フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

ステージ動画@アースデイ瀬戸内2012

動画CM(0) TB(1)

4月22日“地球の日”に光市虹ヶ浜にて行われた“アースデイ@瀬戸内2012”での、アルコイリスのステージムービーです。
イベント当日はあいにくのお天気となりましたが、雨の日は雨なりのアースデイ!このコンディションにもかかわらず聴きにきてくださったみなさんのためにも、またたくさんの応援にパワーをもらって、気持ちよく元気に演奏させていただきました☆

チンボラソ Chimborazo


3歳くらいからいっしょに演奏を始め、今年で小学4年生になった、アルコイリスの若きエースのSuzumaくん。彼が昨年の今頃に作った楽曲で、地元の光市では2度目のお披露目となりました。
“チンボラソ”とは、アンデスの言葉で“青い雪”を意味する、南米エクアドル最高峰の山の名前。あのエベレストを超えて、地球上で最も宇宙に近い山でもあるそうです。

ワラ・ワリータ Wara Warita
動画:ワラ・ワリータ ~アースデイ@瀬戸内2012~
すーちゃんの太鼓の乱れ打ちに注目!ステージ最後の曲を派手ににぎやかに飾ることができました。おかげでこのあとアンコールいただいちゃったよグラシアス!

3曲ダイジェスト digerir
動画:Arcoirisステージダイジェスト ~アースデイ@瀬戸内2012~
演奏した曲のうち、ファルン、ルンバ・ランバダ、フヤニマリの3曲をダイジェストにしてみました。
すーちゃんのバイオリン、いーでしょ!実はまだ昨年秋から始めたばかりなんですよ。

サリリ El Sariri
動画:サリリ ~アースデイ@瀬戸内2012~
なんとアンコールをいただいての急ごしらえの演奏でしたが、まずまずなんとかなったかな?(歌詞間違えんでよかった~。。)
それにしてもこの雨の中、最後まで応援してくださった会場のみなさん、ほんとにほんとにありがとうございました!!来年はきっと晴れの笑顔でお会いできますように☆

スポンサーサイト

ステージ動画@第5回マチュピチュ・エン・ハポン

動画CM(0) TB(0)

4月15日に開催されました“第5回 マチュピチュ・エン・ハポン”。
アルコイリスにとっては、2012年シーズン春の開幕ステージとなりました。そのときの演奏のもようをムービーでふりかえってみたいと思います☆

フヤニマリ Juyanimari


アンデスの言葉で“愛している”を意味するこの曲、“おめでとう”や“ありがとう”の気持ちをこめて、ここ最近はテーマソングのようにしばしば演奏させていただいています。
さて、若きエースのSuzumaくん、このステージでバイオリンの初舞台。うまく弾けたかな?とっても気持ちよさそうに演奏してますよ。

ルンバ・ランバダ Rumba Lambada
動画:ルンバ・ランバダ ~第5回マチュピチュ・エン・ハポン~
実は念願のルンバ。メンバー全員がリズムを合わせるのが難しく、メロディラインもやや複雑で手こずりましたが、春のステージに間に合いました!
次はいよいよコーヒー・ルンバだね。40歳までに仕上げる目標を立ててますので、急がなきゃ!!

チンボラソ Chimborazo
動画:チンボラソ ~第5回マチュピチュ・エン・ハポン~
3歳くらいからいっしょに演奏を始め、今年で小学4年生になった、アルコイリスの若きエースのSuzumaくん。彼が昨年の今頃に作った楽曲です。
“チンボラソ”とは、アンデスの言葉で“青い雪”を意味する、南米エクアドル最高峰の山の名前。あのエベレストを超えて、地球上で最も宇宙に近い山でもあるそうです。
演奏のほうは、微妙なシンコペーションがかかってちょっと難しいんだけど、みんなも力を合わせてがんばってくれました。

ワラ・ワリータ Wara Warita & Suzumaインタビュー
動画:ワラ・ワリータ ~第5回マチュピチュ・エン・ハポン~
トバスという、アマゾン原住民の激しく勇壮なリズムにのせて、太鼓乱れ打ちのSuzumaくんのアクションに注目!このあとのインタビューでは自作曲のことなど、言葉を選びながらしっかり答えておりました。
フフフ、お姉さん。1曲目でバイオリン演奏してたのは彼ですよ~!これからの活躍にもぜひとも期待してください☆

アースデイ@瀬戸内2012 風のステージ

演奏歴CM(2) TB(0)

毎年4月22日は地球の日。今年はその当日に開催されました“アースデイ@瀬戸内2012”での、アルコイリスのステージのもようをレポートします☆

雨でも雨なりに元気!
photo by nobuさん。前週にひき続きお世話さまです!

お天気は見事に雨。結局この日まる一日降ってました。
まあ前日に暴風雨の予報が出てたわりには風がおだやかで、演奏ムリ!ってほどではない。なんとかできそうです…というか会場進行のHoriくん、「やります!アースデイは雨なりに行います」。こりゃやるしかないね!
それにこの日もnobuさんが応援に来てくださいましたョ!勇気百倍っす!!
ステージの写真たくさん撮っていただきました。今回のお写真はこちらのnobuさんのフォト・ボックスをどうぞ☆

   nob*_*o_ku*atuさんのマイボックス

雨雨降れ降れの世界 テントが寄る辺

アースデイに出演させていただくのは今回で3回目なのですが、第1回のときを思い出すなあ。この年もけっこうな降りで、雨の日の演奏はコリゴリ!って思ったものでした。
しかしこの日、メンバーのモチベーションは高かった。雨仕様の楽器(セカンドとかお古とか)やリハ用テントの持ち込み、いざ暴風雨のときのためのカラオケCDなど、できる対策を施して、“雨なりに”できる準備をしてきていたのでした。
そしてなによりみんなが、“やるんだ”って腹をくくってくれてたことが一番大きいゼ!

ひさびさファルン ニュースタイルのフヤニマリ

それではステージまいりましょう!
雨のため各お店の準備もお客さまの出足も遅れぎみのため、30分繰り下げてのスタート。この日のステージのトップを飾らせていただきます。がんばるゾ☆
この風のステージ、北米インディアンの移動式住居“ティピ”テントの中で行われます。すご~い、カッコイイ!いかにもアースデイって感じがするね。音的には少々こもって難ありかもしれませんが、なんともムードがありますなあ。

楽器紹介 思い思いにすごしてな!

そうそう、今回の音響さんたちとってもよくって、音をよく拾ってくださってたし、低音も強めに響かせてくださいました。前日HANAさんも言ってたとおり!素晴らしいPAさんでしたよ、ありがとうございました!!
演奏曲目は、輝けるティーンの女子によるケーナ二重奏「ファルン」に始まり、「ルンバ・ランバダ」(シェイカー落っことしちゃった。。)、すーちゃん作曲の「チンボラソ」は地元での初演奏!(2度目かな、冠山総合公園 秋のばら祭りでも演奏してました)、バイオリンがイイね「フヤニマリ」、かけ声も元気!「ワラ・ワリータ」の5曲でした。

今日もバイオリン~♪

さすがにお客さん少なかったんだけど、この雨の中いらしてくださってテントでじっくり聴いてくださった方々や、手拍子で応援していただいたりもして、僕たちも心強く楽しく演奏させていただきました。
みなさんこのコンディションのなかたいへんなのに…ありがとう~!精いっぱい心をこめて演奏しますよーっ!!

すーちゃんこのとき4歳 2007年、第1回のアースデイ@瀬戸内にて。

あるお客さま、5年前の僕たちのステージを覚えてて、そのときはまだ大人についてカホンやパーカッションを夢中で叩いてたすーちゃんが、今では立派な演奏で主役の活躍をするまでに成長したことを、とっても感動したと言ってくださいました。うん、ほんとに、そうだよね。
思えばレパートリーや楽器も、5年前とは比べものにならないくらい増えました。着実に歩んできたんだなあと実感。それにしてもお客さんからいただく声はとってもうれしくありがたいものですね。

気分もノリノリ!

さてステージは、予定の5曲を無事終了。みなさんありがとうございましたー!
そこへなんと会場からアンコールの声が!しかも「エル・サリーリ!」おお、くわしい方がいらっしゃるな、こりゃサリリやっちゃうか?!
ってことでもう1曲、「サリリ」を元気いっぱい演奏させていただきました。思わぬ出来事に一同ウレシイ~&感慨無量でございました☆

うれしい出会い

ステージのあと、なんと千葉からいらっしゃったそうなビエント・インカイコのSさんご夫妻が声をかけに来てくださいましたよ、グラシアス!(サリリのコール、Sさんですね~?感謝です!)当ブログをご覧になっていただいたそうで、近くに来たついでにわざわざ足を運んでくださったそうです。
ブログを拝見すると、けっこう知ったレパートリーもあったし、動画もたくさんアップされてるね~。マリポーサのラララララ~ ボンボンボンボンボン♪にNatachaたちすっかりハマってました☆

名物ピザの窯 お手伝い

その後はメンバーみんなと、雨の中がんばって撮影などなどしていただいたnobuさんもいっしょに、窯焼きピザでカンパ~イ!みんなおつかれ!!
雨もあって最初はどうなることかと思ったけれど、まずまず楽しい演奏ができたんじゃないかなあ。
いや、苦しい状況を受け入れてクリアしたことで、きっとみんなの中の何かが変わった、成長できたように感じます。追い込まれ、それを突破したあとの解放感。余計なものが取っ払われた、より素直な“らしい”みんなの姿がそこにありました。
それにこの日を経験したんだから、どんなステージもこわいものなし!ってのは大げさでしょうが、なんだか自信になったのは確かだね。

雨の日だけに見えるもの 練習に使ったテントから

さあそれぞれに仕事などあるのでひとまず解散。カゼひくなよ~!
僕はイベントあとの片付けもあるし、しばらく会場をぶらり。雨ならば雨降るようにアースデイ。みなさんそれぞれに楽しんでるようでした。
でもやはり、雨より晴れのほうが気持ちいい。晴れたふつうの一日が、どんなにありがたいものかをあらためて感じさせてくれました。
いい経験でもあったけれど、それとともに心の中で、晴れの日(日常)への渇望がよりいっそう強くもなりました。来年はぜったい、ふつうの晴れのステージで演奏したい!!

朝日をあびて

ひと雨降って翌朝は、気持ちのいい晴れ空でした。そして気持ちよく…片づけをしましたよ。
どうか来年は晴れますように!そしてみなさんの前で一段と成長した元気な姿を披露できるといいな(演奏後に委員さんから次のオファーいただいたのできっと行きますヨ)。
その前に、晴れが続けば雨降って、日暮れて夜をすごして朝が来て…のふつうの営みが、いつまでも続きますように。今日の日も、音楽できてありがとう!

というわけで、アースデイ@瀬戸内2012 風のステージのレポートでした。1年後の未来のその日を楽しみに、またきっと笑顔で元気にお会いしましょう☆

ご褒美の味はさつまあげ

活動歴CM(0) TB(0)

日曜のアースデイはあいにくの雨でしたが、にもかかわらずとっても楽しく気持ちよく演奏させていただいてきました!
そのレポートに行く前に、月曜夜のいつもの練習風景から☆

苦笑する一同、そのわけは…

春の開幕早々2つのステージをこなしたのもつかの間、この日からは次の出番に向けての練習にシフトチェンジ。次は6月、少々間もあるので、演奏曲を半分以上刷新してやってみることになりました。
今回演奏してみて感触よく、メンバーも楽しめてる曲はそのままに、希望を汲みつつレパートリーから新たに3曲をピックアップしてみました。
まあ以前やったことある曲だからできて当然…いやいや、楽器編成を変えたり、ちょっとやっぱり変化もつけたいよね。

なんぞ企んどるな??

曲とパートをあらかた決めて、あとは練習してみつつ微調整。
新しい曲はさすがに完成度まだまだなんだけど、これをどこまで詰めていけるか、いや必ず仕上げられるって知ってるので、心配よりも楽しみに感じています。それも春のステージでがんばった充実感から来ているのには違いなく、ほんとにいい経験を積ませてもらいました。

そのご褒美に!ということで、Natacha&Suzuma親子から何やらプレゼントがあるらしい。おお~、サンキュー!!
でもなぜかパッケージ隠しちょるし、二人してその不敵な笑み。やな予感…。

え~っ、なんでそうするかな~。。 見た目で判断してはヤバイヤバイ!

ドロップが出てきたよ。当然食べなくては…いいえ、食べるべきなのです!
Omuさん「モヤシ?」野菜系なのでしょーか?しかしモヤシとはなんちゅう中途半端な。。一方Ayaちゃんは早くもギブアップの顔。
わしも舐めてみると、ん?チシャか?やや苦みのある香りがします。お味のほうは、しょうゆ味とまではいかない和風っぽい甘い味。なんだコレハ?!
なんと、さつまあげでした!おいっ、それ飴にしますかい。。
しかしなるほど言われてみるとそんな味。僕的にはわるくないんだけど、若い衆は受け付けんみたい。まあ愛情と思ってしっかり飲み込みんちゃい☆

食べてみて、おいしいかもしれんよ!

さて、おいしいものいただいたおかげで余韻に浸ることもできず次へと進んでいけそうです!
そうだよな、日々つねに進化成長、歩み続けていくだけだ。この次も楽しい景色が見られるように、(ふつうにうまいもの食べられますように!)しっかり練習に励んでいこうぜ☆

アースデイ@瀬戸内に行ってきた

nosaレポートCM(2) TB(0)

雨の予報が出たものの、なんとか一日天気ももった21日の土曜日。光市の虹ヶ浜で開催されました“アースデイ@瀬戸内2012”に行ってきましたよ☆

笛吹きながら笛鑑賞
ティピテントの中が“風のステージ”となってます。雨よけ、風よけ、バッチリです。しかし相変わらずカッコイイなあティピは!

翌日の風のステージではArcoirisも演奏しますので、その下見も兼ねてと、日曜はすげ~天気予報出てるので(暴風雨だとよーっ)、今日のうちにイベントを体験しておこうということで。
それにホルンのHANAさんも出演しますのでね!

松の木に囲まれたいい感じの広場 お客さん参加型

お昼前に会場に着きますと、ステージ一番手、アースデイ常連の兄妹デュオ・マウンテンマウスが演奏してました。彼らいつもカラッと明るくて、イベント盛り上げるの上手いんだよね。
音楽をとおしてお客さんと遊んで楽しんでる感じで、会場の一体感をつくるスタートダッシュにはもってこいだね。

静か~に走ります(おっとあぶねえ!) これどう吹くの~?

会場内には環境に関する各種ブースや体験コーナーも盛りだくさん。
写真左の電動カートは子どもたちに大人気。ボランティアの高校生がしっかり見守ってくれてます。
右は竹細工のコーナーにあった手作りの篠笛のためし吹き。吹ける人が吹けない子に教えればどんどん音が増えてくね。この左手にはけん玉のコーナー、みんな熱中しとった!
右下は僕の傘、幸い必要なかったし置き場がないので、地面に差しました。

スナメリもいたそうな さあ漕ぎだそうぜ!

そして松林を抜けるとまるで別世界、広くて明るい海の展望が開けます。
こちら浜辺では、カヤックやラフティングボートの試乗会。担当のMakiちゃん雨が降らんで喜んどった!波もおだやかでまずまずの海遊び日和のようでした。
音楽が流れてきて風も気持ちいいので、砂浜に寝転んでしばしお昼寝。

山から来たョ 竜宮の使い(?)、獲ったど~!!

そんでちょっと外れの松の木陰で笛を吹いておりましたら、nobuさんがやってきましたよ。コンチハ!そしてHANAさんもホルン抱えてやってきた。3人とも理由は同じ、静かな場所で音出ししたかった!
スイスのホルンに、nobuさんはハワイのサックス、そしてアンデスのサンポーニャ。とっても異文化なセッションで、めいめい好きなように吹いたり、たまに曲に合わせて吹いてみたり。のどかだな~。

イイネ!! これ、われながらいい写真撮ったなあ☆

HANAさんなんとアルプホルンでUSA国歌を吹いとった!音の数が少ない楽器だけど、アメージンググレイスとか5音階くらいの曲ならわりと吹けるんだって。
しかし練習であまり吹きすぎてはならない、息がもたないのだ!1音1音が大事なわけですな。
さあ時間も近づいてきたし、会場に戻るとしましょうか。

んまい! 島をアピール

腹も減ったので、ひよこ豆カレー&玄米をチョイスしていただきました。大当たり♪
このお皿はディポジット制で、買い物のとき100円多く支払うのですが、洗ってもっていくとお金が戻ってくる仕組み。洗い場も湯洗い&アクリルたわしで洗剤不使用。汚れた水は砂の簡易浄化槽できれいにして土に還ります。
一方ステージのほうは、空き時間に出たい人が、ブースの宣伝や個人的な思いまでいろんなことを入れ替わり立ち替わりアピールしていってました。写真右は実行委員長のKさん、ありがとうごくろうさまです!司会のやすべえさんの進行やつなぎもさすが見事なり☆

だんだん人が増えてきた 遊びの輪もさらににぎやかに

さあHANAさんの出番ですよ!このちょっと前にすーちゃんたちもやってきました。よー来たネ!
長~いアルプホルンの演奏に加えて、トークや紙芝居も交えて、ほんとわかりやすくて上手だわ。僕ら横笛ピーピー吹きながら見てましたが、ステージ始まるとまわりに人が集まってきて、活気が出てくるのがはた目にもよくわかる。遊んでる人もほかのことする人も、演奏聴きながらより楽しんでた気がしました。

聴こえるかな? プォ~~

演奏後はアルプホルンの体験コーナーの始まり。こっちも人だかり。
大人でもなかなか音が出なかったりするんだけど、いやいや子どもでもあっさり出せちゃったり。
音が出るたんびにすぐそばまで聴きに行ってた女の子、かわいかったなあ。笑いの絶えない現場でございましたよ。

アンデス流!

もちろん!すーちゃんも吹かせてもらいました。
お、出た、出た!音階も違うの出しとった、やるもんだ!
HANAさん、吹くとき口がサンポーニャ吹くときのかたちになってたって。Oh、フォルクローレスピリット!ともあれトヨより長い楽器、吹けました☆

さあ、わたしの出番ネ! 興味津々だ

楽器を通して生まれる交流の輪。ほんと風が通り抜けていくような、気持ちのいい空間ができてました。いいねえアースデイ。のんびりと、とってもいい時間をすごせました。
できればねー、あしたもねー、こんな日よりであってほしいものですわい!
でもまあ1日目、こんなにいいイベントにしてくれたんだから、あんまりぜいたく言わんどこ。いざというときの対策も施したし、雨には雨のアースデイ♪(まだわからんけど)ドンとこ…いや、、どうかお手柔らかに。

グッバイ!では、また

ステージには照明も入って、だんだんと夕暮れモード。楽しかった一日の余韻に浸りつつ会場をあとにしました。
♪帰り道 もう日が暮れる 急いで帰ろう 思い出抱いて。これYanaiさんの曲のフレーズより。
そうそう、消しゴムはんこもしっかりゲットしましたよ、これでフォルクローレの楽器完全制覇!…と思ったらバイオリンにマンドリン、カホンにフラウタまだまだあるか~。
まあゆっくりゆっくりと、次の楽しみにとっておくのもまたいいね。
さて明日はどうなるんだろう?状況はどうあれできるようにやりますよ。明日が無理ならまた来年!いつだって、よい出会いとなるよう祈ってます。

          

ではまた、元気にお会いしましょう☆

第5回マチュピチュ・エン・ハポン ~エンジョイ篇~

活動歴CM(2) TB(0)

今年も天候に恵まれ、日がな一日楽しくすごせましたマチュピチュ・エン・ハポン。
ではここからは行楽気分で(?)、ステージ以外のもようをお伝えします☆

Welcome!
photo by nobuさん
nobuさんがちょうど会場に着いたときに撮った1枚。演奏中なのにおもいっきりカメラ目線のスマイル!“あー、nobuさ~ん!!”ってすぐに気がついたんだって。すごいわ~、なにかとナイスなショットです。

まずは会場到着前、リハーサルの風景です。ここ何年かは弥栄湖畔のパーキングでやってます。
朝9時前、外気は早春の冷たさだったけれど…。

桜がまるで雪みたい!
なんと満開じゃあないですか!サクラのじゅうたんみたいになってます。幻想的で、なにか特別な空間、時間にいたみたいでした。

見てください!例年なら葉ザクラの下のはずが、今年はまだまだ満開!!
お花見気分で音合わせ。思わずテンションも上がりますのう♪おかげで体も気分のほうもならしは万全☆

みなさん熱心 本日2度目のインタ
ステージ前近辺です。テント内にはびっしりお客さま。ここのみなさんはほんとに熱心に聴き込むような方が多いです、ながらじゃなくて聴くときは聴く!みたいな。こりゃ下手はできませぬな。。
数年前の演奏のとき、ステージで使う椅子を取りにテントで探したのですが、なんと一つも空いとりませんでした。うーむほんと、みなさんの意気込みスゴイです。


着きました!
ちょうどNakayamaさんとHiroくんのユニットの演奏が終わってインタビュー受けてたところでした。
写真はチュキアゴのときのものですが、Hiroくんすっかり慣れたものだねえ。あごひげもおしゃれにたくわえて、すっかり大人の若者って感じになってましたよ。

買ってきて、食べない。ワイルドだろ~? 離れ小島も春のにぎわい
個人的に今回のお目当てのひとつ、消しゴムはんこをゲット!とくにフォルクローレの楽器のものはこの日限りの限定品で全5種…ほしかったサンポーニャとギターは買ったが全部揃えとくんだった~!と後日おねがいしたらまだ残ってたようで、取り置きしてくれました。HANAさんサンキュウ☆

今回僕たちが演奏を聴けたのは、直前の毛利さんやMIWAさんと(小っちゃな子のマイクパフォーマンスかわいかった)、直後のロス・アンデスさんはちょっと耳に入ってきたけどいい雰囲気だったなあ。
ま、あんまり聴けとりません。すんません。。ひたすらグルメ&ショッピングに明け暮れてたArcoメンバーでございます。
チュキアゴのHiroくんからは、ステージのフィナーレの踊りの輪に加わるよう要請をうけてたものの、お買い物とおしゃべりに夢中で忘れておりました(ゴメ~ン)!シクリアーダが流れてきてあわててステージ前へ急行。

ぐるぐる~ すぐに別世界
写真左、右奥で見学してるArcoメンバー。まあみんなシャイだからね…でも最後は参加型。来年はもっと輪が大きくなるといいね!

ほんで先ほど買ったボリビアのケーナ材持って列に飛び入り。ひたすら単音ばっかり鳴らして行列について…って、こりゃーあんたたちもこっちに加わりんさ~い!
Hiroくんかあさんのエスコート受けて、いっしょに踊りの輪をつくったら、気分はもう別の世界に飛んじゃった。音楽とダンス、フシギですね♪

さあいい汗かいたしそろそろスタミナ切れじゃ、撤収するとしようか。
とそこへ、プログラムに「ムナスケチャイ」の文字を見つけたメンバーたち。演奏するカスティージョさんまで見たい!ということでしばし延長することに。
ではステージ演奏聴きながらもう少し見てまわりますかい。

もっともっと輝け! 照れちゃうな~
草薙さんには すーちゃんもチャランゴ教わったんだって。いつも気さくに応えていただいてたいへんお世話になってます!若い彼らにとってさらに凝縮された貴重な時間だったのではないかな。

あちこちまわっているうちに、演奏家の方やお客さまとも交流できて収穫盛りだくさん!だったメンバーたち。
Massyは草薙さんからギターについて教わってました。弾き方に関する大事な話。このタイミングでとてもいいアドバイスいただいたぞ!方向転換の戸惑いもありつつもホクホクうれしいMassyでありました☆
そしてなんと!ファンの方たちに囲まれ談笑するみんな。こういうとき恥ずかしいのか すーちゃんいつも下向いてますネ。
見て聴いてくださった方たちからのご声援はありがたいし、とっても励みになるよね。自分たちの楽しんでる姿がまわりの人たちを楽しませてるって、ほんとにほんとのことなんだ。これからもがんばれよ☆

あ~あ~あ~♪ すまん、ブレブレだ。。
ログハウスでそれぞれ状況報告(?)、感動やうれしいエピソードの交換です。右の奥のほうに今回も大車輪でお世話になったnobuさん、そして備前の風さんからは吹き方のこととかもメンバーに話してもらえたらよかったなあ。いい並びなんだけど写真ブレました。。それにしても時間がきたと思うとついつい長居したくなりますね。

で、待ってました!ムナスケチャイの始まりだあ~!!
せつないギターのイントロ、重厚なトヨの音、そしてやっぱり音楽っちゃあボーカルよ♪思わずコーラスハモっちゃいましたよ。カスティージョさん初めて聴いたけどいいですね~。
演奏中ステージ後ろにまわったついでに、ログ内でパンフルートの備前の風さんとちょっとお話。気軽にいろいろ教えてくださいました、えー人じゃった♪なんと一から独学的に積み上げてきたんだって。そのフロンティアなところも、とってもためになりました。僕にとってはこの日一番の収穫!

あと同じカルカスのイミリタイや、フィナーレももちろん参加したかったけれど、今年はこのへんで失礼いたします~。
お会いできてお話できた方々、演奏聴いていただいたみなさま、演奏見ることができなかったみなさんも、どうもありがとうございました。今年も三倉でこんなに素敵な時間を共有できてとってもうれしく幸せでした。
それではお先に、アディオース!

フォルクローレの楽器! ぶちええじゃろ~♪

…と、ちょっとここでご紹介。
この日限定で販売してましたHANAさん制作の“消しゴムはんこ”です。
よくできてます、サンポーニャなんかたいへんだったんだって(なんとクロマティックも作ってたよ、職人じゃのう)。しかも安い!
オーダーメイドもしてくれますので、ほしい方は問い合わせてみよう☆



そして、周南の誇るグレート・スーパー・サブのnobuさんのフォトサイトをもう一度ご案内。

   nob*_*o_ku*atuさんのマイボックス

お昼前のアルコイリスのステージ以降、各グルーポさんのお写真が1枚はある(ハズ)!
大きくきれいですし、スライドショーで見ると会場の雰囲気も伝わってきますよ。ぜひご覧になってみてください☆

ありがとー!またね☆ エクアドルピースでキメ!

っちゅうことで長くなりましたが、第5回マチュピチュ・エン・ハポンのレポートでした。
この日の糧活かして日々をすごして、1年後お互い成長した元気な姿でお会いできること楽しみにしています。みなさまのこの1年もまたよき月日となりますように!それではまた☆

第5回マチュピチュ・エン・ハポン ~ステージ篇~

演奏歴CM(2) TB(0)

今週の1曲

♪ 『Imillitay

今年で5回目を迎えた、西日本のフォルクローレの一大祭典“マチュピチュ・エン・ハポン”。この春も元気にやってまいりました!
2012年の初演奏となりましたステージを、nobuさんとHiroくんに協力して撮っていただいた(グラシャスです!)写真とともにふり返ってみよう☆

天気もカラッと晴れました☆ photo by nobuさん

出番は朝10:40の予定でしたが、多少前後したかな?でもちょうどこのあたりお客さんも多くって、まことにもってありがたいこと。しっかりガンバリマス!!
…と、やっぱり今年もスタンバイに手間取りましたよ。。しかしそこは司会のお姉さん慣れたもの、すらすらと会場ブース紹介でつないでくださいました。毎年かたじけのうございます。
お待たせしましたOKです、それではどうぞ!

フヤニマリ (300x225)
photo by Hiroくん

みんな大好き「フヤニマリ」でスタート。アンデスの言葉で“愛しているよ”の気持ちをこめて。
昨年も演奏させていただいたのですが、今年のはひと味ちがいます!
そう、バイオリンを奏でているのは、昨秋から学校の楽団にて習い始めたSuzumaくん。(小学4年になりました!)
ようやく手にした念願のバイオリンを気持ちよさそうに演奏してますが、実はこの日が初お披露目。しかしながら曲の雰囲気を見事に決定づけてるよなあ。上々のデビューとなりました☆

ランバダ (300x225)
photo by Hiroくん

続いての「ルンバ・ランバダ」は初演奏。こちらも実は念願かなっての“ルンバ”です。
手ごわいリズムだったので、僕たちにはなかなか手をつけられなかったのですが、ボンボにクラベス、シェイカーも、リズム系鍛えて持ってきました!コーヒー・ルンバもやりたかったんだけどね、まあ次の課題に。
♪ 愛を失ってさびしいあなた、こっちへ来ていっしょに歌おうよ。ルンバを踊って楽しんだならきっと、また歩み出していけるさ。

ワラワリータ (300x225) photo by Hiroくん

お次はSuzumaくん作曲の「チンボラソ」。タイトルはエクアドル最高峰の山の名で、“青い雪”を意味するキチュア語からいただいています。
昨年の今ころに完成した曲で、もうステージでもけっこうやってて、すでにメンバーお手のもの。…でもリズムとメロもむずかしかったんですよー。とくに短期間でボンボ仕上げたAyakaは本職でもないのにお見事!みんながんばりました。

そしてラストの「ワラ・ワリータ」は激しいトバスのリズム。ついついノリすぎてテンポが速くなっちゃうんですが、どうだったかな?
Massyの明るい笑顔での手拍子呼び込みや、Suzumaのアクションやかけ声にはいっぱい元気をもらえるでしょ。僕らもそーなんです、これからもたくさん応援してあげてくださいな☆
会場からも手拍子や、いっしょに踊っていただいたりもして、楽しく全4曲のステージをしめくくれました。みなさまグラシアス、ありがとうございましたー!!

演奏後すーちゃん、ロスコイのTamさんに「ダンスよかったよ!」って言っていただいたそうだけど、ん?ダンス曲あったっけ?
…ああそうか、きっとあのボンボアクションだ。彼はそう、踊るようにボンボを叩く!

すーちゃんインタビュー photo by Hiroくん

演奏後のインタビューではSuzumaくん、司会のお姉さんから曲作りのことや、フォルクローレを始めたきっかけなど聞かれ、しっかり言葉を選びながら答えてました。
音楽をしていると楽しくなれるから。
お母さんやみんなといっしょにできるから。
ほんと毎年この場では、貴重な経験させてもらってる。これからもどんどん成長して、音楽や踊りや歌となってまたずっと、みなさんの前にお届けできるといいね☆

三倉岳を眺めつつ
ちらし寿司にうどんにフランクフルトにたこ焼き。今年は当日限定“三倉券”なる金券のおかげでいろんなお味を楽しめた昼ごはん。

その後は早めのお昼をすませ、あちこちお店などいろいろ見てまわりました。
なので毎年ほかのグルーポさんの演奏はごく一部しか見てないのですが、僕たちはこういう時間を大事にしたいのでご容赦を。三倉マスター鋭意制作のDVDを待ちましょう~。
おっと!あとお写真でしたら、昼前から会場にいらしたnobuさんが、ご自身のフォトボックスにたくさん公開されてますので、そちらをご覧ください。ゲストのMAYAはじめいろんなグルーポさんのお写真もありますよ♪

   nob*_*o_ku*atuさんのマイボックス こちらをクリック!

ケーナの季節
トトの店さんだったか、気前よくもらったケーナはとっても細身だったので、すーちゃんに渡してみるとけっこういいフィット感。お次はケーナもいっちゃうかね!

では次回、ステージ以外のレポートをお届けします☆

次のミッションへ

活動歴CM(0) TB(0)

天気もよく、とっても楽しかった日曜の Machupichu en Japon 5。
そのレポートに行く前に、月曜夜はいつもの練習があったので、そのようすから見てみましょう☆

昨日の勢いそのままに!
やっぱりいつものスタイルが落ちつくね。バイオリンはかなり板についてきた。

開幕ステージをこなしたのもつかの間、ありがたいことに今週末、次のステージが控えているアルコイリスです。昨年も出演させていただいたアースデイ@瀬戸内の初日1番手にどうやら決定いたしました。
まあ今さら急にあれこれできんので、曲は昨日とだいたい同じでいくか。
編成のほうは参加メンバーも異なるし、事情もあって少し変えようかとも思いましたが、どうやらそれではいつものペースで楽しめない。
ほかの要素ももちろん大事だけれど、“内から湧き起こる楽しさ”を欠かせてしまってはいけないね、とくに僕たちにとっては。だから無理や負担は少なくするよう心がけつつ、いつものように突撃じゃ!がんばるぜ~☆

あ、ありえへん!
なんとっ!チャクチャやサンポーニャ片手にボンボってのはよく見るけれど、バイオリン片手にボンボです。オモロイものどんどん見せてくれますわい☆

さて個人的なことですが、実はM.E.J.当日は朝まで激しい下痢に見舞われた米ガトーです。
一家3人が吐き気に嘔吐、下痢腹痛、そして悪寒と発熱…。あまりのキツさにドラマのJINを思い出して、ひょっとして“これが・・・コレラ!”………ってそんなわけないけど、まあ演奏に行けないんじゃないかと思いましたよ。
でも不思議に以降は症状もやや治まり、その後何年かぶりにお薬も服用したので、なんとか無事に一日をやりすごせました。そしたらねえ、ステージに立てることのありがたみがどんなに身に沁みたことか。オロロ~ィ! さらになんかみんなやさしいんスよ。。おかげでだんだんテンション上がって、帰るころには小走り(← アブナイじゃん!)してました。
あとで聞いたら“嘔吐下痢症”ではないかって。みなさんも気をつけましょう(この日もし感染させてしまった方、いらっしゃったならゴメンナサイ~)。

というわけで、次回はマチュピチュのレポートいきますね☆

手作り楽器で音づくり

つくりものCM(0) TB(0)

ここ最近で作りためた楽器たち。これらはステージでも使えるように作ったものですが…。

桜の木の下で

左からケナーチョD管(ひびが入ったけど今のところエース)、C管、もう1本D管、サンポーニャ・バスタイプ(C調で最低音ソ)、その上にのっかってるのが1オクターブ上のアルトタイプ。

ケナーチョはピッチも納得のいくものができました。ただ、音がやわらかい、というか弱い。。
音質のほうも丸いばっかりでハリも深みもなく、好みの音ではないな~。
しかし僕が持ってるケナーチョは、ペルー製の管尻のないおそろしく吹きにくいものしかないので(ピッチもあばれてます)、これで本番行くしかないのだー。

一方サンポーニャは、乾燥不十分の竹使用のためか、毎日音程が微妙に違う。最初はしっかりチューニング合わせてカットしたんだけどな~。
で、大きいバスタイプのほうは、作ってから時間も経って音程変動が許容域を超えたので、ばらして調律し直して作り替えました。代替用の竹は要るけど、こういうリサイクルができるってほんとスゴイねサンポーニャは!

まあどちらもプロの作品とは比べようもないですが、今は必要十分に思っています。
それは最近、民族音楽に対して“無理のない身近な生活のそばにあるもの”という意識が、より強くなってきたからかもしれない。(そして楽器がこれしかない!)
完璧を求めるなら、フルートなどの(もと)木管楽器のように、素材を金属とか正確なものに進化させていくのでしょうが、フォルクローレって、まだここにとどまってる。ゆるさとふところ深さを持ち合わせた気の置けない友だちのような。そこがとっても魅力にも感じます。

…しかし上手い人は楽器に左右されずうなるほど上手いよなあ。かといって良い楽器の目利きも鋭いし。いい演奏を聴くと感動もあるけれど、切なさとあこがれとやるせなさを感じてしまいますよ。。
両方の精度を高めていく方向性は同じだけれど、手が届く感を失ってない音楽ジャンル。楽器のほうもね。

いずれにせよ自分の楽器、自分の音だから、こんな感じでもやってみるかー!と思ってるんですけど、実際ステージでやってみて「もうコリゴリ。。」ってなるかもしれん。
でもそしたらまたいい楽器と演奏もできるようにがんばればいいかな。

4月の演奏予定

行事予定CM(6) TB(0)

桜咲く4月も半ばとなりました。みなさまいかがおすごしでしょうか。
さていよいよシーズン到来!アルコイリスが出演するの4月のイベントをご案内します☆

第5回 マチュピチュ・エン・ハポン



 と き:4月15日(日) 9:00 ~ 16:00
 ところ:三倉岳休憩所(大竹市栗谷町小栗林217)
 出演グループ(出演順)

    広島アルプホルン倶楽部
    ラ・シエスタ
    南米喇叭倶楽部
    山本尋&中山優一
    MIWA
    アルコイリス
    ロス・アンデス
    毛利次郎
    チュキアゴマンタ
    MAYA〈ゲスト〉
    カスティージョ・アンデス
    YAMA
    コンフントアンデス
    備前の風
    カラコロアンデス

中国地方を中心に、西日本各地からアマチュアグルーポの集うフォルクローレの一大祭典。
飲食物や特産品の販売ほか、ふだんなかなかお目にかかれないフォルクローレの楽器や雑貨もズラリ!ひととおり何でもあるので一日楽しくすごせますよ。
アルコイリスの今年の出演時間は10:40ころです。ぜひ見に来てネ☆

※ おクルマはふもとの栗谷小学校に駐車後、随時発着のシャトルバスをご利用ください。
※ 雨天の場合、栗谷中学校体育館が会場となります。

                                             

アースデイ@瀬戸内2012



 と き:4月22日(日) 10:00 ~ 15:00
 ところ:光市虹ヶ浜 夏期臨時駐車場

ふるさとの海から地球環境について考えるイベントで、今年で6回目を数えます。
地球や環境をテーマにした各種物販・展示や、地産地消の飲食品ブースもたくさんそろいます。
シーカヤック等で海へ漕ぎだす“渚の遠足”や、
“風のステージ”にはさまざまなミュージシャン・グループがパフォーマンスを披露。
アルコイリスも昨年につづき今年も飛び入りで出場予定!
(…ただし飛び入りなので時間は未定だけど、おそらく朝イチで出ます!)
春の海の潮風はとても気持ちいいですよ、遊びに出かけてみませんか☆

今度はケナーチョ

つくりものCM(0) TB(0)

サンポーニャ作りはひと段落したので、今度はケナーチョ作りに取り組んでみています。

近作3つ

岩国のこんどう楽器のK社長から以前いただいていた、これはトウチクかな?節間が50~60cmはある長く太い竹を使って、ひとまず必要なD管から。
写真まん中、まあまあのものができました。飾り糸は毛糸です。補強目的ではなく、ほんとの飾り。
そして2本目左側、なんと穴あけ一発で調律ぴったしのものができました!こんなことは初めてじゃ~。いやプロの職人さんはいつもそうなんでしょうか?調律作業が省けて楽だったこと。

ぎゃーーー!

こっちはパステルカラーの毛糸を巻いてみましたが、なんかカワイクなりすぎたかなあ。。
歌口カットしたときにササムケができたけど、音に支障はないし、自分で吹く分気にならないのでそのまま放置。…ん?よく見りゃひっ、ひ、ひびが~!!

春らしいほんわか音色 気持ちよさそうななあ

こわれたら直すべし。接着剤塗って、糸で縛って乾かします。
乾燥するまでの時間、資材をちょっと買い出しに。
本日わがふるさとでは桜まつりをやっておりましたよ。で、ステージではホルンのHANAさんも出演するらしく、その時間に合わせて行ってみた。
いいね~アルプホルンの音色。春はあけぼの、平和で牧歌的。盆地になってるわがまちじゅうに響き渡ってました。まさに春告げの笛の音。

できました

今度はしっかり補強用にテグスを巻いて、修理完了!
同じく改修していたボンボスタンドの上にのせて記念撮影です。
化粧糸はなんだかもったいなく残したけれど、かなりヘンな位置に。。色も考えてまたやり直そう、これ実戦で使う予定ですのでね☆

サンポーニャ作りに挑戦 ~その7~

つくりものCM(0) TB(0)

先月半ばから取り組み始めたサンポーニャ&パンフルート作り。
若い竹を使った実験的な教習課程の仕上げのつもりで、僕なりに考えた基準となるモデルを作ってみました☆

ALTO-C13

それがこちら!
NOSAが開発したArcoサンポーニャです。
C調13管で最低音はソ。フルートやリコーダーなどでいうアルトの音域と同じなので、アルトタイプと名付けました。
一般的なマルタタイプのサンポーニャより3音高くなっており、ファはナチュラル(これがミソ)。

ほぼ同じサイズ

市販のマルタ(左)とアルトを並べてみたところ。
肉厚な日本の篠竹を使っているので、本来ならやや小さいはずのC調管ですが、ほぼ同じくらいのサイズになりました。マルタに慣れてることもあってか、まずまず吹きやすいですよ。

ところで、なぜふつうのサンポーニャのG調ではなく、C調で作ったのか?
竹の厚みがあるためサイズアップしてしまうということもありますが、Cのキーで作るとGのキーの曲にも対応できる!ということに尽きます。どういうことかというと…。
マルタでC調の曲を吹くと、ファがシャープのため、オプション管かクロマティックを用意しなくてはなりません。高いほうの音なら角度調節でもなんとかなりますが、基本的にサンポーニャというのは“音を高くすることはできるが低くすることはできない”楽器なのです。
音を高くするにはどうするかというと、高くしたい管に豆など入れるといいですよね。

G-Tenor3。略称“十手”

その性質を利用して作った、C調サンポーニャをG対応に替えるオプションがこれです!
アルトタイプの最低音ソの下の3音、レ ミ ファ♯を束ねたもの。そう、キーがGなのでファはナチュラルでなくシャープになってます。これをアルトタイプの右側にくっつけます(手で支えるかたち)。
そして、アルト本体のまん中あたりにある唯一のファ管に、そこに転がってる黒豆を入れます。
そうすると音の配列が、C調の
   ソラシドレミファソラシドレミ
から、G調の
   レミファ♯ソラシドレミファ♯ソラシドレミ ※ 下線部はマルタ13管の配列と同じです。
に大変身!

オプション装着!

フォルクローレって、Gのキーが基本ですけど、Cの曲も3割前後かなけっこうあるので、このタイプかなり重宝すると思います。いいでしょ~Arcoモデルのアルトタイプ♪

えっ、どうして最初から3本足して作らなかったかって?
それは、、、かさばるから。
篠竹でマルタタイプももちろん作ってみていたのですが、管が太いのでけっこうなビッグサイズになってしまい…やっぱり市販のマルタ13管あたりのものが持ち運びやすく、普段使いにはちょうどいいって感じます。
で、必要なときにオプションをちょい足し!

ALTO-C13 + G-Tenor3

というわけで、僕なりに考えた、日本の竹に合ったかたちのサンポーニャ・アルトタイプでした。
今回で7回目となりましたサンポーニャ作りに挑戦シリーズ、この作品をもって終幕といたします。ご覧いただいたみなさまどうもありがとうございました。
もちろん!これからもたくさん作っていきますよ。その前にまず、ちゃんとしたものになるよう竹をしっかり乾かさなくてはね☆

追伸

ひととおり体験してみて、サンポーニャ作りって、いくつかのコツはあるけれど、ひとつひとつの作業工程はとりたてて難しいことをしているわけではなく、誰もが取り組めるユニバーサルなもの作りだと感じました。
作り手側の技術や努力ももちろんありますが、むしろいかによい竹を選ぶか、よい竹にしていくかということが重要なのではと思うようになりました。ひいては育てるってことも視野に入ってくるでしょうね。
何よりどうしてこんなに楽しいんだろう?竹に携わる職業の人は長生きな人が多いっていうけれど、わかる気がするなあ。
失敗したり、こわれたら、また作ればいい。そしてその作業がまた楽しい!竹笛作りを通して何ともいえない安心感もいただきました。Bravo篠竹!

リズムと歌もがんばろうぜ!

活動歴CM(0) TB(0)

夕方竹伐りに行って、泥坂道にクルマのタイヤがはまり立ち往生。。練習に大遅刻した米ガトーです。
でも、なんとかレスキューしていただいて、この日も無事にいつもの練習に駆けつけられました!まったくもってありがたい思い…。
今夜はなんだか心地よい疲れとともに、活動報告お届けします☆

みんなしっかり声出してます

遅れて行ったらみんながんばっておりましたよ。課題の4曲を反復して練習です。
ちょっと気になるところをピックアップして…この夜はパーカッション系がやり玉に上がってました。
カナメのボンボのテンポと元気のよさ!クラベスど~なん?シェイカーはっ?!
案外リズム系ってむずかしい。気持ちもノリに表れてくるし。でも逆に言うとリズム次第で人の気持ちを変える力を持っている。
パーカッション系、最重点課題かも。しかし本番まで2週間しかないぞ~!
こーなりゃシェイカー素振り1日1000本!クラベス1000ルンバじゃあ!!…って想像するだけでもすごい感じだけど、やってみる?

あとは歌えるメンバーで、ワラ・ワリータのボーカル合わせをやってみました。
驚いたのには、けっこうみんな声出してて、いつの間にかスペイン語の歌詞そらんじてるし!それに以前よりキーもかなりとれてるじゃん!!いつも大声でひとり歌ってて気づかなかったけれど、ボーカルのほうもみんな成長してたんだなあ。
よーしこれからボーカル曲には楽譜にちゃんとカタカナ歌詞付けるから、どんどん歌ってちょうだいよー!そしてそのうちハモリもやってみたいのう♪

治一郎じゃ

というわけで、今宵はリズム&シンガソングで更けていきました。そして歌い込んだあとにはPiyoちゃんからの差し入れが待っておりましたよ♪
京都?どこからだったっけ?バウムクーヘンその名も治一郎。うっすらなにがしかのパウダーもかかって、しっとり、上品な味わいのひと品です。
ずーっとテーブルの上でスタンバッっとったが、わしらの歌はどうじゃったかい?練習がんばってちょっと疲れたせいもあってか、スイーツの甘さが身に沁みますねー。グラシアス治一郎!
さて来週は、いよいよ春の開幕直前練習になるね。しっかり仕上げていくぞ~☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

SUZUMA OFFICIAL WEBSITE-banner
すーちゃんのホームページ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
 El Condor Pasa(Taquirari/Fox Incaico/Wayno)
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun 2017
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay 2017
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena 2017
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste 2016
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2017
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Carinito 2017
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi 2017
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2017
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita 2017
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento 2017
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
イスカンワヤ (カルナバル)
 Iskanwaya
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルの空 (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
リデル (アイレ・デ・バイレシート) 2017.9
 Líder
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: