フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

昭和の日練習再開錦坂

nosaレポートCM(8) TB(0)

みなさま久しぶりにこんにちは。ギター&ビエントデュオの錦坂です。
長らくお休みしていましたが、6月の演奏に向けて練習を再開しましたよ。

20130429 (3)
錦坂本拠地の玖珂総合公園。久しぶりの眺めです。黄金週間とあってお子さん連れでにぎわってました。

調べてみると1月以来となりました。忙しさもありますが出番をいただいてるしそろそろ本格始動の再開といかなきゃ~ね。
その演奏機会、Nishikiさんがいつも河原で笛吹いてるときに、岩国のRクラブさんの会合にお招きいただいたのでした。6月6日です。30分演奏します。初舞台です。
で、この日はとりあえず曲目の選定をしました。
「オリャンタイ」、「ワイチェニータ」、「ハナミズキ」が確定。Nishikiさんが笛です。そんなに練習してるわけじゃないけどお気に入りだとのみ込みも早いすね。
それと頼まれているRクラブさんの会歌(?)が2つ。Nishikiさんのアルペジオがいい感じではまってます。FとE♭のキーなので僕はF管どうにも作っておかないとっ。
候補というか当落線上に「アチャカチの娘」に、「コンドルは飛んで行く」は代表曲だし仕上げねばなるまいて。たいがいやってくれ言われますからね。

20130429 (1)
nobuさんに撮っていただいた“Machupichu en Japon 2013”でのMAYA演奏DVD。われらKAWAの優良な教材として大活躍することでありましょう。

さて今回はお久だし内容多いよ!
先週三倉岳でのマチュピチュ・エン・ハポン会場にて、演奏させていただく勅を賜った2曲から。
ひとつはTOYO草薙さん作曲の、正式な曲名は『北へ…』というそうで、21日のMAYAステージの1曲目に演奏されていました。取り急ぎ朝ドレミの音採りして少し吹いてみましたが、やっぱりカッコええ~。演奏当日は所用あって早めに切り上げのためこの日初聴きしたNishikiさんもたいそう気に入られていましたよ。そう、まず感動、いい出だし!
そして寺澤むつみさん作曲の『雪どけの水』はステージの2曲目に披露。解説されてた内容に耳を傾けてみますと、2012年暮れの冬に作られたばかりの生まれたてホヤホヤの楽曲で、なるほどそうだったのか!そのバックボーンに個人的にとても感銘共鳴。グルーポ全体の実力上げないとむずかしそうだけど、しっかり取り組ませていただきます☆

20130428 (1)
関係ありませんが…動物とのふれあいその1。前日の日曜日、田んぼで米ぬかまいておりましたら、川の対岸にイノシシがあらわれてブフブフと、オ~イって叫んでも見向きもせず並足で通りすぎて行きました。昼間っから堂々としたものだ。

話は変わって一昨日の土曜日、僕とKAWAのnobuさんは、広島アンデス館のKanadoさんのケーナ体験講習会に出向いてきました。気がつけば13年、基礎を知らず学ばずここまでやってきた僕にとって、とっても勉強と参考、ためになりました。
目に見えるかたちでわかりやすく教えていただきましたよ。プロの講師さんはさすがですね!
いろいろとインスピレーションもいただいたのですが、その中のもっとも大きなメッセージは、自らの奥底(おなかのほうね)から発する息が基礎であり重要だということ。音色やすべての演奏技術などの枝葉につながる根幹。
これは精神とリンクするものであり、だからこそ人の心に響き感動を与え得る…ってのは個人的解釈ですが、名手たちの心揺さぶるような音色はつまりそこだな!ってアレです。
このシンプル極まりない民族楽器に魅せられたわけが、だんだんとわかってきたような気のせいにもなって、ますますおもしろくなってきました。よっしゃこれからもどんどん吹いてくぜ~。

20130429 (5)
動物とのふれあいその2。練習に励むNishikiさんの足元で2匹のトカゲがランデブー。片方がもう1匹の顔をなめて仲よさそう。このあとカメラの音に驚いたのか走り去っていきました(僕の携帯ビヨ~ンって鳴りますし)。ところで潜入探偵なかなかおもしろいネ。

さて帰宅して、朝方録音セットしておいた、みいのらさんから教えてもらってた札幌のコミュニティーFM・三角山放送局のラジオ番組“世界音楽めぐり 南米フォルクローレ紀行”を聴きました。まずはちゃんと録れててよかった~。
で、再生してみますと今回はリクエスト特集ということで、「1曲目、みいのらさんからリクエストいただきましたペグーチェ・ティウの…」でいきなり噴いたっっ!
結論から申しますとお目当ての『北へ…』は流れてこなかったのですが(※)、なじみのあるうれしくなるようなフォルクローレ満載で、MAYAメンバーさんやRenさんにしさいなんかのスケジュールも同じテーブルで紹介してくれてて、なんとまあ遠くの地でローカルなというかイッツアスモールワールド的な展開で一気に1時間聴いてしまいました。
ティウ実は初めて聴きましたがひかえめでイイですね、「テンペスト」はルミリャフタってグループの曲なのかとさっそく検索、青春の残照赤々としているころに聴いた「ソロ・レ・ピド・ア・ディオス」に色褪せてしまった熱狂を思い出し涙。。
そして終盤は「アロカワ」が!「赤い雲」が!!いいぞリクエスト、札幌のパーソナリティさん、ありがとう~。だけどアロカワほっぽりだしたまんまだしボチボチとでもやらなくちゃ。
それにしてもいい番組だったので来月も聴きたいです。次回は5月27日ですってよ、時間は朝8時と夜7時でしょうか、くわしくはリンクをクリックしてみてください。

(※) この月はリクエスト特集に配慮して省略されたそうです。通常はエンディングでKusanagiさんの一人多重録音のバージョンがかかるとのことで、毎月楽しみに待ちましょう♪また番組の詳細はあらためて当ブログでもご案内させていただきます☆

20130429 (6)
お昼近くになると人出も多くなってきたので公園のあずまやをあとにして、KAWA本拠地の玖珂あいあいセンターに次の練習日の予約取りついでにここでも練習しました。花祭り好きの管理人さんにも久々会いました。

ということでばっちりフォルクローレ漬けな昭和の日は、久しぶりななつかしさにもたっぷりひたった一日でした。再開の勢いついでに来週も練習しようということになり、まあ出番が迫ってるのでしとくでしょ!なのですが、入院中のOmuさんお見舞いがてら、今度は下松で5月5日の午前中レッスン予定です。
ついでにKAWAの次回練習は、5月18日玖珂あいあいセンターで9:00からですので、『北へ…』や『雪解けの水』ほかレパートリーに参加されたい方どうぞいらっしゃいませ。
ともあれいつの間にかKAWAとあわせると新曲ワンサカ状態なのですが、それだけ情熱があるってことでもある。炎と~燃え盛る~今のうち、しっかり鍛え上げていこうぜ錦坂
スポンサーサイト

Recuerdos de マチュピチュ・エン・ハポン2013

活動歴CM(2) TB(0)

今年も大いに楽しませていただきました!広島県大竹市の三倉岳休憩所前広場にて開催された、春のフォルクローレの祭典“マチュピチュ・エン・ハポン2013”。ここからは自分たちの演奏以外の会場見聞記をお送りします☆

20130421 (26)
フィナーレも間近に迫った時間帯、SAMAYさんのステージにて。はじめは雨風も舞っていましたが、すっかり明るい春の山すそ。演奏中に眺める圧巻の景色は今年も格別でした。そんでもってPAはあのOkadaさんもついてくださってます、なんて豪華絢爛!

朝9時に始まって、お昼の休憩をはさみ、ゲストのMAYAの演奏のあとも夕方4時までたっぷりフォルクローレ。地元近くのグループをはじめ、九州や山陰や岡山の実力派も来てくださって、こういう機会でしか味わえない充実したステージの数々を一気に味わうことができました。

20130421 (9) 20130421 (10)
いきなりしっつれ~い!出番が済んでホッとひと息、お昼です。ゼンマイ入りのちらしずし今年もおいしゅうございました♪うしろにはうどん待ちの行列が!寒かったですもんね。写真には写ってませんがJizoさんもいっしょにいただきましたよ。

それに大好きな音楽を聴きながらのごはんやお買いものやおしゃべりは、おいしさ楽しさがまるで次元横断したかのようなですねー。こういうときだからこそ花が咲いてしまいます。あんまりじっくり聴いとらんでゴメンナサイ。。
でもネ、今年はラスト近くまで居りましたよ。やっぱりスタミナ切れたようだけどがんばった!お目当て見ずには帰れませんからね。

20130421 (8) 20130421 (5)
左:僕らの直後の岡山のロス・アンデスさんのステージ。毎度プログラムの順番も音楽性も近い気がするグルーポさんです。とくに味わい深い奥深いマリポーサはそのよさを再認識。
控室では前後のグループさんとゆとりの時間。なんとバイオリンもじゃあないですか!しっかり教えてもらっときーよ☆


そのお目当てのひとつ、岡山のコンフント・アンデスさんの「オイラ土偶のペッカリー」、ついに生で聴いちゃいました!!
想像以上に雰囲気のあるいい曲じゃったわ~。渋い男声でペッカリーのコミカルフレーズを歌われるもんだからそのギャップ感もおもしろくってGoodでした♪作曲者のHagiwaraさんとも少しお話できてよかったい。
もっと聴く機会が増えてほしい名曲なので、フォルクローレを代表してどんどん広めてってほしいなって思います。ご活躍を遠くから祈ってますよ☆

20130421 (11) 20130421n (14)
みんなして食後の運動です。前屈?どーもこーもダメダメじゃん!なんか地球にパワー送ってるようにも見えますね…。
右:福井のGorohachiさんはかなりスレンダーになっててびっくり!実は楽器商でもあることが判明、弦系はとくに頼りになりそうだしその節はよろしくで~す☆ Ⓒnobuさん


こちらは午後の部、mixi発の広域バンドのラ・シエスタのみなさん。
中国四国近辺はじめ福井に北海道!なのだそうですよ。最大で4~50名くらいメンバーさんいらっしゃるとか。三木山では全国のお仲間が集結するそうで。
好きな音楽を共通項に各地から集う時代の寵児って感じで、出身も世代もいろんな方がいらしてわきあいあいでいいなーって思います。やってる曲もかなり好み。
一方その横では、カラダの硬さ自慢にいそしむ人タチでした~。

お写真はございませんが、ほかにもいろんな出演者のみなさま。
叶堂さん(カスティージョ・デ・アンデスさん)の風にも負けない南米コロンビア仕込みのパワーあふれる演奏に、奥さまとのセッションも素敵。プロとしての新たな船出、応援してますよ、しっかりがんばってください☆
初出場でしかもソロで果敢に攻めたスフィーダさんは、まさに1から、楽しい道のりとなりますように。家族のようなグルーポを作っていけるといいですね!
こちらも初出場のフロール・デ・ラパスさんは、控室で聴いてて音すごいイイじゃん!って感心してたら、先生はなんとTerasawaさんだって。ナルホドね~。
そしてKAWAと同期のライバル、イトちゃんズ。こっちも負けてはいないゼ。というか近くだしお互いいいとこ交換しつつ切磋琢磨していきましょう!
広島アルプホルンのみなさんは、毎年4音でコンドル飛ばすという無茶振りを引き受けてますが、山ボーイ風の若いメンズのオシャレ感もたいへんスパイシーなですよ。
昨年秋の平尾台で強力メンバー加入を確認してたボリビアマンマさんは、演奏に歌にさらに磨きがかかって毎年感じますが格が違います。歌手本業さんでしょうか?楽器のほうもお世話になってます。
カラコロアンデスさんも歌いいですね!パフォーマンスはちいと濃い~!がほかにはないエンターテイナー集団で、もってるグルーポさんなムード。ここ数年大トリで席捲中。
ご近所のロスコイジスさんは、Suさんも加わって各メンバーさんの存在感も増した感じですね。インタビューに答えるTamさんからその充実ぶりが伝わってきましたよ~。
そしてアルコイリスとKAWAのステージのもようは記事にてどうぞ☆
アルコイリス → “第6回マチュピチュ・エン・ハポン!
KAWA → “KAWA三倉岳デビュー!!

20130421 (16)
おおバイオリン!サンフアニートのあの曲です(…と思っていたのですがどうやらカチュヤピーのメドレー時のときのようです)。CD未発表の2曲は僕らちょうど杉山楽器さんとこにいたときに聴きました、みんなノッた♪

そして午後一番、日本一のフォルクローレグルーポ、MAYAのステージです。
日本の若手ケニスタのイケメンツートップのお一人Watanabeさんも正規メンバーとなられたそうで、ますますバランスよく幅広いスゴイ演奏となってました。一方というかHashimotoさんのトークの間ってかなり絶妙でウケました♪こちらも見事ですね~。
お天気よさそうに見えますが、まだかなりの寒さで演奏には厳しいコンディション。そんな中でも安定したステージを繰り広げ、ここにもプロのすごさを垣間見させてもらいました。
山あり谷あり、暑さに寒さ、いいときばかりじゃないからね。向かい風と知っていながら~情熱と志をもって進んでいかなきゃあな!

20130421n (15)
ステージを見守るArcoチーム。なんかいい写真だね。すーちゃんたちは短いズボンなので足が冷え冷えです。ん、おなか痛いんか?と思ったら、まっしーは寒さで途中からひざ抱えてだんご虫みたいになってました。 Ⓒnobuさん

そうそう、なんとTOYO Kusanagiさんから僕たちに直々のリクエストをいただいちゃったのです!
サンフアニート、バイオリン、そりゃもうやるでしょ!!
すーちゃんとまっしーは毎年チャランゴやギターのアドバイスいただいて、とってもお世話になってますし、お互いの笑顔をもっともっと見たいですからねえ、楽しみにしといてくださいよっ☆

20130421 (14)
いいスマイルですのう!バンドに元気をくれるパートの二人☆

サマイのベーシスト・Yamauchiさんと。ベースのいろはをいろいろ教えていただきました。
フォルクローレにはベースでしょ!って思うようになったのは、実はこの方の演奏の影響が大きいのです。この日ようやくお話できて光栄でした。以前はウッドベースもされてて、そのころは手入れやクルマなど、生活がそれ中心になってたいへんだったんだって。まっしーは体を痛めないやり方などアドバイスもらってました。
ありがとうゴザイマスYamauchiさん、がんばってきますのでまたお話聞かせてくださいねー!
バンドをまとめ色づけと変化をもたらす影の主役としてのおもしろさ、奥深さ。もっとたくさんの人に気づいてほしいなあ。

20130421 (19)
おっ、なにげにSuさんにnobuさん、TamさんにRinaちゃんも写ってる!

後半のボリビアマンマさんのステージのとき、大好きなトバのエルチューニョが聴こえてきたよ。みんな思わず立ち上がってダンスです!
昔はもっとあったような気がするけれど、ダンサーが登場するような曲は減ってきてる気はします。その分観客の飛び入りダンスで盛り上げましょうか!
遠くに住まう人たちとも踊りや歌をともにできる喜びです。聴くだけじゃない、音楽ってイイネ☆

20130421 (30)
くるくるShibuyaさん。ミツバツツジと同じ春色の布も鮮やかですネ。

終盤のお待ちかね、SAMAYさんのステージは、みんなじっくり見入ってたね。Arcoが理想とする演奏スタイル、しっかり目に耳に焼き付けたことだろう。
大学に進学したHiroくんも元気にやっているようでよかったなあ。いつか仲間を連れて同じ舞台に立つ日も来ることでしょう。若いモンに負けんようわしらもがんばっとこ。絶対負けるけど。

20130421n (18) 20130421n (21)

さてラストのカラコロアンデスさんのステージ、フィナーレのエルサリリではダンスが始まりました、踊れ踊れ~い!ふだんそんな感じでない人も踊ってます!

20130421n (22) 20130421n (23)

あっちの人もこっちの人もひとつの輪になって…ここは天上の楽園ではなかろうか~!
…そのスキにSuさんと僕は、楽器片手にステージに登壇。なんとMAYAとセッションしちゃいましたよ♪

20130421 (40)
プロ目線?視界はこのような感じです。あまりに精妙な世界に来たせいか、空間も歪んじゃった?!

気がつけばあたりはすでに夕焼けの色気配。朝早くからみなさんごくろうさまでした!
前日の雨と冬に逆戻りしたような寒さのなか、準備運営していただいたスタッフのみなさん。音響に司会に盛り立てていただいたお店の方々。たくさん見に来てくださったお客さま。出番かたがたお互いの演奏を応援しながら楽しんだ出演者のみなさま。そして今年も無事開催&見事に晴れさせた三倉マスターどの。なんて立派で素敵な人たちなんでしょ☆
おつかれさまですグラシアス!三倉のお山もありがとう!!

photo by nobuさん 12 nobuさん

ということで、マチュピチュ・エン・ハポン2013の体験レポートをお届けしました。
楽しかった思い出と出会いをむねに、また来年も元気に会えることをねがいつつ、しっかりと新たなシーズンを駆け抜けていきましょう!
お互い今年もがんばりましょーね!!みなさまのご活躍ご健勝を祈ってます。では!また☆

KAWA三倉岳デビュー!!

nosaレポートCM(11) TB(0)

みなさまこんにちは。山口県の新米フォルクローレ・グルーポのKAWAです。
昨年のこの場このとき、会場で演奏を聴いていたリーダーのNishikiさんが結成を構想し1年、念願かなってそのステージに僭越ながら立たせていただきました。誠に誠にありがたく感謝御礼申し上げます。
ちょっとこの場をお借りして、演奏のもようとともにわれらKAWAの自己紹介もさせていただきたく、どうぞよろしくお見知り置きくださいませ!
というわけでマチュピチュ・エン・ハポン2013、KAWAのステージレポートです☆

20130421j (12)
お写真提供はJizoさん、グラシアスです!撮影はどなたでしょう?とってもきれいに撮っていただいてます。(…と思ってたらNちゃんだって。さすが元本職、うまいネありがとう!)キラキラ光る雨粒もステキ。ほかにも数枚ありますよ、jiz*_7さんのマイボックスをCheck☆

春の嵐も一夜明け、時折りお天気雨も舞う肌寒い一日。ステージ演奏は今回で4度目、三倉平尾台のような大きな舞台には晴れてめでたく初出場。
昨年5月に結成し、毎月2回、春以降はほぼ毎週3時間のレッスンを重ね、第一の目標だったここまでたどり着きました。
スフィーダさん、イトちゃんズさんに続いて朝3番。遠方からのお客さま熟練グループさんの到着前に、露払いよろしく演奏させていただきます!

20130421j (1)
懸案(無頓着?)だった衣装は、結局各人任せ路線でこんな感じに落ち着きました。ちなみに現在京都在住のゲストメンバーHiroくんによると、ヒョウの毛皮のポンチョのことをアイマラ語でKAWAと言うそうで…いつかやらかしちゃいますか!?

三倉岳での初演奏となりました曲は、MAYAのToyo草薙さん作曲の「遠くの友」。
ご本人さまが目の前でご鑑賞いただいてるなかでの演奏、ありがたくも恐縮至極。ハィヤ~!!の叫び3回も言うてもうた。。(正しくはしかるべきタイミングで2回です。)ほかにもたくさんミスしました。いや、させていただいたと言うのでしょう!印した一歩、まだまだ遠くへ進めていきます!!
出演前、Kusanagiさんに、どんな思いで作られた曲なのか聞いていたNishikiさん。遠く、重く、なつかしく。いつかその思いとぴたり1枚重なった演奏を届けましょうぜっ。

New! そうそう、KusanagiさんのサイトにKAWAのこと少し書いていただいてましたよ!それにロスコイジスtakeoさんの話によると、自分の曲を演奏してくれてることをKusanagiさんほんとにうれしそうに聴いていただいてたそうです。僕らもうれしゅうてたまらんわあ!次期Toyoさんナンバーもしっかり聴き込んで練習励ませていただきます!!

20130421j (13)
左から、ケーナ、ボーカル担当のnobuさん。mixiネームのラジキチさんとしても全国的に有名。演奏以外でも撮影やPAなどで山口県のフォルクローレシーンを支えてくださってる、とってもフレンドリーでやさしい笑顔の素敵なお方☆
右、リーダーでケーナ、サンポーニャ担当のNishikiさん。たまたまツーリング中に立ち寄った三倉でYAMA兄弟の演奏を聴き魅了され、フォルクローレ音楽を始めて2年ほど。リーダーの情熱が僕らを結び付け、そしてここまで連れて来てくれました。英語も堪能で海外進出(?!)の際も頼りになりそう☆


2曲目は「僕の背中には羽根がある」。織田哲郎さん作曲、Kinki Kidsのカバーで有名です。かなり余談ですが僕らのリーダーの名前もTetsurouです。
この曲の織田さん演奏のバージョンに、KusanagiさんとOkadaさんがそれぞれチャランゴ、ケーナ&サンポーニャで参加されていて(NHKでの放映だったそう)、アレンジもKusanagiさんが施したということはこの日初めて知りました。

僕らはワイニョ系リズムで演奏しましたけれど、実際のところトバスなんだって!
ビエントチームは大丈夫でしょうが、弦の僕らは大改造しなくちゃなりませんね~、トバりつつのボーカルたいへんすよどどーしますJizoさん。。
しかしうれしい仕切り直し。このときで十分な演奏とはなっていないし、新たなモチベーションをもってまた挑戦できる喜びへと変えて、鍛え直してまた次回、きっといい演奏しなくちゃね。

20130421j (9)
左、ギター、ボーカル担当のnosaこと米ガトー。'99年あたりからアルコイリスでケーナを始めました。一時は兄妹デュオYAMAをギターでお手伝いしてたことも。レパートリーの音採りとアレンジはお任せあれ☆
右、チャランゴ、ボーカル担当のJizoさん。グルーポ・ビエントスのチャランギスタであり、フュージョンバンドみこさんずのベーシスト、ギタリスト。笑顔と動きのある演奏スタイルで観衆を魅了。KAWAの総合監修コーチを務める、料理も得意なあったかマイホームパパさん☆


ラストの3曲目は、島根・津和野のグルーポ・ビエントスのリーダー、柳井勇さん作曲の「太陽とみんな」。地元CATVのテーマ曲にもなってるとっても明るい曲です。
その本家グルーポ・ビエントスのチャランギスタさんがいっしょに演奏するし、これは鬼金でしょ!…てえわけにはならないです、だってルーキーだもの。テンポもやっぱり速くなっちゃった~。。だけど。
お客さまにおねがいして(巻き込んで)、ラララでいっしょに歌ってもらって、ハイハイハイ!のかけ声も元気よく入れていただき、おかげでにぎやかにステージを飾ることができました。みなさまありがとうございます~!!

20130421j (111)
返事は元気よく"ハイ、ハイ、ハイハイハ~イ♪”

ルーキーイヤーで経験した大きなステージ、やっぱり緊張けっこうドタバタしたけれど、おかげさまで三倉での初舞台、なんとかこなさせていただきました。
この日がKAWAの本当の意味でのデビューだったかも。1年越しで思いをかたちにできました。
力を出し切れなかった分は鍛え直してがんばって、またきっとここに戻ってきたいと思います!みなさま2014年の春も三倉でお会いしましょう~!!

20130421j (8)
いろんな色がブレンドされて、いつか大きな流れとなるように!楽しく励んでいきますよ☆

ということで、KAWAの三倉岳初出場レポートでした。
さてそんな僕たちKAWAは、毎月2回、岩国市玖珂のあいあいセンターで練習しています。興味のある方いっしょにフォルクローレしませんか?お問い合わせはメンバーまで。
次期レパートリーは「オリャンタイ」、「デスデ・レホス(遠くから)」、「バシハ・デ・バリョ(素焼きの甕)」を予定しています。
それにKusanagiさんの新曲とTerasawaさんの曲もやっちゃうよ~!
むずかしいだろうけどお声かけていただいたし、チャレンジは必ず成長にもつながっていきますからね。さあこれからもビシビシと!がんばります☆

KAWA今後の予定:

5月18日(土) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて9:00から

第6回マチュピチュ・エン・ハポン!

演奏歴CM(6) TB(0)

アルコイリスにとっては2013年シーズンの開幕ステージとなりました、春のフォルクローレの祭典“マチュピチュ・エン・ハポン”。今年も元気に演奏してきたよ☆

photo by nobuさん 5
Photos by nobuさん。ほかにもたくさん撮っていただきました、ありがとう~!nob*_*o_ku*atuさんのマイボックスをCheck☆

前日の凍えるような雨もキレイサッパリ晴れ上がり、今年も絶好の音楽日より♪
ただ風が強くて寒かった~。。すーちゃんとまっしーは丈の短いズボンで冷え冷えながらも元気です!
時間はお昼前の11時、この季節毎年汗ばむほどの陽気なのですが、今年はポンチョがありがたい。衣装は白と黒のコントラストできめてみた。
初めてそろえた帽子、そのひとつはOmuさんハットです。今年はいっしょに出場できなかったけれど、Omuさんの分もみんなでしっかりがんばってきたよーっ!
それでは演奏いってみましょうか☆

photo by nobuさん 8

曲目は「テバス(Te Vas)」、「春待人(はるまちびと)」、「インバブレニータ おしりにパハロがくっつきバージョン (Imbaburenita)」、「フラメント(Juramento) ~ フアニータ(Juanita)のメドレー」の4曲でした。
お気に入りのサンフアニートにトバ、カポラル。そして新たに組み込んだ日本のしっとり系ナンバーは新境地。テンポ落ち着いてました?どうだった?
今回は各メンバーの担当楽器がまずまず固定できたので、入れ替えなくスムーズにセッティング&進行できました。毎年音響さん、司会さん泣かせですみません。。このへんもどんどんうまくなっていきたいね。

photo by nobuさん 9

すーちゃん3年目のバイオリンもふんだんに。まっしーのベースとともに、もはや欠かせないパートになってきました。
風と寒さのコンディション。わたくしは笛系がヘコヘコになっちゃいましたが、すーちゃんはそんな中でも少人数でも行ける!っていう確信をつかんだようで、演奏後はその笑顔も何か堂々としておりましたよ。ほんと頼もしく成長したものだ。
MCはみんなで手分けして担当。手探り手作り、道なき海原を進むかのような今年のステージだったけれど、新鮮な風は心地よくもありました。

20130421 (7)

一方、ベースの音は不足ぎみでビート感が出なかった。。未だステージで満足なパフォーマンスとなっとりません。で、ちょっと元気をなくしてたまっしーですが…。
nobuさんやJizoさん、なんとKusanagiさん、SAMAYのベースのYamauchiさんにもアドバイスをもらって、勉強になったしよき出会いと交流になって、その後はもうニッコニコ♪
朝早くにおとーちゃんがにぎってくれた勝負めしからも力もらったし、いっぱい応援してもらってとってもありがたいこと。今年もたくさんいい笑顔届けような☆

20130421 (13)

演奏後はあったか黒米うどんやそばで乾杯、みんなおつかれ!
演奏内容的には完璧!な開幕戦とはならなかったかもしれないけれど、外の空気を確かめながらの芽吹きのように、こうやっていろんなことが始まっていくのかもしれない。それはもう今年もいい一日でたいへん楽しゅうございました♪♪
手拍子に拍手、演奏を見て聴いてくださって、みなさまほんとにありがとう~!!

うれしい出会いもたくさんあったしもちろんまだまだ続きます。このあとは会場全体のようすなどレポートいたしますのでどうぞお楽しみに☆

マチュピチュ速報ウォーミングアップ

nosaレポートCM(5) TB(0)

今年も行ってきました!三倉の山に、そして音楽シーズンにも春の幕開けを告げるフォルクローレの祭典“マチュピチュ・エン・ハポン”。取り急ぎとなりますが早朝時間帯のレポートをどうぞ☆

20130421 (1)
向うに見えるは人工登はん壁です。朝9時ころには近くの御旅所(?)にて厳かに山開き神事も執り行われていたはず。ひょっとして神さまに聴いていただくほどの音になってたかもな仕上がりで、感動でテンポもあげあげな朝練でした。

朝8:30。三倉岳ふもとの三倉平駐車場に集合し、本番直前の音合わせに勤しむKAWAです。きのうの雨からうって変わって、気持ちのいい青空が広がってます。ただやはり少し寒いです。
でもおどろいたことにここにきて、今までにないほどピッチが高くていい感じ!
実はNishikiさんとnobuさん、相当早い時間に現地入りして吹き込み、ウォーミングアップをされていたとのこと。アップついでに会場設営も手伝ってきたのだって。こりゃほんとに素晴らしい仕上げ具合になってましたので、立ち上がりに手こずるご同道方がたにも伝授されてはいかがでしょ(僕は今回ピッチダメダメだったので詳しく聞いておきまーす)。

もうこれは文句なし!晴れの大舞台に立つのは…今でしょ!!
ということでいざ休憩所前ステージへ。

20130421 (2)
教室のアピールもバッチリ。みいのらさんMCもうまいネ!

控えの間にて出番待ちのKAWAです。
僕らの前、2番手のこちらも初出場の“イトちゃんズ”のスナップをパチリ。チャランゴ師弟コンビ、そしてメンバーみなさんもファミリアルないいムードです。
先生もいいし、そもそも先生の伸びしろからしてトテツモナイし、成長をまた見てみたいなって感じるようなステージ、選曲もメドレーでせめるところもにくいゼ!僕らも負けてはおられんがんばるゾ。

20130421 (12)
なんだコリャ?!答えはCMのあとで。

で、KAWAの演奏とかイベントのようすとかいきたいところですが、眠いので~またにします~。
写真はマチュピチュエンハポンとはいかなるものか?を知る上で貴重な1枚。ああっ届かない!なんて素晴らしい演奏の数々だ。レポートがんばりますのでまた来てみてくださいませね☆

アースデイにて練習日和

活動歴CM(0) TB(0)

午後から本格的な雨降りとなりました土曜日、毎春恒例のイベントに参加しつつ、楽器の練習もしっかりできました。海よ地球よアリガトウ☆

20130420 (1)
岩国竹楽房さんのステージです。竹だらけです。このあと竹笛作りのワークショップもあったのですが、仕事の途中ちょっと抜けて行ってみた(しぃ~)。時間なく製作はできなかったけど、手作り笛いろいろ吹かせてもらったヨ、ワクワクでした~♪

毎年4月22日は地球の日、アースデイ。みんなで地球のことを考えよう、行動しようという世界的ムーブメントな一日です。この日の前後は各地でお祭りなどが開かれています。
ここ山口県でも3か所ほど、光市にても白砂青松の浜辺のそばでアースデイ@瀬戸内が開催されていますよ。アルコイリスもステージに何度か出させていただいているのだー。
去年はスケジュールよく出演させていただいたのですが(そのときの記事)、毎年フォルクローレの大事な祭典とかぶってしまうんですよね。。で、直前練習したりアースデイ行ったりした一日になりました。

20130420 (2)
これはお昼前。このあと予報通り雨となりまして、まあ寒いのなんの。アルプホルンのステージころにはみんなテントと傘の下。だけど体験コーナーもしっかりにぎわってたね~。夕方近づいたラストあたりではレイニ―ハイでエエジャナイカみたいになってました。翌日出番の方とかとくにカゼひかんでくだされやー。

わたくしnosaはピザ屋の手伝いの合い間に、浜辺でnobuさんjizoさんとKAWAのレッスンに励みました。
やっぱりね、主旋律さんいないと感じが違うようで。そんでもって寒かったし。でもなんとかかたちになったとです。本番朝早いですけど、体調気をつけてがんばりましょう~!

20130420 (6)
前回音がけっこう響いたようで管理人さんにおこられた。。うーむ次は練習場所どうするか…。

そしてイベント後は、先週もお世話になった川そばに場所を移って、今度はアルコイリスの練習をしました。
曲目一巡したところで前回の課題がクリアしてたし、外は激しい雨だけれど場所と時間も確保できてた安心感も手伝って、わりと優雅な追い込みタイム。
おしゃべりしたり、すーちゃんと僕はホワイトボードに都道府県名書いたり武将の名前書いたりしましたよ。こりゃなんて楽しいぞ!ホワイトボードすげー。いつかArcoスタジオ建てたときには置くことになりました☆

20130420 (4)
楽器にやさしい心配りの図。…なんてこともできるようこのとおり、お日さま出てほしいです!

ということで、アースデイ楽しみつつ見事2つのフォルクローレグルーポが舞台の準備をととのえたのでした。めでたしメデタシ。
そしてあしたはいよいよマチュピチュ・エン・ハポン。きっとよいお天気となりますように!それではみなさま会場で元気にお会いしましょう☆

遠くから

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

デスデ・レホス(Desde Lejos)」は日本でも「遠くから」の名で親しまれている楽曲で、正式な(?)タイトルは「Te Regalo Mi Corazon」というそうです(訳すと“僕の心を君にあげるよ”ほどの意味になります)。リズムはクジャワーダ
もとはエステバン・パチェコ(Esteban Pacheco)という方の作詞作曲だそうですが、ボリビアのアワティーニャス(Awatiñas)のミゲル・コンデ(Miguel Conde)によるアレンジと同グルーポによる演奏で広まったと思われます。
そのアワティーニャスのバージョンを参考に作りましたMIDIをどうぞ。

   Desde Lejos   クリックで試聴できます

作成してみて曲のつくりとしてはとてもシンプルなように感じました。管弦打一式そろえば演奏できてしまいそう。
ただなんといってもやっぱり歌曲ってことですね。歌詞も掲載させていただきます。短いフレーズのくり返しですし、いっしょに歌いましょうよ♪

   Desde lejos he venido solo buscando tu amor
   y si no lo encuentro yo aqui pues me voy por alla.
   〈BIS〉

   Te regalo mi corazon, si quieres tomalo,
   si quieres llevatelo si no quieres dejalo.
   〈BIS〉


三部合唱のハーモニーがとても朗らかできれいなんですが、そのへんはMIDIではわからないので、アワティーニャスのライブ動画をどうぞ。



いろんな楽器が集まって、一つの旋律に思い思いの音を重ねて…。
なんか涙出ますね。。いい曲です。

春の演奏予定

行事予定CM(2) TB(0)

4月も早や半ばをすぎて、ゴールデンウィークの足音も聞こえつつある今日このごろ。みなさまいかがおすごしでしょうか。
山ふもとにも本格的な春の訪れを告げるイベント“マチュピチュ・エン・ハポン(Machupichu en Japon )”が今年も開催されますよ。花も心も初夏へと移るその前に…。ちょっと足を運んでみませんか☆

第6回 マチュピチュ・エン・ハポン

0004530

 と き:4月21日(日) 9:00 ~ 16:00
 ところ:三倉岳休憩所(大竹市栗谷町小栗林217)
 出演グループ(出演順)

    スフィーダ
    イトちゃんズ
    KAWA〈山口〉
    フロール・デ・ラパス
    叶堂秀城〈広島〉
    アルコイリス〈山口〉
    ロスアンデス〈岡山〉
    広島アルプホルン倶楽部
    MAYA〈ゲスト〉
    ラ・シエスタ
    ロスコイジス〈山口〉
    ボリビアマンマ〈福岡〉
    コンフントアンデス〈岡山〉
    SAMAY〈福岡〉
    カラコロアンデス〈島根〉

中国地方や九州からアマチュアグルーポの集う、西日本のフォルクローレの一大祭典。
飲食物や特産品の販売ほか、ふだんなかなかお目にかかれないフォルクローレの楽器や雑貨もズラリ!ひととおり何でもあるので一日楽しくすごせます。
アルコイリスにとっては2013年の開幕ステージとなります。出演時間は11時ころの予定、みなさまぜひ見に来てネ☆

※ おクルマはふもとの栗谷小学校に駐車後、随時発着のシャトルバスをご利用ください。
※ 雨天の場合、栗谷中学校体育館が会場となります。

キングの分もがんばるぜ!

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。毎週月曜夜のArco練習、この日は場所と時間を替えまして、1週間後にせまった“マチュピチュ・エン・ハポン2013”に向けての合わせをしました。

20130415 (2)
本番の衣装を思案中。お、すーちゃんは衣装のデザイン画描きはじめましたよ。ビジュアル担当のNatacha先生のコーディネートは今回も楽しみですゾ☆

といいますのも、いつもの練習場所が使えなかったためなのですが…。
実はメンバーのOmuさん、この日から急きょの入院となってしまったのです。手術ののち1か月ほどの静養となりそうで、どうかお大事にOmuさん。早くよくなってまたいっしょに元気に活動できるよう待っておりますよ!
ということでこちらも一大事。サンポーニャ、MC、何よりみんなのメンタルのよりどころであるキングが居ない…とっても心細くはありますが、4人でなんとかするしかないね!

この日の練習場所は光市民3名の地元の施設にて。
低料金で防音完備!なはずがけっこう音もれてたみたいだけど。。でもいいところ確保できてよかったわ~。
時間もいつもより早めに始めました。窓の外もぜんぜん明るいです。

20130415 (7)
ご当地ゆるキャラ?アルコえもんも、がんばる まっしーを応援しています!しっかり腹から声出してます!

で、なんとかなるようとにかくがんばりました。
副旋律も絡んでたビエントは、だいたい主旋律ソロで請け負うことに。そしてMCはみんなで分担してこなすことにしました。でもこれは逆にいい経験になるかもね。
ただ僕の感覚の中で、全体のまとまりに重心、アンカーがないように感じるのは、これは埋めようのないものなのかもしれないけれど、自分たちに足りないものに気づかせてくれて、作り出すんだっていう方向性を導いてもくれたんだと思います。

腹キメた、やったろーじゃないか~。Omuさんいない分もカバーするくらいの力出させてもらいますで。
まっしーは1曲ベースライン覚えたてだけどガンバレ~!手指痛めん程度にな。
(同じく出番を控えたみなさまも、間近だからとあんまり無理されないで、お互いリラックスした気持ちで会場でお会いできるといいですね。)

20130415 (3)
すーちゃん作の本番の衣装想像図。男の子のヘアスタイルはどうやら自分の理想の髪型らしい。まあ人生のほとんどをボーズですごしてますからのう。バイオリンうまくいったらご褒美に伸ばさせてもらう?

ともあれ本番前チャージはこれで完了。おつかれ!
しかし急きょの出来事もあったし、土曜も追加で音合わせしようということにしてますが、ストライクで雨予報ですよ。。僕らアースデイはたいがい雨なんよねえ。
まあできる範囲のことをできるようこなして、春の開幕ステージにのぞむとしましょうか。
4人で挑む初舞台。演奏、衣装、そしてMCステージさばき。上々うまくいくかわかりませんが、どうぞお楽しみに♪
といったところで、みなさま21日は三倉岳へぜひおいでませ☆

KAWAの練習 ~ 一丁上がり!?

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。
風はややあったもののおだやかに晴れた土曜の午前中、屋外でノビノビ練習しました。

20130413 (4)
春の青空のもと音は筒抜けネタはバレバレ!ならばその場そのときだけのパフォーマンス、しっかりとお見せいたしましょーかいっ。

次週に迫った大きなステージ、“第6回マチュピチュ・エン・ハポン(Machupichu en Japon 6)”へ向けての追い込み練習です。
写真には写っていませんが、追い込まれましたのでJizoさんも呼びました。けっこうご近所です。僕も近くに住んでます。ここもなかなかいい公園です。
さて追い込まれた言いつつ最初新曲の「オリャンタイ」などやったりしてましたが、あとはひたすら演奏予定曲くり返しこなしました。まあ直前だしここに至るまでに仕上げとかなきゃねー。でもやはりミスは出ますわね。。ミスってもやり切ること!ハイーっっ。

ということで一丁出来上がりました!…たぶんネ、きっとね。
でも念のためnobuさんと僕は、前日もアースデイ@瀬戸内会場近辺で音合わせ予定。ホルンや竹の楽器の音色を聴きながら。こちらのイベントもたいへんおもしろそうなのでみなさまもいかが☆

20130413 (3)
遊びに来てたJizoさんのお子さんと(すーちゃんと同い年)。Oh、いいピース&スマイル。

さていよいよの本番では楽しむ余裕なんてないかもしれないけれど、しっかりやることやってきましたし、三倉の針峰仰ぎつつ春の空気をいっぱい吸って、目いっぱい楽しんできましょうぜ!

KAWA今後の予定:

4月21日(日) 第6回マチュピチュ・エン・ハポン
           三倉岳休憩所にて9時~16時
           KAWAの出番は9:50!

オリャンタイ score

楽譜CM(0) TB(0)

 楽譜MIDIカラオケ作成しますQZ会
QZ-banner
 簡易譜300円~、汎用譜1,000円~ ほか



著作権の問題のない伝承曲やオリジナルを中心に、自作の楽譜を公開します。
今回は伝承曲から、ペルーの「オリャンタイ(Ollantay)」です。
フォルクローレでは、「オリャンタイ」という楽曲はボリビアのヤラビのリズムにのせたものも有名ですが、こちらはペルーの2部形式のほうの曲になります。
さっそく楽譜をどうぞ。

(ただし音楽は耳で聴くもの。楽譜はあくまで参考と確認用に。)

オリャンタイ 楽譜 〈クリックで拡大します〉


曲の流れ:ABB-ABB-CCBB-CCBB-DEE-DEE

 ※ 楽譜の公開は終了しました。ご利用ありがとうございました。

ペルー・クスコ出身のロス・アウキスのバージョンを参考に作成しました。ケーナ(元曲は主旋律のみ)とアルパによるシンプルな構成です。
曲の確認にMIDIもどうぞ。 曲名クリックで試聴できます)

   MIDI Ollantay  (3:08)

   ※ クリックしても音声が流れない場合は、右クリックをしていったんファイルを保存したのちに
     再生することで試聴可能です。



キー:G(Em)
リズム:3拍子系 → ワイノ(Huayno)
演奏難易度:★★☆☆☆

アマチャヅル茶ナイト

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんばんは。今日は4月8日はなまつり。それにあやかって本日の練習も「花祭り」で幕開けしましたよ。

20130408 (1)

まずはこれを召しあがれ。
すーちゃんが家の近くのお寺でたくさんもらってきたアマチャヅルのお茶です。へえこんな風習と飲みものがあるのデスカ。まあ、飲んで飲んで!(あっくん風に。)ではさっそくいただきます♪
うん!…甘いーっ!!
味や香りは何かの野草茶かと思わせるようなマイルドテイストのものでしたが、口に含むと甘味がジンジンじわじわ響くようにやってきます。この甘さ、ただごとじゃないね。まっしーは口直しにふつうのお茶何杯も飲んでました。まあたしかに当分口の中甘さしか感じんかった。。
あとで調べましたらば、ストレス鎮静効果のある健康茶だそうで、ひと頃はブームにもなったとか。
天然ながら強烈な甘みは好みも分かれるところでしょうが、薄めるとかなり落ち着くし、効能あってお味もなかなかよろしいので、「花祭り」演奏するときの振る舞い茶ってのもいいかもなあって思ったり。

20130408 (4)

といった具合に、新学期最初の授業が始まりました。さあはりきってまいりましょう~。
続いて黒い学ラン新入生?春の新ものがやってきました。手作りArcoトヨ&爆弾サンポーニャ(…この日はダイナマイト言われました、っちゅうか爆弾でもないんすけど)の登場です。水道管で作りました。
お、初発にしてもなかなかいい音鳴らしております。今シーズンの新戦力に期待しよう。
あとはふつうに春の曲目こなしていきましたが、ベースの音がシールド紛失のためアンプから出てきません。。
やはり主戦がおらんとまるでいつもの勢いがないし成り立たないってこと、いきなりかみしめた。次はよろしく頼むでい、新規のリズムだし楽しみにしちょるでよー!
いろいろにぎやかに楽器や曲も増やしつつ新しいことチャレンジしつつも、それ以上に“いつも”をこなす大切さ。そしていつの間にかそれふつうって思えるくらいに、みんな成長してきています。

20130408 (3)

最近個人的に楽器作りにはまって2、3作ったのですが、練習に持ってくるとネーミングといいなぜか武器化したがるArcoの面々。
写真は大河ドラマの八重さんスタイルなんだって。次は火縄銃を受注しましたよ。もちろん弾じゃなくて音出るやつですけど。
さて気がつけば、春開幕のステージも翌々週に迫ってきました。この日はパートが足りず不完全な合わせで本番大丈夫かどうかも不明な状態だったし、来週は追いこみをバシバシやりますで。
赤点だったら補習&アマチャヅル。でもあえてアマチャヅルっていう手もあったりなかったり。ともあれしっかり自主練がんばっとこーぜ☆

KAWAの練習 ~ アンデスの風吹いた

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。全国的に春の嵐の吹き荒れた6日の土曜日は、いつもの本拠地で練習に励みました。

20130406 (1)

この日は、昨年に千葉から山口に越してこられたSuzukiさんご夫妻が見学に来られましたよ、ようこそヨウコソ!
現在はロス・コイジスに所属して活動されているSuzukiさん(写真右端)。千葉県にいらしたときは館山市にてビエント・インカイコというグルーポを主宰されていて、なんとペルー・クスコからロス・アウキスを招へいされたご本人でもあるのです!

で、いつものKAWAレパートリーレッスンのかたわら、現地仕込みの雰囲気ある楽曲をおそわったりいっしょに演奏してみたりしたのでした(CDいただいちゃいました、ありがとうございます~)。
さすがのチャランゴにケーナに歌に、本場からのメロディにリズム。楽譜や録音ではなく、生で体で直接感じて取り込まれたであろう音の響きは、それはそれはムードあるものでした。アンデスの風を感じさせてくれるような奏者さんはそうそうおられるものではなく、学ばせていただくことがたくさんあるなあと深く感じ入ったのでした。
紹介していただいた本格的なフォルクローレの曲の数々も、気がつけば日本の曲ばかりやっていたわれらにとってジャストフィットなのではあるまいか。

いただいた曲のリストを見てみると、伝承曲をはじめこれぞアンデス!と思わせるタイトルのオンパレード。これなぞっていけば多少なりともフォルクローレのテイストがものにできるかな?なにかそのための礎や骨格をもらった気分。
それらを僕らもがんばってものにして、共通のレパートリーとしてこれからもいっしょにたくさんセッションしていきたいですねえ!またぜひいらしてくださいませ☆

20130407 (3)

さてさてこの日はちょっと盛りだくさん。
nobuさんが風工房さんから送ってもらった、販売に向かないケーナの不要材を箱詰めで!持ってきてくださいました。
写真はおすそわけでいただいてきた5本の竹。これで短い材ではかなわなかったF管とかD管作るぜ~。お二人ともどうもありがとうございます。

そして自作したトヨも持ち込んでNishikiさんにも試し吹きしてもらったけれど、初めてだってのにまずまず音出ますねー。
ただやっぱり重いとこの点不評。まトレーニングにはいーんじゃないすか。

一方肝心の本番に向けての合わせのほうは、けっこうまとまってきた感じです。課題曲3つ、完成近し!
あとはピッチの上昇合致と音そのもののきれいさの、根源的課題を残すくらいで、こちらも徐々に良くなってきており、ほんとみなさましっかりと腕を上げておられます。
予定では練習は、あとは本番前日のリハーサルだけのつもりでしたが、ラストスパートの追い込みもやっておこうということで、翌週翌々週もすることに。今度は野外だがんばるぞ☆

KAWA今後の予定:

4月13日(土) 次回練習 柳井ウェルネスパークにて9:00から
4月20日(土) 本番前リハーサル 場所時間未定(アースデイ会場?)
4月21日(日) 第6回マチュピチュ・エン・ハポン
      New! プログラム決定しました、KAWAの出番は9:50!

Arcoトヨ

つくりものCM(4) TB(0)

春はつくりもの。ということで、今度はトヨを作ってみました☆

20130403 (1)
ほぼ満開の自宅の桜の若木の下で。

トヨ(Toyo)とは、低い音域(B1またはD2から上の13~21音)をカバーするサンポーニャで、もっとも一般的なマルタよりも2オクターブ下の音を奏でる楽器です。(くわしくはこちらをどうぞ → フォルクローレの楽器・サンポーニャ
サイズも大きく、その最大長は最低音レのもので約120cm、最低音シのもので約140cmとなっています。
その分やっぱり肺活量と技術も必要だけど、その迫力ある低音はずっとあこがれでありました。

20130403 (4)
Arco所有のプラスティック製セミトヨ(杉山楽器さんにて購入)と並べてみました。実質セミトヨにレミファの3管を足しただけながら、音域パフォーマンスとサイズもけっこうな増量となります。

でも買うとけっこう値はするし、手近に水道管で自作できそうだったので、ようやくながら作ってみたよ。黒の水道管2種を使って、D2のレからF4のファまでの17音を用意しました。
作り方は、求める音の出る長さに切って(セミトヨの実寸を参考に、周波数比から算出)、管尻塞いで束ねるだけ。とてもシンプルです。さらに人工物の水道管は、天然材のようなテーパーや材料ごとの差異、微妙な乱れなどなく、ほぼ計算通りの長さでいいので、調律いらずで作業もとてもスムーズにいきました。
材料の内訳は、水道管が内径16mmのもの4m×2本、内径13mmのもの4m×1本で、計1800円くらい。あとは結束用の竹とたこ糸、管の底を塞ぐ半発泡タイプのアクリル板に接着剤。ホームセンターで手に入るものでできるし、このへんもかなりお手軽です。
だけど管1本1本が長いので、糸で束ねるときかなり苦労しましたけどね。

20130403 (5)
水道管サンポーニャは、管の厚みがあるのでその分サイズアップ、そして重くなってます。また径の大きさが2種しかないので、束ねたときにすき間ができてますが、糸でギュウギュウ縛れば大丈夫。今のところ抜け落ちたりはしてません。だけどこうして見るとやはり楽器屋さんの製品は、いろいろと完成度高いなって思います。

できたものさっそく吹いてみると…うん、しっかりトヨしてます!まずまずうまくいきました。
ただねえ水道管、カンタンにできるんだけど、竹で作っているときの楽しさというか満ち足りたような空気感がまるでありませんでした。切断したりヤスってるときの粉塵は明らかに体にわるいしね。。( ※ ご注意! 水道管で歌口など息のかかる部位をやすりがけしてしまうと、息を出し入れするたびに細かな凹凸面から粉塵が舞い飛んでしまい、健康にたいへん悪影響となります。カッターなど刃物での切断ならその心配はほとんどありません。ですが完全とは言い切れないので、どの素材で作るかがまず重要なことになると思います。)
まあ節間が1メートル超える竹なんてないから、仕方なしの水道管ではあったけれど、されど水道管。環境による音の狂いも少ないし、ひとつは作って持っていてとってもありがたい1台であることは間違いありません。
それにまず楽器が手元にないことには、腕の上げようもないからね。

20130403 (6)

まっ黒なボディに、値札やメーカーの品番とかゴチャゴチャ書いてあったりと、手作り感いっぱいのArcoトヨ。
これでショボイ音奏でようものならヘタ×ヘタでまったく格好つきませんが、バリバリと上質な演奏しようものならさぞかしサマになろうことよ!
というわけでひとまずちゃんと音出るようにがんばります☆

2013年度のシーズン開始

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。月が変わりそして新しい年度、2013シーズンが始まりました。いかがおすごしでしょうか。
アルコイリスの4月最初の練習は、春休みということもあって明るいうちに行いました。

20130401 (2)
フラメント中。わたしボンボ叩いてます。この楽器ってまわりがよく見えます、カナメのパート。

遅れてOmu邸に到着しましたら、お気に入りの「ユリイ」で新年度の幕開けでした。イイネ!今年もあちこちで演奏して楽しみたいね。
さてこの日ちょうどエイプリルフールってこともあって、みんなとっておきのウソを仕込んで持ってくる…はずだったと思いますが、だ~れもウソついてませんでしたよ。トゥルース!
で、いつもどおりの練習でしたが、途中パソコンで画像編集講座などこなしつつ2時間半ほどやりました。曲の流れの変更があって少し手間取ったねスマヌ。

20130401 (1)
ギターの座奏スタイルがカッコよかったので撮らせてもらおうとしたら、どーもこーもこのザマよ!

まあまだ仕上がるには時間がかかるかなあ、次回あたり完成の前々段あたりいっておきたいね。
ふと見ると窓の外では、Omuさんの甥っ子のMitchanが生まれたときに植えたという、サクラの木の花びらが風に舞ってたいそうきれいでありました。
やっぱりいいね、始まりを告げる春の花。&デイライトも。今年1年も明るくサワヤカに音楽活動に励んでまいりましょうか☆

さてその2013年シーズンのアルコイリスはまず4月、三倉岳で開催の“第6回マチュピチュ・エン・ハポン”に出場いたします。トバ、サンフアニート、カポラルなど演奏予定、開幕ステージから元気にいきますよ!
あとは何の予定もないんですが、すーちゃんが最近お気に入りのドラマ曲“はらちゃん”や“八重の桜”なんかや(これらは僕とのデュオになるかな)、ほかにもお気に入りナンバーもいつ出番が来てもいいようにつねづねあっためておく所存でございますので、新年度もアルコイリスをどうぞよろしくおねがいします!演奏オファーもお待ちしておりまーす☆

20130401 (4)
わ、サンポーニャみたいな爆弾!って言われたが、せめて爆弾みたいなサンポーニャ言うてくれい。さらに すーちゃん「吹きにくい~」。もしかしてだけど~もしかしてだけど~ここにきてとっておきの嘘キタ?!いえいえ配列もかなり前衛的にて。

おまけのスナップ。
こちらふつうにサンポーニャ吹いてるように見えますが、このサンポーニャかなりフツーじゃありません。創作楽器の域に入るかな?まだ試作品だし実用性が万全ではないけれどおもしろいかたちをしてますよ。
ということで音作りももちろん楽器作りのほうも、いろいろ楽しんでいきたいと思います☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2014
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Cariñito
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2014
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルスカイ (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: