フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

普賢寺の今昔市でにわか演奏

nosaレポートCM(2) TB(0)

初夏のはしりを思わせるよさげな日よりに恵まれた日曜日、光市室積にあります普賢寺(ふげんじ)にて毎月第4日曜日に開催の“今昔市(こんじゃくいち)”に楽器抱えて行ってきたよ☆

20140427 (6)
写真撮影ご提供:Jizoさんの奥さま、連日ありがとうゴザイマシタ!思いがけずけっこういい週末になりましたね。ちなみにうしろに控える山の中腹に Suさんのお宅があって、ここから見えるらしいぞ。

2001年から続く骨董市には一般のフリマのお店もたくさん出店していて、イベント盛り上げのためのパフォーマンスも可能との情報を得たKAWAのリーダーのNishikiさんが、この日に出演の申し込みをしていたのだけど、あいにくの週間天気予報をみて翌月以降に延期ということでメンバーに告知。
でも前日あたりからなんだか晴れそうだったし、初めてのことだし下見もしたい。あわよくば演奏もね!ということでひとり行ってきました。

10時ころ会場近くの県道すぐの駐車場に着きましたらば、思ってたのとは全然違ってクルマでいっぱい!境内に入るとお店も人もいっぱい‼で、ひとり笛吹くにはかなり気後れ…。
どこか静かに細々できそうなところはないかなあとお客のふりして会場を物色(といいつつギター担いでたので違うハラなのは明らかよ。ところでわたくし骨董はおろか買い物自体にも、音楽以外はほとんど興味なく申し訳ございませぬ)してたら、見知った方がおられるではありませんかっ。

20140427 (8)
山門のすぐそばに陣取って南米系やりました。まわりに人がおらんじゃんっ!でも奥のほうのお店の方「今日はうもういった♪」と喜んでおられてうれしかったなー(ドーナツ現象ですかねお近くのお店の方スミマセン)。けっこう暑かったしいただいた柑橘せとかが身に染みておいしかったです。

Suさんロス・コイジス)とnobuさん発見!
KAWAメンバーさんたちには「行ってきます」とメールしておいたのだけど、わざわざ来てくれたんすねえnobuさん!Suさんはなんと夜勤明けだったにもかかわらず、さらにカメラと三脚抱えてイベント鑑賞のご予定のところを強引にお誘いしていざストリート。みなさん楽器お持ちだったしせっかくですからー!
主催のSさんに許可いただいて、山門の前で即席グループ組んで、フォルクローレの青空演奏させていただきました。

おそるおそる1、2曲ほどやっておりましたら、植木のお店を出店されていた、玖珂あいあいセンター(KAWAがお世話になっている練習会場)の管理人のFさんが、笛の音に誘われたのかやってきて、ボンボ(正確にはワンカラ)叩いてもらいながら「花祭り」をいっしょに演奏しました♪
そうしてましたら今度はロス・コイジスTakeoさんもやって来て、エール送りながら写真撮ってくださってブログの記事にしてくださいました~(こちらをご覧くださいませ☆ → フォルクローレな日々)。Gracias!

少しばかり人だかりもできてた風でけっこう盛り上がった?笛好きな方ともお話できたりカホンのサウンドホールにお賽銭いただいたり、みなさまありがとうございます~!
でもこのときがおそらくクライマックスよ。。にわかづくりの3人組、3人で合わせられる曲は限られて、間が持たず、のりきれず…。
するとそこへJizoさんが現れたじゃあないすかっ。

20140427 (4)
このすぐ右手向こうは瀬戸の海。明るく風通しよく気持ちいい場所でした。ここにもっとにぎわいもたらせるよう、腕を磨いてちゃんと準備してきっとまた来よう!ところで左奥に停めてあるのはnobuさんのバイクです。イベント慣れされとりますね。

Suさんのチャランゴ渡して、なんとか合奏できる曲探りつつ、即興もいくつかやりました。
おお~なにげに管弦打のそろいぶみ。そしてSuさんの奏でるペルーのムードあふれる素朴なケーナ曲、いっしょに歌えるボーカル曲。足をとめるお客さんはほとんどいらっしゃらなかったけれど、ここぞとばかりお昼過ぎまで路上演奏やりました。
             
日の出から始まるこの骨董市、ピークは10時11時のあたりでしょうか。時間が進むにつれ引き潮状態でありました。やや強い日差しと、空振りパンチの連打にも似たダメージで、つかれたでい~。。本部テントも撤収はじめたし、ここらでお開きとしましょうか。
課題は当然たくさん出てきたけれど、同じくらい可能性も見いだせた。やってみてわかったことがいっぱいあって、そういう意味では大収穫。修正改良に励んでぜひまたトライしたいです。

予定外のことだったけれど、集まって協力して路上演奏してくださって、みなさんとってもありがとうございました。聴いてくださったお客さまにも感謝です。
いったん出直しまして…。そのうち本チャン演奏もしますので、そのときはこのお祭りの場にふさわしい、さらに活気あふれる場づくりの一助となるようがんばります!
そのステージを予定しておりますKAWAのスケジュールを付記してひとまずサヨウナラ、どなたも参加OKにしてますので興味ある方いらしてくださいな☆

KAWA今後の予定:

 5月11日(日) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて9:00から
 5月18日(日) 次々回練習 玖珂あいあいセンターにて9:00から
 5月25日(日) ???

スポンサーサイト

KAWAの活動@B社防府工場

nosaレポートCM(0) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。いきなりですがこのたびは、大手タイヤメーカーの工場見学に行ってきましたよ。

20140427 (3)
いただいた記念品の数々(柑橘は関係ないですがついでに並べてみました)。下の箱には紅白二種のカッコいいタオルが入ってました。記念撮影の写真は工場ひと回りして帰ってきたらできあがっていたという。なんともお心づくしではないですか。なにげにメーカー名バレバレですけどネ。

土曜の午後、Jizoさんご家族とnobuさんと僕で行ってきました、防府市にあります某大手タイヤ製造メーカーさんの工場へ。長瀬くんがCMやってるあの社です。
この春からKAWAのメンバーとなりましたWadaさんのご案内で…というかこちらの会社の社員さんだったんですね~。見学会では研修責任者として司会担当されてて、それはそれはかっこよくキマッテおられましたよ!
この日顔見せいただいた工場長さんはじめ各課トップの方々も、みなさん親切にわかりやすくご説明いただいて、ふだん見ることない工場の中に立ち入るワンダー体験のわくわく感も相まって、とっても気持ちよく楽しい時間をすごすことができました。いいね、工場見学!

20140426j (1) 20140426j (6)
見学会終了後なんと!会場となった研修室をお借りしての出張練習。ひたすら恐縮…と言いながら2時間以上やっていた。われらほんとに笛好きよ。手前、先日の三倉岳で仕入れたWadaさんの新兵器もいろいろあります。写真撮影ご提供Jizoさん、Gracias!

会社の沿革から製品の構造、製造過程まで説明を受けまして、工場の中では実際のタイヤの成型から誕生あたりまで(生まれたばかりの湯気がホヤホヤ立ち上ってるシーンにも立ち会いました)見せていただきましたよ。
一般のクルマで使用されるものはじめ、異国の鉱山なんかで使われている超大型タイヤなんかもここで造られているんだって(実は記念撮影のお写真は、“世界一大きいタイヤ”としてギネス認定されているものの前で撮っていただいたのだ)。敷地内に斜め積み?されてて迫力あった~。ちなみに工場内はバス移動。スケール感が違うというかこちらの感性もやわらかくなるかもね(ゴムだけに)。

個人的に感銘を受けたのは2つ(音楽絡みでね)。
ゴムのかたまりとばかり思っていたタイヤが、実はとても複雑な構造をしていて、さらにクルマ(人)と地面(地球)という異なるものを媒介するとても重要なものだという認識を得たこと。安全性や耐久性や耐熱性(さらに低燃費性や環境性…)を洗練させつつ、柔軟性と硬度という相反する要素を含み絶妙に両立させているからこそ成り立っている。このあたり、旋律とリズム、哀と楽などの音楽性の融合をはかっていくうえでも(ゆっくり遷移させていく)中に立つものの妙というのか、大いに参考になるのではなかろうか。
そして、“最高の品質で社会に貢献”の企業理念のもと、高度に機械化されながらも各所に人の手が加えられていて、人とものの双方の力で作り上げられている点。民族音楽と同じ“血の通う”もの(音)づくり。人を信頼し人間性を中心に据える、ここだなって思うんですよ。離れることは可能だけれども、ここにあることが最も調和を生むのではないかと。それにその場その時に合う微妙な配合は、機械や譜面やチューナーにはまだまだわかるまい!

といったふうでちょっとエキサイトするくらい、非日常的な空間にふれてとってもリフレッシュできました。工場萌え?!
みなさんも一度行ってみるといいですヨ!次回はまた来年になると思いますが、興味ある方はWadaさんに声をかけてみてくださいませ。おみやげもたくさんもらえるし、楽しいよ~♪

20140426j (3)

さて工場見学後は、特別にご配慮いただいて、研修室にてKAWAレッスン。
予定では翌日の演奏のためのリハーサルだったのだけど、雨っぽいので演奏は中止にしたので、気楽にふだんの音合わせ。新規課題曲を中心にやりました。
「コンドルは飛んで行く」、「花祭り」のフォルクローレの定番曲2つに、エクアドルのサンフアニートより「エスペランサス」と、こちらもサンフアニートはTOYO草薙さん作曲の「北へ…」。うん、まずまずできそう。グループ演奏楽しいネ‼
あとはWadaさんのソロレパートリーをいくつかかじりました。それぞれのお気に入りや、これぞフォルクローレな曲も、グループ曲として徐々に加えていきたいですね。
といった感じで初めての防府での(しかも工場内)出張練習、みなさまおつかれさまでした!

そして一夜明けてみましたら、雨の予報だったのが見事に朝日の輝く新しい朝ですよ。
KAWA演奏予定だった普賢寺今昔市、いったん断り入れたそうだしできるかわからないけど、来月以降もステージさせていただくようおねがいしてることだし、今から楽器抱えて下見と様子見に行ってきます。
5月以降は練習スケジュール含めて予定は何も決まってないが、人生は音楽だ!ますます活動に元気に励んでいきましょうぜKAWA

KAWA今後の予定:

 4月27日(日) 普賢寺 今昔市で演奏予定 ※ 雨模様のため演奏は翌月以降に延期になりました

KAWAのステージ@マチュピチュエンハポン

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。20日に大竹市の三倉岳休憩所で開催されました“アンデス音楽祭 三倉岳 マチュピチュ・エン・ハポン”で演奏してきました。

20140420 (7)
休憩所内、ペルー関連の展示ブースのある風景。ということでKAWA演奏の写真はひとつもございません!でもWadaさんのブログにはございますよ、そちらをご覧くださいませ~。

演奏させていただきました曲目は、「恋の花」、「遠くの友」、「赤い雲」の3曲。すべてMAYAの楽曲でした。
朝一番の出番(正確には広島アルプホルンさんのファンファーレ演奏があったので、準一番手)で、やっぱりアップには手こずった…というか間に合わなかった人も。
しかしながらこれが斥候のお役目というものでございましょう。盛り上げきれたかどうかは別として、とてもよい経験をさせていただきました。

そんななかでも、Rinaちゃんボンボで鼓舞してくれて、笛さんチャランゴさんもよくがんばっていらっしゃいましたよ。低温多湿の状況にかかわらず、さらに楽器いろいろ取り換えあっても、ミスしてもすぐに修正着地するなど大いに奮戦。ドでかいサンポーニャの音にArcoのみんなも感心!など、それぞれ持ち味発揮されててとても頼もしく感じました。
出しきったとはいえないまでも、この場このときのベストは尽くせたのではないでしょうか!
今年は小雨のため、ステージに設えていただいてたテントのひさしに隠れて、例年のような迫力あるお山を眺めながらの演奏とはならず。音の感じもなんだかよくわからん。こういうときこそ実力や、自分たちの芯なるものへの集中力が問われるんでしょうね。

ともあれ大勢の方々のご尽力でイベント全体もなかなかの盛況だったようで、PAさんなど注意を要するコンディションでの準備作業もしっかり報われてよかったです(朝来たときはてっきり学校体育館だって思ってましたからね)。
出演者かたがたも無事開幕のステージ終了おつかれさまでした。見事なパフォーマンスされたグルーポさん、一方で苦労された人も、シーズンはこれからもどんどん続いていきますからね。よい一年となるようお互いがんばりましょう☆

それにしても、さまざまな音楽性の混在するむずかしさ。だけどKAWAではそれを許容しうまくやっていきたいって思います。(誰でもが参加できやりたい曲をやる!がモットー。その分もちろん誰かのやりたいにつきあわなくてはならない。ところでそろそろ僕も笛吹きたい…今はまったく音出なくなってしまってるけど。)
いっぽうそれ以外の得手不得手や演奏技術の高低差については、音バランスと編成の妙でやりくりできる感触を得た(ただ下準備の欠損や編成の策に溺れてしまうこともあるからこわいよー、みんなが上手になっていければ一番いい)。
それぞれに長短あるすべての音の特徴とらえて、できるだけ活かしきっていけるといいな。哀にも楽にもかたよることなく、たゆまぬ流れと続くよう、3年目のシーズンもガンバレKAWA

KAWA今後の予定:

 4月26日(土) 某大手タイヤメーカーの工場見学13:30~15:30、のち音合わせ
 4月27日(日) 普賢寺 今昔市で演奏予定 ※ 雨模様のため演奏は中止になりました

マチュピチュ越えてリストラの術

演奏歴CM(3) TB(0)

西中国地方の春を彩るフォルクローレの祭典“アンデス音楽祭 三倉岳 マチュピチュ・エン・ハポン”に今年も出場してきました!

20140420j12
Photo by Jizoさん。ぐらしあすです☆

アルコイリスにとりましては2014年シーズンの開幕となるステージです。お昼前のよい時間、出番をあずからせていただきましたよ。冬の期間あたためてきた秘蔵の曲の数々、さあ堂々ぶつけていきますでーい!
ところがヨ、四球にエラーも連発の、さんざんな開幕戦となってしまいました。。

20140420 (5) 20140420 (6)
神楽まんじゅうのお面をかぶってみたよ!かなりはみ出まくりだけどね。一方右はなんだか素敵な構図。お店の前ってくつろぐね(あんまりほとんど買わなくてスミマセン)。

演奏させていただいた曲目は…。

1、「おれのむねにこい3分で (メドレー)
すーちゃん作曲のオリジナル曲に、キユーピー3分クッキングのテーマをジョイントさせました。それでも合わせて1分ちょっとというサラリ感、リズム乗りするフィット性、出だしまずまずうまくいったかな!

2、「北へ…」
よーし続いては!昨年の同じステージで、TOYO草薙さんから すーちゃんあてに直々にリクエストをいただいたナンバーです。バイオリン炸裂したかもだが、あー笛が…。

3、「春よ、来い
松任谷由美作曲の日本の名曲。春はもう来たかもしれんがやりますよ。…明らかに練習不足ですね。

4、「戦国のカバジョ
こちらも すーちゃん作曲のオリジナルだしガンバロウ!ところがピッチがガタガタ、旋律抜けてのりきれず。。

20140420 (4) 20140420 (2)
Omuファミリーも応援に参上。今回はヘルパーAさん来てくださってとっても助かりました。たこ焼きどーぞどーぞ。お、これはモロヘイヤうどんでしたっけ?長い行列乗り越えてゲット。今年も寒かったのでありがたい温もりでしたね。

ステージ後、めずらしく女性陣もみんな意気消沈。聴いていただいた方々からかけていただいたありがたい言葉は、善言さえも苦く心に刺さったようで、「うちもうギター引退する」(そりゃ困る)。
この舞台に立つのに僕をはじめその実力に非ずは否めない。しかしなんといっても一番の要因は、選曲と編成面を担った僕の責任。三倉岳の音楽性に寄せようとしたのもあって結果、アルコイリスらしさを消してしまっていた。ごめんなみんな。
ただ すーちゃん一人はメンタルしっかり保ってて、演奏直後の取材にもハキハキ答えていました。前日にサッカーやってて右手親指を派手に突き指したらしいんだけど(キーパーではなかったそうなのに突き指とはクエスチョンだが)、果敢に演奏してサインに応じたり、なんとマブシイ、立派なことよ!

20140420 (1)
クラシック音楽楽器の、フォルクローレにおける関連性や特質性。伝えてもらったから独りよがりじゃなくつながっていられると思うし、大切に抱えていつか伝えられるようにもなっていかなくちゃあな。しっかり受け取れヨ!

その すーちゃん、演奏終了後に草薙さんに声かけてもらって、バイオリンのレクチャーを受けていました。指のこともまっ先に気にしていただいて、(包帯巻いているのを見て)けんしょう炎か何かと思って心配されてたんだって。
いつもありがとうございます!草薙さんの曲大好きで、この一年間練習もたくさんしました(いつだって「北へ…」がそばにありましたよ)。でも肝心の舞台でうまくいきませんでした。結果を出せなくてざんねんな思いだけど、おかげさまでいい経験を積むことができ、またよい思い出ともなりました。
いただいたメッセージを支えと励みに、がんばらないわけにはいかないですから!すーちゃん や まっしーともども、ますますフォルクローレに音楽に励んでいきたいと思います。Muchas Gracias Kusanagiさん☆

20140420j03 Photo by Jizoさん
小雨降り肌寒いなか、実力、音楽性、まったくもってそぐわなかったかもしれないけれど、そんなでも聴いてくださってほんとうに感謝です。きっといいかたちに変えていかなくてはならないね。

いろいろあって終わってみて苦しんで感じたことは、自分たちらしい音楽をしようってことでした。
なんだかんだあってもやっぱり、アルコイリスで音楽をしているときがイチバン楽しい。だからこの時をもっともっといっぱいすごしていくために、自分たちの実現したいものを追い求めていこうと。
でないともたないしな、ほんとは引退なんかしたくないしっ。音楽をやっていたいんや!そう改めて気づけたのもこのたびの、おかげさまだったかもしれない。

ということでみなさま、ご期待に添えず誠に申し訳ありませんでした。
メンバーともども精進して、きっとよいパフォーマンスをお届けできるよう、またここからしっかりと歩んでいきたいと思います。
お互い元気な姿でいつかお会いできることをねがって。ありがとうゴザイマシタ!!

20140421 (1)
おお~よかった覚えてた、いろいろできるよ♪めでたい太鼓の乱れ打ち~!

その本番から一夜明け、いつものArco練習の夜です。みんながんばっているよ!
自分たちのやりたいこと、できることなどをピックアップして、大規模なリストラクチュアリングに着手。今はベースがやりたい、チャランゴもやっぱりいいね!そろそろマンドリン?ケナーチョを取り戻せ!…など楽器の再考に、レパートリーも上がってきた十数曲のうち、フヤニマリ、アグアスクラーラス、カリニート、レグレサ、ユリイなどを合わせました。
実は5月の下旬に出番もいただいているのだ。原点に立ち返りまた生まれ変わったアルコイリスをみなさまにお目にかけるべく、情熱メラメラ燃やして励んでいこうぜっ☆

KAWAの練習 ~ あしたに向けてスルーパス

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。春の開幕ステージ前日の土曜の朝から、本拠地の玖珂あいあいセンターで練習しました。

20140419
練習後のエントランスにて記念撮影。このときまわりではバスケ少年たちがパス回ししていたのもあってか、なんだかコンパクトな収まりようです。一方フライングで衣装着て来た人もいます(マイクも持参)。おっと今年は当日も忘れず集合写真を撮ろうぜっ。

この日は一応自主的参加ということだったのですが、笛チームのお三方勢ぞろい。
体調不良に飲み明けというのになんという心がけ、高き音楽スピリットでございましょう!片や常習的遅刻で申し訳ありません、きっちり伴奏つとめさせていただきますっ。

翌日に控えた“アンデス音楽祭 三倉岳マチュピチュ・エン・ハポン”の課題の3曲の合わせです(まあそれはそうだろう)。おかげさまでいいかたちでまとまってきていますよ。
しかし後半は休憩多めにとったり、翌週以降の展望や曲の合わせをしたりと、なにげに無意識的にゆとりムードです。それだけここまでしっかりがんばったということか!
…もあるが、体調万全でなくそれどころでない、同じ3曲ばっかりでちょっと飽きた(とか言っちゃいけん!)など、諸事情を考慮した上のベストな選択をしたということかもしれない。少し不備なことあるほうがリラックスできていいとはNishikiさんの弁。なるほどたしかに。

ここのところはずっと毎週の、定期練習やあるいは個人で、やれることはやってきた。
あとは本番当日のコンディション。天候はどうか、寒さ対策、マイクへの対応、お客さまを前にしての平常心…。行ってみないとわからないことも多いし、それらにどう応じていくかにかかってますね。
まあステージに立てばなんとかなるし、そこで奏でてこそだから、なんとかするしかない。それに今年は支え合う仲間もいっぱいいるじゃあないか(ありがたいことに急に増えて6人編成です)。チャランゴ、ボンボ、笛三本。心強いことこの上なしですよ!
ということで、それぞれにベストのシュート放って、春の開幕およびお祭りのスタートが華やかに盛り上がるようがんばるぞ~。まずはゆっくり休んでしっかり早起きだKAWA

KAWA今後の予定:

 4月20日(日) アンデス音楽祭 マチュピチュ・エン・ハポンに出場予定
 4月26日(土) 某大手タイヤメーカーの工場見学13:30~15:30、のち音合わせ
 4月27日(日) 普賢寺 今昔市で演奏予定

4月の演奏&活動予定

行事予定CM(1) TB(0)

2014年もすでに春まっ盛り、みなさまいかがおすごしでしょうか。
アルコイリスが出演いたしますステージと、メンバー参加のイベントをご案内します☆

                                             

アンデス音楽祭 マチュピチュ・エン・ハポン

と き 4月20日(日) 9:00 ~ 16:00
ところ 三倉岳休憩所(大竹市栗谷町小栗林217)

MEJ7チラシ-1

山ふところにも遅い春の到来を告げる恒例の音楽祭は今年で7回目。中国地方や九州からアマチュアグルーポの集う、西日本のフォルクローレの一大祭典です。
ゲストはおなじみ、日本を代表するフォルクローレユニットのMAYA
飲食物や特産品の販売ほか、ふだんなかなかお目にかかれないフォルクローレの楽器や雑貨もズラリ!ひととおり何でもあるので一日楽しくすごせます。
アルコイリスの出番は10:40ころ、演奏させていただきます曲目は「おれのむねにこい3分で」(メドレー)、「春よ、来い」、「北へ…」、「戦国のカバジョ」の4曲。うちオリジナルが2つもあるぞ、元気いっぱいガンバリマス☆
KAWAももちろん出演です。2回目の今年はステージ1番手だヨ、イベントの成功ねがってお~いに盛り上げるぜっ!

※ おクルマはふもとの栗谷小学校に駐車後、随時発着のシャトルバスをご利用ください。
※ 雨天の場合、栗谷小学校体育館が会場となります。

                                             

第99回 アンデス音楽の夕べ
 in アクアピアこいじ ロビーコンサート

と き 4月24日(木) 18:30 ~ 19:30
ところ アクアピアこいじ(下松市河内140)
ゲスト:寺澤むつみ(ギター)、渡辺大輔(ケーナ)、今井美樹(二胡)

ロス・コイジスさん主催の定例ライブ。99回目のゲストは超豪華!なのにおそらく無料です。
山口のYOSHIKI-CHAさんも出演されるかもで、にぎやかな夜になりそう。ArcoとKAWA周辺からはたぶんnobuさんと僕だけ…見に行きます。
ちなみにこの日の午後からは、同じ場所にて寺澤さん&渡辺さんのフォルクローレ ワークショップを開催。詳しくはロスコイジスtakeoさんまでお問い合わせください☆

                                             

普賢寺 今昔市(ふげんじ こんじゃくいち)

と き 4月27日(日) 日の出 ~ 午後1時
ところ 普賢寺 境内(光市室積8丁目6−1)

2001年から毎月第4日曜日に開かれている骨董市で、骨董関連中心に各種フリーマーケットが出店します(雨天時は中止)。
不定期に催される出しものとして今回、KAWAがフォルクローレを演奏させていただくことになりました。
10:00ころと11:00ころの2回、各5曲程度のステージを予定。
出演メンバーは、Nishiki(ケーナ、サンポーニャ)、nobu(ケーナ)、Wada(ケーナ)、Jizo(チャランゴ、ギター)、Rina(チャランゴ、マンドリン)、nosa(ギター)の6名。Rinaちゃん迎えてなにげにフルです。
僕らも行ったことないし初めてだしどうなるかまるでわからないけれども、おひまでしたら遊びにおいでくださいませ。にわかセッションなどもできたらさぞ楽しかろうことですよ

おもちゃの兵隊のマーチ

その他の曲CM(0) TB(0)

フォルクローレまるで関係ありませんが、誰もがたいてい聴いたことある知っている、とあるテレビ番組のテーマ曲をどうぞ。



もう半世紀以上続いているご長寿料理番組“キユーピー3分クッキング”のテーマソングです。
曲の正式な名称は、イェッセル(Leon Jessel=19世紀のドイツの作曲家)作曲「おもちゃの兵隊のマーチ」(おもちゃの兵隊の観兵式、おもちゃの兵隊の行進とも)というのだそうですよ。個人的にはてっきりキューピーの曲と思ってました(注:調味料メーカーのキユーピーさんはユの字の表記が大きいのだ)。



調べてみましたら現在は、この番組のテーマ曲はこの「おもちゃの…」で通っているみたいですが、以前はモーツァルト作曲の「恋とはどんなものかしら」だった地域もあって(このへんちょっとややこしく、2つのキー局がそれぞれ別の内容で制作しており、一方のTBS系列のほうが1990年ころまでモーツァルト作のテーマを使用していたそうです。僕らのところは日テレ系で一貫してイェッセルさん)、その時代を知る方にとっては一概に「おもちゃの…」が3分クッキングのテーマだとは言い切れないところもありますね。
でもまあ一般的には、キユーピー3分の曲といったらこちらを連想する人がほとんどでしょうけれど。

   おもちゃの兵隊のマーチ   クリックで試聴できます

しかしなんでまたここにきてお昼のお料理番組テーマの、しかも行進曲?
最近学校の楽団の内外でバイオリンに夢中の すーちゃんが、好きな曲を耳コピーしてはバリバリ弾いてるのですが、そのひとつ。そして彼作曲のとある曲があまりにベリーショートなので、おしりにひっつけてみたところなかなかおもしろく、南米民族音楽フォルクローレ演奏グループ・アルコイリスのレパートリーになってます。

ついでに。
以前、ガンダムの生みの親・富野由悠季先生は若者に対して“アニメは見るな、アニメばかり見ている人間のつくるアニメはつまらない”と言っているそうだと、堺雅人が語っているCMがあって、“あらゆる分野から吸収したくさん心を動かさなければ、人の心は動かせない”と結んでいて、おお~!と感動したのですが、僕らいろいろやってるのもまさにそれってことにしときましょう。

ところでちなみに、ベリーショートにくっつけた曲もけっこうなショートなので、合わせて1分程度という特殊メドレー曲は、近々お披露目予定です☆

バイオリンも出走待ちな夜

活動歴CM(0) TB(0)

十四日月もきれいな月曜夜のArco練習は、2014年開幕ステージの演奏曲目の仕上げをしましたよ。

20140414 (1)
この日はSumiちゃんファミリーが遊びに来てくれて、おみやげもいっぱいもらいました。フェアトレードのお菓子に、ミニタルカやポーチや飾り紐などの音楽実用系もございます。1年ぶりくらいになりますか、MisoちゃんにTaiくんも大きくなっとった。演奏に合わせて合唱もしてくれました♪

14日目の月は“待宵の月”とも呼ぶそうで、翌日の満月を楽しみに待つという意味があるそうな。
おお~いいじゃないか!本番に向けてよい景気づけになるというもの。しかし本番は明日ではないしー、週末お天気がよくなさそうな予報になってるので、もろもろ好転するようお月さまに祈って待ちますか。

とその前に、肝心の出しものをととのえておかなくてはなりません。曲の仕上がりさあどうだろう?
うん、イイよっ!自主練にしっかり励んでくれてたらしく、かたちよくまるーくまとまってきてました。おのおののお役目遂行にお互いの息もピタリと合って、さすがですアルコイリス☆
今回とくに不得手な分野や、打楽器刻みながらの吹奏、担当のメロディラインや楽器も多々変更あったりもしたけれど、各人が考えながら試行錯誤の音づくり重ねて、最終的にこうして演奏レベルにのせてきた経験は、人間的な面でも確実に成長へとつながったはずだから。よ~ぉがんばった、オメデトウ!!

20140414 (4)
なかなかきまっておりますでしょう。いつかこの二人でバイオリンデュオってのもいいね。しかしフォルクローレグループとは思えませんな。

…ってほめられたり喜んでもらえたり、なにかしらかの反響となって返ってくるのは、まず結果をちゃんと出してからのこと。引き続き練習積みつつ心も体もリラックスさせて、いいパフォーマンスできるよう準備につとめてまいりましょうで。
ともあれ曲のほうはかたちになったので、あとはイベント当日の行動予定や衣装のことなど話し合ってお開きとなりました。みんなおつかれ!

さて上の写真、まっしーが余った時間に すーちゃんからバイオリンの弾き方を習っているところ。
学生のころからの憧れで、どうにもやってみたいらしいですバイオリン。基礎的な奏法を教わって音の出た喜びが、はたで見ていてバシンバシン伝わってきましたよ。あー、もう毎回すーちゃんに教えてもらうっ!
一方すーちゃんも、楽器教えるのって楽しいね!って、これはなんだかOmu邸でのArco練習がバイオリン教室になりかねない勢いだ。おっとそこは負けじとフォルクローレも、情熱バンバン燃やしていかにゃあならんじゃろ。
まあとりあえずは、開幕のステージをしっかり盛り上げてきてからだな。がんばろ~ぜ☆

KAWAの練習 ~ まあまあととのいました

nosaレポートCM(0) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。お天気ももってくれた土曜日の午前中、“アンデス音楽祭 マチュピチュ・エン・ハポン2014”の会場となります三倉岳休憩所で、本番前最終調整練習をしてきました。

20140412DSC0284
Photo by nobuさん。課題曲ばっかりやって飽きたので休憩中。PA持ち込みでがんばりました。マイクとの関係改善に役立てたと思います。雨も少しぽつり来ただけでありがたし。そうそう舞台の板が新しくなってるよ。

おもに2つの課題をもってのぞんだ三倉岳実地練習。
ひとつはボンボを入れたかたちでの演奏の様子を確認すること。こちら問題なくできました。
まあRinaちゃんが叩いてくれるし(チャランゴを弾く以前はボンボ奏者としてけっこう長い期間ならしてます)、リズム面が整うのはもちろん、ふだんない低音の響きがみなさんとても心地良かったみたいです。
イベントの初っ端の出番だし、景気良くズシーンズシーン響いてた方がそりゃあいい。ああ自分らのボンボほしいですね、プレイヤーさんもね~

20140412 (1)
雨の予報だというのに、クルマをとめて山を登っていく人は意外に多くいらっしゃいます。と思ってたら結局本降りとはならず、さすが登山者さんはよく知ってるなあ。ちなみにこの界隈サクラはまだ見ごろ、ミツバツツジはちらほら咲き始めてました。

もう一つはステージの感覚をつかむこと。
とくにマイクワークですが、舞台慣れしていない人はやはりというか手こずります。せっかくいい音出てるのに拾われていない、知らぬうちに自分から遠ざかっていったりも。苦労して作り上げた音が聴く人に届かないなんてヒジョーにせつないよ。。その比重は音作りと同じほどと捉えるべきかもしれない、とっても重要なポイント。
でもこの日それぞれにクセなり把握できたので、修正かけてなんとかなりそうでした。それにしてもしばらくはふだんから、マイク相手の練習もしておく必要ありかもね。

あとお客さまの前での演奏対策は、この日も誰もいないのでどうしようもありませんでした。ストリートに飛び出すしかないかな?それか無人でも妄想で虚像を作り出すとか…。どっちにしろその“聴いてもらってる”意気込みは大事ですよね。
ということで先々週に続いてこの日も、マスターさま奥さま場所お貸しいただき、また演奏を聴いていただき、まことにありがとうございました

20140412 (2)
練習後のひとコマ、休憩所内のカウンターにて。われらの頭上あかあかと希望の星が輝いているじゃあないすか。本番当日も朝イチからギラギラ光るステージ届けてお客さまを明るくお出迎えといきたいものよ。へぇRinaちゃんチャランゴソロだって?!三木山もガンバレ☆

いっぽう曲の仕上がり具合ですが、おかげさまでまずまずかたちになりました。恋の花」、「遠くの友」、「赤い雲」の3曲です、お祭り全体盛り上げていきますよろしくどうぞ!
さて予定では、集まってする音合わせは本番までないんだけど、各自もう少しチャージかけて、あとは実力発揮できるよう肩の力抜いてのぞむことですかね~。どうやっても多少のミスはするから柔軟に対応していけるためにもね。
ところで衣装はどうなるんだろう?なんと今回も各メンバーのおまかせコースになっとりますよ。どんなのが出てくるのかコワ楽しみだ。とりあえず早起きしないと始まらない、適度な睡眠食事に運動、音楽以外もエンジョイして日々すこやかにすごしていきましょうぜKAWA

KAWA今後の予定:

 4月19日(土) 次回自由参加的練習 玖珂あいあいセンターにて9:00から
 4月20日(日) アンデス音楽祭 マチュピチュ・エン・ハポン2014に出場予定
 4月26日(土) 某大手タイヤメーカーの工場見学13:30~15:30、のち音合わせ
 4月27日(日) 光市のお寺のフリマで演奏予定

戦国のカバジョ

オリジナル曲CM(0) TB(0)

この春から小学6年生、初めての年男ともなりました、すーちゃん(Suzuma)作曲ナンバー第4弾『戦国のカバジョ(El Caballo del Mundo Salvaje)』をどうぞ☆



生まれたときからフォルクローレ音楽(とくにエクアドル)に親しんで、2歳からアルコイリスのメンバーとしてパーカッションやチャランゴで演奏を始め、4年前の2010年の夏、8歳のときに第1弾の「やかんのあらし(Tormenta Hervidor)」を発表して以来、第2弾「チンボラソ(Chimborazo)」、第3弾「おれのむねにこい」と、作曲のほうも着実にキャリアを積んできた、Arcoのホープ Suzuma。
はじめのころはもっぱらエクアドルのサンフアニート(San Juanito)のリズムに、サンポーニャでメロディをのせた楽曲でしたが、昨年暮れと今年になって作った2曲は、4年生時から始めたバイオリンと、最近夢中の戦国時代&大河ドラマの影響を色濃く感じさせるものとなっています。
(個人的にすごいなあって思うのは、作る曲すべて一貫してアンデスの5音階ベースになっていること。彼自身の中に下地とする音楽性、歴史や文化のようなものがしっかりと存在しているのを感じます。)

2014年春の開幕ステージで初お披露目するべく現在猛追い込み中のこの曲。
その前に演奏のイメージ醸成も兼ねて、昨年の同じ舞台第6回マチュピチュ・エン・ハポンの写真をもとにムービーを作りました。
ただ、下にも書いてますがリズムにキー展開等々、グループで息を合わせるのはけっこうむずかしいんですよねー。納得のいくかたちになるまでは大いに時間がかかりそう。いやむしろ長い付き合いにしたい、いい曲だと思うぞ
ということで、作曲者の描いた曲想をどこまで表現できるかわかりませんが、スタートダッシュの追い風受けて、きっとよい演奏に仕上げよう!

   El Caballo del Mundo Salvaje   クリックで試聴できます

リズムはトロテ(Trote)トバ(Tobas)の混在系(トロットバ(Trot-toba)と命名)。
サンポーニャ部がだいたいトバで、ケーナ部がトロテです。おー、忙しいね(編曲はわし)。
トロテはお馬さんのかけ足を模したリズムで、戦国ものドラマのテーマソングなどでもよく見受けられます。

そしてキー展開はさらに多彩。
イントロのみF(Dm)調、ほかはメインでサンポーニャ部と間奏がG(Em)調、そこに入れ替わり立ち替わりで2度ケーナ部のC(Am)調が差し挟まれる格好で、合わせて5度の転調お色直しが盛り込まれるという、音楽愛立ち昇るごとくなこだわりあふれる作品に仕上がりました。

ところが作曲者くん、バイオリン弾きながら「(かの大教授作曲の前大河ドラマのテーマ曲と比べて)どうも音に深みがないんよね~」と嘆き節。そこは すーちゃん、満足しないから成長できるんだよ…の前に、そもそも比較する相手がどうなんよっ。
望みは高く果てしなく、これからもたくさんいい曲聴いて(若いうちがいいんだってよ)、もっともっといい曲作っていけばよかろうて。どこまで届くのか楽しみにしておるぞ

くろかんくんにあやかる夜

活動歴CM(0) TB(0)

始業式前日の月曜夜は、いつものArco練習でした。

20140407 (2)
戦国大好き!すーちゃんが春休み中にお母さんと行ってきた、豊前中津のおみやげ“くろかんくんせんべい”。お城には行ったけれどもうひとつ目当ての鱧(はも)は売り切れで食べられなかったって。さすが大河ブームに沸く城下町、さぞやにぎやか熱気にあふれていたことでしょう。
あと諭吉さんのご当地スタバロゴも見せてもらいました。新しく手に入れた小型ビデオカメラで撮ったそうだが、練習中もそれで演奏を撮影しまくり。そして下に敷いてあるのは、すーちゃん作の曲の楽譜なんだけど、くろかんくんがささやいてるように見えなくもない。


春の開幕ステージの2週間前なので、予定の曲目を仕上げるつもりで通しました。
だけどさっそく1曲目、ここにきてギターをチャランゴにかえてやってもらうという、なかなか荒々しいパスを繰り出したのですが、これがけっこうフィットです。
うん、速いストロークは複弦のほうがきまってるね。演奏そっちのけで聴いていたいほどじゃないか!その横でイントロ前にでっかいパーカスぶちこもうと画策してる人もいたり…どんな状況でも創意工夫、チャレンジの精神にあふれておるわ。

とくに春に向けての練習では毎回違う演奏形態や進行で(よりよいかたちを常に模索し続けた結果でもある、ぶっちゃけ忘れてただけということもハーフハーフで存在)、いまだにはっきり固まっていない曲もあったりで、正直心配な面もありますよ。
しかし、いつも何かしら新しいものを生み出そうとする姿勢があるから、気持ちもずっとフレッシュでいられるし、いろんな場面に柔軟に応じていく力は確実についてきていると思います。最近ではメンバー同士が客観的に判断し、今現在のベストやベターな旋律、フィルインなんかをだんだんともってくるようになってきた…っぽい。
ただ曲目は、仕上がったとはいえんなあ~。

20140407 (5) 20140407 (3)
この日の写真はPiyoちゃんに撮ってもらいました。1枚に全員はなかなか入らんのよね~。

こちらもここにきてなのだけれども、各人のがんばりというよりも、そもそも管と弦のバランス、編成面が間違ってた気もします。ちょっと修正考えとこう、うまくいくかはわからんが~。
まあそれもやってみたからわかったわけで、まず歩き出すってことはやっぱり大事だね。
とりあえず くろかんくんせんべいでもいただいて、よきはからいをあやかってめぐらせば、運も開けてくるやもしれぬ(ここにきて神頼みならぬ武将頼みだヨ)。たのむぜ、くろかん!また来週☆

KAWAの練習 ~ 花よりそれは笛

nosaレポートCM(2) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。あいにくの寒波と雨に見舞われた5日土曜日、柳井市のウェルネスパークにて屋外練習しました。

20140405 (1)
Choo Choo KAWAです。これから上手に回転していきます。それにしてもつくづく不思議な取り合わせ、出会いだなあ。この人たちどんな演奏を見せてくれるんでしょうね。僕もがんばるんですけどね。

この日はチャランゴJizoさんもいっしょです。僕もですが近所なので朝ラクできました、ありがとうございました~。Wadaさん加入後では、Jizoさんと合わせるのは実は初めてになりますね。
ところがいたってふつうにできてた気がします。なんといっても管楽器さんが3本そろってからはピッチとリズムがかなり安定してきて、そちらの面で悩むことはほぼなくなりました。Wadaマジック&三矢の訓ではなかろうか。
おかげさまで去年に比べてかなりスムーズに仕上がるようになってて、Jizoコーチもホッとひと安心…表情からはわからんね。
それにしても見事な雨の狙い撃ちが多い気がするぞ、この中にきっとマエケンがいるんだ…。

20140405 (2)
ぽつぽつ小雨(氷雨)なので、高台のあずまやをお借りして音合わせ。風は微弱ながら寒かった…。だけど朝一番の本番に近いコンディションでもあろうから、よい経験になりました。後ろにあるのは赤子山。ここ見晴らしかなりいいんです、遠景も公園内も。おさわがせしてます、下から見上げて聴いてくださってた人たちもちらほら見えましたよ、ありがとうございましたー!

みなさんがんばって時間に余裕もできたので、今後の予定や打ち合わせなどしました。
ひとまずKAWAの2014年の活動としては、20日のステージが開幕皮切りとなりますが、その後もなにげにちょくちょくありそうで、これはたいへんありがたいことながらも、レパートリーも増やしていかなくちゃ。
新規の歌曲に、フォルクローレの定番もそろそろかたちにしておかないと。手っ取り早く各自ソロ演奏時の持ちネタを弦チームが伴奏サポートして即席に増やしたりもできそう…などなど、可能性を探っては実演奏試みたり。
春のお天気と同様浮かんでは消えするでしょうが、こうしてだんだんとシーズンのコマも固まっていくことだろう。それにしても本番ひとつ通り越しての未来展望とはスゴイじゃん!進展ぶりといいますか、実際一段二段上がれたのかもわかりません。ただまだ結果を出せたわけではないので、まずはの足元しっかり踏み越えていきましょうぜ~っ。

20140405 (3)
公園の中にはあちこちにサクラが植わっていて、花見を楽しむ人たちも多い場所なのですが、雨なのでさすがにこの日は人出もまばら。でもおかげでしっかりレッスン積むことができました。サンクス、ウェルネス。サクラ、園内ほぼ満開から散り始めといった開花状況で、もうしばらくは楽しめるかな。ここではスポーツやウォーキングしながらのお花見といったスタイルの人も多いです。

さて、KAWAに加入してからというもの新鮮な風をわれらにバシバシ吹きこんでくださってるWadaさんのブログを発見!こちらです → 「こだわり」の哲学と実践
バナーも作ったよ~、どうじゃあ!カッコよかろう。

wada-banner 「こだわり」の哲学と実践
KAWAの新メンバー、Wadaさんのブログ。アウトドアにフォルクローレ♪

一日の閲覧者が100単位で推移しているかなりの人気ブログだそうで、最近はKAWAやフォルクローレネタも増えているみたい。ドンドン見に来てくださいってことなので、ぜひぜひ遊びに行ってみよう☆

といったところで来週も、花より笛のKAWA一同、フォルクローレに音楽にこだわって楽しんでまいります。次はイベント会場にての実地練習第2弾だガンバルぞ

KAWA今後の予定:

 4月12日(土) 次回実地練習 三倉岳休憩所にて9:00から
 4月20日(日) アンデス音楽祭 マチュピチュ・エン・ハポン2014に出場予定
 4月27日(日) どこぞのフリマで演奏予定

南米フォルクローレ紀行が祝100回

nosaレポートCM(4) TB(0)

北海道・札幌のコミュニティFM“三角山放送局”で毎月1回、だいたい第4月曜の朝8:00と夜7:00(再放送)にネットでもオンエアされている、フォルクローレ専門の音楽番組『世界音楽めぐり・南米フォルクローレ紀行』。
3月の放送分は、なんとなんとめでたく放送100回(ただしほぼ)を迎えられたそうで、これまでのベスト版的リクエストや、リスナーさんからのお祝いメッセージも盛りだくさんな聴きごたえバツグンな内容となっていましたよ(わしのメッセージも読んでいただいたのだ)。
ということでお祝いかたがた、当ブログにても特集記事をアップさせていただきます☆(番組についてご参考にこちらの過去記事をどうぞ → “フォルクローレのラジオ番組” )

head_logo_20130525213751.jpg

毎月放送の100回というと、単純計算で8~9年前から続いてたってことになりますね(2005年からだそうですね)。僕が聴き始めたのは昨年5月からでしたのでぺーぺーリスナーではありますが、毎月欠かさず聴いてるよっ(…と言っておきながら実は今回リアルタイムでは聴きそびれたのだった)。
ともあれ現在日本で唯一のフォルクローレ専門ラジオ番組ってことで、回数関係なくその存在自体たいへんありがたいことですよね。パーソナリティのMさんほんとにおつかれさまです!

今回の放送では、Mさんがこの番組を始めるに至ったいきさつやその後の沿革など、冒頭から事細かに話されてたのですが、いやほんとにライクアローリングストーンで、人生っておもしろいなあって感じたり。北海道にOkadaさんがいらしたこともとても大きかったのでしょうね。よくぞこのピースにはまってくれたものだなあと。
開設当初から聴いてる方や、全国各地からと思われるリスナーさんたちのメッセージを聞いておりますと、肩ひじ張らないご近所的な気安さは、番組の雰囲気がそのまま反映されているかのような、そうそうこれぞフォルクローレの魅力そのもので、だからこそで長く愛されてきたのでしょうね。かつけっこうスムーズにリクエストが通るという爽快感は、逆にこっちがセーブせんにゃあなんて考える、遠くの世界にしてこの親近感とかいろんなギャップも素敵です。
あとアマチュア目線寄りなのもいい感じで深入りしすぎずでいいなって思います。そしてここで聴くリスナーさんの近況やリクエスト曲に込めたメッセージも、毎月ごとの楽しみでもありますね。

20140405 (5)
保存版CDだヨ作りました。カバー写真はメルセデス・ソーサです、姿見るだけで声聞くだけでどうにも涙出ますね…ペーパークラフトのペンギンはなんも関係ないけどよ。

さてリクエスト曲のほうは100回記念ということで、これまでの『南米フォルクローレ紀行』のザ・ベスト選のようなかたちで組まれていました。
やあすごい!列挙させていただきますと…。

 「コンドルは飛んで行く(El Condor Pasa)」 ロス・インカス(Los Incas) アルゼンチン
 「サリリ・パヤ(Sariri Paya)」 グルーポ・アイマラ(Grupo Aymara) ボリビア
 「ボリビアニータ(Bolivianita)」 カラマルカ(K'ala Marka) ボリビア
 「シサリナ(Sisarina)」 シサイ(Sisay) エクアドル
 「トード・カンビア(Todo Cambia)」 メルセデス・ソーサ(Mercedes Sosa) アルゼンチン
 「出会い(Encuentros)」 アカパナ(Akapana) ボリビア
 「リャキ・ルナ(Llaqui Runa)」 マヤ(Maya) 日本


日本のフォルクローレシーンを彩る名曲、あるいは日本でもおなじみの人気グループなどなど、幅広いフォルクローレの音楽性もしっかりカバーしたベストオブベスト的な布陣で、とくにこれからフォルクローレしっかり始めたいって方におすすめしたいキラ星のごとき曲の数々だと思うなあ。さっそくCDにして保存版でしょ。

といったところで、100回記念の『世界音楽めぐり・南米フォルクローレ紀行』の番組レポートを、勝手ながらお届けさせていただきました。
もちろん100は通過点で、次回の放送は4月28日(月)ということですので、まだの方はぜひとも聴いてみてくださいな。小さな地域の活動あるいは個人の趣味だとしても、音楽をとおしてグローバルに世界が広がっていくのが実感できることでしょう。
そしてこれからも200勝300勝、ずーっと続いていってもらえるよう、番組とフォルクローレをしっかり応援していこうじゃないすか。

ガンバレMさんありがとう!このたびは放送100回おめでとうございました。山口県民も負けじと大ハッスルしていきますよっ。それではまた☆

蒼天の扉

オリジナル曲CM(0) TB(0)

終わりと始まりの季節におくるオリジナル曲です。



誰知ることなくがんばって、つとめ果たせた充足感。しかしそれとともにたどり着いてしまった別れのさびしさにもつつまれて、新たな一歩を踏み出せないでいた春始まりの日々でした。
だけどこの峠の雲を越えていかなくてはならないよ、そして次のステージに新しい足跡を印すんだ。またひとりここで、1からはじめるすべはちゃんとはなさず持っているから。
峠の向こうで鳥も鳴く。だから進む、終わりはない。漕ぎ続けよう、奏で続けよう。

   Avance Stratosphere   クリックで試聴できます

構成はけっこうシンプルで、楽器もベースにドラムスにストリングスに、リードをとるのはシンセ系。この曲調にフォルクローレは合わないし、コンピューターで作る分にはいいんだと思います。
スペイン語のタイトルにあてた「Avance Stratosphere(アヴァンセ・ストラトスフェア)」は“成層圏を超えて”という意味です。初めて知ったけど“ストラトス”ってそういうことだったのか。
キーは、Dm→D→Dm→Dと、かなしみから力強く踏み出すように同主調転調していきます。
ところでかなしみこそが、未知の世界へと進む勇気を生み出してくれるのかもしれません。止まれば終わり、進めば始まるってことだたぶん。新たな門出がまたよい歩みとなりますように!(㊟青い鳥)

ついでに、今月の1曲にも挙げている「セレスティーナ(Celestina)」は同じモチーフの兄弟曲なので、よかったらこちらも聴いてみてくださいな。

いったん忘れるの術

活動歴CM(0) TB(0)

みなさまこんにちは。2013年度のおおとり日、3月31日の月曜夜は、2週間ぶりのArco練習でした。

20140331
髪伸びてるかな~と思いきや、やっぱりというかご覧のとおりベリーショートです。まだまだ見ていたい?うむ、今のうちだけかもだからな!

練習で集まるのが1週あいたので、前回やったこと決めたことがかなりの率で忘却状態。かつ仕上がり具合もかなり前まで巻き戻ったかも。これが、ブランクと、いうやつか…。

とくに すーちゃんオリジナルの「戦国のカバジョ」、春のステージで初披露をめざしていますが、確定したはずの編成進行が誰にもわからんという、ここにきてまっさらな境地に立たされた一同。しょうがないのでまたゼロから組み直してみることに。
そしたらね、前回やったこととほぼ同じようなところに着地して、さらに前回よりもより簡潔なスタイルに行き着きましたよ。やるう~!かたちは消えても見えない芯がしっかりできていた的な。

で、ギターやサンポーニャ、それぞれの詰めをパートごとに小グループ組んで、教え合ってやってました。とくにボンボさんは、作曲者からの指示がバンバン飛んではんぱない。ギターとの息の合わせも大事だね。
それにしてもグループでする音楽っていいもんだ、楽しいね。ありし日の若きチャフチャス軍団が今や、若手に負いつ負われついろんな音を奏でているよ

MEJ7チラシ-2MEJ7チラシ-1
クリックでまあまあ大きくなります。出演者やだいたいのプログラムも掲載されていますよ(ただし多少の変更の可能性もありだそう)。
アルコイリスは まっしーのほか、たしか第1回に北九州のグルーポ・タキさんと合同のコンパニェロスで出場したときの、すなわち大昔のステージ写真でも出ているね。行進も(第2回だろうね)みなさまハッスルされてるな♪


さてさて、その春の開幕のステージ“アンデス音楽祭 三倉岳 マチュピチュ・エン・ハポン”ですが、会場となります三倉岳休憩所に先日おじゃましたときに、チラシを1枚いただいてきました。
第7回目となるイベントポスターの今年のトップ絵は、うしろ姿のまっしーだヨ!大竹市の公共機関などに行くと貼ってあると思います。市のサイトにも出てますね。ただしチラシは翌週の“マロンの里春祭り”と表裏カップリングものとなっているので注意。裏返して見てみよう。

ということでわたしたち、いい演奏しないわけにはいかんでしょう。T.Kさんとの約束もあるしね。
まだまだチャージは足りないけれどできる合わせは2回ある、ここからしっかり追い込みかけて、いい開幕飾って、うま年のシーズンも元気に駆け抜けてまいろうで。

4月に入って桜咲き、今年もあたたかな活動の季節がやってきました。みなさまも各地でお仲間とよい日々をすごされますよう、そしてステージで、また風の便りで、お会いできること楽しみにしています。
お互い今年もよいシーズンにしていきましょう!それではまた☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun 2017
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay 2017
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena 2017
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste 2016
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2017
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Carinito 2017
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi 2017
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2017
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita 2017
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento 2017
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルの空 (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: