フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

ステージ動画@ひかり苑の演奏会 ~ クシクシ

動画CM(0) TB(0)

つづきまして同じく2011年2月11日に、光市の“ひかり苑”にて行われた演奏会から、アルコイリスのジュニアユニット“クシクシ”のステージ動画をどうぞ☆

[高画質で再生]

やかんのあらし&楽器紹介 [ブログ]

最年少メンバー、Suzumaくん8歳の夏に作曲したオリジナル「やかんのあらし」。
今までキッズギターで弾いてたのですが、今回初めて大人用ギター、しかもレスポールモデル(本物です)!での演奏にチャレンジ。ストラップがずれてしまったけれど、まずまずうまくいったかな☆
最後のほうに、彼によるマンドリンの楽器紹介もおまけで付けてます。

動画:ファルン

こちらはティーンの女子2人がケーナ二重奏する「ファルン」です。
ステップ入りで楽しそうでしょ。いつまでも見守っていたいようなクシクシのステージでした☆

                                                  

久しぶりのオリジナル曲ができたよ!

 「なずな♪予告編

スポンサーサイト

ステージ動画@ひかり苑の演奏会

動画CM(0) TB(0)

2011年2月11日に、光市の“ひかり苑”にて行われた演奏会から、アルコイリスのステージ動画2つをピックアップしました。どうぞご覧ください☆

[高画質で再生]

パチャ [動画]

ペルー出身のグループ、アジアンディーナのオリジナル「パチャ」の演奏です。
彼らがライブでやっているバージョンでにぎやかに勢いよく!ステージの初っぱなにぶっつけました。

動画:エル・コンドル・パサ

こちらはおなじみ「エル・コンドル・パサ」。
チャランゴもギターもボンボもケーナも、ジュニアたちはこの3年で見事に成長を遂げましたよ☆

春一番も吹きました☆ナイト

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。全国津々浦々で春一番も吹きました、25日金曜夜のArco練習。
この日もびっしりと新曲にチャレンジ!がんばりました☆

TIOさんありがとう~! これは使えるね!

おっと練習その前に、今夜の1枚は、ティエラ・ヌエバTIOさんから送っていただいた、アンデスの紹介スナップ写真を手に。
今年初めのアジアンディーナゆめタウン広島ライブのときの写真も撮っていただいてて、みんな大喜び!TIOさんありがとうございます☆

まずはそのアジアンディーナのオリジナル、「フロル・シルベストレ(Flor Silvestre)」からいきますか。3月24日(木)にあります、ロス・コイジスさん主催の“アンデス音楽の夕べ”ロビーコンサートで初演奏を予定しています。
メンバーのモチベーションも高く、現時点でもまずまずの仕上がり。うむ、いいぞ!
…しか~し、ほかの曲ときたら、ぜんぜんあきまへんな。。
まあErikaさんがギターにまわったり、わしがベースにいったりと、慣れないパートに取り組んでるってこともありますが、これじゃあいけん!絶対になんとかせんといかんぜよ、春までに猛特訓じゃ!!

で、どうやらアルコイリスのジュニアユニット“クシクシ”も出演のめどが立ちまして、1曲2曲演奏させていただくことになりそうです。
こちらも新しいレパートリーを披露する予定。僕も大好きなサンフアニートのナンバー、きっとすばらしいステージをお届けできることと思います。こっちもがんばっていこーぜ!

というわけで、春に向けてますます音楽に打ち込んでいくべしのアルコイリス練習風景でした。
春一番のあとはまた冷え込むそうなので、体調管理に気をつけよう!それではまた☆

凱旋!HANAさんゲストのロビーコンサート

nosaレポートCM(5) TB(0)

24日木曜の夜、下松市のアクアピアこいじで行われた“アンデス音楽の夕べ”ロビーコンサートに行ってきました。
この日は久しぶり、HANAさんのアルプホルンを聴いてきたよ☆

HANAさんアルプホルン
2曲の演奏でもう少し聴きたいなあ。でもこれでいっぱいいっぱい、これ以上とても息が続かないんだって。で、少しでも吹かないようにするので、本番は一発音出し!ひえ~、なんておっかねえ楽器じゃろ~か!!

いつぶりかなあ?やっぱりゲストで来てくれるとうれしいね!ロビーコンサートへは今回で3回目の出演だそうです。
実は彼女、今月初めになんと出張演奏で北海道まで行っていたらしく、この日はその凱旋!演奏なのでした。いや、とってもよかったですよ♪

そうだったのか!アルプホルン
自作の紙芝居でスイスとアルプホルンの説明。楽器により関心持ってもらえるだろうし、お客さんに問いかけてコミュニケーションもバッチリ。ほんと見事なり。

高校野球で全国的に有名なK大T高校は、吹奏楽でもかなりのレベルなのだそうで、その楽団でソロパートこなしてきたそうです。
出発前、先月くらいにnobuさんから、かなりプレッシャー感じてるみたい(そりゃーそうですわな)との情報を得てちょいと心配にも思っていたのですが、この日のスタンバイのとき少し話してみると、なんだかとってもふっきれたような元気な表情をしてましたよ。
おお、ひとつ大きな壁をクリアしたみたい。おめでとう、オメデトー!!

MIDIもよかったで~♪
ソロ演奏用に、MIDIを伴奏で流しながらの演奏。MIDIは僕の作ってるようないかにも電子音ではなく、さすがにいいもの用意してるなあ。ホルンの生の、木の響きのやわらかさとなかなかいいバランスで、これもかなりGOODでした。

演奏もバッチリよかったし、間にさしはさむトークもいつもながらわかりやすく、以前にも増して明るさと自信にあふれた様子が伝わってきた
こういう言い方がいいのかわかりませんが、自分自身の存在を認めることのできたよろこびと、その輝きを放っていました。
うんうん、これはもうどこへ行っても多くの人たちを楽しませることのできる、立派なエンターテイナーの誕生ですよ!
彼女、呼べばどこへでも喜んで、しかも無料で赴くそうですから、じゃんじゃん声かけてみてはいかがでしょう?!ぜーっっったい!!おススメです☆

お忘れなく!

とまあ、HANAさんのレボリューションにかなりエキサイトしてしまいましたが、フォルクローレも忘れないで!写真は開始直後のロス・コイジスさんのステージです。
この日は温水プールのほうが臨時休業になってて、お客さん来ないだろうな~とみなさん思ってたのですが、意外や意外、ありがたいことに十数名くらいの方がわざわざ足を運んでくださってました。うれしいですネ!
来月は僕たちアルコイリスもゲスト出演しますので、どうかみなさま3月のロビーコンサートへも、ぜひぜひご来場くださいませ!元気いっぱい楽しい演奏をお届けします☆

アジアンディーナライブ in 柳井2011冬 3rdステージ&フレンズ

活動歴CM(2) TB(0)

ではここからは、曲も一段と魅力的なラインナップのアジアンディーナ柳井ライブ・サードステージのレポートです☆

3rdステージ

いきなり!さっきまでレッスンでいっしょにやってた「フロル・シルベストレ(Flor Silvestre)」の演奏でした。感激っす!!
ロベルトのサンポーニャはさらにさらに大迫力で、甘い歌声もグレイト!間奏の弦楽器も繊細な調べで、間近で見て聴けて、とてもうれしかったです!
春には僕らもステージで演奏するよ、ありがと~う☆

販売ブースでも熱烈応援! もちろん最前列よ!

続いておなじみの「パチャ(Pacha)」。
いつもの軽快なステップに、アントニーがメンバーとしてやって来たと同時に始めた歌入りバージョンも、板についてきた感じじゃね。高い音多いからわしは声が割れるけど、アントニーよく歌ってるなあ。

あ、空気が変わった

「次は日本の曲を演奏してみたいと思います。」
へ~、何だろう?おっ、このメロディは「川の流れのように」ですネ!
昔はアジアンディーナもよく演奏していたらしいけれど、日本の曲聴けるとは珍しい。
それにしてもなじみの曲を聴くとやっぱり落ちつくのか、会場のみなさんもいっそうじっくりと聴き入ってました。誰もが知ってて、誰もが歌えるフレーズって、すごい力を持ってるよね。

カホンもカッコええ

ラストの曲です、「アルボリート(Arbolito)」。
あっ、やっぱりね!持ってる楽器で曲がわかるArcoメンバー。すごいファンっぷりでしょ♪
間奏ではロベルトによるボンゴのソロパート。ラテン系の打楽器が入ると“アジアンディーナだな”って雰囲気になるね。

衣装もベースも黒!きまっちょる~

もちろんアンコール!会場も歌って盛り上がる「ラ・ムルガ(La Murga)」を演奏してくれました。
今日もたくさんサービスしてくれてありがとう!おかげでお客さんもいっぱい楽しんで元気をもらったようですよ☆

それ~! CD販売してますよ~!

ライブ終了後、販売コーナーは大盛況!
熱気冷めやらず続々と詰めかけるお客さん、こりゃーすごい!!
CDはかなり売れたみたいじゃね。お~、サンポーニャもお買い上げ!うれしいなあ♪

Massy手作りのPOP ひまさえあればレイアウト整えまくってました

前回防府ライブに続いて、販売コーナーをお手伝いさせてもらったSuzumaくんとMassyとNatachaも大奮闘。
準備もいろいろ考えて整えて、本番でも手際よく販売をこなしてました。
しかしこの日は忙しかったねー!

サインしますよ~ 民芸品もおもしろいですよ

こんな小さな街でも、多くの人が関心をもってくれて、僕たちもとてもうれしかったです。
演奏はもちろん、楽しいし、みんな元気になれる。
それに彼らの気さくな人柄が、人を引きつける大きな魅力ですよね。

こんな男前と気軽に話せるよ! うおっ、ちゃっかり!

プロミュージシャンなのにとっても近い気がするのは、同じモンゴロイドってことだけでなく、すぐに握手をしてくれて、友だちのようにふつうに話してくれるし、メルアドだって簡単に教えちゃう。(でも大丈夫?)
カメラもビデオもOKで、撮影したファンが彼らのサイトに送ったり、公開したりして、そうしたことも彼らの活動の一助となって、さらに多くのつながりを生み出していく。
ミュージシャンとファンの垣根なく、ともに作り上げていってるアジアンディーナのスタイルは、新時代型のチャレンジなのかもしれないね。

おじいちゃんたち、かわいい! すっかり仲良し

若い世代も、年輩の方たちも、いっしょになって楽しめるし、またファン同士も、ライブを通じてつながりあえる。
アジアンディーナは僕たちに、素晴らしいチャンスを与えてくれてるのだと思います。
これからも彼らの活動をしっかり応援して、よりおもしろい未来をいっしょに作っていきたいね!

Nos Vemos Otra Vez!

以上、アジアンディーナの柳井ライブレポート3部作でした。
ご覧になってくださってありがとうございました。あなたの街でもたくさんの笑顔が生まれることをねがっています。
それではまた、バイバイ☆

アジアンディーナライブ in 柳井2011冬 2ndステージ&レッスン

活動歴CM(2) TB(0)

アジアンディーナの柳井ライブ、ここからはセカンドステージのもようをお届けします☆

お客さんイッパイ!

すごいでしょー!ここ柳井ですよ!!
午後3時からのステージがいちばんお客さんも多くて盛況でした。
で、その1曲目は、彼らの新しいオリジナルの「山道(Camino de la Montana)」。

大迫力のトヨ

トヨの重低音で始まり、思いを歌にのせ、最後はケーナの高音で軽やかに、颯爽と走り去るように。
楽器を携え、アンデスの山道を行くイメージの曲だそうです。
生で聴くとすごいね~!またいい曲に出会ってしまった、やべー。

二人のボーカル曲も増えてきた、イイネ! 立体的にご覧いただけます
それぞれにタイプの異なるボーカルでいいよね。若手二人は回を重ねるごとに洗練されていってます。

そしてジョージがボーカルの「コラソン(Corazon)」はなんと、日本語歌詞で歌ってくれたよ!
これ有料ライブ限定じゃなかったの?こっちのほうにはあんまり来ないしサービス!だって

 ♪ 君の前ではまるでロボットさ 何もできないよ 君にとらわれた心 ♪

うーむ、かわいらしくてちょっぴり切ない感じがいいですな。

この日の衣装はすべてチャレコでした 兄さんは演奏支える名脇役(いや主役かも)
また各キャラクターがしっかり立ってるところもGood。演奏だけじゃない部分も見習いたいところ。

そして僕たちも大好きな「カリニート(Carinito)」は、ペルーのリマの曲なんだって。
かわいそうにいつも曲とかの意味をふられるウィリー。この曲名の意味は、そうですね、ん~、、、ダーリン!わぁ、ウィリー照れてる?

 ♪ 愛する人よ 決して、決して 私を置き去りにしないで ♪

“Nunca,pero nunca”とメンバー全員が重ねるハーモニーが素敵な演奏です。

さあみなさんで、ヘイ! ヘへへイ!!
さあいっしょに、コミュニケーションとったほうがいいね。元気になるし、楽しいから!

「リンダ・ベジャ(Linda Bella)」もすっかり定番の曲かも。
途中に入る“ヘイ!”というかけ声を、会場のみなさんも大きな声でやってみましょう!
さあリードするのは誰がいちばん力あるかな?今日もウィリー?かと思いきや、ぜんぜんなってないやんっ!出てきたぞ~、最強最新鋭のアントニーがっ!!(ワイルドでやんちゃなところがかわいい彼の人気はただ今ウナギ登りのようですよ。)
会場は大きく響き渡るかけ声と爆笑に包まれてました。おかげで柳井にもたくさん元気な笑顔の花が咲きました☆

アクティブなステージでした

そしてラストはおなじみ「コーヒー・ルンバ(Moriendo Cafe)」でした。
クンビアやラテン系が多くて、お客さんもすっかりノリノリの2ndステージは、出ましたアンコール!
曲は…何だったっけ?リンダベジャがそうだったかな??わしも歳かのう。。

よろしくウィリー! いちにーさんよんさんにーさん…
Massyは「アルボリート」を、Suzumaくんは「フロル・シルベストレ」を課題曲にリクエスト。お、まあまあ合ってる?いやプロの実際の演奏は思った以上に繊細。

ステージのあとはお待ちかね!アジアンディーナのメンバーにおねがいして、楽器のレッスンを受けさせていただきましたよ!!
Massyはウィリーからギターを、Suzumaくんはジョージからチャランゴの奏法を教わりました。
ハイポジション、カッティングストローク、指づかいも、うわぁ~すごいね!速くてむずかしい~。。でも練習方法も教えてもらったから、毎日コツコツ続けていこう!

そして私nosaこと米ガトーも、ロベルトからサンポーニャの低音の出し方を教わったのですが…。
こう、思いっきり、違う、もう少し下、ブオ~!そう!!
まるで魔法にかけられたよう。今までとはまるで違う次元のような音が出てきてそれはもうビックリしました。ロベルト演奏も教えるのもすごすぎだ…ありがとう!!
そして先月の防府ライブのときに、ロベルトから歌詞を教えてもらっていたアジアンディーナの新オリジナル曲、「野に咲く花(Flor Silvestre)」の歌を、彼に聴いてもらいました。
うん、だいたいいいよ!Gracias!演奏がんばるよ!!

ちょいNatacha、低い音出るようになったでー!こうやって…っちゅうかあなたすでに吹けてるじゃないですか。。まあロベルトから教えてもらえたことだしいいか☆

熱中してます♪

新しい領域に踏み込めた興奮と喜びでいっぱいのジュニアたち&アラフォーメンバー。お互いしっかりがんばってものにしていこーぜ!!

さあ次は、感動も大きな3rdステージのもようをお届けします☆

アジアンディーナライブ in ゆめタウン柳井 2011冬

活動歴CM(2) TB(0)

20日の日曜日、ゆめタウン柳井で行われたアジアンディーナのライブに、Arcoメンバー4名で行ってきました!みんな待っちょったで~☆

1stステージ

昨年秋、11月に続いての柳井でのライブ(2010.11月ライブのレポート)…というか、こんな地方の小都市に来てくれるなんてありえないこと。しかも山口県内は、先月ロックシティ防府(そのときのようす)に来てくれたばかり。ありがたいことですな!
いつものようにNatachaたちは、前回に続いて販売もお手伝いすることもあって早めに到着。今回もいろいろ楽しんでたようです。

ASIANDINA号をバックにArcoバッグでキメ! 見て見て!すぐ近くに停まっちょったよ☆

午後からの計3回のステージ。もちろんぜ~んぶ見ましたよ!
驚いたことに、昨年秋に比べてもかなり多くの人たちが、しかもけっこう早くから陣取ってご鑑賞。お~、よく見れば知ってる方もたくさんおってじゃね。

開始直後はこんな感じ 小窓のぞいてカワイイね

近くから遠くから、うれしいですね!下松のロスコイさんに、岩国のNさん、広島のファンの方たちも、秋のライブに続いていらしてました。
なんかすっかり、アジアンディーナのライブを通してみんなフレンドって感じっす。さ~今日もエンジョイいたしますかっ!

なんだかなつかしい思い
ボンゴを刻むロベルト。手前のトヨはアントニーも吹いてました。

1曲目「アブエロ(Abuelo)」では、ロベルトがボンゴを叩いてるよ!
ペルーに帰ったメンバーのチェピが、今もこうしていっしょに演奏してるみたいでした。チェピのかけ声やサンポーニャのパートもあちこちにちりばめていて…仲間を大切にしてるんだなあと思いました。
ロベルト。「メンバー、神様からの贈りものです!」

なになににぎやかですねえ Ayayay ayayay!
演奏始まればたちまち人だかり。ここゆめタウン柳井のイベント広場は、開放的で人の集まりやすいスペースになってて、インストアライブにはなかなかうってつけ。

新オリジナルの「ティンク・デ・アモール(Tinku de Amor)」はアントニーのボーカルやっぱりええわぁ!それにウィリーとジョージの速弾きもカッコイイ!!演奏してみたいのう。
そして「エスぺランサ(Esperanza)」は日本語の歌詞も入ってて、これもよかったな~。
 
 ♪ あと少しだけ ほんの少しでも ♪

この続きもあるってウィリー言ってましたが、今回はおあずけだったみたい。でもこのフレーズのあとにすかさずロベルトのサンポーニャのラインが重なってくる構成も、なんかじ~んときた。

パフォーマンスも男前よの~
ジョージの演奏後のベースのキメポーズがかっこよかったのですが、撮りきらんやった。。余談ですがゆめタウン柳井、毎回ジョージのところの舞台だけ揺れやすいんよねえ。なんとかしちゃれんかね~。

1stステージのトリは「コンドルは飛んで行く(El Condor Pasa)」でした。
やっぱりこの曲のネームバリューは偉大で、立ちどまるお客さんの数もグンと増えます。
この日知り合った市内のSさんも、アンコール聞きたかったなあ~と、初めて見るライブをすっかり気に入ったようでした。よーし、次がんばってアンコール取りましょうよ!

ウィリーもひまなしだ~ ケーナいかが?

で、演奏後の物販ブースはこの盛況ぶり!
この日は3回ともこんな状態で、まるで広島とかでやったあとみたいでした。
CDもかなり売れたようで、これ販売を手伝ったMassyやSuzumaくんが、一役二役どころではなくかってたのは間違いないね!
なんかだんだん山口でもアジアンディーナの、フォルクローレの輪が広まっていきよるじゃん!今日もありがとうアジアンディーナ!!

Chao!CHAO!またあとで~☆
ステージ後、舞台そばに落ちてた豆を発見。Suzumaくん、これきっとチューニングのよねー。この大きいのは?トヨのかも?!あっなるほどー!

というわけで、アジアンディーナ柳井ライブのレポート第1弾でした。
もちろんまだまだ続くよ!また見に来てくださいね☆

岩国フォルクローレ教室だより

nosaレポートCM(2) TB(0)

昨年11月より毎月2回、岩国市にあります音楽教室“こんどう楽器”さんにて、フォルクローレ教室を開催させていただいています。
今日はちょっと宣伝も兼ねまして、レッスンのもようをレポートしてみたいと思います☆

練習中のひとコマ
左から、K社長、Sさん(周南市)、Nさん(岩国市)。情熱的にがんばってます!

教室生さんは現在3名。この日で多い方で7度目の講習でした。今のところケーナとサンポーニャを中心にレッスンしてます。
音の出し方から始め、音出しの基礎、音階練習などを積んで、徐々にケーナは2~3オクターブの高い音、サンポーニャも低音域がよく出せるようになってきました!うれしいですネ☆

そして今年に入ってからは、曲の練習にも取りかかり始めました。
課題曲は、フォルクローレの定番「花祭り」(ケーナ)と「サリリ」(サンポーニャ)の2曲。この4月にあります、こんどう楽器さんの生徒さんたちの発表会で演奏するべく、春に向け猛特訓を重ねていく予定なのです!
すでにひと通りメロディふめてますのでなんとかなるっす、みなさんがんばりましょう~!!

といった感じで、楽しめる範囲で、みなさんそれぞれの進捗状況にあわせてレッスンを行っています。
基本的に初心者さん向けのこの教室では、随時生徒さんを募集してますので、興味のある方はこんどう楽器(0827-22-4408) または nosa(090-3745-9124)までお気軽にお問い合わせくださいませ☆
(料金やスケジュールなどくわしくはこちらをどうぞ → フォルクローレ教室@岩国

ということで、岩国フォルクローレ教室のレポート第1弾をお届けしました。
次も胸を張ってレポートできるよう、楽しくレッスンに励んでいきますよ!以上、米ガトーことnosaでした。それではまた☆

Piyoちゃんの誕生日ナイト

活動歴CM(3) TB(0)

みなさまこんばんは。練習は2週間ぶりとなりますアルコイリス、この日は大人組Piyoちゃんのバースデイをみんなでお祝いしましたよ☆

おめでとう~!!ところでいくつになったっけ?
ボンボスティックのマイクでインタビュー受けてます。Arco唯一の冬生まれで~す♪

結成3年目くらいからアルコイリスに加わってくれた、ビエント担当のPiyoちゃん。もう10年くらいいっしょにやってきたことになるんじゃな~。
ちなみに彼女とNatachaとわたくし米ガトーは同い年。やっと同じ年齢に並んだか!いくつになったかはもはや不明。。(そんなでもないかっ。)

どっちゃり!すごいネ☆ 全部開けてみてくれてる中

それにしてもみんなからの贈りものがまあ、すごかった!
量もそうですが、内容的にもおしゃれだったり凝った趣向のものだったり。
いやまあほんと愛されておりますなあ、はた目にもうらやましいような祝福ぶりでした。
ジュニアたちのよきお姉さんとして慕われ遊ばれしてますPiyoちゃん。この日は同じケーナ奏者のAyaちゃんと「インバブレニータ」を熱心に吹いてる姿がほほ笑ましくて印象的でした。
これからもしっかりみんなをリードしていってくれよ、それと旦那さまにもやさしくな~!

どでーん!何でしょう?

さあ練習じゃー!おっとその前になんだこりゃ?
最近ちまたで人気の“ケークサレ(cake salé)”っていう塩味のケーキなんだそうな。Natachaが手作りして持ってきてくれました。(いつもグラシアス!)
僕たちは甘いものは好きなんだけど、好みがかたよりがちなので、今回塩系にしてみたとのこと。デザートというよりお惣菜やおつまみ、軽食といった感覚の一品。もちろん甘味は一切なし!
お気に入りの豆と、ほんのり赤色はトマトの風味。からだにもしっかりよさそう、新時代の大人のスイーツと言うべきか。
パウンドケーキっぽいので味とのギャップもおもしろかったなあ。これもまた食べたいな♪

うまいぜよ
おかずにもいけそうだし、サラダやスープなど食べ合わせによってもいろいろ楽しめそう☆

さて仕切り直して練習です。ただ今新曲ラッシュ、あの曲もこの曲もしっかり取り組んでるよ!
とくにアジアンディーナの新オリジナル曲の「フロル・シルベストレ(野の花)」はみんなノリノリ!熱心にくり返し習得に励みました。
そして今夜初めて合わせた「エン・トゥ・コラソン(君の心に)」は、春までにはぜひ仕上げておきたいナンバー。今回はコーラスにも力を入れてみよう、ガンガン鍛えていくぜ~!!

たくさんのおめでとう
帰宅してあらためてプレゼント並べてみたそうな。誕生日っていいもんだ☆

というわけで、いろいろ楽しかった練習&Piyoちゃんバースデイの夜でした。
これからも音楽シャワーたくさん浴びて、よりビビッドにいい年重ねていこ~でい☆

サンポーニャ

フォルクローレの楽器CM(6) TB(0)

サンポーニャ(Zampoña)は、世界各地に存在するパンフルート(Pan Flute)の一種で、フォルクローレの演奏に用いられるアンデス地方発祥の葦笛です。
アイマラ語でシーク(Siku、Sicu)と呼ばれ、また、サンポーニャによる合奏のことを“シクリアーダ(Sikuriada、Sicuriada)”といいます。
なお、横一列に配されたサンポーニャのことをとくに“アンタラ(Antara)”といいますが、これはケチュア語でサンポーニャ全般を指す言葉でもあります。

マルタ・クロマティカ
2010年の誕生日にArcoメンバーからプレゼンとしてもらったサンポーニャ。11管+10管+9管の構成で、基本的なマルタに比べ低音高音ともに4管も多く付属され、しかも半音まで配された優れモノ!プラスティック製なので管理にも気をつかわずにすみます。杉山楽器さんにてボリビアから取り寄せの品、とても気に入っています。

長さの異なる管を音階順に束ねて作られます。管はそれぞれ底の部分の節によって閉じられており、息を吹き込むことにより音が出ます。管が長いほど低い音となります。

管に使われる素材は、アンデスで採取される葦や竹で、厚みの薄いものから順にソンゴ、キメ、ベルメホ、バンブーなど数種あるようです。
自然素材で作られたサンポーニャは味わいのあるやさしい音で鳴ります。また唇当たりもなめらかです。管が肉薄なほどキレのある音が出ますが、割れが入りやすい欠点があります。また虫がつきやすく(いわゆるサンポ虫と呼ばれるキクイムシの仲間。ただし毎日吹いていればそういった虫もつかないという話も聞きます)、気温や湿度にも影響を受けやすいです。
一方、やわらかめのプラスティックを使用したサンポーニャも作られ、こちらは自然素材製の弱点はすっかりクリアしています。見た目がいかにも人工的ですが、徐々に本物の葦などの色合いに近づいたものも出てきているようです。

(自然素材のほうは明らかに欠点も多いのですが、息を吹き込むことで経年変化が起き、音質もより良いものに育っていくため、割れたりしても補修しつつ長年同じ楽器を愛用し続ける奏者も少なくないようです。)

マルタ
こちらは手作りキットで作った6管+7管構成のシンプルなマルタ管。天然素材の葦(ソンゴ)を使っています。
ところで管を束ねるひもの編み方もいろいろあるようで、ダイヤ型やX型、亀甲型とありますが、吹く人の側はだいたい四角編みになってます。
写真のものは やや?武田菱?!シサイのアントニオに教えてもらいました。エクアドル式でしょうか。


サンポーニャの特徴として、音階を順に横に並べるほかのパンフルート類と異なり、ドミソ・・、レファラ・・と3度ずつずらして(つまり1音ずつ飛ばして)横一列に配された束を、前後に重ねた構造をしています。
これはもともと、サンポーニャは二人一組で演奏する楽器であり、二手に分かれて一方がドミソの束、もう一方がレファラの束を持ち、1つのメロディを交互に掛け合って吹奏していたことに由来するようで、こういった奏法を“コンテスタード(Contestado=応えるの意)”といいます。
しかし20世紀の半ばころから、一人で両方の束を重ねて演奏するスタイルが確立され広まっていったらしく(この奏法のことを指してドブレ(Doble=ダブルのこと)と呼ぶようです)、これが現在の二段重ねのサンポーニャの起こりと思われます。

管の配列は、以前は、吹く人から見て左が最低音で右にいくほど高音となるタイプと、その逆の右側に最低音があるタイプが混在していたそうですが、ボリビアでは近年、右側に最低音のあるタイプに統一されたようです。
(理由はよくわかりませんが、たとえばボンボを叩きながらとか、片手でサンポーニャを吹く際に右利きの人が保持しやすいため、などではないでしょうか。逆でも持てないことはありませんが…。)
一方、エクアドルでは、左に最低音があるタイプが主流とのこと。
なお、手持ちのサンポーニャの配列が左右どうもしっくりいかないという場合は、前後の束を分離させて、逆の配列に換えることも可能ですので(その場合、装飾の施された側が手前にきてしまいますが)、演奏のしやすさや求める音楽の地域性などお好みで選ばれてよいと思います。

サンポーニャの音域

サンポーニャは、カバーする音域によって呼び名が異なる楽器です。
高音域のものから順に、チュリ(Chuli)、マルタ(Malta)、サンカ(Sanka)、トヨ(Toyo)となり、各楽器の間ではそれぞれ1オクターブの音域の差異があります。
もっとも一般的なサンポーニャはマルタで、ケーナ、ケナーチョの1オクターブ目の音域にほぼ重なります(D4-B5)。
また、サンカとトヨの間にはセミトヨ(Semi-Toyo)があり、さらにトヨの1オクターブ下の最低音域のレコントラトヨ(Recontra-Toyo)も存在します。

管の数は、基本的に上段7(レ、ファ♯、ラ、ド、ミ、ソ、シ)、下段6(ミ、ソ、シ、レ、ファ♯、ラ)、最低音レ~最高音シまでの13本構成ですが、15本構成や、それより数の多いものが主流になってきているようです。
また、2段式の上にさらに半音の管の列を重ねた3段式のサンポーニャのことを“クロマティック・サンポーニャ(Chromatic)”といいます。こちらはフォルクローレで一般的なEm/G調やAm/C調のみならず、さまざまな調の楽曲に対応できる万能型ですが、3段目の半音がやや離れた位置にあるため、演奏は少々困難になります(半音を伴わない楽曲では問題ありません)。

(最近では、管の配列が横一列に近いタイプの“2列式クロマティック・サンポーニャ”も出てきており、これは音階を上下交互になぞることに慣れていない一般の音楽経験者にも扱いやすい、セミ・パンフルートとでも呼べるような仕様となっています。)

マルタ・クロマティカ + 3
手持ちのマルタ・クロマティカに、なんでかたまたま家に転がっていたバラのキメ材3管を添えると、なんとサンカの音域からチュリの半ばまでカバーする多音域スーパーサンポーニャに変身!かなりの重宝もの。

音色については、ケーナに比べやわらかな、暖かみのある音が出ます。
しかしながら、1列に並んだほかのパンフルートがとても澄んだ晴れやかな音を奏でるのに対し、サンポーニャはやや重く少しこもったような音質です。これは2段に重ねた奥の管に音が干渉されて起こることのようです。サンポーニャの特徴であり個性ともいえます。
音を出す際、ケーナが高音になるほど難しいのに対し、サンポーニャは低音になるほど難しい楽器です。正しい口の形、管にあてる位置、角度が求められ、管が長いほどやはり肺活量も必要になります。高音も、正しい吹き方をしていないと音程が激しく下がってしまいます。

チューニング(音程の微調整)には、あずき豆や米粒などを用います。
ピッチの低い管にあずきなどの粒を入れていくと、音程が少しずつ上昇していきます。
ところでこのようにサンポーニャは、音程を上げることはできるけれども下げることはできない楽器です。なので作る行程でやや低めに音を設定しているケースもあるそうです。
また、冬場はピッチが下がり、夏場は上がります。

セミトヨ
アルコイリス所有のプラスティック製セミトヨ。最低音はソ。
サンポーニャを吹く人の指向はより低く低くへと向くようで…やっぱりもうちょい低い音も吹いてみたい!地の底から響くようなあのバリバリといった恐ろしいくらいの重低音。トヨほしいなあ~。


サンポーニャは、フォルクローレを構成するビエント(Viento=管楽器)の双璧の一方を成す楽器です。
ケーナがメロディアスでなめらかな楽曲を得意とするのに対し、ティンク(Tinku)トバス(Tobas)といった迫力ある歯切れのいい曲を演奏する際は、断然サンポーニャが似合います。
もともとフォルクローレでは脇役的な楽器だったそうですが、もちろん主旋律も奏でられますし、ケーナと重ねたり、高速吹きやコンテスタードで魅せたり、低音域のサンポーニャでベースラインを奏でたりと、ケーナとタイプは異なりますが、劣らず多彩な表現力をもつ奥深い楽器です。

またサンポーニャは、ケーナと違って誰にでも音の出せる笛であり、子どもからお年寄りまで、体力のある人はもちろん握力のほとんどない人でも奏でることができる、バリアフリーな、可能性に満ちた楽器です。
とりわけ“誰でもの”という点が、その最大の魅力かもしれませんね。

   m-zampon~a        m-zampon~a        m-zampon~a        m-zampon~a        m-zampon~a

以上、フォルクローレを代表する楽器のひとつ、サンポーニャについてまとめてみました。
個人的に経験浅く不備な点も多いと思いますが、随時訂正加筆を重ね、確かなページに仕上げていきたいと思っています。 文責 nosa

〈2015.7.1 一部改訂〉

ひかり苑の演奏会〈続報!〉

演奏歴CM(0) TB(0)

11日建国記念の日、光市の“ひかり苑”で開催いただいた演奏会のもようをお届けいたします☆
〈速報〉も読んでくださいませ!)

フヤニマリ うれしい大歓迎

お昼下がり、午後2時からの1時間、広~いダイニングルームをお借りしてのステージです。
ふだんは30分程度の演奏がほとんどのアルコイリスですが、1時間はきっと初めての体験ですよ。スタミナもつんじゃろうか?いやいやお客さまやスタッフさんも楽しみにしておられるので、走りきらんといかんでい!
それに今回は、Erika&Ayakaママさんに、ビデオや写真撮影や送迎でサポートいただいてるし、しっかりがんばりマス!

ということで曲目紹介

1 パチャ
  ペルー出身のグループ、アジアンディーナのオリジナル。パチャとは“大地”や“地球”を意味します。
2 コンドルは飛んで行く
  おなじみフォルクローレの代表曲。Massyのギターベースラインなかなかよかったぞ!
3 花祭り
  アルゼンチンの明るいナンバー。昔日本でも流行ったそうですよ。
4 フヤニマリ
  “愛しているよ”という意味のエクアドルの舞曲。おめでとう、ありがとうの気持ちをこめて。
5 サリリ
  邦題“アンデスの旅人”。葦笛サンポーニャが似合う曲。個人的に進行間違えまくりスマヌ。。

  楽器紹介
  ケーナ、ケナーチョ、サンポーニャ、チャランゴ、ボンボに、マンドリンチャクチャカホンでした。

  さてここからは、アルコイリスのジュニア・ユニット、“クシクシ”のステージをお届けします

6 ファルン
  MassyとAyaちゃん、ティーンの女子2人がケーナ二重奏♪
7 やかんのあらし
  Suzumaくん8歳の夏に作曲しました!初披露のレスポールギターもきまったネ☆ 

  ありがとうございました!ではアルコイリスにもどりまして・・・

8 フエゴ・デ・アモール
  情熱的な愛のうた。最近よく演奏してます。センティミェーント!
9 アグアス・クラーラス
  ラストは元気よくダンスナンバー!笑顔ではじける踊り子たち。楽しくフィナーレを飾りました☆

                                             

クシクシ・ファルン アグアスでフィナーレ

ふぅ~、60分、なんとかやりきりました!ま、大人組は休憩長かったしね…。
ジュニアたちはどうだった?今日もいい経験させてもらったね。いつもの倍こなした分、みんなステップアップできたに違いない☆

しかし確認できた課題もゴロゴロ。
やはりこういった訪問演奏では みなさんおなじみの曲も入れたい、もっとコミュニケーションがとれるような演出の工夫がほしい、PA音をしっかり出さんか~い!…などなど。
まあ次回までにはちゃんと克服しますがね だってまた演奏したいし、みなさんにもっと楽しんでいただきたいですものなあ!

それにしてもジュニアの4人は本番ごとにぐんぐん成長していってるね。演奏面もだけれど、どんどんステージ慣れもしていってます。そろそろMCもやってみるかい?!
練習も楽しく励んでますが、こういったステージの機会もなるべくたくさん用意してあげたいね。若い時の経験はきっとのちの人生にも大きく活かされていくだろうから。

なにはともあれ、この日も笑顔いっぱいのステージでした。みんなおつかれ!
さあ次のステージでは新曲ぶっつけまくるで~、春までにビシバシ鍛えていこう!!

ひかり苑さんからの感謝状
後日、ひかり苑さんよりお礼状をいただきました。お招きいただき、僕たちにとりましてもよい思い出となる一日でした。これからもたくさんの人たちが心豊かな時をすごしていけるよう、お互い元気に活動に励んでいきたいですね☆

ひかり苑のみなさま、お招きいただき誠にありがとうございました。耳慣れない演奏だったでしょうけれど、多少なりとも楽しんで、元気になっていただけたなら幸いです。
またきっとどこかでお会いできることを楽しみにしています。まだまだ寒い日が続きますがお元気でおすごしくださいね。
また会う日まで、それでは☆アルコイリス一同より

ひかり苑の演奏会〈速報!〉

演奏歴CM(0) TB(0)

またまた全国的に強い寒波に見舞われた11日建国記念の日、光市にあります社会福祉施設“ひかり苑”で演奏してきました。
本格的な写真が到着するまで、ひとまずのレポートをご覧ください☆

クシクシのステージ
クシクシの演奏中にて。背後にある“ゆ”ののれん、なんと足湯です!ひえ~、最近はこういった施設内にもあるのか~。気軽に入れるしとてもイイですね。

3年前にできたばかりの真新しく かつ 広大な養護施設。お呼びいただきありがとうございます!
今回の出演は、EriちゃんとAyaちゃんのママにお世話いただきまして、アルコイリス今年最初の演奏と相成りました。撮影などもこなしていただいて、心強いマネージャーさんのサポートに大感謝です!

本日のメニュー
案内板に横断幕、歓迎のメッセージの入ったプレートも用意していただきました。うれしいね!

こうした施設の訪問演奏は、昨年暮れに続いて2度目。そして自前のPA使ってのステージも2度目。どちらもまだまだ慣れないなあ~。やはり年配の方がほとんどだったけど、楽しんでいただけたかなあ。
バリバリのネオ・フォルクローレでのぞみましたが、やはりみなさんなじみの曲を入れたり、もっとコミュニケーションのとれるようなプログラムを用意するべきだったかもね。
でもいつも通り、若さと勢いある演奏で、元気と明るさを届けることはしっかりできたと思うよ!

そでで応援中
1時間の長丁場、われわれ大人組はしばし休憩いただいて…奮闘中のクシクシをしっかりサポートしてますよ。9曲演奏は初めてでしたけど、みんなどうだった?

ステージごとに成長していくクシクシ(ジュニア・メンバー)たち。
それぞれ新しい楽器でのぞんだり、苦手なパートを克服したり、彼らなしではArcoの演奏はもはや成り立たん!MCやステージさばきも柔軟にこなしますし、たのもしいかぎりでした。

ちょっとした打ち上げ。おつかれ~!
演奏後、控えの間でお飲み物などいただきました。出来は文句なし!とまではいかなかったけれど、思わずほころぶ笑顔です☆

長めの演奏時間、PA導入の演奏、その場に合わせた演奏形態…。体験させてもらっていろいろ勉強になったし、よりよいかたちを模索していかなくてはと、たくさん課題を見つけた一日。だけどとっても楽しかったよね!
このような機会をいただけて感謝、できればもっともっとこなしていきたいですな!

次に向けてがんばるぞ☆
メンバー全員にいただいたお花といっしょに帰り道。

帰りぎわ、お花とお菓子までいただきました。あたたかなおもてなし、みなさんありがとう!
2011年のアルコイリス初演奏レポート、続きはまた少しあとで☆

君の心に

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

エクアドル出身のグルーポ、シサイ(SISAY)の若きベーシスト、ルイス・タビ(Luis Tabi)の手がけたナンバー、「エン・トゥ・コラソン(En Tu Corazon)」をご紹介します。
昨年暮れに広島で行われた“エクアドル アンデスフェスタ”のステージ動画が公開されてましたので(ラッキー!)、こちらどうぞご覧ください☆



ルイス・タビ率いるフヤニス(Juyanis=キチュア語で“愛”の意)の最新アルバムに収められている表題曲です。
このときのライブで初めて聴いてとても気に入り、今年元旦の大竹での新春ライブでCDを入手!
とってもカッコいいこの曲のリズムはおそらくトバス(いやクンビア・アンディーナかと思われます、2014.3.29訂正)。こちらもたいへん若いマリオのドラムスが炸裂、フランシスコのギターのラインもクールです。
それになんといっても、ビエントの二人にマリオも(ドラム刻みながら!すごいネ)コーラスで加わるボーカルのハーモニーはそれは力強く美しく、酔いしれてしまいそう。

いい曲作るなあルイス・タビ。アルバム収録の楽曲はほとんど彼の作詞作曲なのだとか。
才能あふれる彼は甘い歌声でベース弾きながら歌ってます。これけっこう難しいんだよね~、当面の目標だ!

さて、CDとライブ映像を参考に、冒頭の16小節だけですが、MIDIを作ってみました☆

   En Tu Corazon Prologue

シサイ版もとてもいいですが、フヤニスのオリジナルバージョンもいいですよ。
若者たちの現代的なアレンジと空気感のなかに、民族の伝統が垣間見え…アルバムには、スタイリッシュだけどホッと心が落ちつくような曲がたくさん収められています。

チョコ&寿司納豆ナイト

活動歴CM(0) TB(0)

毎週金曜夜のArco練習日。本番直前なので音合わせ一直線!…ではやはりなく、オモロイお菓子に舌鼓の一同でした☆

photo by Erika
旭松ならぬ私待つ、においではなくジェラシーひかえめ、ねばnever~ギブアップ!だって。これには笑かしてもらいました!しかしよう考えますなあ~。

じゃ~ん!なんと今度はチョコ納豆!!
納豆好きのわれらのために、Natachaが買ってきてくれた、ちょっと早めのバレンタインプレゼント。
左のパックものはパッケージコメントもイカシた3パック入り。右のは昔なつかしの わら納豆ですよ!(チョコだけど。)でもチョコの中にはドライ納豆が!においはほとんどなく、フツーのチョコボールみたいじゃった。
思わぬファニーなプレゼントにテンション上がったぜ~、グラシアス Natacha!!

わら!本物だ ぱっと見わからんでしょ
チョコレートをわらで包んでも何の効果もないですが…いや多少は保存がきくのか?わらはサンポーニャのチューニング用の あずき入れにいいかもね(開けたら別のものになってたりして…)。

ついでに寿司ネタ風のチョコもおもしろいから取り寄せたそうな。こちらはみんなでいただきま~す♪
中身は同じチョコなんだけど、みなさんネタにお好みがあるようで。けっこうパクパクいってましたがそんなに食べて大丈夫?

ヘイラッシャイ!

さあ練習練習!
来週のひかり苑での演奏は、1時間の長丁場。これは初めてのことかもね。
予定曲目9曲をざっと通してみました。久しぶりの曲も多かったけど、みんな流れを忘れずに把握してたのでまずまずいいのでは?あとは各自細部をつめてってくれ~な。
しかし以前演奏したときよりも、同じ曲をするにしろ、みんないろんなテクニック覚えて組み込んできたりして、成長ぶりをうれしく晴れがましく感じました。

スゴイ!弾けてるわい
Suzumaくんは自作曲「やかんのあらし」でレスポールデビュー予定。おとなのギターもう弾けるようになったかい!カッコよかったぞ☆

やや駆け足だったけれど、なんとか間に合ったかな。メンバーも8人そろって出演できそうです。
室温やステージ時間などの条件から、スタミナ切らして体調くずさないように注意しながら、今年最初の演奏をしっかり盛り上げて楽しもう☆

2、3月の演奏予定

行事予定CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。本日3日は節分の日、旧暦では新しい年を迎えましたね。冬の峠をすぎ いくぶん寒さもやわらいできたような気もします。
アルコイリスの2、3月の演奏予定をおしらせします☆

Arcoiris練習曲集vol.8
新しい練習曲CDできました!新曲どっさり、全17曲。

                                             

ひかり苑 演奏会

 と き : 2月11日(金・建国記念の日) 14:00 ~ 15:00
 ところ : ひかり苑(光市)

 ( ※ クローズイベントです)

第64回 アンデス音楽の夕べ in アクアピアこいじ

 と き : 3月24日(木) 18:30 ~ 19:30
 ところ : アクアピアこいじ(下松市河内140)

 ロス・コイジスさん主催のおなじみ定例ロビー・コンサートにゲスト出演します。
 エントリー出場は3年ぶりになるね~、成長ぶりをしっかり披露してこよう!
 にぎやかで楽しいステージにいたしますので、みなさまぜひぜひおいでください☆

野の花 & アジアンディーナの防府ライブ レポート

nosaレポートCM(3) TB(0)

最近オリジナルの新曲をたくさんライブで披露してくれているアジアンディーナ
その中の1曲に、とても気に入ったものがありました。

Muchas Gracias ASIANDINA☆
1/30のロックシティ防府でのライブにて。スーパー寒気に見舞われながらも、今回もすばらしかったアジアンディーナのパフォーマンス。どんなときもベストを尽くす彼らの姿に感動しました☆

こちらのムービーをどうぞ。



彼らの12月のブログの中で、“練習 free time”と題され掲載されていた楽曲。
力強さのなかにせつなさを秘めたメロディーと、ろべるとの甘い歌声に魅せられました。
もう引退してしまった ちぇぴも、ボンボとトヨで演奏に加わっています。

おしえて ろべると! 左が2部、右が1部です
ライブ終了後、忙しいなか歌詞を書いてくれた ろべると。ありがとう!詩の世界観も少しわかったよ。
右:曲順リストをちゃっかり撮影。これ絶対持って帰ったりせんよね~、もらえんかね~?(もらえた??)


広島ライブのときにも演奏していて、ろべるとに聞いてみると、曲名は「フロル・シルベストレ(Flor Silvestre)」(“野に咲く花”の意、春発売のNEWアルバムに収録予定だそうです)。
もちろんさっそく楽譜を起こして練習開始!すでにけっこう仕上がってきてるのですが、肝腎の歌詞がわからない。で、この日直接ろべるとに聞いてみることにしました。

寒いのでほとんど立ち見 うぃりーの見せ場だよ~
カワイイ系キャラのうぃりーはかなりモテるらしい。Erikaさんも広島のとき“いじりがいがあるよね~”と賞賛(?)してました。ギターめちゃめちゃ上手い!

ありがとう ろべると!練習に励んで春には演奏できるようがんばるけーね!!
自然の、あるがままの美しさ、すばらしさを歌ったその詩は、とてもシンプルだけど、それだけに多様な意味を持っているように思いました。

商売繁盛! 助手のSuzumaだよ
おっ、じょーじ、今日も男前!若いギャルたち“キャ~!イケメン!!”って叫んでました。若い人もなんでか多いいね、ひょっとしてフォルクローレも変化の兆し?いや単にじょーじのカッコよさゆえか…。

 春の訪れのように、きっと誰にも幸せは訪れる。
 伸びよう、よくなろうとするはたらきもまた、大いなるものからの贈りもの。
 私たちもまたこの野の花のように、美しくたくましく生きていこう。

切なるメロディからは、そんなメッセージが流れてくるように感じました。

なごやか歌合戦 すでに2ケタ以上こなしとるんやない
前回会ったときよりずいぶんステージ慣れしてきてる様子のあんとにーは、ボーカルもいいじゃん!声もなんか ぎるばーとおさりばん っぽいっていうか、透明感があってイーですな。ちぇぴの低音パートもしっかり受け継いでたよ。ちょいとマイク離れすぎてて声拾われてなかったりしたけど…がんばれ あんとにー!!

ところでムービーにある叫び声は、ちぇぴが考えたそうです。
ほかの曲にも入れてみようと思ってるよ。そう じょーじが言ってました。(すでにさっそく広島ライブのムービー冒頭にいきなり入ってたよ!)なんだか ちぇぴがいつまでもメンバーといっしょにおるみたいじゃね。

Encore 「La Murga」

ということで、アルコイリスの次期レパートリー曲のエピソードにのせて、アジアンディーナ防府ライブのレポートでした。
次のライブももうすぐ、今月20日!しかも柳井!!また楽しみに待っていよう☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2014
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Cariñito
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2014
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルスカイ (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: