フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

南米フォルクローレ紀行で今度は すーちゃんがリクエストした曲が流れてきた!

nosaレポートCM(2) TB(0)

北海道・札幌のコミュニティFM“三角山放送局”で毎月1回、だいたい第4月曜の朝8:00と夜7:00(再放送)にネットでもオンエアされている、フォルクローレ専門の音楽番組『世界音楽めぐり・南米フォルクローレ紀行』。
10月の放送分は、9月29日に北九州で開催されました“第10回 平尾台フォルクローレ祭り”を中心に内容が組まれてましたが、そのリクエストコーナーでなんと!すーちゃんがオーダーした曲をかけていただきましたよ☆
(番組についてご参考にこちらの過去記事をどうぞ → “フォルクローレのラジオ番組” )

head_logo_20130525213751.jpg

その曲とは。
Sisayのアルバム『evolution』に収録のナンバーで、セサル・マイグアCesar Maigua)がギター&ボーカルで歌うサンフアニート(San Juanito)の「セフェSe Fue)」でした。
すーちゃんがもっとも尊敬するミュージシャンであり、ファッションリーダーでもあるCesarが歌っている曲だから、それはもうお気に入りのようですよ♪
実は2年前、平尾台のステージで実際にキッズギター抱えて演奏して、歌も歌ったのでありました(そのときの動画付き記事 → “ステージ動画@第8回平尾台フォルクローレ祭り”)。わあ小っちゃくて、声も初々しいわ~っ。
当のリクエストした本人はPCで聴けないため、録音してデータを送信してあげましたら、ニンマリよろこんでたそうな。よかったのっ、またボーカルはってステージでいっしょに演奏しようぜ!



こちらその「Se Fue」のオリジナル演奏、エクアドル出身のミュージシャンで構成されたユニット・ジャイジ(Jailli)の一角、グルーポ・ウイニャイパ(Grupo Winiaypa)によるビデオクリップです。
いっぽうムービーありませんが、Sisayのアレンジのほうはテンポ速めで疾走感があって、もうちょいサラッとしてますね。サビでコーラスハモるととってもいい気分になれます。

                                             

さて番組のほうですが、半分ほど時間をさいて“第10回 平尾台フォルクローレ祭り”のもようを紹介してました。
当日の録音から、ラ・シエスタ、SAMAY、チュキアゴ・マンタの3グルーポさんの演奏と、この日のゲストだったINTIのアルバムから2曲が流れてきましたよ。あとリクエストに絡めて僕らアルコイリスのこともしゃべっていただきましたでぃー
やっぱり実際に自分も立ち合ったところの音が聴こえてくるのはうれしいもので、それになんだか別のもののようにも感じられますね。電波に乗るってほんと不思議なことだなあ~from 明治時代人。
あとはイベントお知らせに、ラストは福田大治さんの最新アルバム『LIVE IN BOLIVIA』から、ブラジル音楽アレンジバージョン(?)の「カゼイロ」をバックに、にぎやさわやかにお別れとなりました。
ということで次回放送は、11月25日(月)の朝と夜の2回放送お楽しみに~!

三角山放送局 アラウンド・ザ・ワールド・ミュージック

・・・とその前に。
パーソナリティのMさん、11月2日(土)に開催される“三角山放送局開局15周年記念「三角山 MUSIC FESTIVAL」第二夜【アラウンド・ザ・ワールド・ミュージック】”に、岡田さんはじめ北海道ゆかりのプロ演奏家にまじって演奏ご出演されるんですってよ!(ポスター左側にけっこう大きく出てますで。)
たしかふつうの一フォルクローレファンではなかったでしたっけ?ライクアローリングストーン、人生っておもしろい、ガンバレーっ!!でもこれからもファンの視点も忘れないでっ。そのもよう、あるかもしれぬ放送のオンエアを楽しみに待ちましょう☆
スポンサーサイト

KAWAの練習 ~ SAWA誕生!

nosaレポートCM(7) TB(0)

みなさまこんにちはKAWA(feat. Rina)です。
26日に予定していた演奏の出番が、台風の接近のため延期となりました。だったらやっぱり練習でしょ!ということでその土曜日、三倉岳休憩所にて音出しに励んできましたよ。

20131026 (4)
台風がかすったあとのさわやか三倉岳。紅葉は色づきはじめといったところで山肌もぽつぽつ赤はんてん。

テスト週間もすぎて気分も晴れ晴れの助っ人、Rinaちゃんもいっしょに音合わせ。思いがけず時間の猶予ももらったことだし、バリバリ仕上げますでーい!
…といきたいところでしたが、延期となった本番当日は、nobuさんがご子息のたいそうめでたいお祝いごとのためご欠席。こりゃあたいへんだ~!いえまずはおめでとうございます
とにもかくにもケーナ1減となるので、編成や曲目も再考しなくっちゃ。。

20131026 (2)
背面キャッチならぬ背面チャランゴ。弾いてます。しかもRinaちゃん実戦・練習ともに積極的にキルキンチョ投入ってすごくない?!いやいや使ってあげてなんぼ、こうあらねばなのかもしれないね。

まずは演奏曲の組み直し。3人ではどうにもきびしい「赤い雲」の代わりに、フォルクローレ定番曲「コンドルは飛んで行く」を入れることにしました。
3部形式の第2部に、Rinaちゃんのチャランゴソロ(Gm調)をさしはさむバージョンです。ただキーが異なるのでアイディア出し合ってつなぎを工夫して…こういう作業も楽しいね。さあスペシャルなアレンジのできあがり。
ほかもくり返しを減らしたり、マンドリンで副旋律にまわってもらったり。調整の小回り利くのもさすがです。それはそう、若くともさらに小さなころからセミプロのキャリア積んでますからね。

20131026n (4)
Somos tres personas SAWA!実はⅡ期のYAMAのケニスタが入れ替わったかたちですけど、ならばかなりの研さん積まねばなるまいて。YAMAを超えるSAWAとなれ☆

さてところで今回のステージは、われわれおじさんグループのKAWAに、Rinaちゃんが特別ゲストで参加する“KAWA feat. Rina”で出演する予定だったのが、nobuさん出られなくなり本体がKAWAの体を成してないこともあって、3人ユニットのためにNishikiさんが新たにネーミングを取って付けました。その名もSAWA”!!
Nishiki(Q、Z)、Rina(Cg、Ml)、nosa(G)で活動の際は今後“SAWA”としてやっていくこととなりましょう。
でもなんかどんどんグループ乱立してる気もしますがいいのかね?かつ生まれたてなのにすぐ出番ってのもけっこうなダイナミズム。まあともかくもの初陣を、立派に飾ってこようじゃないか!ガンバレSAWA

20131026 (1)
nobuさん出られないのに練習つきあってくれてありがとう!次は「赤い雲」しっかりやりましょう…ってどこか出番もほしいすね。まずは来週よい式となりますように。

まあね学校祭ではプログラムとか作ってなさそうだし、曲やグループ名が変わろうが影響なしと思われるので、今自分たちにできることノビノビやってまいります。さわやかに~。
といったかたちで、にわかになにげにデビューステージとなりますが、KAWAならびにその派生弟分ユニットの新生SAWAを、みなさまどうぞよろしくおねがいします

KAWA今後の予定:

11月 2日(土) 岩国看護学校の学校祭でSAWAで演奏、体育館で10:00から30分!

エクアドルアンデスフェスタ2013秋

nosaレポートCM(2) TB(0)

台風接近にともなう雨にたっぷり降られた24日の木曜日、広島エールエールA館地下広場にて行われた“エクアドルアンデスフェスタ”RAYMISライブに行ってきました。もちろんサンポーニャの演奏体験も、と~っても楽しかったですよ!

20131024 (6)
2013年秋、西日本を通過中のRAYMISメンバー。左から、Michael、Marco、Humberto、Hector、David。

ここ数年、本家のSISAYと入れ替わりでやってきてくれてるRAYMIS(ライミス)。よりコンパクトでアコースティックな民族の音を届けてくれて、個人的にけっこう好みで今一番かも。
例によって毎度メンバーも変わるのですが、なっ、リーダーにHumberto?!(僕がSISAYに出会って最初にお気に入りになったボーカリストさんだしそれはそれでうれしいのですが。)それにしてもヘッドが変わるのってなかなかの一大事では…Antonioはどーしたの?
・・・実は別のプロジェクトに参加中とのことで、元気にやってるそうですよ。同世代(?)で気心知れてる二人だからか、音楽性のコンセプトもそのままに。そ~でしたか、安心いたしました☆

20131024 (2) 20131024 (7)
現在改装中らしくあちこちピケ足場が組まれてました。向かって左前あたりにあるはずのお気に入りスペースが…柱になってますね。。ところで駅方面から歩くとカープ選手のポスターがたくさん貼ってありますよ。そうそうOoseraくんにTamuraKeiスカウトほんとによかったね!!

その歌にかけ声に力をもらえるHumbertoに、なんとHectorまで来てくれてるじゃあないですか~!助っ人だそうでしたが、こりゃ頼もしいし思いがけずでうれしいことですわい。
若手メンバーもフレッシュで、Luis Tabiの弟Davidは豪放なキャラもいいぞ歌もいけるベーシスト、ビエントのMarcoはまだいろいろと慣れてない感じだしじっくり見守ってあげんとな(でもリャマの道ではのびのびやれていた)、そして昨年に引き続きのMichaelくんは愛嬌のあるユーティリティープレイヤーですでに中核の貫禄さえありますね。
まあAntonioがいない分リード面が手薄なのは否めないけれど、去年よりもさらにしっかりとしたグループサウンドになってきたように感じました。
今期もがんばれ~!あと、ボンボがいいよね♪

20131024 (11)
入門者コースのほうでは、なんとフラメントやってるじゃあないの?!すごいですみなさん広島はポテンシャル高いね!いやHumbertoの無茶振り?いずれにせよ経験者メンバー、「うらやましい~っ」。

さて!ステージを2回見たあとは、お目当てにしてきたサンポーニャの演奏体験の始まりです。入門者と経験者に分かれて、前者はHumbertoが、僕の参加した後者はHectorが講師についてくれました。
6名が受けた経験者コースは、ふた手にわかれてシクリ(Sicuri)をやってみることに。
おおっコンテスタド!なんてタイムリーな(僕らこないだ始めたばかりなんすよ)。定番曲サリリをお題にいざチャレンジ!

音階が2列に分かれているアンデスのパンフルートならではの奏法コンテスタド(Contestado=スペイン語で応じる、応えるの意)。一方がドミソ…の列、もう一方がレファラ…の列を担って吹きますが、まず難しいのがタイミング。
音の数が半減しているからといって自分の音だけにとらわれていると、お休みしているあいだに出番のときを逸してしまいます。しっかりとリズムと、片方だけでなく全部の音を感じて把握しておかないといけないようです。
あと、双方の列の音の重なりも重要。自分の音の長さ分だけでなくさらにのばして余韻をつけるということ。それによって音響のディレイ(Delay)のような効果が生まれます。なるほど~、一人で吹いては本当の意味のシクリにはならないんだね!
そして相手の音が出るまで見届ける、歩をゆるめずバトンを渡す。自分を貫きつつも相手の立場や全体に思いをいたす。なんだか世界が広がったような感覚になりました。

でもってHector先生の刻むリズムにのせて、何度も何度もやっておりましたら、これぞグループ演奏っていうような楽しさをいつも以上に体感できて、それはそれはよろこびあふれるひとときをすごすこととなりました♪
ありがとうHector!それに参加されましたYokさん、Komさん、Hanさん、Itoさん、名前聞きそびれたけれど下松のご主人さん、みなさんとご一緒できてとてもよかった~!ありがとうグラシァスです!!その後のセッションも楽しかったですし、ぜひまたいっしょに演奏しましょーいね☆

20131024 (4)
本国エクアドルでのライブ映像を収めた新作DVD&CD『TEJIENDO NUBES』買うたぜよ。Hectorの名曲Kawsay、HANAにのせたみんなの思い、SisarinaのあとにYuriyが流れてきた、涙ぜよ。。いっぽう気づけばRAYMISも早くも新作出してるじゃん!一葉さんたいへんです。。

個人的には3年前…くらいと思ってたけど実は6年前、同じこの場所で、Arcoメンバーでサンポーニャのワークショップ受けに来たときに教えてくれたのが、この日と同じHectorなのでした。(そのときの記事です → 2007.12.13
それまであんまり関心が持てなかったこの楽器に、吹き方ときっかけを与えてくれた恩人さんに、お礼の気持ちを伝えたかったのですよ、言葉と音でね。あなたのおかげで音を出せるようになって、表現できるようになって、その楽しさをしっかりと味わえるようになれたって。
「音よく出てるね」「アリガトウ!そりゃあそう、数年前ここでHectorから教わったんだから」「エッ!そうなの?」
喜んでもらえてたようだからちゃんと届いたんだと思います。まあ演奏はぜんぜんまだまだだし、これからもどんどん追い求めていくことが新たなお礼と目標になりましょう。わし、がんばるっすよっ。
しかし、お互い年をとっちゃったねえ。。でも変わらずのその笑顔、みんなどんなにあたたかな気持ちにさせてもらってることでしょう。ありがとうHector、韓国で日本でエクアドルで、いつまでも元気でがんばりいよ!

20131024 (10)
個人ごと昔の話で恐縮ですが、初めて買ったSISAYのアルバム、10周年記念ライブの『Native Dreams』の中でのHectorの忘れられないワンシーン。「みなさんお久しぶりですネ!」「(照れ)・・・」「あ?」「(笑い、パチパチパチ)」「みなさん元気だったら私たちももっともっと元気になるから…どうか楽しんでほしいです、アリガトウ!!」
あなたが笑えば世界は輝くんです!…的な。ソウダネ、だからいつもまずはわたしが笑顔なのだって。自分が変わることが一番の恩返しになるだろう!最初に彼らに会えたからこうしてフォルクローレに夢中になれてる気がします。同アルバムの中の曲どれもキラ星のごとくで、バイラカポラルもすげーいいよね。


ところで平尾台にも来られていたKodさんから聞いて、今回はじめて気がついたのですが、演奏を聴くことだけを楽しむんじゃなくて、自分でも演奏してみたいと感じている人が、実はけっこう多いということ。
ケーナやサンポーニャは身近でシンプルな素材でできていて金銭的にも入手しやすいのだけれど、音を出すまでの敷居が高い。あと僕も含めてシャイな人が多い(知らない人が来たときに恥ずかしそうに隠れて見てる子どもたち…っていうのはモンゴロイドに共通しているんだそうですよ)。よって、やりたいんだけど踏み出せない、できない。

でも、ごくわずかのその踏み出せた人たちは、“音を聴きリズムを感じ取り込み表現する”っていう、(僕は勝手にそう思っているのですが)民族音楽の素地根幹を、失わずむしろ培いしっかりと持っているように感じました。大好きで何度も聴いたSISAYの曲、何にもたよらずその場でいっしょに吹きましたものねー。

だから出し方さえわかれば、どれだけの人たちとともに同じ音楽を奏でられるのだろうって、とても可能性を感じてひたすらうれしかったです。本来僕ら民族もそんな伝統(口承や体得)を持っていたのだし、一つにはそれを思い出させるために彼らは来てくれているのかもしれませんね。音楽だけではなくていろんな記憶もね。
そのためにたぶん、こういった演奏体験やワークショップなんかも無料でやってくれているんだと思うんです。なので聴くだけ買うだけじゃなくて、遠慮せずにどんどん参加していきましょうよ!
踏みだせば別の景色が待っている、楽しいヨ☆

20131024 (1)
来たる11月16日、広島駅前グリーンホテル・ロマン亭にて、SISAYメンバーでもあるJaime Gramalのライブ開催です!(詳細紹介していいすかね)Kodさんガンバレ!!お名前わからないけどF.d.LPさんもっ!新たな日本のフォルクローレの夜明けとなるかも、僕らも行くかはまだわからんがとにかく応援してますよ☆

大雨で二の足踏んだけれど、今回も行ってよかったアンデスフェスタ。おみやげたくさんもらってリフレッシュ、日々の活動にバッチリ活かしていきますよ。
ファンの方たちともいっぱい交流できてとってもよかったな♪RAYMIS、みなさん、ありがとう!
エエ音聴いて、えー音出して。元気にまたお会いしましょう☆

コンテスタドはじめました

活動歴CM(0) TB(0)

21日の月曜夜はいつものArco練習。ゆったりペースながら一途に真剣に!精進いたしました。

20131021 (5)
練習後、お茶うけひと口和菓子の詰め合わせの争奪戦。もなかにらくがんはったいこ。みんなけっこう古き良きが好きみたい。

とにかくこの日は新規取り組み曲の「カンテラス」。途中息抜きでサンフアニートの「ユリイ」や「セフェ」に行ったりしても、すぐに戻って「カンテラス」。
8分の6拍子とか要素も新規が多いけど、がんばらなくちゃあね。

20131021 (4)
やっぱりさまになってる まっしーのバイオリン弾き姿。いい先生もとなりにいるし、チャレンジしてみるかい?もう一人いたら素敵ですしバイオリン、Arco用に入門キットでも買ってしまうのもいいかも。

その一つ、実は僕らは初めてとなりますサンポーニャのコンテスタド(Contestado=応えるの意)。みんなに拍とってもらったりして励みましたが手強いね。
でもやってみて、なるほど“応じる”ってことなんだなあって感じ入りました。基本トレースしたビートを自分の中で刻んで合わせるんだけど、相方さんとの呼吸も欠かせず大事になってきます。で、吹き口まじまじと見ながらやってたらみんなに大笑いされたげなよ~。
それにしてもコンテスタド、とっても新鮮な体験でおもしろかった。一人では完成しないって、けっこういいことのような気がしますね。

20131021 (1)
ところで すーちゃん、「Pajaro de Arcoiris」っていうバイオリン曲を作曲してました!まだ主旋律だけですが弾いてみてもらったのを聴きますと、シンプルビューティーながら転調も入れてあり、ストーリー性を感じさせるやさしく明るい曲でしたよ。まずはMIDIにてお披露目かな、こうご期待☆

あとケーナの高音部のハモリ。Natachaさんは担当外のことでたいへんだろうが、現在実質ケーナ吹き一人状態だし、バリバリ鍛えていきますで。
いっぽう弦の二人は、リズムののらない前間奏部は苦手かと思いきや、アルペジオに旋律の複弦弾きもきれいにやってます。不慣れなはずのストロークもなかなかいーじゃない。気がつけばなんだかこちらもコンテスタド。息合ったかけあい、音の会話。はたで見ていておかげで音楽の世界が少しワカリマシタ。これ糸口に定番に仕立てていきたい3拍子系。
それにしても新しいことへの挑戦、良いネ楽しいネ!次回は2週間後、お互いあたためたネタもってガチンコ対決といこうじゃないの
出会えたこの曲が、音楽が、僕らを成長させてくれるから!しっかりがんばろ~ぜ☆

KAWAの練習 ~ 耳力もついてきた

nosaレポートCM(5) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。翌週にせまった本番に向けて、とある公園にて音合わせに励みました。

20131019
Nishikiさんの新相棒、バンブー製のサンカです。音よく出ますよ~(最低音のシとドがちょいいけんが)、一生もの!って言われてました。これで「赤い雲」もひと皮剥けました。ところでこの日写真はコレ1枚。

課題の5曲を2巡ほど、すきあらば錦坂の取り組み曲「すぎし日の想い出」を吹きこみながら、さいわい雨も待っててくれたお昼前の3時間、ポイントチェックしながら合わせました。
ピッチ、リズム取り、イイネ!格段に成長のあとが見え隠れ(ときどき隠れます)。音程がそろってタイミングもピタリ合うのって気持ちえ~わ…ってそれがそもそもグループ演奏ってもんだろうけど、グループとして向き合ってそこまでの過程をともにして、そうしてグループになれたことの喜びを、これからたくさん味わっていきたいと思いますよ!
まあまだまだ発展途上ですけどね。次はそろそろ8分の6拍子に手を出すみたいっス。

ひきつづき午後からは、この夕方nobuさんが出番ありというので練習におつきあいしましたよ。田布施の石城窯でリコーダー&ギタートリオに1曲チョイ出演のケーナなり。
南こうせつの曲の間奏にさしはさむチェロとフルート部にあてるそうで、いっしょにメロ吹いたりギター抱えて歌って吹きました。あ~こういう楽器バランスてのいいですね、演出家の心意気。なるほどnobuさんの素直な音がぴったりだ。

ちょっと席を外して帰ってみると、音出し場所のあずまやはなんと人だかり。近くの介護施設の方たちが聴きに来てくださってて、リクエストもらって2曲吹きました。
思いがけずでウレシイですわい!コンドルさんとかこういうときのため日ごろから準備しとかんといけんね~。しかしnobuさんって人をひきつける力があるよね、そのくせド緊張されますが
ともあれがんばりました!ステージはうまくいったかな☆

さて次週は、ゲストメンバーにRinaちゃんを迎えての“KAWA feat. Rina”で、できたての医療センター内の学園祭で朝イチ5曲ほど、演奏させていただいてきますよ。
昭和の笛の音にチャランゴ&マンドリンの繊細な調べ、楽しみです!その前に体育館の音響設定をなんとかせんといけんが(もっとその前にウォーミングアップだね)、未来を担う平成の若者たちにしっかりエールを届けてきましょうぜKAWA

KAWA今後の予定:

10月26日(土) 次回練習 三倉岳休憩所にて9:00から
11月 2日(土) 岩国看護学校の学校祭で演奏、体育館で10:00から30分!

Omuバースにはキャラメルのせて

活動歴CM(0) TB(0)

雨風吹かれて秋深し、みなさまいかがおすごしでしょうか。
けっこう前になりますが月曜の夜は、Omuさんの誕生日を前祝いしつついつものArco練習でした☆

20131014 (1)
プレゼントのストールは、すーちゃん所有のモノトーンと同じ柄なんだって。赤~黄系の色ホント似合いますね。オヤとなりではSuzumaくん、パソコンで何やらやっておりますよ。

メンバーの中では人生レースのトップを牽引しています、サンポーニャ奏者のOmuさんです。
ステージではMCも一手に引き受けてくれて幾年月、若くはないが若気の至りであっちこっち走りがちなわしらを、ガッチリとどめおいてくれるアンカー的存在。ゆえにみな心の中ではこう呼んでいる、キングOmuと。
そんな偉大でやさしいキングに、ハタチすぎのうら若きギターガールがチョイスしてNatachaさんが買ってきた、お似合い暖色系ストールに身を包み、エジプトの人みたい~とか言われながらもスマイルで、焼き菓子抱えて記念撮影。
これからもみんながホッとなごむようなOmuさんで、変わらず元気にいてくださいよう。僕らイイ子にしますからヨウ!お誕生日おめでとう!!

1381836737177
先週まっしーが撮ってくれてた1枚、ただ今ブログの書き方レクチャー中。そしてその夜帰宅してさっそく仕上げた記事がこちらだヨ! → “今年の冬はスカーフを流行らそう

さてさて秋の一大行事だった平尾台フォルクローレ祭りも無事終えて、根詰めて煮詰める曲もなく、ゆとりシーズンにインしている一同。なので練習以外も少しはいいだろうということで、先週今週とパソコンのお勉強をしました。
前回すーちゃん、ほぼ自分の力だけで初めてイチからブログ記事を書きました。拍手にコメントもいただきましてみなさまどうもありがとう。
そして今回は音、MIDIですよ。どうぞ聴いてあげてくださいな♪

   君をのせて - Suzuma dispuesto versión  クリックで試聴できます

どうでしょう?数年前僕が作ったものよりいいアレンジと出来ですよ。。
この夜はドラム音源の使い方も伝授したし、そのうち編曲も自在になって、全行程こなして作曲もあげてくるだろう!まずは「戦国のCaballo」あたりかな、楽しみにしておるで~い☆

20131014 (3)
製造元の六花亭、個人的に見覚えあるなと思っていたら、活字はまず読まない僕が若いころ、いつもザックに入れて持ち歩いてた大好きな作家の文庫に出てきてた名なのでした。ああこれか!なつかしく、素朴であたたかなやさしい絵。十勝の原野、サイロの詩、いつか訪れてみたいな。

さてこの日のお茶うけは、先月平尾台にて とある方からいただいてた(ただし すーちゃんあて)、“十勝で候(そうろう)”キャラメルでした。Omuバースにあわせてご相伴にあずかったよ。
ぜいたくにも、北海道十勝産のミルクにバターに大豆(一度蒸したのかやわらか香ばしく)、ビスケットまで入っているそうで、サクサクふわりかつとろける食感もベリグです。
いいものありがとう~!や~る気が出てく~る~♪みんなで元気にいただきました。

20131014 (4)
新規取り組み曲のカンテラスはいろいろと歯ごたえありまくりだけど、時間をかけてものにしていくべし。僕らをきっとさらなる高みへ連れて行ってくれることだろう。春待つ心で鍛えよう!

といった感じで秋の夜は更けていきました。
しばらくなんにもないし右往左往してみるもよし、たぶん来週もごろごろローリングいたします。また少しだけいいコトもあるといいね。その分いよいよいとしく感じる秋ですね。それではまた☆

80000アクセスありがとう!!

ごあいさつCM(0) TB(0)

いつもアルコイリスブログをご覧いただきありがとうございます。
おかげさまでこのたびアクセスカウンタが80000を突破いたしました☆

                     
  ! !

20070909-nagato-gakusajiki

まずは記念のピンナップ。今回も蔵出し画像を拾ってきました。
ブログを開始する直前の、2007年9月のアルコイリスです。なんと当時すーちゃん4歳!元気に叫びやあいの手入れたり、MCのかけ合いもすでにやってた気がするなあ。
主力の同期組カルテットもまだアラサーって言えてた時期で…夏仕様の手作りポンチョもヤングでクールだね。
ともあれ足かけ6年で8万の大台到達、アルコイリスもおかげさまでもうすぐ結成14年目、2歳時から参加のSuzumaも11歳になりました☆

                     

そしてこちらは恒例のアニバーサリーMIDI。今回は映画音楽から♪

   La Valse D'Amelie   クリックで試聴できます

2001年公開のフランスの国民的映画『アメリ』より、テーマ曲でもあるアメリのワルツです。
いつぞやの昔、世間でヒーリング・オムニバスCDなるものが流行っていたころによく聴いていた、個人的にお気に入りの曲だったのですが、当時は映画音楽ってことはまったく知りませんでした。
その曲がある日の練習のときにふっと話題にのぼり、オランジーナ飲んだときだったか映画のテーマ曲だってことも教えてもらって、自分でもほしいから作りました。聴いてた当時じゃちょっと無理だったろうな、年重ねてできるようになったことのひとつだね。。
映画のほうもとってもいいみたいですよ。きっと「そして父になる」のような、人のあたたかみが感じられる名作なんじゃないかなあ(どっちも観ていませんけれど。でも曲やシーンや監督インタビューなど、細切れピースにふれただけでもなんとなくそう思えたのでした)。

                                             

ということで今回も、読んでいただきアリガトウございました。
新曲に新たな楽器に作曲編曲に!ますますエボリューションを続けて新鮮な話題をお届けしていきますので、これからもアルコイリスとブログのほうも応援よろしくおねがいします☆

KAWAの練習 ~ まっ赤な秋

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。甲子園も真っ赤に染まった連休さなかの日曜日、三倉岳休憩所にて本番を想定した音合わせに励みました。

20131013 (1)
朝方はけっこう冷んやりで、楽器はピッチが気になる季節になりました。紅葉は色づきはじめといったところ、快適な秋の山ふもと。今日もおいしい珈琲に空気、ありがとう☆

この26日に予定しています、岩国看護学校の学園祭ステージに向けて猛チャージ中。
先週も書きましたが、今回ゲストメンバーにRinaちゃんを迎えての“KAWA feat. Rina”で、フレッシュな秋の装いを平成の若い衆にお届けすべくがんばっています。
次週はRinaちゃんテスト期間にかかるということで、4人での合わせと音響のほうは最終チェック。お天気にも恵まれてよい高地トレーニングができました。

20131013 (4) 20131013 (2)
nobuさん帽子のてっぺんにフレンド赤とんぼ、ずっと仲良ししばらくこのままでした。

さすがはYAMAのチャランギスタ、伴奏力にリズムキープ、マンドリンの音色もきれいだね。グループ全体もなんだかキリッとします!リーダーNishikiさんもまるでCSファイナルステージに進出したかのような喜びよう。
課題の5曲を2回通しで3時間、その後も延長で可能な曲をにわかセッション楽しんだり。おだやかな秋のいい一日になりましたよねえ。
音響の確認もまずまず把握できたけど、問題は会場が体育館で音の反響がすごいらしいこと。こればっかりは現場に入ってやってみないとわからん。平尾台でつかんだ感覚からはキレ重視の設定でいこうかと。自分の音の立ち位置見失う状況だけは避けたいね~。
しかしまあほかの、ここで4人でしておくべき準備はできたかな。みなさん長時間おつかれさまでした☆

20131013 (6)
練習後のブレイク…と思わせといて実は、朝イチの一杯なのでした。まあPAセッティングしてひと息入れてるところですが、いい眺めですよね。向こうからも、きっとそう。

それにしても勝った方も負けた方も、感動をもって大団円なんてすばらしいじゃあないか!音楽でもいつかそんな空間をつくれればいいなあと、帰宅後スポーツニュース追いかけつつニヤニヤ~な秋の夜長でした。
さて来週も仕上げのレッスン励んで、公園や学園にエールを大いに響かせてこようじゃないすか。燃えあがれ~っ、KAWA

KAWA今後の予定:

10月19日(土) 次回練習 玖珂総合公園にて9:00から
10月26日(土) 岩国看護学校の学校祭で演奏、体育館で10:00から30分!

カンテラス

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

カンテラス(Canteras)」は、ペルー・アレキパ(Arequipa)出身のフォルクローレ・ミュージシャン、アントニオ・カマケ(Antonio Camaque)作曲のナンバー。
“Ciudad Blanca”と呼ばれるアレキパの白い街並みとその陰影も美しいビデオクリップをどうぞ。



カンテラスとはスペイン語で“鉱山”の意で、(おそらく)カルナバル(Carnaval)の情熱的なリズムにのせて、アンデス民族の悲哀の歴史を憂いとともに、しかし力強く表現した名曲。アントニオ率いるユニット、プロジェクト・ナスカ(Proyecto NAZCA)のアルバム『ESPIRITU ANCESTRAL~受け継がれる魂~』等に収められています。

こんなにいい曲だから、やっぱり演奏もしてみたい!と、音採りしつつできたMIDIがこちらです。

  Canteras   クリックで試聴できます

いきなりの迫力低音サンポーニャは二人かけあいのコンテスタド。彩りを添えるチャランゴに、天高く突き抜けるかのようなケーナの高音も、がんばって鍛えたならば遥かな高みへと連れて行ってくれそう。
8分の6拍子のリズムはいろんな要素が詰まっている分、時間的にサラッと終わってしまいがちだけど、前奏と間奏がずしーんといいかたちで差し挟まれて、緩急と高低の幅もあってしみじみと味わわせてもらえます。ガンバロウネみんな!

ところで、そのアントニオさんは、この11日~14日のあいだ愛媛の今治~松山にてソロライブツアー中です。くわしくはこちらの記事をどうぞ♪ → “アントニオ・カマケ フォルクローレライブ 4DAYS in 今治
ペルーからの使者の音はきっと心に情熱の火を灯してくれることでしょう!よき音楽とよき人と、すばらしい出会いの生まれることをねがっておりますよ☆

ステージ動画@平尾台2013

動画CM(0) TB(0)

9月29日に北九州市で開催されました“平尾台フォルクローレ祭り”での、アルコイリスのステージムービーをアップしました。
まずはオープンステージ初披露となった「北へ…」から、どうぞ!!


「北へ…」   作曲:TOYO草薙

この春の“マチュピチュ・エン・ハポン2013”の会場で、ゲストでいらしていたMAYAのTOYO草薙さんから、この曲演奏してみてくれよ!と言ってもらったわれらがエースのSuzumaくん。それから練習に励むこと5か月、このたびバイオリンにてお披露目がかないました。
不備もやっぱりありましたけれど、メンバーみんなとってもお気に入りの曲、あきっぽい僕らには珍しくじっくりと熟成させて、作曲者ご本人さんやみなさまによい演奏お届けできるよう、来春に向けていっそう磨きをかけていきますよ☆

動画:ウァカナヤフン ~第10回平尾台フォルクローレ祭り~ サムネイルをclick!
ウァカナヤフン(虹の旅人)

この4年前のステージで、当時小学校1年生だった すーちゃんが付けた歌詞を歌う予定だったのがコロッと忘れていてかなわず、今回その歌入り演奏が4年の時を超えて実現しました。
ムービーページと曲名クリックリンクにも歌詞を付記してますので、よかったらいっしょに歌ってあげてくださいな。なお演奏ではラストのところ、平尾台バージョンになっていますよ☆

動画:Arcoiris@平尾台2013ダイジェスト サムネイルをclick!
“Arcoiris@平尾台2013ダイジェスト”

もう1曲、「砂漠のトラ」の単独アップ!…といきたいところでしたが、リズム系はノリノリでいいもののメロディ系が。。なので3曲のダイジェストにひっくるめてみました。
それにしても室内は音の響きなどむずかしいですね。拙さも緊張感もすべてわが身に跳ね返ってきたかのような…ますますもととなる生きた音の大事さを感じました。

今回で5度目の平尾台。野外の高原音楽堂の空気感は最高なので、またいつかあの晴れのステージで演奏する日を夢見て、日々の活動を楽しくがんばっていきたいと思います。
ということで、アルコイリス2013年の平尾台のステージ動画集でした☆

今年の冬はスカーフを流行らそう

活動歴CM(3) TB(0)

みなさんこんばんは。アルコのエースsuzumaです。
今日はnosaka先生に教えてもらいブログを書いてみました。

nosa&su
僕とnosaka君のツーショット!massiyのストールが似合ってる。これステージで使えるかも。
massiyがスマホでアンティーク風に加工してくれたので、かっこよく見えませんか?


この日は平尾台の反省会。
「北へ」や「砂漠のトラ」、「ウアカナヤフン」、「ユリイ」などを練習しました。そしてナスカのantonioが作曲した「カンテラス」という曲ではチャランゴのかき鳴らしでノリノリになりました。
今日も楽しかったー。

KAWAの練習 ~ 場所とメンバー入れ替えで2DAYS

nosaレポートCM(3) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。10月最初の週末は5日、6日と土日の2日間にわたって練習に明け暮れました。

20131005
4人のフォルクローレ男たち。思いっきり逆光だったしいっそモノクロ、キラパジュンのイメージっぽくしてみました。うしろは玖珂町の地図をあしらったステンドグラス。

どうしてこんなに熱心かといいますと、実は今月26日に岩国看護学校の学校祭で演奏の出番をいただいているのです。若い兄さん姉さんたちにまるで未知の領域であろうフォルクローレを楽しんでいただくべく、演奏曲目の完成に勤しんでおりますよ。
まずは土曜日、いつもの本拠地 玖珂あいあいセンターで音合わせ。この日はJizoさんも駆けつけて久びさカルテットになりました。
やっぱり4人そろうと充実です!リズムや流れも途切れず安心して通せるし、それになんといってもチャランゴの音色ってあらためていいですね。
ところでその出番の予定曲ですが…。

 1. 「恋の花」 寺澤むつみ 作曲
 2. 「僕の背中には羽根がある」 織田哲郎 作詞作曲 TOYO草薙 編曲
 3. 「赤い雲」 岡田浩安 作曲
 4. 「カゼイロ」 岡田浩安 作曲
 5. 「北へ…」 TOYO草薙 作曲

の5曲を演奏します。
かなり染まってる気もしますが…いい曲を生み出してくださってありがとう!よさがいっぱい伝わるようにもとにかくがんばりましょう~。

ところでJizoさんは本番当日ご予定ありで、でもどうしてもチャランゴ入れたいとのことで、リーダー・Nishikiさんがとっておきの助っ人をお呼びしてきましたよ。それは誰かといいますと…。

20131006
休憩所エントランスにて。見上げる高み、YAMAにKAWA。おいしい珈琲ごちそうさまでした。

YAMAのRinaちゃんです!チャランゴとマンドリンで協力してもらいます、よろしくのう☆
この日三倉岳休憩所にて4人で初めての合わせをしましたが、あらかじめ渡していた音源等資料の取り込みもほぼ完ぺきで、伴奏も演奏もさすがの若き名弦奏者。これはステージが楽しみだ!僕らそそうのないよう自主練相当こなして鉄にしとかんといけんでしょうよ。
各自で仕上げて来週もいっしょに合わせをする予定です。音響使ってやってますのでみなさまよかったら見に来てくださいな。

というわけで、2013年秋の特別ユニット“KAWA feat. Rina”でがんばってまいります。
秋もやっぱり音楽。練習と勉強にも大いに励んで、いい仕事して、みんなでNishikiさんにカリフォルニアロールおごってもらおうぜ!ガッツだ Rina & KAWA

KAWA今後の予定:

10月13日(日) 次回練習 三倉岳休憩所にて9:00から
10月26日(土) 岩国看護学校の学校祭で朝方に演奏、ステージは体育館

アントニオ・カマケ フォルクローレライブ 4DAYS in 今治

おしらせCM(9) TB(0)

ペルー・アレキパからの使者 アントニオ・カマケ(Antonio Camaque)が愛媛の秋をフォルクローレで彩る4日間!
11日から今治を中心にさまざま場所、形態でのライブが予定されています。
力強くも憂いとやさしさ秘めたアンデスの響きとともに、芸術、食、行楽の秋を味わいにお出かけしてみませんか☆

アートギャラリー ライブ
  10月11日(金) 19:00~
  2500円(1ドリンク付き)

今治国際ホテル ロビー演奏
  10月12日(土) 16:00から数曲

いまバル”ストリートライブ (今治市市街地)
  10月12日(土) ①18:00~(商店街)、②20:00~(商店街 ※変更になりました 松本町界隈
   ※ イベント運営本部 ほんからどんどん前を中心に表示
  大きな地図で見る

  イベントについて詳細はこちら!
  imabar-fb banner いまバル Facebook

  h2_walkerplus ウォーカープラス イベント情報 “今バル”

朝倉こちのみや 野外ライブ (今治市朝倉町)
  10月13日(日) 12:30~
  ドリンク付き 2500円

仙遊寺 ライブ (今治市玉川町)
  10月13日(日) 18:30~
  ドリンク付き 2500円

湯築市 ライブ (松山市道後公園
  10月14日(月) お昼前後
  
◇ お問い合わせ ◇
  080-3929-5217(ミルキーウェイ)

またフォルクローレミュージシャン、アントニオについてはこちらをどうぞ。
  Antonio Camaque 2013.10.06
  アンデスフィーリング 
  TEL 06-6498-5040
  FAX 06-6498-5044
  E-mail info@andesfeeling.jp     

ご参考までに。今年6月に今治市の仙遊寺で行われたアントニオのソロライブより、「Buffalo Blanco(ホワイトバッファロー)」のムービーです。



仙遊寺でのムービーはほかにもありますよ!こちらご覧になってみてください☆
アントニオ カマケ 仙遊寺ライブ

さらに曲のプレゼント♪
   Canteras
Project NAZCA アルバム『ESPIRITU ANCESTRAL~受け継がれる魂~』収録曲より

アルコイリス2013年の平尾台

演奏歴CM(4) TB(0)

今年も大いに楽しみました平尾台!ここからはアルコイリスのステージをレポートいたします☆

20130929 (18)
イベント後、グルーポ・タキのAkiちゃんといっしょに。再会のヨロコビと出会いと、今年はお客さまにもけっこう声かけていただいてうれしかったよね。ステージ上でもセッティングでもたついてたとき、司会のお姉さん(なんとモデルで地元タレントの中倉さおりさん)にくわしく説明してもらったり。みなさま誠にもって感謝です!

2004年に始まって、今年でめでたく10回目を数えることとなった“平尾台フォルクローレ祭り”。アルコイリスは2009年の第6回から毎年出場させていただき今年で5回目の舞台です。
その間多少レベルアップはできたかなあ…相変わらず勢いでやってる感もありますが、おかげさまで若手はぐんぐん成長していっておりますよ。毎年その姿ここで見守っていただき、ご声援もとってもありがとうございます!
とくに、初めて平尾台のステージに立ったときは小1だった すーちゃんは、今年で小5、11歳になりました☆

20130929 (4)
会場そばの広場にてリハーサル。途中nobuさんから携帯かかってきて何か思ったら、ネットのライブカメラで見てるって。え~っ!どこ?なんと写真の真ん中にある時計の上にありました。お~い!あ手振った、見えました!ナルホドここからリアルタイムでネット向けライブするのもいいかもね(音ないけど)。

その4年前、初のステージで演奏させていただいた「うぁかなやふん」。エクアドルのサンフアニート(San Juanito)の楽曲「泣きたい(Huacanayajun)」を、すーちゃん自作の歌詞付きバージョンで披露する予定でした。
ところが弾くのに夢中で忘れていて(そりゃまだ7歳だったもの)、今年はそのリベンジ!と、アレンジも新たに再挑戦した「ウァカナヤフン」(ステージ2曲目)。
今度こそ見事歌えました!しかもボーカルハモってね♪さらにバイオリン。成長のあとはしっかりお見せできたんじゃないかな。

ちなみに今回の演奏曲目は次の3曲でした☆

  1、北へ… (San Juanito)
  2、ウァカナヤフン (San Juanito)
  3、砂漠のトラ (Tobas)

20130929 (7)
こちらステージ終えて、ようやく落ち着いてゲストのライブ鑑賞中。すーちゃんは岡山で合宿中だったのを途中で切り上げてのぞんだ、年に一度の念願の晴れ舞台。クルマで長距離迎えに行ったお母さんもごくろうさま。ゆっくりしっかり楽しみんさいよ♪

ステージ3曲目は、わたくし米ガトー2008年作のオリジナル「砂漠のトラ」でした。
これも4、5年前にやったきりだったけど、リバイバル演奏してくれてぶちウレシイ!!みんなで歌えたし。ただ内容的にはまったくもって納得いかず、サンポーニャに、ケーナ持ち替え忘れてて音出ませんでした。
でもトバの豪快なリズムで、Akiちゃんも踊ってくれとったらしいしにぎやかにできて、まずはよかったかな。ありがとう。

20130929sN10 SAMAY Nさんご提供
なんてったってバイオリン(11月には所属の楽団全国大会!)。負うた子に助けられ…わしらもまだまだがんばらにゃあなりませぬ。毎年ベースの機械系でトラぶってた まっしーは、今回3曲ともギターで乗り切りました。実は二人ともけっこう出番前から緊張していて…。でもそれは自分でよくしようと工夫したからこそで、そして身に起こってきた変化、しっかり覚えておいて次に活かしていきんさい。大人の階段着実に登っていってる若者たち、ガンバレ!ところで衣装はボリビア、ペルー、エクアドルの多国籍バージョンでキメてみた。

そして1曲目、Toyo草薙さん作曲の「北へ…」。ついにオープンステージデビューしました!!
今年春の“マチュピチュ・エン・ハポン2013”会場にて、ゲストのMAYAでいらしてた草薙さんからなんと直々リクエストいただいてたサンフアニートナンバー、ここ平尾台でのお披露目がかないました。さあ出来はどうじゃった?
いつもはだんだんノッてきてテンポがやれんことなるわれらなのでしたが、いつもより落ち着いた入りで終始大人な速度感。そしてバイオリン。おっ、まあまあいいか?

…いえいえ流れの把握が不十分、やっぱりだんだん走ってきてたし、それになんとNatachaさんのサンポーニャにそもそもマイクがありません!(そして次の曲のとき僕のボーカル用がないのでさすがに設えてもらいました。)これは、、ざんねんだ。。
でもまあお天気や機材やら、僕らコントロールできることじゃなし。一方できる範囲のほうはどうだったか言われたらそりゃまだまだで。鍛え直して次の春こそ、いい演奏できるようがんばるのみ。

20130929P1000224
フィナーレのサリリ後に興奮冷めやらぬ弦トリオ!

といった感じの、5回目となりました平尾台のアルコイリスのステージでした。
技術的な拙さはもちろんやっぱりあるけれど、音楽を楽しんでる姿は今年もちゃんとお届けできたのではと思います。楽しさベースに上手くなりたい情熱もって、またみなさんと元気にお会いできるよう、ますます励んでいきますよ
来年こそは晴れの音楽堂でいっしょに歌って踊れるといいですね!それではまた☆

第10回 平尾台フォルクローレ祭り

nosaレポートCM(3) TB(0)

今年も行ってきました!秋のカルスト台地で繰り広げられたフォルクローレの一大祭典“第10回 平尾台フォルクローレ祭り”。
小雨で室内開催でしたけれどなかなかの盛り上がりでしたよ☆

20130929 (2)
イベント主宰のNakaharaさん率いるSAMAYのステージ。お気に入りの「フラメントス」が聴こえてきたのでダッシュしてパチリ。写ってないけど奥でウッドベースも鳴ってるよ♪
さて今回のステージのもようは、各グルーポのお写真とプロフィールとともに、SAMAYさんのまとめのページに掲載されています(フィナーレ演奏もMP3で聴けます)!こちらをクリック☆ → “第10回平尾台フォルクローレ祭り


さらに!ダイジェストのムービー(公式)がアップされました!!
まずはこちら、1組目(ポコ・ポコ・DOS)から6組目(SAMAY)までの前半のステージ

1.ポコ・ポコ・DOS 2.アマドナス 3.ケーナクラブ 4.ロス・エッパカーニス 5.Pino Feliz 6.SAMAY

そして7組目(YUKARI)からゲストのINTI、そしてフィナーレまでの後半はこちら

7.YUKARI 8.ボリビア・マンマ 9.チュキアゴ・マンタ 10.アルコイリス 11.村嶋幸四郎 y amigo 12.ラ・シエスタ guest.INTI finale.「EL SARIRI」

北九州国定公園内にあります平尾台自然の郷におきまして、今回で記念の10回目(おめでとうございます!)を迎えたこのイベント。
澄み渡る青空と芝生の緑もまぶしい高原音楽堂での開催とはなりませんでしたが、さいわい小降り状態で園内を散策する来場者さんたちも多く、ステージとなった片隅にある休憩所に足をとめてご覧になってたお客さまもけっこういらしてたようです。
お昼すぎから閉園時間直前までびっしりと、九州各地から集まった12のアマチュアグループが、フォルクローレの多彩な演奏を次々と披露していきました。それではさっそく見てみましょーか☆

20130929 (6)
mixi仲間の大所帯、ラシエスタさんのステージ。九州に中国、おや北陸になんと北海道さんもいらっしゃいますね。これだけの人数でピッチがぴたりと合ってるのは見事。配役も巧みでKAWAとレパートリーも近く勉強になること多々でした。

…とは申したものの、僕らがちゃんと見たのはゲストのINTIと、直前のラ・シエスタさんくらい(SAMAYさんはお昼ごはんいただきながら聴きました)。毎年自分らのことで手いっぱいでもったいない、なんとかならんかの。。
でもどれもいい演奏で元気をもらいましたよ!僕らもけっこう年数重ねてきてることだし、こんなふうに安心して聴けるぐらいにはまずはなりたいものよ…。

20130929 (8) 20130929 (9)
会場内のようすです。お客さんはたいがいなんらかのかたちでミュージシャンだったりします。これはなかなか素敵なことかもしれないですよ。

そうそう、北海道・三角山放送局の『南米フォルクローレ紀行』のパーソナリティ・Mさんもはるばるいらしてて、来月の放送あたりこの日のもようをきっと紹介してくれるだろう!サイマルラジオはインターネットで世界中どこからでも聴けますよ。
個人的には先月の放送でリクエストかけてもらって(ぶちありがとう!!)、初めて直接お話もできました。なんかラジオのまんまじゃないですか、ふだん着な感じがいいんです!その今日の放送聴いて気づきましたが、体調持ち直してきてたようでよかったですネ☆

20130929 (10)
ひとりで管弦打すべてをこなす超絶で究極な演奏スタイルのエドウィン。どの楽器にも通じていないとできないパフォーマンスは見ごたえありあり。

わるくいえばマニアックでせまい、日本のフォルクローレ音楽ですが、逆にいうとトッププロやメディアの方とかモデルさんとか外国の方とかと身近に接することのできる、濃密というか、ほんとにつくづく不思議な世界だなあって思います。そしておんなじ人間なんだなって感じたり。
そうこうしているうちにステージは、ゲストのINTIの演奏が始まりましたよ!

20130929 (11) 20130929 (13)
踊っちゃえ!的な。すごい盛り上がっておりますよ。一般人目線からだとなんかひくわ~な感じでなくて、幅広く無理ない身の丈スタイルでいいので、シャイな人も手拍子なんかで自然に入りやすい一体感と思います。
左の司会のおねえさん、実は地元のタレントでモデルさんなんだって!気配りもとっても美人さんでした。そでで演奏を楽しんでる姿がわしらもとってもうれしいですいね♪


毎年豪華ミュージシャンが来てくれることも、このお祭りの大きな魅力の一つ。今年のゲストは宮崎在住のエドウィン&ショーコの夫婦デュオ“INTI”でした。
ご主人エドウィンくん(まだずいぶん若い)はSisayのメンバーだったこともあって、僕らもたしか大竹でステージ見たことありますよ。キーボード奏者の奥さま(当然若い)と、途中からたまたま(?)来日中の弟インティくん(デュオ名と同じじゃん、よくあることなのでしょうか)も加わって、本格的で迫力あるエクアドルミュージックを間近でたっぷり!聴かせてくれました。
なんといっても一番に、エドウィンの演奏スタイルのすごさ。人間一人でここまでできてしまうんだね~。兄弟のお父さんが作った曲も演奏していて(聴いたことあった!)、秀逸かつなんか肩たたいてあげたくなるようなあたたかみあるステージでございましたよ。

20130929 (15) 20130929 (14)
ゲストのリードに思い思いの楽器で加わって、歌って踊って…。なんて日でありましょう!

そんな流れでフィナーレは、出演者全員で「El Sariri」の演奏&ダンス!
それはそれは盛り上がりました。絶唱、笑顔、さめやらぬ熱気!こんなに楽しいひとときをご一緒できて、みなさまほんとにありがとう☆

20130929 (16)
演奏後、人だかりのできてた販売ブース。うれしい空気感であふれてます。

といった感じで、終わってみれば大盛況だったじゃあないですかっ!今年もおつかれさまでした。
なんというかこれからも、毎年毎年重ねて続いていってほしい、とってもすばらしいイベントなので、僕らも活動励んで腕上げて、もっともっと人さまに喜んでもらえるようがんばりたいとあらためて感じました。そしてフォルクローレをここ九州で、みんなしてどんどん盛り上げていけたらいいなあと。
お互い来年もまた元気な姿で平尾台でお会いしたいですね、そして今度はきっと晴れの高原音楽堂で踊りましょ~ぜ!

20130929 (20)
久しぶりに再会のグルーポ・タキのAkiちゃんと。もちろんHatamaさんとも会ったでよ(このときおそらくラジコン飛ばし中)。手に持ってるのは花火じゃなくて感謝の気持ちの珍味セット。踊って歌って楽しかったネ!

さてレポートは続きます。
次は僕たちアルコイリスの当日の動きとステージのもようを、反省とかうれしさとかいろいろひっくるめてお届けいたしますので、ぜひまた遊びにいらしてくださいな☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在9名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu】

(2013年10月10日更新)
最近のステージのもようを動画でアップしました!こちらをクリック → Arco動画
3曲ダイジェスト
2013.9.29 北九州市平尾台にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2014
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ (ボレロ)
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Cariñito
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2014
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルスカイ (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: