんばろう!!

 ところでこの春、すーちゃんが小学校に入学、晴れて新1年生になりました!
おめでとう~!!

ぴっかぴかです!

制服姿がりりしいのう。
学校の感想を聞いてみたら、まだよくわからんようで、ただ昨日初めて歩いた登下校路がなかなか楽しかったみたい。
新しい環境になっても元気いっぱいでたいへんよろしい!
遊びも勉強も音楽もますますがんばれよ ふぁいとじゃの!

くせになるおいしさ

さてこの日のお茶うけは、先日三倉岳に行ってきた際のおみやげ、きくいもかりんとうとごぼうせんべいです。三倉岳ふもとのくり!マロンの里交流館で買ってきました。
きくいものほうは、大竹市栗谷地区の特産だそうな。かりんとうになると形がぐにゃぐにゃとおもしろい。味はわりと淡白でややパンチがきいてない感じなのですが、かたさが絶妙でついつい手が伸びます。Omuさんもおいしそうに食べておりますね~。

おつですな このすきにおんぶを試みるSuzuma(Massyのうしろ)

ごぼうせんべいのほうは、包みの袋が手ごわかったものの(あわやシャンパンファイト)、文句なしにウマい!こちらは廿日市産、おすすめです♪

入学祝いのお礼にもらった”ささげ豆”のパン よーろれいひ~♪
左:すーちゃんへの入学祝いのお礼にもらった”ささげ豆”のパン。なんとも変わったものが入っとるな~。しかしながらほんのり紫色と和風のテイストがGood!左下、Omuさんからの桜大福はまたのおたのしみ。上を超高速の台拭きが吹きぬけております。
右:休憩中ひとり踊りまくるSuzumaくん。歌って踊れるフォルク小学生!


以上、いつにも増してフレッシュなArco練習日でした。
すーちゃんはじめジュニアたちに負けんように、わしらあも新鮮なトキメキを忘れずに元気にがんばらんといけんのう!(そろそろ誰かバイオリンとか始めてみらんかい?)

4月になり、ずいぶんとあたたかくなってきました。吹きそよぐ風も爽やかですね。
アルコイリスでは5月にかけて野外のステージを2つ予定しています。
(詳しくはこちら → 4、5月の活動予定
元気いっぱいの演奏をお届けしますので、みなさんいっしょに楽しみましょう!!

砂の城

フォルクローレの曲CM(2) TB(0)

砂の城(Castillo de Arena)」は、「出会い(Encuentros)」を作曲したことでも知られるボリビアの日系人ギタリストのホルヘ・コモリ(Jorge Komori)の手によるナンバーで、リズムはタキラリ。日本では、ロス・アウキス(Los Awkis)やシサイ(SISAY)の演奏でおなじみです。

 ☆ MIDIで試聴できます → 「Castillo de Arena

軽快なリズム、ムードと魅力あるメロディで、演奏にチャレンジした方も多いと思いますが、主旋律を単一のパートで奏でると息つく暇なしといった感じで、間奏部あたりでいろんな楽器のバリエーションで聴かせたい曲ですよね(仲間がいるってありがたいことです)。

『YAMA』もレパートリーに取り入れていて、先日旅行で大分のめんちくさんのケーナ工房を訪れた際に、一発録音で収録した音源はこちら。 → ”みんなのうた 春
とても伸びやかで透きとおるような高音はさすがだね~。チャランゴも歯切れ良いカッティングでいいリズムを刻んでいます。

この曲は、海辺で砂遊びをした思い出がモチーフになったそうです。
砂でできた城は波に消えるけれど、楽しい思い出よ永遠に!なつかしい、あたたかな気持ちにさせてくれます。いろんな楽器で奏でてみたい名曲です。

亀居城桜まつり

nosaレポートCM(3) TB(0)

桜も満開に咲きそろった5日の日曜日、大竹市の亀居公園にて開催された”亀居城まつり”に行ってきました☆

花見客でいっぱいです

昨日しっかり降り続いた雨も上がり、朝の霧もだんだんと晴れてきました。絶好のお花見日よりです!
今年に入って2度目の『YAMA』のステージ演奏はお昼から。午前中三倉岳休憩所に赴いて、珈琲をいただきながら音合わせ。
先週よりはずいぶん暖かいし、演奏の息もまずまず合ってきた。前回よりはリラックスしてるし、あとはMCがどれだけのせられるかだけど(…いつもこれで調子乱すからな~次回はあまりしゃべらんどこ)。
ではそろそろ参りますか、クルマに楽器をのせて、いざ出ぱ~つ!

行ってきま~す♪

大竹市の海岸近くにあります亀居城。築城から400年を数えるそうで、なんとも立派な石垣が累々と。桜の名所としても有名なのだそうです。(写真がふんだんに掲載されてます解説ページはこちら
今年はお天気と開花のタイミングもバッチリで、たくさんの花見客で賑わっていました。

たくさんおるね~ 桜も満開よ

二の丸跡に常設された演舞台では、地元のグループさんたちによる太鼓や歌や踊り、ちびっ子たちのジャズダンスなどにまじって、『YAMA』も20分間フォルクローレの演奏をさせていただきました。
会場や出しものはおもいっきり和風の趣だったのですが、耳慣れないであろうアンデスの民謡をみなさん熱心に聴いてくださいました。「花祭り」では大きな手拍子も!ありがとうございます☆
ティエラヌエバのTIOさんはじめはるばる駆けつけてくださったみなさんの声援もたいへん励みになりました。
New!
 TIOさんのブログに当日の様子をご紹介いただいています(こちら→チャランゴパパのブログ)。いつもやさしい笑顔のTIOさんありがとうゴザイマス!!

もっともっと練習して、納得のいくいいステージができるよう、これからもがんばります☆

ありがとうお城の桜 うららかな山の午後
左:お祭りのメイン会場付近はかなりの人だかりですが、城郭内はとても広いので、思い思いの場所でのんびりお花見を楽しめます。高台にあるので眺望もよく、なかなかの行楽スポットでした。
右:ただ今アコーディオンのご夫婦が練習中。春の陽気にさそわれて、あまり姿を見せないネコのギャオちゃんもやってきた(クルマの前)。のどかな山の春です。


演奏終了後はホットなうどんをいただいて、亀居城をあとにしました。それではお先に!みなさまひき続きお花見をお楽しみくださーい☆ グラシア~ス!

午後からまた休憩所で打ち合わせ。
りょうたくんとりなちゃんはせっかくの春休み中なのにすまんのう。気がつけば山開きも2週間後、曲や進行も決まったし、まあ今日はこのくらい。おつかれさま☆

坂道も障害物も乗り越えて そりゃあ~
これで段になってるところも越えていくらしい、信じられん!

さあ~、おつとめのあとは特訓だ!
今日は『YAMA』の秘密訓練のもようをお伝えしましょう。

どうした、まだ始まったばかりだぞ! 背面打ちじゃ!(ウソです)
わしもやってみた。ヘトヘトよ。。

丸太乗りでバランス感覚を養い、バトミントンで手首足腰を鍛え、空き時間はお絵かきで芸術性を培う。…まあつまり遊んでるだけなんだけど、遊びってそのまま演奏や将来のいろんなことにつながってるよね。

せっせっせっとな 歌口の練習をしている私。足もとにネコとネズミ お花見と焚火を囲んでネコの大宴会。鳥獣戯画みたいで楽しそう♪
ノートの空きのところににぎやかに描いてくれました。衣装とか観察してよく描けてますね

さらに体力をつけるために、三倉岳にも登ってみようということになっております。しかも”マチュピチュ・エン・ハポン”の前日に!さてどうなりますことやら…。

雨上がり、いい天気! いよいよここに登るでよ~!

次回『YAMA』の演奏は、18日・焚火学会、19日・マチュピチュ、25日・短歌出版記念と続いていきます。いろんな出会い、遊び、おいしいもの、楽しみです!健康につとめて元気に駆け抜けていくぞ~ ファイトぜよ
以上『YAMA』の2ndステージでした。それではまた☆

4月、5月の活動予定

行事予定CM(7) TB(0)

桜咲く4月になりました!
アルコイリスではいよいよすーちゃんも小学生、ジュニアたちもそれぞれ進級(…してるよな)と、新たな気持ちで迎えた春。音楽活動のシーズンスタートも間もなくです。ガンバルど~

4月初旬、I山からA山方面のぞむ 里の春

というわけでArcoiris春の活動予定から☆

マチュピチュ・エン・ハポン

 日時 : 4月19日(日) 9:30~15:00
 場所 :三倉岳休憩所 (広島県大竹市栗谷町)

今年で2回目の開催となります、西中国~九州のフォルクローレ愛好グルーポが一堂に会する音楽の祭典です。
フォルクローレの演奏に加えて、楽器や雑貨などの販売、古代米のうどんにごはん、神楽饅頭などの飲食コーナーも充実♪
観覧無料。”広島のマチュピチュ”と称される三倉岳を間近に望みつつ、山の春をいっしょに楽しみましょう!

出演グループと予定演奏順太字は初出場)

  1. 広島アルプホルン倶楽部 (広島)
  2. 『YAMA』 (広島・山口) 9:45~
  3. ドス・ケナス (山口) 10:00~
  4. ティエラヌエバ (広島) 10:25~
  5. ロス・コイジス (山口) 10:50~
  6. グルーポ・ヴィエントス (島根・山口) 11:15~
  7. アルコイリス (山口) 11:40~
   (お昼の休憩)
   特別アトラクション演奏① : 杉山貴志 (ボリビア・ラパス)
   特別アトラクション演奏② : 吉田徳明 (大分)
  8. チュキアゴ・マンタ (山口・福岡) 12:35~
  9. 「YOSHIKI-CHA」 (山口) 13:00~
 10. 竹取の翁「PAN」 (大分) 13:25~
 11. ボリビアマンマ (福岡) 13:50~
 12. 備前の風 (岡山) 14:15~
 13. SAMAY (福岡) 14:40~

                

まんどころ来てみん祭

 日時 : 5月3日(日・憲法記念日) New! Arcoirisステージは13:00 ~ 13:30です!
 場所 : 周南市 ゆめ風車通り (周南市土井・政所)
 ※JR新南陽駅から歩いて10分程度です。
 ※お車でお越しの際は永源山公園駐車場をご利用ください。

               

それと…今月末、毎月アクアピアこいじで行われているロビーコンサートに、僕(nosa)のソロで演奏することになりました。
それなりの演奏しかできないけれど、新年度のスタートを元気に飾るでよ~!
みなさまどうぞお越しくださいませ☆

第45回 アンデス音楽の夕べ

 日時 : 4月23日(木) 18:30~19:30
 場所 : アクアピアこいじ (下松市河内恋路)
 ※ くわしくはロス・コイジスさんのホームページをご覧ください。

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2014
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Cariñito
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2014
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルスカイ (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: