フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

つばめ score

楽譜CM(0) TB(0)

 楽譜MIDIカラオケ作成しますQZ会
QZ-banner
 簡易譜300円~、汎用譜1,000円~ ほか



著作権の問題のない伝承曲やオリジナルを中心に、自作の楽譜を公開します。
今回はこちら、2012年6月作成のオリジナル曲「つばめ」です。音源の参考にムービーをどうぞ。



 ※ 楽譜の公開は終了しました。ご利用ありがとうございました。

容量ライトなMIDIもあります クリックで試聴できます)

   TSUBAME

キー:D(Bm)
リズム:ヴァルス
演奏難易度:★★★☆☆

前半のA、Bメロをケーナ、後半のC、D、Eメロをサンポーニャ、そのあいだの前間奏をチャランゴ(ギターの高音弦でも可)で、旋律をそれぞれ担います。
シンプルな曲ですが、Dキーのため半音多く、笛が意外に手ごわいです(サンポーニャ部は今現在わたくし吹けません)。。
だけどうまくすれば笛はひとり、伴奏もチャランゴ、ギターの3人小編成でまわせます。気に入られましたら演奏してみてください。

ところで今回の楽譜は、MIDI作成フリーソフト『Studio ftn Score Editor』の打ち出し譜にコードなどを手書きで添えたものでアップしてみました。以前はこうはいかなかったのですが、最新のバージョンは小節の幅などけっこう見やすく設定できて、とっても便利になってます。
このソフト、無料でダウンロードできて、作譜はもちろん編曲作曲も可能、MIDIで演奏も聴かせてくれてカラオケなんかも作れます(オプションわざでMP3などに変換もOK)!おすすめです。
スポンサーサイト

蜂ヶ峯ローズフェスタ2014

演奏歴CM(4) TB(0)

初夏の好天に恵まれた日曜日、和木町にあります蜂ヶ峯総合公園で開催されました“蜂ヶ峯ローズフェスタ2014”で演奏してきました☆

20140525 (17)
初本格ストリート上演

1万人規模でお客さんが来場するとっても大きなバラ祭り、と聞いていたのですけれども、まったくもってそのとおり!絶好の散策日和もあって、のびのびとしつつもにぎわいのある気持ちのいいお祭りとなっていましたよ。
出演者が続々登場するステージに、フリマなどの出店もけた違いというか、人の集まりそうなところ以外でも園路の芝生の傍でオープンしていたり(それが粋な風情でいい感じ)、公園内がなにせ広いので、せまい~動けない~なんてこともなく、ほんと朝イチで来てゆったりと日がな楽しむのにもってこいなイベントではなかろうか!時間の流れがいいというかね。

20140525 (4)
本番前、メインステージに通じる裏路地にてリハーサル。春のステージでの轍を糧に、曲に楽器に衣装もほんのり刷新。お天気のほうもお昼前にかけて曇りテイストでありがたかった。

それでもってわたくしどもは音楽でお祭りを盛り上げるべく、ステージの出しもののひとつとしてお呼びいただいたのでした。ガンバルぜ!ということでさっそく本番のステージへ。
ところがあいかわらず、演奏前のマイクセッティングで時間をかけてしまい申し訳ございません。。前の出番のフラのダンスの方々からのせっかくのいい流れを受け継げず断ち切ってしまい、まったくもってよくないね。とくに故障がちなベースはなんとかしないとなあ。

20140525 (16)
ちょうどお昼あたりにありました、山口県のマスコットキャラクター・ちょるるによるダンスパフォーマンス。本ステージ周辺はこうしてつねにけっこうな人だかり。広い公園内、いろんな声や音が飛び交っているのだけれどお互い干渉とならず、そこここで異なるものながらともに奏でているようなまさにお祭り空間です。

気を取り直してフォルクローレ、5曲ほど演奏させていただきました。
よくない流れもあってはじめは???な雰囲気だったけど、そもそも笛をメインにすえたアコースティック音楽はものめずらしいらしく、さらに一般の方にもよく知られた名曲「コンドルは飛んで行く」あたりからまずまずお客さまの関心も得られていた感触。
そして、すーちゃん作曲の「戦国のカバジョ」のとき、Natachaさんがしっかり説明してくれたのもあり会場は、遠くの世界とようやくわかりあえたような お~!っていう一体感あるムードになっていました。のはず!

20140525 (15)
お昼休み中に長~いローラーすべり台すべったよ!スタート地点にはなんとケーブルカーで登るのだ(その沿道にはサルやクジャクやインコなんかの動物檻も並んでます)。
チケット1枚購入で3回トライできて(その都度係員さんに切符切りみたいな鋏を入れてもらう)、それは別の人が乗台?してもよく、なんだか青春18きっぷみたいですねえ。途中下車(乗車)スポットもあったりで車窓からの眺めもよくて楽しいわ♪
チケット制のアトラクションはほかにミニSLや観覧車もあったが時間などもあって割愛。また来たときは少しずつ攻略していこうかね。


失策多くてほめられたものではなかったけれど、とりあえずクオリティスタートでステージはつくれたかな。
そうそう演奏後、地元在住でボリビアから来日して20年近くになるFさんが、メンバーにあいさつに来てくださいましたよ!久しぶりに聴いた故郷の音楽なつかしかったって。人との交流に多少なりともお役に立てたこと確認もできてうれしかったな。
こんなによい機会をいただいて、今回のお話をお世話いただきましたIさん、Tさん、商工会のOさんはじめスタッフの方々、PAでお骨折りさせてしまいすみませんF楽器さん、そして聴いていただきましたご来場のみなさま、誠にありがとうございました!


今回撮った“ステージ演奏以外の”写真25枚でフォトムービーを作ってみましたよ、アルコイリスの演奏道中記です。よかったらご覧くださいませ。
BGM:♪ 『電気湯沸かし器』 ♪ 『チンボラソ


と、ここで任務完了ではなくて、本ステージから200メートルほど離れたところにありますバラ園にても、ストリート的に演奏してほしいとご依頼いただいてましたので、早めにお昼をすませたあとにもうひと演奏してきました。雲も晴れてお日さま出てきてアッツアツになってきたが、少なくとも30分は粘ろうぜ!
実はわれわれ本格的なストリートは初めてで、はじめおそるおそるな感じでやっておりましたら、だんだんと立ちどまりあるいは座って聴いてくださる人も増えてきて、1曲終わるごとに拍手などいただいて優雅なバラの香りにも包まれて、えもいわれぬ素敵なムードの音空間に…。カゼと寝不足でホウホウノテイだった まっしーも、ノリノリでギターかき鳴らしておりました。
イイね、ストリート!
途中知り合いの方にもばったり出会ったりしてうれしはずかし。。結局1時間ほど演奏させていただきました。
ステージのような環境もいいけれど、こんな自由なスタイルが僕たちには合ってるね。楽器と歌の生音だから時間や音響の制約もないし、いつでもどこでも演奏を届けられるのだから。
あと、意外にバラ園って相性いいのかも(かのやに光の冠山もよかったな。ところでお城を建てる際は敷地の中にケーブルカーにバラ園も組み込んでおかなくてはなりませぬぞ)。
これはもうまたきっと、どこかでしない手はないストリート☆

20140525 (18)
時折り鳴らす鐘の音と、ゆっくりめぐる観覧車も、ほんのり香るバラのようににぎわいを添えていて、自然に明るくほがらかな気持ちになりますね。

といった具合で演奏も、おかげさまでイベント自体も、とっても楽しむことができました。ありがとう蜂ヶ峯総合公園とローズフェスタ!
イベントあとは岩国でショッピング&お寿司をよばれて帰路に着きました。クタクタになったが楽しかった~。また練習や活動に励んでいいパフォーマンス届けよう☆

第100回アンデス音楽の夕べ ロビーコンサート

nosaレポートCM(3) TB(0)

22日の木曜夕刻、下松市の高台にある温水プール、アクアピアこいじにて開催されたロス・コイジスさん主催の定例ライブ“アンデス音楽の夕べ”ロビーコンサートに行ってきました。

20140522 (2)

今回でなんと100回の節目となりますこの夜は、ホストグループのロス・コイジスさんのフォルクローレはじめ、4組のゲストによる多彩な演奏も花を添え、たくさんのご来場の方たちとともに場内お祝いのムードに包まれていましたよ。本日はまことにおめでとうございます!

オープニングの「花祭り」を皮切りに、サマーピクニック(フォークデュオ)、ラス・ティアス(フォルクローレ)、ハイネーズ(馬頭琴&ギター&コーラス)のみなさんが次々と見事なパフォーマンスを披露していくなか、われらKAWAもエントリーさせていただいてたのだ。いざ3番手、しっかり盛り上げます~!

20140522n (3)

平日の午後ということもあって今回はこのトリオ。
nobuさん(ケーナ&ボーカル)、Jizoさん(チャランゴ&コーラス)、nosa(ボンボ&ビエントス)の3人編成でした。少人数ながら管弦打そろいぶみ(キックボンボさまさまよ)。おそらく初めての取り合わせ、がんばりましょうぜっ。

しかしそれまで快調そのものだったPAが、われら登壇するなり故障するという!なんか緊張がちがちテンパってる人とかいるとこんな電気系ハプニング起きがちな気がするんだけど、わたしかな…。
仕方がないので生音です。マイクで拾えてたとしてもそもそもは、生の音がちゃんと出てこそのものだから、どんだけ届くかチャレンジスピリットで1曲目♪

20140522n (1)

まずは、この日のために設えたスペシャルブレンド(メドレー)、「岩山のアロカワ」をお聴きくださいませ(曲名クリックでMIDIご視聴いただけます)。フォルクローレの定番曲のひとつとKAWAのテーマソングをひっつけアレンジしたものでございます。
そのテーマソングのほうの「アロカワ」なのですが、実は初お披露目だったのですよ。もちろん失敗はたくさんしたさ!でもいいじゃないか、長い旅路のはじめの一歩なのだから。

そして1曲終わったところでPAの交換がかなって(ヨカッタワ)、音響に通じたところの2曲目は、歌がメインの「太陽とみんな」。
こちらの曲は、われらがJizoさんがチャランギスタをつとめる島根の“グルーポ・ビエントス”のリーダー・柳井勇さんの作詞作曲で、津和野のまちのケーブルテレビのオープニングテーマにもなっているご当地ナンバーを演奏させていただきました。

みなさま手拍子にラララのうたもたくさんご参加くださってありがとうゴザイマシタ!やってるほうも明るく元気な気持ちになれる1曲で、100の記念に彩りをチャント飾れたのではなかろうか。音楽の、曲と歌の力ってものを感じたし、なんてったってトリオ・ザ・KAWAもがんばりましたからね~。演奏に撮影にPAに、お忙しいなかおつかれさまでした☆

20140522 (1)

その後のステージは順調に、ラストはロス・コイジスによるフォルクローレ演奏で「コンドルは飛んで行く」に、アンコールの「エル・サリリ」はご来場の方々もいっしょに大合奏でフィナーレとなりました。
おっと熱気冷めやらぬうちにお楽しみ大抽選会も催されていましたよ。歓声飛び交う会場内、とっても明るくあったかな雰囲気で、いい夕べのひとときでした。お菓子にコーヒーのふるまいもあったしありがたかったな♪スタッフのみなさまおつかれさまでした!

ところでこの“アンデス音楽の夕べ”ロビーコンサートは、この回をもってひとつの区切り、毎月開催だったのを年数回開催とするそうです。
100の回を重ねるあいだに常連さんのなじみのお顔、そしてお客さまもだんだんとなじみの曲も増えてきて、月一の習慣のようになってきていた方もおられるはずで、さびしい思いもしますけれども、きっと元気にまたの再会となるようお互いよい日々をすごしていきましょう!僕らももっともっといいステージお届けできるようしっかり腕磨いてネタ仕込んでおきますからね~☆

20140522 (5)

思えばここでいっぱい曲聴いて、たびたび出演もさせていただいて、なによりたくさんの出会いがありました。僕にとっては間違いなく“ステーション”のような場だったし、そう感じておられる方はきっと僕だけではないですね。
いいところだったし、楽しかったから、また来ていっしょに楽しもうじゃないすか。それぞれが感謝の思い抱えてたなら、もっともっとおもしろいムーブメントにつながっていくかもで。年に数回のだけでなく、つながりはたくさん築かれたはずですからね。
まあひとまずは「Hasta Otro Dia」またいつか(ラス・ティアスさんたち演奏されてました)ごきげんよう!ありがとうございました

ロス・インカスのコンドルは飛んで行く

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

フォルクローレの代表曲といえば、1にも2にも「コンドルは飛んで行く(El Condor Pasa)」。
ジャンルを問わず、世界中のミュージシャンたちによって数限りないアレンジを施され演奏、愛好されている名曲ですが、その世界的名声を得るきっかけとなった、サイモン&ガーファンクルのボーカルカバーバージョンのムービーをどうぞ。



このボーカルミックスに用いられた音源が、アルゼンチン出身のホルヘ・ミルチベルグ(Jorge Milchberg)を中心としたロス・インカス(Los Incas)の編曲と演奏によるものでした。
個人的にはこの曲は、歴史上の事実というか伝説の類いの感覚で、知ってはいたがピンと来ず、この演奏を見たのちもどうして世の人たちったらコンドルコンドル言ってるのだろう?と謎に感じていたのでした(右に倣わないタイプです)。
ところが先日、インターネットで聴けるラジオ三角山放送局世界音楽めぐり・南米フォルクローレ紀行』の放送100回記念の回で流れた、ロス・インカスのオフボーカルバージョン(二部形式)を聴いて、なんだかいい曲じゃないか!と感銘を受けて作ったMIDIがこちら。

   El Condor Pasa - Los Incas ver.   クリックで試聴できます

サイモン&ガーファンクルのバージョンはヤラビ部しかありませんが、こちらはその後ろにワイニョ部もくっついてきています。

いろんなコンドル飛んできて辟易していたのもあって、原点に立ち返ったかのようなシンプルさと有機的なあたたかさが身に沁みるようでした。どこかなつかしく、にぎやかさにさびしさも同居して、欠落あっての完璧さ、不思議な奥行きを感じます。
さすがに世界を魅了した大もとのアレンジだ、これでこそなら演奏させていただきたい!
しかし音の配列をなぞるだけならそうむずかしくはないかもだけれど、あの味わいはその向こうを見据えないとわかってこない気がします。
音の配列を華美に凝らすのではなく、いや凝らしたからこそ気づけたかもな、求心的な方向性をきっと訪ねていく曲なのだ。



以前はなんだか的外れなような、わけわからんふうだった歌詞も、いく分鮮やかに感じられるようになってきました。民族の悲哀やあるいは感傷的に歌ったものよりも(そこに生まれ育ったわけではないし結局感情移入できないのもある)、もはやこれこそ「コンドルは飛んで行く」。大地を感じているからこそ飛ぶんだね。いろんな体験糧にしていい演奏に表現していきたい。確かにそうさ!本当にそうありたい。

KAWAの練習 ~ 初夏の新曲増量キャンペーン実施中

nosaレポートCM(0) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。午前と午後で場所とメンバー入れ替えて音合わせしました。

20140518 (2)
Showさんからの差し入れ、下松SAで入手したドーナッツです。甘く、そしておいしい。スイーツとブラックコーヒーがわれらKAWAの定番。

まず午前中、いつもの本拠地で4人にて、にわかに増えた新規課題曲の数々や、まともにやってない大定番を軽くさらってみました。

はじめにNishikiさんチョイスの「アウキ・アウキ(Awki Awki)」。
AメロBメロだけのシンプル構成なので、音源聴きながらホワイトボードにドレミ譜抜き出して(まあまあいい塩梅の手抜き)、メロディと流れを確認して履修1回目終了。あとは聴き込みおねがいします(時短と自発的習得力向上を狙って…というか手抜き)。

つづいて「リャマの道(Camino de Llamas)」。
旋律はある程度みんな把握しているし、こちらは聴きながら(ちょっと珍しどころというか参考音源はこれがけっこういいんです、ただキーがB♭(Gm)でつらいのでGに下げて演奏)トリルやポルタメントなどの装飾音テクニックを解析。いっぽうウニャさん流の枯れた音色はどうしましょう。

そして「エル・コンドル・パサ(El Condor Pasa)」は、この名曲を世界に知らしめたソースともいえる、ロス・インカスのバージョンを丸呑みさせていただきます。
今までどうも気持ちが乗らなかった曲ですが、とくにわたくしとリーダーさんですが、毎月放送しているインターネットラジオ三角山放送局の番組『世界音楽めぐり・南米フォルクローレ紀行』の放送100回記念の回で流れてきたこのバージョンがビリビリきて、コレだったらやってみたい!ということで、結成ようやく3年目にして本格習得に乗り出したのでした。
まあこれも時間とかの関係で、音源聴いてちょっとやったという程度だったけれど、完成すればこれで大手を振ってフォルクローレやってます言えそうだ。次回までにはMIDI解析と楽譜も用意いたします、がんばりましょう‼!

20140518 (3)
この日の園内はよいお天気もあってかなりの人出だったのですが、うまいこと展望台が空いてました。感謝ですふるさとのみなさん!

午後からは、木曜のロビーコンサートで演奏する予定の3人で合わせをするべく、nobuさんと僕で練習を途中で切り上げさせてもらって、時間と場所の都合がこのときだけOKだったJizoさんと柳井のウェルネスパークで合流。青空と休日のにぎやかな園内をバックにすがすがしい気分になりながらレッスンしました。

お題の曲目は、われらKAWAのテーマソングとフォルクローレの定番のひとつをドッキングさせた「岩山のアロカワ」と、昨年春に上演した経験ありのうた曲「太陽とみんな」。この2曲、nobuさんチョイスでまたまたファインプレーですね♪
アロカワ」は、8分の6拍子のカルナバルのリズムがどうかなあと思っていたのが、どういう経緯かからだが覚えたようなことになってて、これは日々の聴き込み吹き込みの蓄積にほかならないとは思うのですが、ふつうになぞれるようになっててめでたいな~。一歩一歩、無駄ではなっかたのですね!
場所を隔ててNishikiさんとShowさんも、二人居残りで合わせたはずだけどどうだったかな?まあなんてったってテーマソング、この曲さらっと演奏して堂々「KAWAです」言えたらカッコよかろう。やってみせましょう‼!

個人的には笛吹きながらのキックボンボの刻みを、はじめ4拍子でとっていたのを、Jizoさんのアドバイスで3拍子取りに直してみたところ、自分自身もまわりも格段に演奏しやすくなって大収穫。ありがとうございました~!
このところフルではなくて3人KAWAが多いのだけど、三人寄らばでいい到達点が見つかるものですね。やはりグループ演奏っていいな、尻込みせず野外で太鼓叩いて笛吹けるしな

あと「太陽とみんな」の、演奏してて楽しい名曲っぷりを再認識。
作詞作曲・柳井勇。地元ケーブルテレビのテーマ曲にもなってて、その演奏グルーポのチャランギスタさんがわれらの一員だったり、石見とそのかいわいのお宝のよう。これからたくさん演奏させていただこうと思ってるので、どうぞお楽しみに。よかったらいっしょに歌ってくださいませよ♪

といった感じで前回から引き続き開催中の、一般向けの屋外ステージを想定し盛り上げるための“初夏の新曲増量キャンペーン”。その内容の一部をご覧いただきました。
というかほぼ全部かな~。ほかはむずかしくて手を付けるとパンクしそうだし、すでにけっこう多いから、夏本番のキャンペーン用にもとっておかなくちゃ。
しかしとにかく情熱が燃えているのはたしかっぽいので今のうちまじめによ~く練習して、納得のいく青空舞台30分こなせられるようしっかりランクアップしていこうぜKAWA

KAWA今後の予定:


 5月22日(木) ロス・コイジスさん主催の第100回アンデス音楽の夕べ ロビーコンサートにて演奏(nobu(Q) & Jizo(Cg) & nosa(B) トリオ)
 6月 1日(日) 次回練習(予定) 玖珂あいあいセンターにて9:00から

5月の演奏予定とイベント情報

行事予定CM(4) TB(0)

風薫る5月、アルコイリスが出演しますイベントと、メンバー参加およびおすすめのステージをご案内します。

                                             

蜂ヶ峯ローズフェスタ2014

と き 5月25日(日) 9:00 ~ 15:00
ところ 和木町 蜂ヶ峯総合公園
    ※ 雨天の場合は6月1日に順延

高台にある広大な公園に咲く満開のバラ(その数4000本だそうです)に囲まれて開催されるイベント。ミニSLに長~いローラーすべり台に瀬戸内の海も望める観覧車の諸設備に、当日はフリマや飲食の屋台も出店し、多くの家族連れでにぎわいます。(イベントの内容についてはこちらをどうぞ → ポスターPDF表 ポスターPDF裏
ステージの出しもののひとつとしてアルコイリスも出演(10:30ころを予定)、バラ園でも演奏します。
なお会場へのアクセス道路は、イベントの開催時間帯はたいへん混み合うとのことですので、早めに来園してまる一日、バラとお祭りをゆっくり楽しまれてみてはいかが☆

                                             

第100回 アンデス音楽の夕べ
ロス・コイジス ロビーコンサート

と き 5月22日(木) 18:00 ~ 19:30
ところ アクアピアこいじ(下松市河内140)
出 演 ロス・コイジス、ハイネーズ、ラスティアス、KAWA、サマーピクニック

ロス・コイジスさん主催の定例ライブも、今回でめでたく100回目!その記念のコンサートは多彩なゲストとともに、抽選会や喫茶コーナーでおもてなしいただけるようですよ♪
KAWAも nobu & nosa(ひょっとしたら& Jizo)で出演、2曲ほど演奏させていただきます。うまくいくかはわからんが、なんだかんだ盛り上げるぜ☆

                                             

シルクウェイにちはら 2014感謝祭
ビエントスライブ

と き 5月25日(日) 13:30(予定)
ところ シルクウェイにちはら(島根県鹿足郡津和野町池村1997-4)

島根・日原の9号線沿いにある道の駅の初夏恒例のお祭り。飲食ブースや地元特産品の販売店もたくさんオープン。閉会前には盛大な餅まきも。
イベントは土日の2日間にわたって開催され、初日は神楽、2日目は地元ミュージシャンのステージで充実。その2日目のステージに、KAWAのチャランゴ奏者でもあるJizoさんがメンバーのグルーポ・ビエントスのフォルクローレライブがありますよ。
わたくし米ガトーは行けないのですが…鮎や蟹やわさびをはじめ山川の幸とともに、山さとに響き渡るフォルクローレ(オリジナルご当地ソングもあるぞ!)を味わいに出かけてみませんか☆

にぎやかビート響き渡る夜

活動歴CM(0) TB(0)

たくさん降った雨の上がった12日の夜は、いつものArco練習でした。

20140512 (1)
東京アルコのUzuちゃんから、先ごろ生まれた娘ちゃんのお祝いのお返しが届いたよ。とある女優さんと同じ名前だしカワイイね、オメデトウ‼

この25日にいただいている野外イベントに向けた曲合わせ。ざっと挙げた候補の中から10曲ほどなぞりました。
この日の課題は、少人数対応のためもあって新規導入したキックボンボを、今回の曲中に組み込んで演奏できるのかの確認です。
この楽器システム自体が実際に使えるかどうかは先日のKAWA練習で実証済み。改良パーツとゴムシートのおかげで動かん、滑らん、バッチリよ。
さあ演奏でのフィーリングはいかがかな?

20140512 (3)
ふつうのボンボにキックボンボ、ダブルのボンボでビート祭り~♪

いけます、使えるぞ!
ただ笛吹きながらではとってもむずかしい曲もあるので、今回出場のメンバーにもやってみてもらいました。Oh,みんなセンスあるわ~。
このキックボンボ、どうにも足腰にけっこう負担がかかるんだけど、若手にとってはそんなに辛くはないらしい。刻みも自然になめらかで上手だしせっかくだから、何曲かずつ手分けしてやってもらうことにしましたよ。
(キック式のパーカッションと同時演奏するならば、ストローク中心の弦との相性がもっともいいみたい。簡易なメロディの曲なら管ももちろんいけますね。いずれにせよ複数の楽器を同時に操るわけだから、それなりの労力を要します。)
ふう、助かるわい。活気に満ちたキラキラ笑顔の平成生まれに21世紀少年。まぶしゅうて息切れするわ…いつの間にか歳をとってしまったものよのう。

20140512 (4)
12歳になりました!先週今週とプレゼントもらって「誕生日っていいね、産んでくれてありがとう。」母への感謝も忘れない。憧れの人は はかせたろう と せさるまいぐあ、すーちゃんです♪

さて、Arco最年少メンバーのすーちゃんは、先週で12歳になりました。おめでとう!
おっと、彼が生まれる少し前からフォルクローレやってる僕たちも、負けじといい年輪を重ねているぜ。次世代の成長に、さらに新たな命の誕生に。こんなにいい景色を見させてもらって、グラシァス音楽。

ところで、にぎやかなビート響かせてたなら僕たちは、けっこうそれだけで幸せなのかもしれないと、ここにきて気がついた。つまりキックボンボ、いいアイテムがやってきたんじゃないかなあ。
ヘッドフォンもイイネ、新しくやってきてくれたもろもろごとも元気になるネ!いい演奏に仕上がるようがんばっていきましょうで☆

KAWAの練習 ~ テーマソングが通行手形

nosaレポートCM(0) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。5人そろって久しぶりの本拠地練習でした。

20140511 (3)
Arcoから出張のキックボンボといっしょに撮りました。ゴムマットシート敷いて床とピッタリ密着、改良の成果も上々で2時間超の実戦に見事耐えました!あとはこちらの体力がひたすら及ばぬだけ。。しかしおかげで演奏もドシッと安定するし、このシステムは使えます☆

初夏~夏のシーズンに向けてのリスタートで、レパートリーの洗い直しをしましたよ。
フリマなど野外でのステージを想定した、にぎやかな曲を中心にピックアップ、ひとまずの演奏実現性を確認です。
上がってきた曲目はサンフアニート(San Juanito)が多かった。次にワイニョ(Wayño、Huayno)、タキラリ(Taquirari)もいいですね。だんだんと明るくオープンになっていく季節的にも、こうした方向性と傾向は今のわれらにフィットしてるんじゃないかなあ。
ちょうどキック式で導入したボンボでビートも刻め始めたし、リズムのりして…これって実はかなりエモーショナルな出来事なのでは!春の舞台こなしたこともあって、ひと皮むけたかも

20140511 (1) 20140511 (2)
室内での練習後、玄関前で青空延長レッスン。なつかしい うた曲もでてきました。Showさんもボーカルいけるし、まわりのグルーポさんあんまりボーカル曲やってないこともあるし、こちらの方面に力入れていくのもよさげ。それがまた“KAWAらしさ”につながっていけるといいな。

あとなんとカルナバル(Carnaval)の曲も!…というか一応KAWAのテーマソングなんすよね~。
アロカワ(Arokawa)
リーダーNishikiさんの提言でちょっとやってみましたら、以前は8分の6拍子のリズムに合わせられなかったのが、ここにきて全員がまずまずなぞれるようになってました!なんだかんだいろんな経験が実になってきたっぽいぞっ。
さっそくサブメロディも取り込むべく励んだり、本格習得に向けてエンジンがかかってきたもようテーマソングも演奏できるようになれば、グルーポとしていっそう箔が付くというものよ♪

さて僕たちKAWAは現在、これからフリマや、音楽他ジャンルの集うイベントに出させていただくべく(すなわち一般向けに自分たちの音楽〈ジャンルと音楽性〉を周知していく目的も持っている)、そのための準備をしている期間にあります。
今までけっこう“お好みの曲”から入って、スタンダード的なものをふまえずにここまで来たけれど、そろそろ「花祭り」や「コンドルは飛んで行く」など定番はじめフォルクローレナンバーも、本格的に取り揃えていかなくてはならないし、そうできるだけの楽器、演奏力、そしてメンバーといった各要素も、少しずつととのってきたように感じてます。
外に出向いていくためのシグナルとしても、この3曲が完成することで、いよいよゴーサインの青ランプも点るかなって思うのだ。花祭り コンドル アロカワ!練習ガンバロウ☆
というわけでモチベーションも高まって気候も良好、この機運に乗じてスイスイ走り出しちゃおうぜKAWA

KAWA今後の予定:

 5月18日(日) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて10:00から
 5月22日(木) ロス・コイジスさん主催の第100回アンデス音楽の夕べ ロビーコンサートでプチ演奏(nobu & nosaコンビにひょっとしたらJizoさんも)

キックボンボ〈改〉

つくりものCM(2) TB(0)

ボンボを足で叩くシステム、キックボンボに改良を加えました。

20140506
新規追加パーツその①:立った状態でペダルを踏むときに負荷がかかりにくいようかかと台座を設置。上辺と下辺で高さが異なるリバース式。

昭和の日に完成し、憲法記念日にさっそく実戦投入するも、ウォーキング(叩くにつれて太鼓が動いていく現象)や踏みにくさ等のマイナスポイントを確認、検証したうえで改善を施し、こどもの日にリニューアルしました。
連休をまたにかけてできあがったのを記念して“飛び石くん”と再命名ダ!

20140505 (7) 20140505 (3)
新規追加パーツその②:黒いゴムひもで台とボンボをしっかり固定。ホームセンターにフック付きのいいのがあった。

上はボンボ台をばらした状態と組み上げセッティング完了の図。
のせるボンボが直径33cm程度と小さめなので、部材はこのくらいでおさまりました(専用ケースのサムライブルーのトートバッグに一式入ります)。
それにしてもボンボ自体軽い楽器なので、重量によるオモリの効果が見込めず、叩いたときに動いてしまいがち。反面持ち運びはまずまず楽ちんです。

20140505 (4) 20140505 (5)
新規追加パーツその③:台にL字金具をネジ止めして、辛めに刻んだジョイント用木型をペダルにはめ込んで前後左右への揺れを防止。これがなかったときは…揺れまくった。

ボンボ台とペダルの接合部の拡大写真です。
当初はボンボと台がお互い離れなければいいやと考えていたのが、それだけではいろいろと不都合な関係になってしまい…いい距離って大事です。これでしっかりつかず離れずの状態保存。
ジョイントさせるペダルの形状に合わせて、木型に細工をしただけの簡単パーツですけどね。
ちなみに木材部の加工はほぼすべて工房Yujiのお仕事ですよ。

20140505 (11) 20140505 (8)
完成品の使用例。座りながらでも、もちろん立ってでも叩けます。一人で複数の楽器を同時に演奏できる喜びを味わおう!ところでキックボンボやってみて初めて自分の利き足ってものが判明しました。

Arco練習で使ってみましたが、フローリングの上だったのですべるすべる!演奏時にこんな環境もないとは限らないし、ウォーク防止のためのゴムマットは買っておきます。
奏法的には、かかとを床に着ける“ヒールダウン奏法”、かつ、打撃してすぐにビーターを打面から離す“オープン奏法”がいいように感じました。というよりかそうでなくては、ボンボの皮がベコベコなのでもともとの音が弱いうえに、ミュートになってしまって全然響きません。踏むことよりもいかに離すかがカギみたい。センスと努力が必要だ。
あとは実演奏で使ってみて適宜微調整(ひたすら調整かもわからん)、そして打弦or打管同時演奏の技術向上に努めよう☆

新緑の午後練習

活動歴CM(0) TB(0)

5月5日は端午に立夏にこどもの日。いつものArco練習はお昼の時間にしましたよ。

20140505 (16)
ノスタルジックに こどもの日

この日は2週間ぶりに集まったのもあって、内容盛りだくさんでした。
と、その各コンテンツに行く前に、本線の曲練習にもたっぷり打ち込んだ点をアピール。この月末に出番をいただいているイベントに向けてのレッスンなのでしたが、そこでは本ステージに加えてストリート的な小舞台もあるみたいで、とにかく曲数をこなす必要がありそうなのだ。
ということでレパートリーの中から、自分たちの得意な、リズムのりするものを中心に、10曲程度はパートと演奏実現性を確認してピックアップ。
今回は4人での最少編成バージョンになるし、時間もたっぷりあるわけではないから、集中して音合わせに励んで完成度高めていきますで!

20140505 (9) 20140505 (12)
初対面のキックボンボ

しかし人数少ないって感じる4人編成は、実はフォルクローレの基本形コンフントに必要十分なフォーメーションではあるんよね。でもやはり曲によっては手が足りないものも出てきます。

そんなときは新戦力のコレが活躍、先月昭和の日に完成したArcoバージョンの“キックボンボ”でございますよ!
3日のつつじ祭りでさっそく実演奏導入してみて把握した要改善ポイントをリペアした改訂版(このあとさらにかかとの台座も作りました)。
まあまあいい感じだったけど、ベコベコ皮のボンボで音がショボイのと、さすがにフローリングの上ではツルツル…。板張りコンクリート芝生の上とても多少のウォーキングはあるだろうから、マットを設える予定です。
しかし、音楽教室でドラムもちょっぴり習っている すーちゃんはさすがに上手いもので、こんな人見たことないんだがバイオリン弾きながら刻んでる。ほかの出演組メンバー計4人はこのキックボンボ、全員必修ですからの。

20140505 (14) 20140505 (13)
帰ってきたPiyoケナーチョ

お次はこちらをいかがでしょう。お茶うけお菓子をいただきながら…。
Piyoちゃん所有の迷子になってたケナーチョが、やっとこさ帰ってきたよ(ケース付き)。
よかったよかった!音域もマッチングするバイオリンとのハモりがいい感じになるのではとにらんでるのでよろしくたのむぜ、われらがArcoの副旋律女王さん♪

こうして改造や出戻りなど新規ではないものの、楽器面、じわり充実中。拡大路線ではなくて、すでにあるものを最大限活かそうというスモール戦略とでもいうのでしょうか。現状まあ内面はたっぷり絞り込まんといけんしな。
さらにここにきて管弦打の役割分担が固まってきつつあります。今までは一人がいろんな楽器やってきたけれど、ポジションが固定されることが結局、楽団の完成形と言えるのかも(そうでないとステージではマイクとかほんとタイヘンなんよ)。ただここらへんは複数パートも可能なようにやわらかくしておくのが、アルコイリスらしくていいなとも思うけどね。

20140505 (19) 20140505 (20)
Suzuma先生の放課後バイオリン教室

ひと通り曲練習したあとは、Suzuma先生による放課後バイオリンレッスンの始まりです。
おっ、生徒さんが一人増えたようですよ!二人とも楽器構えた姿がさまになってるし、さっそくいい音出てました。すーちゃんの教え方がいいと好評で、はたで見てても気持ちのいい空気が流れてて、外野のおしゃべりも大いに弾むのでありました。
教わるほうも教えるほうもとってもイキイキしていて、恒例となりつつある課外授業の見学もなかなかよいものよ。ところでもう、そろそろバイオリン買っちゃいなっ。

20140505 (17)
誕生日は おなじみハッピーバースデイトバボンボ

そして本日の締めくくりはこちら。
もうすぐやってくる12歳の誕生日を、自らボンボ叩いて歌って祝う すーちゃん。「ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」の歌をトバのリズムで乱れ打ち~!
ちなみにこの日の服のコーディネートは桜井くんなんだって。次は有吉来るかな?(だけど毒入りはカンベンな!)といったところでまた来週☆

つつじ祭りでNobu&Showオンステージ

nosaレポートCM(2) TB(0)

5月3日憲法記念日、周南市新南陽で開催されました“永源山公園つつじ祭り”。その初日エントランス広場のステージにご出演のnobuさんの演奏に、Showさん(誰⁈くわしくはのちほど)といっしょにご相伴にあずかってきました。

20140503 (2)
僕らというかnobuさんの出番の直前、ハリーさんのステージ。ポッターの主人公くんに似ているのでハリーさんだそうです。お、たしかに!見えるかな?その右手にはバッチリきまった衣装でスタンバイ中のShowさんがいます。さらにその右の小型円形プール群では錦鯉の品評会、左後ろ手ではひょうたんの展示会もやっていました。

フォークやロック、プロミュージシャンに高校生、いろんなジャンルや出演者が会する音楽ステージに、主催者Oさんの肝いりでnobuさんが出演枠いただいていたところを、KAWAメンバーの二人で押しかけセッションしましたよ。まあソロでするより心強いことでしょうし、nobuさんみなさまどうぞよろしくおねがいします!
朝9時前に出向いて、出番は12時半とのことだったので、ちょっと上がったところにある あずまやでひとまずリハーサル。

僕はこの日が初めてだったのですが、ゴールデンウィーク期間中の3日間にわたって行われるこのお祭り、いろんな出店にフリマにステージイベントなど規模も大きめで人出も多く、早い時間からにぎわっていました。
まぶしい新緑にさわやかな5月の風、そしてこんなによいお天気ですよ!すぐ近くのゆめ風車通りでもイベントやっていて、かいわい活気にあふれておりました。

20140503 (1)
こちらのお二人、音程、主と副の音量バランス的にも相性よくいいコンビ。KAWAとは別に“nobu-show”デュオで売り出してみる?

さてそんな中、われらやっぱり笛ざんまい。時間が来るまで吹きまくり。ステージ衣装も素敵だネ(かたやわたくし私服です、やる気あるのかい!ないのかい!)。
合わせをしながら本日のお題を決定。フォルクローレの定番「花祭り」と「コンドルは飛んで行く」に、慣れた1曲「恋の花」、そして5月にベストマッチ的な「カゼイロ」をセレクト。これはなかなかいい選曲だったと思うよ!お祭り向きだし、「コンドル…」もできて経験値も上がった気分。

あと、新戦力のキックボンボもさっそく実戦導入だったのですが、こちらは大いに改善の余地ありでした。
ペダルとボンボが離れたりはしないものの、打撃を重ねるにつれて接近や横揺れ、両者そろって多少のウォーキングにいそしんだり…。もっと強固な関係性を構築しないとダメだあ~。
さらに何曲も続けてやってると、ももやふくらはぎがもちません。。演奏しながらトバのダンスやったような疲労感。腰から刻む技術の向上、体力の増強をはからんと。Arcoでは替わりばんこでやりましょう。

20140503 (7)
鯉のぼりをバックに撮ってみたよ~。サワヤカ~。Nobu&Showだよ~。

そしてやってきたステージ時間。
お客さまもまずまず行き交っててうれしかったのですが、あいかわらず浮き足立ってテンポ速っ…。風など変動ある外気と人前の雰囲気は今回も手ごわかった。でもOさんも言われてたようにピッチは安定していたから、ここがとっかかり修正していくためのベースにはなりますね。
みんな慣れない屋外のコンディション。しかしフォルクローレは本来そういうとこの音楽だと思うし(空の下が似合うしそっちのほうがなんてったって気持ちいい)、不備はあっても都度改善心がけて修行に励んでいきましょうよ。
ということでお二人とも朝早くから長時間おつかれさまでした。Oさんはじめスタッフのみなさま、聴いてくださったお客さま、誠にありがとうございました☆

wada-banner 「こだわり」の哲学と実践
KAWAの新メンバー、Wadaさんのブログ。アウトドアにフォルクローレ♪

ところでご報告。KAWAメンバーのWadaさんの愛称がShowさんに決定いたしました!
本名の末尾に“w”を付加したもので、芸能的な“みせる”の意にも通じ、海外の方からも呼びかけやすく展望広く、たいへんムイ・ビエン、ファインです。そのうち異国の街角でケーナ吹かれてるかもよ。
ちなみにShowさんのブログタイトルのかしらにShoをつけると“Show Adams”。すでにケーナソロプレーヤーとしてプロの方々とも数多くセッションこなされてるそうですし(この日も出演者のお知り合いたくさんおられたようでした)、なんかもう名実ともに立派なミュージシャンでございますねーっ。

キックボンボシステム完成!

つくりものCM(4) TB(0)

アルコイリス待望の新戦力、“キックボンボ”システムが完成しました☆

20140429 (2)
楽隠居中だった初代Arcoボンボにお出ましいただいた。こうしてリバイバルして活躍する姿を見られるのはうれしいね(高かったしな)。ちなみに4月29日昭和の日に完成したので“昭和の響き”と命名。

キックボンボ、すなわち、足でボンボを叩くためのセッティング一式。
チャランゴやギターを弾きながら、あるいはサンポーニャやケーナを吹きながらボンボのリズムを刻めるので、小人数編成におけるバリエーションと自由度がグンと上昇すること請け合いです。
リズム寄りな音楽性のアルコイリスに必須のボンボ。だけどパーカスに人員を割かなくてはならないのは痛かった。これで弦1の管4とか、弦4なんてのもいけますな!

20140501 (3) 20140501 (1)
木製土台の製作は工房Yujiに依頼。ペダルは元ドラマーの妹の所有物を勝手に拝借。一部の部材と金属製のジョイント部以外はあるもので済ませたので、まずまずお安く上がりました。こういうところも民族音楽の醍醐味といえるかも。

ドラムセットのペダルを土台に固定して使います。
簡単な2ビート主体になるけれど、ほとんどのリズムはそれで十分でございましょう。ボンボはもちろん通常の使用も可能だから、凝った刻みがほしいときは適宜対応可能です。
木製のセットの土台は組み立て式で、ばらせばコンパクトにまとまり持ち運びにも便利だヨ。
さあこの新顔くんとレパートリーも洗い直して、いろいろ試していこうじゃないか☆

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

suzuma-banner02
すーちゃんのブログ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun 2017
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay 2017
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena 2017
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste 2016
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2017
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Carinito 2017
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi 2017
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2017
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita 2017
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento 2017
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルの空 (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: