フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

つどい 秋祭りのステージ

演奏歴CM(0) TB(0)

29日土曜日の午後、下松市にあります居宅介護施設“つどい”の秋祭りで演奏してきました。

つどい~コンドル

昨年冬、今年の春につづいて3回目の訪問演奏です。お招きいただきみなさんありがとうございます。外はあいにく雨ですが、ティータイム前の30分間いっしょに楽しみましょう!
ということで今回は、フォルクローレの定番曲「サリリ」や「コンドルは飛んで行く」含めて6曲ほど披露させていただきました。

つどい~里の秋

しかしながらやっぱり見知らぬ、聴き知らぬ曲ばかりでは退屈でしょうから、日本の曲もひとつ。
Omuさんのサンポーニャソロで「里の秋」の演奏中。練習1~2週間ほどしかしとりませんが出来やいかに?!みなさん手拍子しながら口ずさんでくださってました。

つどい~紙芝居

そしてこちらは初めての試み、『やかんくんとニジドリ』の紙芝居の上演です。
昨年の“全国手づくり絵本コンクール”で佳作を受賞したSuzumaくんの作品を、こちらも彼作曲の「やかんのあらし」の弦楽二重奏の調べにのせて、いざ始まり始まり~!
ストーリーテリングのErikaさん、初めてのことでやや照れぎみだったけれど、語りの上手さはArco1。いい間で話しておった。
演奏のMassyギターとSuzumaチャランゴの意気も合ってて、なかなかムードもありました。
機会あればぜひまた上演したいプログラムの誕生だ。
続編『やかんくん チンボラソ火山へ行く』も控えてるし、たくさん発表していきたいね!

そうそう、今年の手作り絵本コンクールですが、今年も佳作をいただきました。すーちゃんおめでとう!
しかし2年連続大賞受賞のKくんは手ごわい&すごいね~。でも来年はエピソード3でまた挑戦するらしいので、アンデスと火山と宇宙のパワーで次もガンバレ!!

直後に再放送?!

あとは「ワラ・ワリータ」とダンスナンバーの「アグアス・クラーラス」でにぎやかに締めくくりました。
今回はこちらからお聴かせするだけで、みなさんに参加してもらえる工夫が足りなかったけれど、最後までしっかり聴いてくださってありがとうございます!
写真は演奏終了後、スタッフの方にいつの間にか録っていただいてたビデオを見ているところ。
思わぬことにはずかしうれしですが、元気と習熟度がやっぱり足りとらんな~。今回の材料活かして次がんばろう!

ビシバシやった

で、Omu邸に帰還して、次週のステージに向けた練習をガッツリやりました。
ここまでの準備不足と弦が一人少ない分、それぞれがしっかりカバーしていかんとな!
お~、サンポーニャもケーナの音もやりゃあできるじゃない~。
11月の2ステージは屋外だし、のびのびと元気にハッスルしてこよう!
あと天気も晴れますように☆

スポンサーサイト

金曜日は今日も雨

活動歴CM(0) TB(0)

ここ3週連続で雨に見舞われた金曜の夜、本番3連戦の初っ端に向けての練習でした。

そうそう、間をゆっくりとりーよ
もうすぐお披露目、紙芝居。スピードや構成に楽器も試行錯誤して、ようやく本決まりとなりました。本番しっかりな!

といってもあんまり余裕なく、ひとまず翌土曜日に演奏するステージの曲合わせ。
本番間近だが曲目編成変えまして、いつもよりちょいとばかし気合いの入った練習です。
そりゃまあ直前だからねー、のんびり来すぎたようだ。

三重奏
とある曲の出だし。Arcoの誇るサンポーニャ三人衆でございます。音、迫力ありますよ!

Arcoでは今まで、曲やステージの設定はおもに僕のほうでさせてもらってましたが、だんだんほかのメンバーもこうしたらいい!って意見も出てくるようになって、なんだかいい傾向。
やっぱりこうなりたいってビジョンは大切だし、それが出てくるのは情熱を持って取り組んでるってことだからね。
これからどんなふうに歩みとっていくのか、次回からも楽しみだ☆

動きが速くって・・
ダンスも踊っちゃいます。いつもの曲ですが新しいアクションが生まれたぞ、君らほんとクリエイティブ!

ひととおりやりまして、おやつタイムで衣装などの話し合い。
よく考えてみるとアルコイリス全員で統一したコスチュームって“Arco-T”(アルコティーシャツの略です)しかないんだよね。
今回はそれにめいめいプラスアルファということで合意に至りました。さあみんなどんな味付けで登場してきますかねえ!

実はハロウィン関係なし
大好きマロンのチョコウエハースと、Joeさんからいただいた(今夜もグラシアスです)おかきはなんと、もんじゃ焼き味。これ、うまかった!すーちゃん「たこ焼きうまいねー!」いえ!もんじゃです。

というわけで、進化の兆しも見え始めたものの、けっこうぶっつけ要素も多い本番は大丈夫なのか?!
まあ果敢にアタックしてみようじゃないの!お客さまそのご家族さま、多くの人たちといい時間を共有できるようしっかりがんばってこよう☆

レット・イット・ビー

その他の曲CM(2) TB(0)

もちろんフォルクローレの曲ではありませんが、ビートルズの超有名ナンバー「レット・イット・ビー(Let It Be)」。ちょっと聴いてみませんか。



ウィキペディアをのぞいてみると、ポール・マッカートニーが、“1969年のゲット・バック・セッションでビートルズが分裂状態になりつつあるのを悲観していた頃、亡き母メアリー・マッカートニーが降りてきて「あるがままを あるがままに (全てを)受け入れるのです」と囁いた。そのことにインスピレイションを受けて書いた”とありました。
一人の人物、一つの仲間たちの一つのシーンにすぎないのかもしれないけれど、普遍的な響きとしていつまでも心にしみる楽曲です。
個人的には子どものころ、金田一耕助のドラマの主題歌として聴いたのが初めかなあ。歌の意味はわからなかったのですが、恐ろしい嵐の中に見た純粋な真実、透き通るような切なさというのか、非常に印象深かったのを覚えています。

さて、どうしてこの曲をピックアップしたのかというと、先日Suzumaくんがとある催しで、高校生だったかある男の子の歌と演奏を聴いて(キーボード&ボーカル)とても感銘を受けたそうです。
で、こういう方面もちょっとやってみるかと、楽曲取り込みのためにMIDIを作ってみました。

   Let It Be

C調でけっこうシンプル、こりゃやりやすいかも。
楽器構成をフォルクローレに取り替えて・・ピアノをギターとベースパート、ドラムスはカホンで。チャーチオルガンをドローンを利かせたサンポーニャ、ディストーションギターをケナーチョで入れてみるとおもしろそう。

ところでビートルズのメンバーは全員、楽譜を読めず書けずだったそうです。
フォルクローレももとは口伝え、弾き語りの世界なので、アプローチ的にはけっこう近い?そのままを取り込むのがやっぱり一番いい方法だと思います。
しかしビートルズやってるフォルクローレグループっているのかな?

新種のコンドル発掘&飛行訓練中

活動歴CM(0) TB(0)

2週連続でやや強い雨に見舞われた21日金曜の夜、差し迫ってきた本番へ向けての練習をしました。

Piyoさんも元気にお久しぶり

お休みしてたPiyoちゃんも復帰で、次週の演奏にもみんなそろって8人で出られそう。
ということで練習も追い込みじゃー!といきたいところでしたが、アレンジや編成などまだ定まっていないことだらけ。まずは決めごと確定しとこうか。

なかでも「コンドルは飛んで行く」なのですが、フォルクローレの定番曲ではありますが、アルコイリス内ではまったくモチベーションの上がってこない曲なのです。なので仕方なしに・・いえいえまだまだ定番だし、きちんとやらにゃあいけん!
そこでNatachaが、インターネットでArco好みのアレンジを探してきてくれました(ってやっぱりシサイだけどね)。
その場で映像はよく確認できませんでしたが、僕も一度見てるし、リズムと雰囲気がわかったので、ちょいとやってみましょうか。

祝!優勝(中日ファンおらんけど)
Piyoちゃんの旦那さまからいただいた出張先のおみやげです。いつもありがとうゴザイマス♪
けっこう前にいただいてたんだけど、お茶うけ賞味期限順いただきルールのため、この夜ようやく開封となった“どあらの恋人”。その間に中日が優勝したので株も味も上がった?かはわからんが、球団マスコットキャラのラングドシャおいしくいただきました。


うん、なんとかいけそうだ。アレンジ的にもこちらのほうが気持ちもグッとのっていけます。
新しい試みでリフレッシュできるし、練習あと1回だけどぜひこれでいってみよう!

ほかの曲も決まりごとが確定したくらいで、詰めはまだまだですが、この1週間がんばっていいかたちに仕上げていこうぜ!

赤い雲

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

日本有数のサンポーニャ、ケーナ奏者で、MAYAはじめフォルクローレのみならず、さまざまなジャンルのミュージシャンともコラボレーションするなど、多才で実に幅広い活動をされている岡田浩安さんの楽曲「赤い雲」をご紹介します。
「赤い雲」はMAYAのアルバム『センサシオン』および岡田さんのソロアルバム『カゼイロ』にも収録されており、それぞれにアレンジが異なります。
まずはMAYA版に近い演奏のこちらの動画をどうぞ。



作曲者さんは今回はチャランゴで参加。
しかし一体いくつの楽器をこんなに操れるんでしょうね・・プロとはいえこんなにスーパーマルチな方がいらっしゃるとはほんとに驚きです。



こちらはパーカッションを利かせたアレンジで、『カゼイロ』収録のバージョンに近いかな?笛の音のバリエーションもまったくすごいです。
ちなみにこちらのサイトで、「赤い雲」はじめ岡田さんのいろんなナンバーを視聴することができます。 → 岡田浩安Discography

『センサシオン』のバージョンを参考にMIDIを作ってみました。

   「赤い雲 SAMPLE

実はこの曲、名曲ハンターの岩国のNさんにおしえてもらって知ったのですが、リャキルナやワヤヤイを彷彿させるような哀感あふれるメロディラインは、いつまでも心に響き渡ります。いい曲だ!

ケナーチョ(D管)1号できた!

つくりものCM(0) TB(0)

今年になって始めたケーナ作り。
ちょっと前まではA管ケニージャ作りに励んでいましたが(そのときの記事)、今度はケナーチョに取り組んでみています。

Quenacho  #1

昨年冬に取りに行った竹の中には、ケナーチョに向く大きさの竹はなかったのですが(竹取り記事参照)、岩国のこんどう楽器のK社長から大きめの竹をいただいていたので、短尺から長尺へ方向換えていざケナーチョに挑戦!
…まあ最初はあんまりいいものできないだろうから、手持ちの竹の中でも優良とはいえないものをチョイス(実はあちこち虫食いです)。
お、この響きのいい低音!けっこういいものできたかな?

勉強になりました

いえいえぜんぜんまだまだ。
1オクターブと2オクターブの音程の差が大きすぎで、右手中指薬指の孔の位置も要調整。改善しなくてはならない部位が多く、結局実戦には出せないクラス。
でも作ってみてポイントも少しわかったし、いろいろ勉強になりました。
K社長いいものありがとうございます!がんばっていつか実用にかなう1本作ってみせますよ☆

KING OMU's Birthday Night

活動歴CM(0) TB(0)

14日金曜の夜は、メンバーOmuさんの誕生日を前祝いしましたよ☆

いーじゃん!ポンチョ風カーディガンです
Arcoには珍しい秋冬生まれで、プレゼントも自然ウォームス系。あったかそうでいいね!

まあ誕生プレゼント、たくさんもらってましたね~!
写真のフード付きカーディガンと、耳あてはさっそく試着、これで極寒のライブも苦にはならんね。キュートなかたちのマグカップはすでに甥っ子のMitchan行きが懸念されております。あとスイーツなどいろいろ。
気がつけばいっしょにフォルクローレをするようになってもう10年ほどになりますね。あー、お互いたくさん年を重ねてきたもんだ。
ステージではサンポーニャの演奏に、MCもおもに受け持ってもらってます。ドタバタしがちな本番でもとくに全体を落ち着かせてくれるアンカーのように、おだやかにアルコイリスを支えてくれているOmuさんです。
これからもいっぱいステージこなして、いい思い出作れるように、元気に練習や活動に励んでいきましょーぜ!

ひとり1個な! プレゼントいっぱい
Erika&Ayakaママさんからの差し入れの手作りごま団子はぶちうまいでよ~♪

その練習のほう、秋のステージに向けていくつか曲をピックアップ。
ちょっとたくさん用意しなくてはならず、できるだけそんなに練習しなくても可能なものをと選んでみると、ずいぶんとなつかしい曲も出てきたね~。カルカスやダンスナンバーも多い、そんなに昔ではないけれど時代を感じます。
で、近々やってない曲中心に合わせてみましたが、みんなけっこう忘れてる。そういや最近はサンフアニートばっかりやってたし、僕もベースとか多かったのでケーナの音がよう出んわ。。
必要に迫られてではあるけれど、幅広くキープしていくことってたいへん!ではありますが、大事なことでもあるよね。日ごろから努めてがんばっていこう!

ギターの音色にのせて むか~しむかし
今度は紙芝居劇場デビューかあ、ほんといろいろやるようになってきた。

次回のステージでは新しい試みも。
Suzumaくんの作ったオリジナルストーリー『やかんくんとニジドリ』を、紙芝居で上演することにしました!そのBGMはもちろん、こちらも彼の作曲「やかんのあらし」を、ギター2本の静かなアコースティックで奏でます。
Eriちゃんの語りも見事なもので、タイム調整が目下の課題ではありますが、本番ではどのような仕上がりとなるのかとっても楽しみ!がんばれよ~☆

ごくごく
もらったマグカップでカンパイ!(中身は入ってないけどね。)なんかジェダイマスターみたいじゃん。

しかしまあ、10年も経てば曲も編成もやってることも、いろいろと変わってきますなあ。
というわけで練習のようすと誕生日お祝いの風景でした。これからも元気に活動続けて、ぶちおもしろいことたくさん編みだして楽しみたいね。Omuさんオメデトー!

ワラ・ワリータ(シクリアーダ)

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

フォルクローレの曲紹介、今回はシクリアーダ(Sikuriada=サンポーニャによる合奏)の楽曲、「ワラ・ワリータ(Wara Warita)」をお聴きください。



リズムはトナーダ(Tonada=歌の意)もしくはティンクで、思わず動き出したくなるような躍動感あふれるナンバー。
作曲者など詳しくはわかりませんが、静止画ムービーで演奏しているオリャンタイ(Ollantay)というボリビアのグルーポの曲のようです。
この動画を参考にMIDIを作ってみました。

   Wara Warita(Sikuriada)」

ところで“ワラ・ワリータ”といえば、トバス(Tobas)のそれを思い浮かべる人も多います。実際そちらの動画はないかと検索してみると、トバスのものにはなかなかたどり着けず、このシクリアーダのワラ・ワリータは副産物的に見つけたのですが、こちらもなかなかいい曲です。

一方のトバス版ワラ・ワリータは、SISAYの2011年の演奏活動にてしばしば演奏され、人気を集めているようです。Jaimeのボーカルいいですよね。
そのJaimeが在籍していた、アメリカ西海岸を拠点に活動しているグルーポ、キチュア・マシス(Quichua Mashis)のワラ・ワリータ動画をたまたま発見!



んん?サンポーニャ、ファが♯のままやってる?…そこがひっかかるけどさすがに彼ら特有の民族のムードはあるある。
今期SISAYのワラ・ワリータの映像も、ラッキーなことにムービー見つけて聴いたのですが、こちらもやっぱりよかった!
シクリアーダも、どのバージョンも、それぞれにいいなあと、あらためて感じました。

ステージ動画@第8回平尾台フォルクローレ祭り

動画CM(0) TB(0)

10月2日に開催された“第8回 平尾台フォルクローレ祭り”でのアルコイリスの演奏から、2曲をアップロードしました。
まずはSuzuma作曲のこちらから☆


チンボラソ ~第8回平尾台フォルクローレ祭り~

「チンボラソ(Chimborazo)」というタイトルは、アンデスの言葉で“青い雪”を意味する、エクアドル最高峰の山の名からいただきました。遠い遠い、世界でもっとも宇宙に近い山に思いをはせて…。
昨年の「やかんのあらし」に続いて、平尾台のこの晴れの舞台で初めて披露でき、メンバー一同感無量!(…ちょいと失敗もあったがね~。。)
MassyとSuzumaくんのダブルチャランゴ、Erikaさんのボンボパフォーマンスもカッコイイでしょ。映像には映ってませんが右端でAyaちゃんもサンポーニャ副旋律でがんばってます!


セフェ ~第8回平尾台フォルクローレ祭り~

そしてこちら「セフェ(Se Fue)」は、SISAYのCesarがギター&ボーカルをつとめた曲で、Suzumaくん大のお気に入りナンバー。この曲のためにギターと歌を鍛えてのぞみました。もちろん衣装もしっかりおそろいです。
例によってテンポが速いんだけど、トップボーカル見事(かけ声もいいぞ)!
こちらも初お披露目だったのですがノリノリで演奏できました。ラストのポーズもバッチリ決まったね☆

第8回 平尾台フォルクローレ祭り ~ フィナーレと帰り道

活動歴CM(2) TB(0)

今年の平尾台フォルクローレ祭りのフィナーレは、出演者全員による「花祭り」の演奏とダンスでした。みんなで踊ってとても楽しかったですよ☆

さあダンス始まりますよ
ダンスの写真はAyaちゃんが撮ってくれました。カメラマンデビューじゃな、働きっぷりかなりさまになっちょったぞ!

夕暮れ時、曇り空、小さな雨も落ちてきてかなり肌寒くなってきました。ありゃ~、お客さんもほとんど会場をあとにしちゃってますね。。
まあ仕方ない、こう寒くてはやっておれんし、目いっぱい体動かしてはじけましょーか!

とってもカンタンです さあやってみましょう!

さあ公開ダンスレッスンのはじまりです。
さすがのダンサーで講師でもあるセノビアさんのリードにのせられて、だんだんと体も心もほぐれていきます。はじめコワゴワだった表情も徐々に和らいでいってるのがよくわかるね。

ノッテきた いいですね!

取り組んでいるのは“ワイニョ”のステップ。
セノビアさんが言ってるように、ダンスは何も特別なことじゃないです、普通に歩いて行進するように、手拍子も入れてみましょう!なるほどできるできる!
でもって手をつないで輪になって、あちこち走り回って出張してみたり。

今度はペアになって~ ぐるぐる~

次は男女ペアです。男子少ないぞ!
対称になってるのでお互い同じ動きでOK、こちらは前後のステップだ。
途中女性側がグルグル~とまわります。おお見事、できとるやん!

では「花祭り」に合わせて~ キまったネ!

で、実際の演奏に合わせて踊りました。
最初めいめいに踊っていたのが、だんだんまとまって大きな輪になりました。
実はアルコイリスのみんな、ちゃっかりダンサーのお兄さんを真っ先に巻き込んでおりましたよ♪

来年もまた踊っちゃう? ロングワインディングロード

最後にもう1曲「セリア」も踊ってエンディング。
会場のみなさま(ほとんどいなかったけど)、スタッフのみなさんも最後までありがとうございました~!!

踊ってると体の中から楽しさやよろこびが引き出されてきて、ほんとにスッキリとしたいい気もちになれますよね。いろいろ失敗もあったんだけど、みんな最後はとってもいい笑顔。
来年もまたたくさんみんなで喜び合いたいですね。今年もありがとう平尾台!

ちょっと寝たし元気回復 ふぐそばじゃ。唐辛子で眠気スッキリ

帰り道、美東SAで一服。さすがにお腹もすいたので、みんなたくさん食べてました。
それにしてもサービスエリア、すごいことになっちょった!
開催中の山口国体の影響もあってか、土産品の種類は格段に増えてたし、ボタンを押せば厨房に即オーダーが行ってる最新券売機、その場でグラインド式のコーヒーはいれてるところをカメラで実況中継(まあ事前撮りだろうけど)、屋外には屋台もずらり、たくさんの立ち寄り客でにぎわってました。
しかもこの日は全品2割引き!思わずおみやげガッツリ買い込むOmuさんでした。

屋台もあったんだ! 出来たてのパンでカンパイ!

そしてちょっとサプライズエピソードも。
道中なんとインカニャン号に遭遇!しかも小倉と防府とで2度追い抜きました。(おそらく佐波川で休憩とったんじゃないかな~おしかった!)これから東京方面でのツアーでしょうか、がんばれ~!!
とまあ一日中たっぷりと、楽しむことができました。

またね!
フィナーレ前に撮影。たまたま主催のNakaharaさんが写ってました。今年も本当におつかれさまでした、いい思い出と出会いと楽しい一日をありがとうございました☆

以上、“第8回 平尾台フォルクローレ祭り”のレポート3部作でした。
来年もまた元気にお会いして、いっしょに踊りたいですね~!!
アルコイリスはこれから秋の演奏に向けてしっかり練習に活動にがんばっていきます。みなさまもそれぞれの場で楽しく日々をすごされることをねがっています。グラシアス、チャオ!

第8回 平尾台フォルクローレ祭り ~ アルコイリス ステージ

演奏歴CM(0) TB(0)

今年も楽しかった“第8回 平尾台フォルクローレ祭り”。1年ぶりの高原音楽堂での演奏となりましたアルコイリスのステージレポートです☆

いつかベースもデビューしよーぜ☆
演奏後カルスト台地をバックに記念撮影。このほかステージ写真も三倉マスターどのにおねがいしました。グラシアスで~す!

やっぱり野外イベントって、天候によってまったくの別ものになってしまいます。
ここ平尾台の野外ステージ、高原音楽堂はとにかく気持ちよく演奏できる最高の場所!さらに秋晴れだと言うことなしなのですが、ぜーたく言うちゃいけん、ここに立てるだけでも幸せってもんです。
ともに音楽出来るよろこびをかみしめつつ、がんばっていこーかい!

セッティング中…むむ、このベース?!
衣装はひさびさ、派手にポトシをチョイス。せっかくの大舞台ですから!

本番直前の準備中。笑顔もこぼれてリラックスムードです。マイクOKな!
しかしベースがバチバチいう。どうやらピックアップのジャックの故障らしく、急きょベースを断念、練習ちっともしてなかったサンポーニャに変更(当然うまくいかんかった。。)。
MCのマイクも半分も出力なく、ど~も波に乗り切れない感じでスタート。どうなるっちゃか?!

寒いなか熱心に聴いてくださってありがとう!
客席そろいの赤ジャンパーは山口のYOSHIKI-CHAさん。いつもどのグルーポさんのパフォーマンスもじっくり見てくださってます。本番のときってなかなかこんなに余裕を持てないものですが、この姿勢いつもすごいなあと尊敬と感謝の思いです。僕らもたくさん力をいただいてますよ、ありがとう!

今回はたまたまサンフアニートの楽曲ばかりとなりましたが、「パハロ」と「チンボラソ」と「セフェ」の3曲を披露しました。
うち2曲は初演奏で、「チンボラソ」は去年の「やかんのあらし」に続いてSuzuma作曲の第2弾だョ!

ritmoセクション Vientoセクション

1曲目「パハロ」はスペイン語で“鳥”の意味で、後半に定番曲「花祭り」を強引にジョイントしたバージョン。元気にいきたいところでしたが、セッティングのときの動揺もあってか、途中失速しながらヘロヘロ飛んだ。。
続いては気を取り直して「チンボラソ」。すーちゃんの曲の初お披露目だししっかりいくぞ~!
出来は…どうだったんだろう?半分即興で必死にサンポーニャの音探してたので。。

ちなみに“チンボラソ”とは“青い雪”というアンデスの言葉で、エクアドル最高峰の山の名前です。しかも赤道直下付近にあるので、あのエベレストを超えて世界でもっとも宇宙に近い山なのだとか。
その遠い遠い山に思いをはせて作った、9歳Suzumaくんの2作目は、またどこかで必ず演奏するぞ!
そうそう、司会のお姉さんが去年のこと覚えててくれて、インタビューでも曲作りのこととかたくさん聞いてくれてました。うれしいネ!!

来年またきっと会いましょう!

ラストは「セフェ」。かなしい別れの曲なのですが、とってもグルーヴィーで情熱がこみあげてくるような、メンバー一同大好きなナンバー。
これ実は、すーちゃんが初めてメインボーカルを務めた記念すべき曲なんです。
彼も今回一番楽しみにしていたそうで、なぜなら、大好きなしさいのせさるがギター弾いて歌ってるし、ホラ、衣装もおそろいだ♪
初めてにしてはを抜きにしても、なかなかうまくいってたんじゃないかな!Massyも初めて歌用マイクあてがわれてドギマギしたらしいけど、コーラスもバランス良く付いて、歌っててなんだか感動しました。みんながんばったなあって。キメのじゃん!!はこの日もそろわんかったけどな~!

全体的にドタバタもしたけれど、最後をうまく飾れたしよしとするか!反省材料はがんばって次に活かそう、みんなおつかれ!!
会場のみなさまもどうもありがとうございましたーっ!…ってマイクが入っとらん。。

今年もはじけたぜ!

というわけで、アルコイリスのステージのもようでした。ご覧いただきありがとうございました!
平尾台のレポート、もうちょっと続きます。
ラストにダンスで盛り上がったフィナーレのもようと、帰りの道中記をお届けしますので、どうぞまたおいでませ☆

第8回 平尾台フォルクローレ祭り

nosaレポートCM(2) TB(0)

今年も行ってきました平尾台!西日本のフォルクローレの一大祭典“第8回 平尾台フォルクローレ祭り”、演奏に踊りにその他もろもろ、しっかり楽しんできましたよ☆

花祭りはみんなでダンス

天候はあいにく終始曇り空でけっこう肌寒く、ベストではないにせよ涼やかな秋の空気。一昨年は晴れ、昨年は雨ときたのでこれもいいかもね。
演奏するにはちょうどいいくらいだったけど、お客さんは寒かっただろうなあ、ウィンドブレーカーは必須でした。でもたくさん来て聴いていただいてうれしいですね、ありがとうございます!

たっぷりエクアドルのムード こちらはアルゼンチン

今年は九州はじめ西中国各地から集まった全14組のグルーポと、そのステージの合い間にゲストのZenobiaさんとパートナーのAkiさん(でしたっけ?)の華麗なダンスも組み込まれて、例年にもまして見ごたえがあったのではないでしょうか。
僕たちは12時ちょっとすぎころに会場に到着。主催のNakaharaさんにあいさつをすませ、お弁当をいただきながらSAMAYのステージを鑑賞。やっぱりえーねエクアドル!充実のお昼となりましたよ♪
ダンスのほうは写真のチャカレーラのほかに、クエカやカポラールと、毎度のお色直しもあり、とっても多彩!控室あたりでカポラール衣装のAkiさんとすれ違ったのですが、本場そのものの舞踏、それに足につけた鈴じゃらんじゃらんいってたし彫の深い顔立ちもあって、はじめ現地の人かと思ってしまった。その土地の文化に没頭する人はだんだん雰囲気も備わってくるのかなあ。

がんばれHiroくん! 客席で~す。向こうに販売ブース

写真左、僕たちの出番前、Hiroくんのステージです。舞台袖からパチリ。ギターのNakayamaさんとのデュオで“カランペアード”というチャランゴの本来の奏法を披露しているところです。
この曲の前ではなんと、ギターのソロ曲をやってのけてました。18歳にして、すごうのう!
笛のほうもなんだけど、上手いし、雰囲気がある。出番前に控室でリハーサルやってたときに、隣室からセノビアさんが思わず「すばらしい!」と声をかけに来たほど。あのうわたし着替え中なんすけど…でも僕のほうもなんだかとてもうれしくて、いや~そうなんですよーとかいろいろ自慢してあげましたよ♪山口の宝じゃい!

一方販売ブースのほうは今回もおなじみの3店舗が出店。こちらも毎度楽しめます。
個人的には楽器も衣装もひと通り持ってるので、いつも買うものなくて申し訳ないんですけど、まあArcoメンバーといろいろ見てまわりました。
Ayaちゃんそろそろケナーチョいかん?Massyお気に入りのカッコイイあのブーツは結局買ったのかな?で、やっぱり僕はケーナだな~!
風工房Tanakaさんのブースはすっごい魅力的!僕も作ってますがやっぱりプロの作品はすごいですよ。。ケニージャA管もC管もオクターブもどの音も狂いがないし、ケナーチョのほうは低音の響きをいっそう引き出すためなんとオリジナルの歌口を開発!されてて、やっぱTanakaさんすげーっす。このひとも県の宝ですわい。

バドミントンに フリスビ~
売店のぞいたら遊び用のグッズが安かったので即買い(Natachaから はぁ~?ってあきれられてた)して遊ぶジュニアたち。風が強くて羽根がうまく飛ばなかったがバトミントン200円~♪フライングディスク100円~♪

ステージのラストはもう一方のゲスト、広島の兄妹ドゥオ・YAMAと寺澤むつみさんのセッションの“YAMAYA”。
圧巻の笛の音に繊細なチャランゴの高音、いつもの二人だけでも充分成り立ってますが、さすがの寺澤さんのサポートもあってほんとに安定した、重厚で見事なステージでした。
たまたまHiroくんととなりで見てたのですが、いつの間にかハイレベル!になってて驚いたRinaちゃんのマンドリンは、彼が昨年滞在してたボリビアで仕入れてきたものなんだって。
だんだんKusanagiさんに似てきましたよね~。Ryotaは場数を踏んでトークも達者になってきた。やっぱり実戦の育むものってすごいですよ!それにしてもあそこに君のギターが加われば最強じゃないか?!と思うのは僕だけではないだろう。
日本では年配の世代の音楽というイメージが強いフォルクローレだけど、いつの間にか学生やはたち以下の若い若い世代が牽引するようになってきたと言っても過言ではないような、ほんとにみんな素晴らしい輝きを見せてくれてました。

そしてステージのラストは、その場にほかの出演者のみなさんも加わりまして「花祭り」と「セリア」の演奏と歌とダンスの共演なのでしたが、めちゃめちゃ楽しかったのでまたの機会に書きますね☆

もう少しだゼ、待ってろよ イエ~イ!
「花祭り」にて。ステージ下で待つOmuさんと、Ayaちゃんは写真を撮ってくれたのですが、カメラワークなかなかさまになっちょった☆

というわけで次回、アルコイリスのステージにつづく!

トゥ・コラソン

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

フォルクローレの楽曲紹介、今回はとってもノリのいいティンクのナンバー、「トゥ・コラソン(Tu Corazon)」です。
まずはMIDIでお聴きください(一部分のサンプルを視聴できます)。

   Tu Corazon una parte

作曲者や詳しいことは不明ですが、エクアドル出身のグルーポ、SISAYの2011年ツアーで演奏され、話題と好評を博しているらしい楽曲。
ライブで聴いたことはないのですが、サイトにアップされていた動画を見つけることができ、さっそくMIDIに起こしてみたのでした。
何やらボンボのパフォーマンスがカッコイイらしく、ぜひともライブで見てみたいものだ!
もちろん僕たちも習得がんばって、次期レパートリーにする予定です。
ただ、歌詞がわからない!

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在9名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu】

(2013年10月10日更新)
最近のステージのもようを動画でアップしました!こちらをクリック → Arco動画
3曲ダイジェスト
2013.9.29 北九州市平尾台にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2014
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ (ボレロ)
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Cariñito
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2014
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルスカイ (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: