フォルクローレ演奏グルーポ~アルコイリス~

山口県周南地区を中心に活動する“ポップス系”フォルクローレ(南米民族音楽)愛好グループです。1999年に結成し、メンバーは現在6名。“アルコイリス”とはスペイン語で“虹”を意味することばです。

KAWAの練習 ~ 明日に向かって19曲

nosaレポートCM(4) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。五月雨がぽつぽつ降り始めた土曜日の午後、本拠地で練習に励みました。

20150530 (1)
Showさんが買ってきてくださった あっさり系の夏みかんパイ、初食べだったが形がロングで食べやすくおいしかった。その横はHayamaさんからいただいた なかなか貴重なCD2枚。エクアドルのSグルーポのほうはなんと、来日前の時代にアメリカで制作されたもので、現在との音楽性の違いに驚きつつも彼らのルーツや道程を垣間見た思い。

この日は4月の今昔市ライブを見に来てくださっていた、由宇で放牧場を営んでおられるHayamaさんが見学にいらっしゃいました。ようこそ!
バンドでベースを担当されつつギターやドラムも嗜まれ、またイベント等でPAの経験も豊富で(楽器や音響機材も写真みせていただいたらすごいラインナップだった)、以前からフォルクローレにも大いに関心を抱かれていたそう。来日当初のSisayのライブもご覧になってたそうで、当時のCDなどいただきました。ありがとうゴザイマス。
今昔市でわれらKAWAの音楽性も気に入ってくださったようで、この日の練習を録音した音源を持ち帰って練習に打ち込みますと仰っていただきました。ウレシイじゃあ~ないか!いつかいっしょにセッションできる日も楽しみに待っていますよ

20150530 (5)
練習終えて、帰りついでに行ってきた、光市束荷の“里の厨”で行われた“ホタル観賞祭り”。あいにくの見事な本降りっぷり。ステージではロス・コイジスよりTakeoさんとTamuraさんのデュオで、オカリナさん(4人とも地元出身のTamさんの教室生さん)たちのサポート受けて演奏されてました。ほかの出演者さんもだけど雨の中での音響がたいへんそうだったけれど、竹の笛の音はいいもんじゃろ~。雨でもなお元気な子どもたちの合唱にも活力をもらって、なつかしい祭りの雰囲気に浸りました。ちなみにここには手作りケーナも置いてあるのです。さあみんな~吹いてみようぜ!

グループのレッスンとしては、これまでのレパートリーの総ざらえをしました。
ホワイトボードに過去に取り組んだ19曲を列挙して、1曲1曲演奏しながら習熟度の確認。取りこぼしあれば曲名にアンダーラインを引いて重点強化曲に指定する、という流れ。明らかにムリという曲もやってから線を引く。そうだよ、やってみることが大事だよ。
結果、8曲ありました。中にはわれらのテーマソングもある。これはレパートリーとは呼んじゃあいけん。。
翌朝リーダーより、強化指定の8曲を6月の今昔市で全部やりましょう!とのお達しがあり、けっこう難しいことサラッと言うなあ…と思いつつ、3年目KAWAのポテンシャルと熱意を買ってのことであろうか、がんばるしかないね

20150530 (8)
イベントの最後に、くす玉を割って中からホタルを放流するっていうのをやりました。雨でちゃんと飛んで行くのか?と思われたけれど、立派に飛んだ!あとでnobuさん1匹つかまえて、写真に撮らせてもらったんだけど…この始末(ガラケーカメラですからね)。真っ暗で先の見えないときも、自分で考えていいものつかみとって行けばいい!とは思うが、この写真載せるのってよっぽど。ところでこれ言っちゃいけないヤツかもしれないが、ホタルの入ってたくす玉って、大きなプラスティックのザルかご2つ合わせて紙でくるんで作ってました。

しかしここまで、個人的な思いとしては“誰でもの音楽”を標榜してやってきたKAWAだけど、それはやはりグループとしてのかたちを持ってしまったならば、保っていきたい領分が生まれるのは自明なこと。
当初自分たちのやりたい曲をやろうとだけ決めて始めたKAWAが、そうしたところまで至れたということでもあり、実際各所のステージでまずまず独自のカラーを披露できている点をみても、ひとつの役目を過ぎ次の段階へと進めたということ、ひとつお祝いしてあげていいことなのだと思います。
だけど“自分自身で考え表現していく”場としての音楽を、キャリアの有無や老若男女貧富の差はては百姓や商人といった身分を問わず、志ある人々に広く開示するところも「つねに」ほしいと思うのだ。
既存の教育や型や取り決めや楽譜などの人形となることなく、自らの心と身体を通して感じ奏でる、僕の考える本来の音楽を求めていきたい。
その実現に向けまた新たに動きだす…かもしれない。まあ一人で笛吹いてるときでもほぼほぼやれてることなんだけど、かたちのあるグループもやっぱりおもしろいし、音楽を楽しめていればどういうスタイルであれとても価値のあることに違いはない。

20150530 (3)
練習あとに記念撮影。たいていみんな楽器抱えてエア演奏とかで写るのが通例でございますが、カメラのタイマーセットして急いでたし傘をつかんで持ってきた。いっぽうNishikiさんは いつもバッグ持ってるような印象。

さて話を戻して、課題の19曲をものにして、これぞKAWAの音楽!と示せるように、ひょっとしたらこの夏にもなれそうな勢いだ(少なくとも気持ちはね)。そしてその先にある新たな地平を見渡したいものよ。
ただけっこう険しい道のりだしレギュラー練習以外にも自主練積んで、当日あたりは梅雨真っ盛りだろうけど今昔市ライブでひとついいステージできるようがんばりましょうぜ

KAWA今後の予定:

6月20日(土) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて14:30から
6月27日(土) 次々回練習 玖珂あいあいセンターにて14:30から
6月28日(日) 普賢寺 今昔市でストリート演奏 9:00~
スポンサーサイト

階はじめました

活動歴CM(0) TB(0)

ちょっと前になりますが、25日の月曜夜は いつものArco練習でした。

20150525s (5) photo by Natacha
いざともに学ばん!「階」のギター練習中。

予定がないので今週ものんびりモード。
最近の必修取り組み曲としてはサンフアニートの「オタバレーニャ・ワルミ」。Fのキーがむずかしいんだけど、しかし早くもかたちにはなってきた。バイオリンもよくキマっている。
しかし完成すると飽きていくっていうアルコイリスの傾向からしてみると、いいようなよくないような…。せめて秋まではもってほしいぞ。
ちなみに“ワルミ”というのはキチュア語で機織りさんのことです。オタバロの織り姫さん。

20150525s (3) 20150525
photos by Natacha
左:「階」の間奏のメロディラインを弾いてほしいというので教わり中。すーちゃんの構想ではエレキギターがいいんだって!
右:Natachaさんがピアノマラソンのときに録ってくれていた演奏映像、記念のDVDにしてくれました☆


飽きないようにというわけでもないけれど、ワルミさんはいったん置いといて。
先週土曜日のピアノマラソンで(そのときの記事 → “アット・ザ・スタインウェイ!”)、すーちゃんと僕のデュオ“カンペシーノス”で演奏してきた Suzuma作曲のオリジナル「階 -KIZAHASHI-」を、今度はアルコイリスでもやってみようということに。
こちらもB♭調のキーがやっかいながら、弦はカポをあてればごく簡易なコード進行。サンポーニャも半音部を3/5も使うけど、ABC3種の基本旋律のみっていうシンプルな構成になっているから、慣れればなんとかなりそうだ。それにいい曲だからやってみたいよな~!

ところでその、カンペシーノスによる「階 -KIZAHASHI-」のムービーがアップできました

動画:階 -KIZAHASHI- at the Steinway  『階 -KIZAHASHI-』 at the Steinway

大きなホールのグランドピアノでの、デュオとしても曲としても初演奏。
ランドセルを置いたばかりだというのに、すでに自ら音を紡いで自在に飛んでいる。成長ぶりは感嘆のほかなく、それにしてもあっという間の出来事に思えます。
いっぽう笛さんはスタインウェイに完敗だった。。研さん積んで、セッション力も鍛えて、デュオでもたくさん演奏できるようがんばっていくぞ

20150525s (4) 20150525s (2)
photos by Natacha
補給しながら練習マラソン。しんどい曲が多いからね、楽譜も7枚とかあるんでございますよ最近のは。


取り組み始めたフォルクローレ・コンフント版の「階 -KIZAHASHI-」は、来春の初演をめざします。卒業ソングですし。
ゆったり長~く構えて、いっしょに大きくなっていきますで。

さて話は「オタバレーニャ・ワルミ」に戻って、大きな難点がもうひとつ。まるで呪文のようなキチュア語の歌詞が覚えきれない。
この日もひとり歌詞カード見ながら歌っていると、なんということでしょう、まっしーが演奏しているのを聴いて即座に歌っているではありませんか!もちろん歌詞など見ていない、いったいどういう能力なんだろう?
しかも高く透る声で、本場の歌い手さんのような雰囲気がある。これは才能発見、しっかり開花させようじゃないの(歌ってもらえると こっちも大助かりっていう算段ももちろんアリ)。

20150525s (1) photo by Natacha

どんどん大きくなっていってる かつての幼な子に引っ張られるかのように、メンバーみんなも成長していってる気が、うすらぼんやりながらもしている今日このごろ。
大好きな、やってみたい曲に取り組めてるんだし、そりゃ当然よ。この追い風にのって伸びまくっていこう

KAWAの演奏 ~ 今昔市のち笛遊び

nosaレポートCM(9) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。なかなかいいお天気だった24日の日曜日、まずは光市室積の普賢寺(ふげんじ)にて毎月第4日曜開催の“今昔市(こんじゃくいち)”にて、定例のストリート演奏をさせていただいてきました。

20150524 (1)
Suさんと記念撮影。クスノキさんも新緑だ、なんだかフレッシュだぜ。

この日参加できたメンバーは、nobuさんとわたくしの2名。
たいへん手薄な状況も、しかし天の恵みでございましょうか、この日は助っ人さんがお二人も来てくださいましたよ(というか見に来てくださったのだろうけれどもそこはやはり戦力として考える)。

始まってすぐころにいらっしゃったロス・コイジスメンバーのSuさんとは、「コンドルは飛んで行く」や「花祭り」、「マリポーサ」などの定番に、「ポトシ・ノ・ソイ」や「オリャンタイ」といったSuさんのレパートリーも、ケーナやサンポーニャで即席で演奏。
アンデスの中でもペルーを音楽性のルーツに持つSuさんの奏でる音色は、やさしく なつかしく かつしっかり異国の雰囲気をそなえていて(ただ上手な人は多いけれどこういう方はなかなかいない)、それはそれは楽しいひとときでした。
Suさんとはそのうちミニ音楽会で、KAWAともセッションすることになりそうで、そちらのほうもがんばりましょう~!

20150524 (12) 20150524 (10)
ところかわってこちらは同じ市内の冠山総合公園です。花菖蒲が咲きほこる園内はイベントでも大賑わい。

しばらくして今度は、徳山のフォルクローレ・グルーポ、周南エスペランサを主宰されているIsoさんも、バイオリン抱えてお見えになりました。
エクアドルのフォルクローレがとってもお気に入りなIsoさん、そりゃあやりますサンフアニート。「フヤニマリ」や「新しい世界」といったナンバーをリズムにのせてのびのびと披露してくださいました。新規取り組みのファンダンゴや超難曲のクエカも良いではないですか、情熱もってがんばっておられますねえ!
こちらIsoさんとも、夏に周南エスペランサさんの出演イベントでご一緒させていただくことになるかも。サンフアニート尽くしにしたいと画策されてるようで楽しみというほかなし。

といった助っ人お二人の力を借りて、KAWA最小サイズのステージもお昼前には無事終了となりました。ありがとうございました。
といっても後半は、見に来てくれた子どもと遊んでばかりだったけどね。nobuさんは停めたバイクに乗せてあげたりジャイアントスイングしたりしていた

20150524 (13)
日本人ならしっかり感じて楽しんでおきたい、風土に育まれた笛の音色の美しさ♫

それにしてもペルーとかエクアドルとか、自身の原点やルーツを持ってるっていうのは素晴らしいことですね。というかやっぱりかっこいいですよ、僕は今のところ無国籍だけど いつかここだってところを訪ねたい。
竹の笛を奏でる点では日本に暮らす僕らにも大いに通じるところであり、どうしてだかどうにも魅せられてしまう。

さて午後からは場所を移って、普賢寺からクルマで5分ほどの冠山総合公園で前日から開催されていました想・創まつりに行ってきました。
だんだんと回復していったお天気もあって かなりの人出でございました。クラフトはじめ販売のテントがずらっと並んだメイン広場のまわりでは、買い物や体験を楽しんだり木陰で涼んだり、散策したり遊んだり、もちろんステージでの出しものも見物しつつ、家族連れを中心にみなさん思い思いにすごしていらっしゃいました。

20150524 (11) 20150524 (15)
それではラストにみなさんのリクエストにお応えして可能な限り演奏します♪nobuさん「岬めぐり!」でもMさん知らないってことで却下(結局「瀬戸の花嫁」の演奏でしめくくりとなりました)。ガックリnobuさん、前日のステージのときから言おう言おうとあたためていたY.コータローの曲。仕方がないのであとで一人で吹きながら、古い時代のだから~だとか談義に花を咲かせました。ドンマイ、今度デュオでやりますか!ちなみに僕は知ってたっす。

お目当ては、“笛遊びの会”さんによる篠笛のステージと試し吹きもできる販売ブースであった。春の三倉岳のイベント前に練習に遊びにきてくださったYoshiさんからの紹介で、ストリート終えてすぐにnobuさんといっしょに行ってきました。
リーダーのMさんはじめ4人のグループ演奏は、Mさん以外は吹き始めて1年に満たない方たちばかりながらそうとは思えない見事さで、最初さすがに緊張されていたのがだんだんとエンジンかかって息も合って、しかし終始みなさん芯のあるよく通った息と美しい立ち姿、バッチリよいステージに仕立て上げていらっしゃいましたよ!
腕前ももちろんだけど曲の組み立てや編成もよく考えていらっしゃるなあって感じたし、思っていたよりも明るくオープンな音楽性でその点もよかった。しかしリズムパートや伴奏楽器なしでも笛だけでこんなに表現できるものなのだなあ

20150524 (16)
この日のおまつりの最後の出しもの、若手ギターボーカリストHassanくんのステージは、nobuさんがおススメしてくださって見ていたら、えらく感動!曲と楽器と会場と自分自身が一枚になって一人の表現者となって湧き上がったとでも言いましょうか、心揺さぶられました。夜の大河には毛利候もお出ましになられてたし、涙出ますネ…志抱えて、輝いていこうぜ!

ステージの前後、お店でいろいろ見せてもらった篠笛。試し吹きさせてもらって音色や構造を確かめたり、奏法について話を伺ったり。
同じ竹の笛なので共通点は多いのだけど、奏法の面で大きな相違が生まれている気がする(個人的には口先の小技術を徹底的に廃した究極形、いかに腹底(大地)からの息の流れをダイレクトに伝えていくかということに主眼が置かれているように思いました。南米アンデスももとはひょっとするとそうだったかな?西洋やアフリカの要素が加わって、リズムで遊ぶ余地があるようで、僕はやっぱり両方あるのが好みかな)。

あとオカリナと同じようにキー(調)ごとにそれ用の長さの笛が全部(12種)ある、んだと思う。そのうち最も篠笛らしい特徴の音色が出せるのが七本調子だそうで、一般的にはこれを吹くことが多いんだって。
種々ある調子のなかでも六本調子(確認してみたらケーナでいうB♭管にほぼ近い仕様)と八本調子(同C管)はフォルクローレでも使えるっぽかった。その計算でいけば三本調子(同G管)なんてうってつけなんだけど、篠笛はケーナやフラウタに比べて音高の割に長さがあるので、丈がC管ケナーチョ級にデカくって、実際演奏も指が届かなくてかなりしんどいらしいです。

20150524 (4)
ストリートライブによく遊びに来てくれるSくんYちゃん姉弟も、バイオリンに興味津々なようだった。このあと弾かせてもらえてよかったな!nobuさんのバイクのメットかぶり体験もしてました。

といった感じでまるまる、音楽に笛に浸った一日、いろいろと勉強になったしとっても楽しめました。長時間同行してくださったnobuさんたいへんたいへんありがとうゴザイマス
交流で得た、たくさん見させてもらったいいところは積極的に取り入れて、しかし自分たちのルーツも確立させて、よりよいものへと組み立てていけるといいな。
ともあれひとまずは課題のレパートリーをちゃんとものにしておかないとね。暑い季節に向けてますます情熱燃やして地道に基礎固めだKAWA

KAWA今後の予定:

5月30日(土) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて14:30から

アット・ザ・スタインウェイ!

演奏歴CM(0) TB(0)

23日の土曜午後、すーちゃんと米ガトーのデュオ“カンペシーノス”で、市民の大きなホールで演奏してきました

20150523s (1) photo by Natacha

ピアノマラソン みんなで弾こうスタインウェイ!』。
とある市民ホールの大ホールにある、世界で最も有名なピアノのひとつである“スタインウェイ”を市民に開放し、本格的な演奏を体験してもらおうという、文化都市H市における年に一度の催しなのでございます。
年齢や経験を問わず参加申し込みができ、演奏する曲目も自由で、また他の楽器との合奏や合唱も可能。しかも無料なのです。
ひと組30分の演奏時間枠をもらって朝から夜まで、計24組のピアニストたちが次々と演奏を披露していきました。学生や子どもたちがほとんどで、やはり女性が多いみたい。
観覧も無料なのだけど、お客さまといえば1000人入るホールにほとんど身内の応援がちらほらポツリ…。まあいわばゴージャスな舞台を気安く体験できるっていう、なんといってもそこが醍醐味なわけですよ。

このところ毎年参加を申し込んでグランドピアノ演奏を堪能させてもらっている すーちゃん。今年はピアノ独奏に加えフォルクローレで使う笛との合奏を企画して、わたくしがお相手をつとめさせていただくことになりました。
なにげに昨夏にコンビを組んでいた“カンペシーノス”のデビューステージではないか!がんばるぞっ。

20150523s (2) photo by Natacha

といっても結成した去年の夏に1回練習しただけの、このステージ前も曲と流れを決めたのみで合わせもしていないというカンペシーノス。まあ人前とは異なるわけだし、チャレンジととらえてできるようにやってみようかね(…といいつつ大きなステージにビビりまくりの笛吹きなのであった)。
すーちゃんが用意したプログラムはノクターン、旅立ちの日に、X-Japanから2曲、フォルクローレからはAmadoのユリイ、そして自身作曲のオリジナル「階 -KIZAHASHI-」の6曲。このうち3曲をケーナ&サンポーニャでセッションしました。

大まかに流れは決めていたとはいえ、進行は揺らいでおり、たゆたっており、お互い出方によって即応していかなくてはならないスリリングさ。
浮足立って順番を忘れたり、慣れてたはずの「ユリイ」も入りがメタメタになってしもうた。。初めてフルで吹いた「旅立ちの日に」は…初めてはうまくいかないということの確認に役立った。
6曲演奏終えて時間が余って、追加でやった2巡目の「階 -KIZAHASHI-」では、しかしコツをつかめたっぽかったぞっ!(というかようやくリハが固まった段階。)
これはちょっと自信になったし、シナリオ通りじゃない、生きもののような流れにその場で応えていく楽しさおもしろさを体感することができました。

20150523s (3) photo by Natacha

笛さんがあたふたやってるいっぽうで、ピアノを弾いてる すーちゃんは、とても落ち着いていて風格を感じました。
年に一度のこの日を楽しみにやってきて、ようやく会えた喜びでピアノと一体になっているかのような姿には、一緒に演奏していて安心感を覚えたし、舞台のそでで聴いた独奏にもまたしみじみとさせられた。
立派に大きくなった姿を披露してもらっただけでなく、こうしてセッションもさせてもらって、ほんとにありがとう

そうそう近所に住んでるPiyoちゃんも、歩いて聴きにきてくれましたでよ 来年はステージで演奏する側もよろしかろう…というかこれはぜひ体験させてもらっておくべき!
グランドピアノの音の大きさ美しさ、ホールの響きのよさといったらそれはもう、心地よいことこの上なし。今日僕は笛が上手になった♪とカン違いするところだった。またぜひ体験してみたいと思わずにいられない。こういう場所で演奏できるよう日々しっかりがんばっておこう

20150523s (4) photo by Natacha

ともあれ、デビューステージは市民ホールの大ホール!のカンペシーノスの初舞台のもようでした。
とっても楽しかったしこれからも、セッション演奏の腕もどんどん磨いて、そのうちほかのところでも演奏できるといいな

ブルジョワジーな夜

活動歴CM(0) TB(0)

18日の月曜夜はいつものArco練習でした。

20150518s (2) photo by Natacha
久しぶりにバイオリン教室。この日は「カントリー・ロード」のメロディラインが聴こえてきた。大好きな曲ということも手伝ってか、いきなりけっこうな上達ぶり。ところで先生がかなり偉そうだヨ。

いつものことだが演奏の予定がなんにもない。
なので気長に、秋あたりに完成できたらいいなあって感じで、お気に入りの曲をやってます。
サンフアニートとカントリーの、新規の2曲だけなんだけど、ともにキーがF(Dm)で弦も笛も少々しんどいし、その分腰を据えて取り組まねばならない部分もある。
なので夏を飛び越えて秋までのロングランのつもりです。ただ それまでに飽きないといいんだけどね~。

20150518s (3) 20150518s (6) 20150518s (4)
photo & decorated by Suzuma
すーちゃんが撮った写真をiPodのアプリでかっこよくデコレーション(顔のパーツなんかをいじって美顔とかにできるんだって)。まっしーのは素材がいいから加工してないんだと思うが、ほかの二人はなかなかオモシロい化け具合と演出になっております。真ん中の人は なんだかフランスの王侯貴族的。ブルジョアというかロイヤル。


ほかにも手をつけたい曲や必須曲もあるんだけど、前出の新規課題曲の難易度の高さと、メンバーの個人活動が忙しいこともあって、牛歩の状態。
まあこのくらいのほうが気持ち的にもキツキツにならないで、週に一度の音楽エンジョイタイムとして楽しめておりますよ。
それに余裕と遊びがあれば新しい展開も受け入れやすいってのもありますね。

20150518s (5) 20150518s (7)
photo & decorated by Suzuma
こちらは版画とか消しゴムはんこ風であろうか。


その個人活動のひとつ。
この土曜日にすーちゃん、地元のホールのグランドピアノを市民に開放して弾かせてもらえる年に一度の催しがあって、一昨年昨年とエントリーしていて今年も演奏してくるそうですよ

piano2015

ピアノ奏者のSuzumaくん、15:30からの30分の持ち時間。自分でプログラムを組んだ5曲を演奏予定です。
そのうち1曲は なんと、自ら作曲したオリジナル「階 -KIZAHASHI-」を初披露さらにわたくしも、ケーナ&サンポーニャでご相伴させてもらうことになりました
その「階 -KIZAHASHI-」、1曲で10分!あるバージョンらしく笛は旋律ほぼ吹き通し、しかも一度も合わせぬままぶっつけ本番突入でどうなることやらわからんが、ともあれ市民ホールの1000人は入る大きなほうのステージで長尺のセッション体験っていうまたとない機会だし、これはおーいにがんばるで~‼
ちなみに5曲のうち2曲は X-Japanの楽曲だそうです

20150518s (1) photo by Natacha

といった感じで、5月の半ばの練習風景でした。
来月あたりは みんなでライブなど聴きに行って、リフレッシュして、新しい取り組み曲もゲットできるといいな

KAWAの練習 ~ あのころを振り返ってみる

nosaレポートCM(3) TB(0)

みなさまこんにちはKAWAです。雨上がりの土曜の午後、本拠地で練習に励みました。

20150516 (2)

ゴールデンウィークなどあって3週間ぶりの音合わせ。参加人数が少ないのもあって感覚を忘れてしまったかのようで、春開幕の宴も遠い昔に思えます。
しばらく対外演奏の予定もないし、レパートリーの総ざらえをすることに。とくに昔かじったものの最近はすっかりなおざりになってる曲を重点的にこなしていきました。

「遠くの友」や「赤い雲」、「カゼイロ」など、昨年一昨年にステージで披露していた曲たち。以前はかつがつできていたが、成長した今となってはお手のものであろう!と。
取り組んでみた結果、それはよくなってたところも多々あるけれど、ほとんど変わってないところも。。ただ、結成当初と同じ3人で、できるように模索していたあのころを思い出しもした。
いつか大勢のグループですることになっても、最小単位の部分部分がしっかりしないといけないのは変わらない。今日は少人数だった分、そういうところをより見つめることもできました。

しかし…むずかしい曲やってたな~。
3年たっても合格点もらってないっぽいので、がんばろう。
出そろった今ある候補曲は、演奏1巡すれば最初のほう新鮮に思えるくらいたくさんあったし、自分たちの基礎メニューと掲げて地道に精進していくぞKAWA

KAWA今後の予定:

5月24日(日) 普賢寺 今昔市でストリート演奏 9:00~
5月30日(土) 次回練習 玖珂あいあいセンターにて14:30から

栄光のTEENAGER

活動歴CM(0) TB(0)

11日いつものArco練習の夜、めでたく13歳になった すーちゃんをみんなでお祝いしました。

20150511s photo by Natacha
電子ピアノにインドの横笛、アンデスの縦笛、葦の笛。いろんな楽器でカントリー・ロード。

中学1年生の春。そしてティーンエージャーの仲間入りの13歳。オメデトウ‼
開始早々にみんなからいろんなプレゼントをもらってました。ビンテージ感あるスマホのカバーに、大好きなX JAPANのDVD、エクアドルの指人形などなど
僕らも、姫路城帰りに立ち寄ったのであろう 岡山づくしロールケーキのお土産いただきました。マスカット甘納豆きびだんごまで入っとった!アリガトウヨ~。

そしてマイブームなのか、めでたいことは自らお祝いするスピリットで、この日はキーボードを持ち込んでBGM的にずーっと弾いててくれました。ほんといつの間にと思うほどに、即興的に流れるように。すっかり大きくなったけど、まだまだ大きくなりそうだ
ところでこの再来週には地元のホールで、備え付けのグランドピアノが市民に開放され弾かせてもらえるイベントがあって、すーちゃんも演奏体験してくるんだって。この春に作曲したばかりの「階 -KIZAHASHI-」も演奏予定だヨ(わたくしも笛でセッションいたします)。13歳の“今”をしっかりぶつけてこいよー!

さて曲練習ですが、まっしーの持ち曲に仕立てたい「カントリー・ロード」を、作ってきた楽譜をもとに初合わせ。キーとか、旋律とか、いろいろむずかしいが、長い道のりなのはわかっているさ、しっかり歩んでまいろうで。
そしてフォルクローレは「オタバレーニャ・ワルミ」をなんとかかつがつかじった。大事なことよ、結成して16年目、アルコイリスはフォルクローレ演奏グループなのだから。初心はずっと抱えてく。

といった感じで以上、すーちゃんティーンとなって初めての練習日のもようでした

風薫る季節のアンデス音楽ライブ

nosaレポートCM(9) TB(0)

大型連休明け直後の日曜日、イオンタウン周南で行われた“アンデス音楽♪ライブ”にお出かけしてきました。

20150510 (1)
風も心地よく通り抜けるセントラルストリート前の広場。

当日の午前中にnobuさんから「やってるらしいよ」と連絡をもらって、畑仕事やラジコン飛ばしてる場合じゃない!と、急きょ駆けつけてみると、ちょうど1回目のステージが終わったとこだった。
でもCさん、顔覚えててくれて握手してくれました。無事帰って来られてまた会えてヨカッタ!
その後はnobuさんやHatchan&Tamachanといっしょに午後1時と3時からのステージをたっぷり楽しみました。

20150510 (4)
昨年冬からインド、シンガポールをめぐって、こちらへは半年ぶりになりますね。背後の山なみの景色もふるさとに似てお気に入りなのだそう。

今回のライブは急に決まったらしくて、開催を知って聴きに来てた人はごくわずかだったろう。全体的にも観覧者は少な目だったけれど、しかし回を追うごとに多くなっていってました。
長旅終えて久しぶりの日本の片田舎での演奏は、思いのほか以前と変わらぬふうに元気にのびのびされてたのが印象的だった。すぐそばあちこちに山の緑しかし人もそこそこいて、いろんな距離がある意味いい塩梅で、案外このくらいの環境が落ち着くのかもしれんなあ。
それにこんなよい季節にお天気にも恵まれて、葦や竹の笛の自然な音色は、初夏の風とともにたくさんの人の胸に届いていたことでございましょう。

20150510 (10) 20150510 (7)
水や空気のおいしさやふだんの生活のなにげないことが、いちばんの贅沢と知る以前に、ここでこんなにかなりの贅沢させてもらってるから、いっぱい応援して学んでお買い物して帰ろうか♫ ということでさて右は、Cさんがインドから調達してきた横笛“バンスリ”をさっそく1本購入。しっかり調律された演奏仕様ながらお手ごろ価格で、CやD#やA#など各種ありました。僕が手に入れたのは日本の曲やフォルクローレ曲にも使えそうな高音4F(ケーナ等でいうC管)。軽やかさとかすれの具合が篠笛に似ている気がする。インドのユニーク奏法も教わったでョ。

3回目のステージでは、おそらくライブ会場だけで手に入るとってもお買い得なミニCDのvol.2に収録の、「君の香り」や「新しい世界」といった やさしい旋律が心に沁みるナンバーが立て続けに演奏されて、今日ここに来ることができてよかったなあといたく感動したのであった。
そのミニCDの第3弾もじきに作成するそうなので楽しみに待ちましょう。次もきっと見に行くぞ

20150510n (3) photo by nobuさん
そうそう、Cさんが録音の際にも使っているプロ仕様のクロマティック(3列)サンポーニャも売ってました。いいものでしかも安くて悩んだが…。ひとまずシュールな表情がカワイイ指人形を2種購入。たくさんあっておもしろかった。ライブ見に行くたびにだんだんコンプリートってのもいいかもしれない。

思いがけないタイミングだったし、元気な姿に会えてまず何よりで、やっぱりプロ奏者のいい音にじかに触れることは大きな気づきも得られて収穫大の一日になりました。Cさんありがとう‼
その、遭えば幸福になれそうなCさんライブ、再来週は門司港で、6月中旬には再び山口県、今度は防府で開催予定だそうなので、ここかな?っていうショッピングモールや会場のチラシやサイトのチェックにも日々勤しんでおかないとね。
やっぱりアコースティックな音楽っていいな!それではまた☆

ファンダンゴ・スイート

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

エクアドル出身のミュージシャン、セサル・マイグア(Cesar Maigua)作曲のナンバー「ファンダンゴ・スイート(Fandango Suite)」です。Sisayのライブミュージックビデオでどうぞ。



スペイン起源の舞曲“ファンダンゴ(Fandango)”のリズムにのせた、「ロサ・パヤマミータ(Rosa Payamamita)」と「ルミ・ティオ(Rumi Tio)」の2曲メドレー。
前半1曲目はバイオリン、後半2曲目でバンドリンと、エクアドルの民族音楽を象徴する楽器で奏でられる旋律は異国情緒にあふれ、また後半ベースが加わるほかはギターとパーカッション(カホン)のみの簡素な構成ながら、動的で深みのある演奏となっていて、なんといっても兄弟ツートップの弦楽器重奏がとてもよいね。

このライブ演奏を参考にMIDIを作ってみました。

   Fandango Suite   クリックでMIDI試聴できます

キーはG(Em)調の前半はまあいいとして、後半は高難度のA(F#m)調に転調しますが、曲間にルイスさん、さっとカポあてて対応されてます。ただでさえストロークたいへんだし、いろいろ異なる2曲をつなげてるんだから、カホン以外はみんなお色直し。踊りも加わって楽しそう。
しかしシンプルな、打楽器と弦楽器伴奏だけで十分成立して魅了できるんだから、バイオリンとバンドリンの楽器単体としてのポテンシャルの高さに演奏力もスバラシイな

カントリー・ロード

その他の曲CM(0) TB(0)

フォルクローレの曲ではないけれど、いい曲だったらカバーして演奏してみよう。
ということで、1995年に公開されたアニメ映画『耳をすませば』の挿入曲およびエンディングテーマに使用された本名陽子版「カントリー・ロード」を、映画のワンシーン切り取りムービーといっしょにどうぞ。



原曲は、ジョン・デンバー(John Denver)によって1971年に発表されたアメリカのポピュラー・ソング「Take Me Home, Country Roads」(邦題:故郷に帰りたい)で、現在に至るまで多くのミュージシャンによってカバーされ、アメリカ・ウェストバージニア州の4番目の州歌ともなっているそう。
映画『耳をすませば』での日本語バージョンは、劇中で主人公の声を演じる本名陽子が歌っており、シングルリリース当時16歳。日本語訳詞は鈴木麻実子(プロデューサーの娘さん)で宮崎駿が補訳、編曲はこの作品以降スタジオジブリ作品に多く参加することとなった作曲家・野見祐二。

その映画挿入版をもとにMIDIを作りました。

   カントリー・ロード   クリックで試聴できます

このシーンを見て感動してバイオリン始めたり、リコーダーでカバーしたり、挫折したり、歌うことのよろこびに目覚めた人も多いのではなかろうか。
こちらの版の音楽ジャンルとしてはカントリー、もしくはアイリッシュフォークでいいのかな?古式ゆかしい感じの民族チックな見知らぬ楽器も使われてますが、とにかくバイオリン(フィドル)が印象的。
それさえ中心に据えてれば、アマチュアフォルクローレでもなんとかなりそうではありますね。少々難儀なFのキーへの備えをととのえて、ともあれ歩んでいってみよう。

ポプラール・メドレー その3

フォルクローレの曲CM(0) TB(0)

フォルクローレのポピュラー曲をリズムなどのくくりでつなげた、オリジナルブレンドのメドレー曲MIDIを作ってみました。その第5弾です。

 ☆ ☆ ☆ 

サンフアニートスⅠ

   Sanjuanitos Ⅰ   クリックでMIDI試聴できます

サンフアニート(Sanjuanito)のリズムの3曲メドレー。
このリズムの本場エクアドル出身のグルーポ、シサイ(Sisay)にゆかりのナンバーから選んでみました。

曲目は順に、「イン・ザ・ネクスト・ライフ(En la Proxima Vida)」【key:C(Am)】、「オタバレーニャ・ワルミ(Otavalena Warmy)」【key:F(Dm)】、「セレステ(Celeste)」【key:G(Em)】

もちろんMIDIは単品にてもございます。

   「En la Proxima Vida
   「Otavalena Warmy
   「Celeste


 ☆ ☆ ☆ 

実はこのメドレー曲、春の開幕ステージで演奏するつもりで作成したのでしたが、なにしろ本番1ヶ月前の時分でもあったし、メドレーに組んだどの曲も演奏はおろか練習も積んでいないものばかりで、さすがに即却下。
このメドレーの中から「セレステ」だけ演奏することになったのですが、どのサンフアニートもいい曲で、演奏したかったということよ。
それぞれの曲が熟達で、どれも演奏したいけど尺がないってときに、メドレーっていいよね。

プロフィール

アルコイリス

Author:アルコイリス
アルコイリスはスペイン語のArcoiris(虹という意味の単語)をカナ読みしたものです。
青年海外協力隊でボリビアに在住していたS.Yさんにより、1999年頃に結成されました。
山口県周南地区を中心に保育園や小中学校、各種イベントなどで演奏活動を行っています。
 メンバーは引越しなどで入れ替わりつつも現在6名、広い年齢層の個性的な面々です。
 また、設立当初は主に伝統曲を演奏していましたが、この頃は歌唱曲が増え、踊りの振り付けも本格的になってきました。衣装や音響設備に投資するお金がないのが目下の悩み・・・ 【written by Omu(2007)】

(2017年5月31日更新)
最近の演奏を動画でアップしました☆こちらをクリック → Arco動画
5曲ダイジェスト
2017.5.28 コーヒーボーイ光店前にて

今月の1曲

♪ 『Celestina

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク

YUCCA~ヤッカ~

SUZUMA OFFICIAL WEBSITE-banner
すーちゃんのホームページ


聴き、奏でる、誰でもの音楽


ロス・コイジス


グルーポ・タキ

yoshikichabunner
グルーポ長門 & YOSHIKI-CHA

nobubunner
nobuさんのフォトアルバム


ホルンのHANAさんブログ

wadabunner
Wadaさんのブログ


三倉岳休憩所

tiosanbanner
TIOさんのブログ

menchiku-banner
めんちくさんのケーナ工房

losandesbunner
ロス・アンデス(倉敷)


TOYO草薙 WEB SITE

198270_313833658711259_1658455039
山下Topo洋平 公式サイト


三角山放送局(北海道)

tokusanbanner
パーカッションTOKUさん

banner-casadelapapa
カサ・デ・ラ・パパ

アクセスランキング集計結果
このブログをリンクに追加する

link-guide
バナー
画像クリックでバナーページへ飛びます。

88x31
arcophotomini-banner

120x60
arco-banner03

リンクフリーです。よろしくどうぞ☆
月別アーカイブ(タブ)
FC2カウンター
フリーエリア
100000アクセスありがとう!!

虹 by Massy

音楽で、自由になる


真夏のストリート演奏

20160806-3
光市のBe.stにて


フリマ限定で販売中

20160618 (3)
手作り1000円ケーナ


今年のホワイトデー

20150216 (5)
アヒニットのケーナ歌口キャップ


今日の練習風景

20150420s (3)
ギターにチャレンジ


Arco家紋完成!

Arco cresta color
“虹鳥渡上手”


今日の2ショット

おそろいのショール、どう?
あこがれのCesarと


新衣装

イェ~イ!!
フロムしさい!あじあんでぃーな!!


今日の1枚 その2

たくさんの笑顔に会えますように☆
Qsi Qusi ロゴ by Massy



ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※ Omu家PCあて送信されます。
nosaこと米ガトーおよびほかのメンバーへはブログコメント、または拍手コメントにてどうぞ。
フォルクローレを聴いてみよう!
コンドルは飛んで行く 
 El Condor Pasa
 El Condor Pasa(Taquirari/Fox Incaico/Wayno)
花祭り (カルナバリート)
 El Humahuaqueno
サリリ (ティンク)
 El Sariri
チシ・マチャイクニ (ティンク)
 Chisi machaykuni
マリポーサ (モレナーダ)
 La Mariposa 2014
エライプエ (カルナバル)
 Elay Pue
泣きたい (サンフアニート)
 Huacanayajun 2017
カリニート ~ ホセのカンドンべ (クンビア/カンドンべ)
 Chicha Medley
アチャカチの娘 (ワイニョ)
 Achacachenita 2014
コーヒー・ルンバ (ルンバ)
 Moliendo Cafe 2015
アグアス・クラーラス (ティンク)
 Aquas Claras
チューニョの花の咲くころに (トバス)
 Cuando Floresca el Chuno 2015
カポラルで踊れ (カポラル)
 Baila Caporal
イミリタイ (ティンク)
 Imillitay 2017
ジョランド・セ・フェ (クンビア)
 Llorando se fue 2014
グアダルキビール (ビジャンシーコ)
 Guadalquivir
砂の城 (タキラリ)
 Castillo de Arena 2017
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
リャキ・ルナ (トリステ)
 Llaqui Runa 2015
サンフランシスコへの道 (トロテ)
 Camino a San Francisco 2015
セレステ (サンフアニート)
 Celeste 2016
ユリイ (サンフアニート)
 Yuriy
ボリビア (ワイニョ)
 Bolivia
コンドルは飛んで行く (ヤラビ~フォックス・インカイコ~ワイニョ)
 El Condor Pasa Ⅱ
オルロ (モレナーダ)
 Oruro
ワラ・ワリータ (トバス)
 Wara Warita
アミーゴ (カポラル/クンビア)
 Amigo
バイレシートス (バイレシート)
 Seleccion de Bailecitos
水辺の花 (カルナバル)
 Flor de Caña 2017
ワイノット (ワイニョ)
 Huayno-t
銀の首飾り (バイレシート風カルナバル)
 銀の首飾り
蜃気楼の歌 (ルンバ)
 Cancion Para Un Espejismo
希望の歌 (カポラル)
 Canto de Esperanza
出会い (カルナバル)
 Encuentros
エス・パラ・ティ (トバス)
 Es Para Ti 2015
ワプルー (カルナバル)
 Guapuru 2015
フヤニマリ (サンフアニート)
 Juyanimari
ソルテロ・リブレ (ティンク)
 Soltero Libre
コンドルは飛んで行く(三部形式) (ヤラビ/フォックス・インカイコ/ワイニョ)
 El Condor Pasa treselito
ウァリベレンの想い出 (モレナーダ)
 Recuerdos de Huari Belen
セリア (ティンク)
 Celia
カンデラリアの母 (モレナーダ)
 Virgen de la Candelaria
カマンチャカ (トバス)
 KAMANCHACA
クシ・サンフアニート (サンフアニート)
 Kushi Sanjuanito
ファルン (サンフアニート)
 Falum 2017
エストレリータ (ティンク)
 Estrellita
レグレサ (トバス)
 Regresa
ボララス (カポラル)
 Volaras
ムナスケチャイ (カントゥ)
 Munasqechay
ハラウィ ~ ペルーの太陽 (ヤラビ)
 Jarawi ~ Sol de Peru
エル・トレン・デ・ラ・ヴィダ (トバス)
 El Tren de la Vida
バイレ・デル・ケッツァル
 Baile del Quetzal
エス・アシ (トバス)
 ES ASI
プロメサス (クンビア・アンディーナ)
 Promesas
パンパ リリマ 
 Pampa Lirima
パチャ (ティンク)
 Pacha
シエンプレ・テ・アマレ (クンビア)
 Siempre te amare
ラサ・ミレナリア (トバス)
 Raza Milenaria
ミタヨの祈り (スィート・インカイカ)
 La Oracion del Mitayo
ミステリオス (ルンバ)
 Misterios
ラス・パラブラス (シクリ)
 Las Palabras
コロコリート (カルナバル)
 Kolo Kolito
パタク・ポジェリータ (シクリ)
 Patak Pollerita
花祭り (ワイノ)
 El Humahuaqueno en Peru
フエゴ・デ・アモール (ティンク)
 Fuego de Amor
フタン・ユラク (モレナーダ)
 Jutan Yurak
レーニョ・ベルデ (カルナバル)
 Leno Verde 2015
ハリャリャ・ティワナク (3部形式)
 Jallalla Tihuanaku
プル・ルナス (ワイニョ)
 Phuru Runas
アルトゥラス 
 Alturas 2017
アレキパ祭り (ワイノ)
 Carnaval Arequipeno
ワイノ (ワイノ)
 Huayno s
アルボリート (クンビア)
 El Arbolito
アンデスの夢 (トナーダ・ティンク)
 Sueno de Los Andes 2015
ウァチトリート (ビジャンシーコ)
 Huachitorito
エスペランサス (サンフアニート)
 Esperanzas
インバブレニータ (サンフアニート)
 Imbaburenita
ベサメ・ムーチョ (ビギン)
 Besame Mucho
コンドルカンキ 
 Condorcanqui
カリニート (クンビア)
 Carinito 2017
夏のタキラリ (タキラリ)
 Taquirari de Verano
ディアブラーダ (ディアブラーダ)
 Diablada
またいつか (タキラリ)
 Hasta Otro Dia
パハロ (サンフアニート)
 Pajaro
リャマの道 
 Camino de Llamas
セ・フェ (サンフアニート)
 Se Fue
ヤチャンチ (サンフアニート)
 Yachanchi 2017
ユリ (チュントゥンキ)
 Yuri
灰色の瞳 (サンバ)
 Aquellos Ojos Grises
サンビート (カポラル)
 Zambito
ワラ・ワリータ (シクリアーダ)
 Wara Warita
ルンバ・ランバダ (ルンバ)
 Rumba Lambada 2015
小さなフアニート (ティンク)
 Pequeño Juanito
キエレメ (ルンバ)
 Quiereme 2017
マラクン・ワワパ (シクリ)
 Malakun Wawapa
アロカワ (カルナバル)
 Arokawa
ウルバンバ (クエカ・アルヘンティナ)
 Urubamba
ススロス (カンシオン)
 Susurro
パノラマ (ルンバ)
 El Panorama
小さな思い出 (ヤラビ)
 Una Memoria Pequena
雪の夜 (ヤラビ)
 Noche de nieve
すぎし日の想い出 (ホローポ)
 すぎし日の想い出
遠くの友 (ワイニョ)
 Lejano Amigo
フアニータ (サヤ=カポラル)
 Juanita 2017
エン・トゥ・ディア (ヴァルス/ワイノ)
 En Tu Dia
フラメント (トバ-クンビア)
 Juramento 2017
ワイチェニータ (ワイニョ)
 Huaychenita
コンドル幻想曲 (モチーホ)
 El Condor Pasa Fantasma
テバス (サンフアニート)
 Te Vas
ラ・ロサ (トバス)
 La Rosa
オリャンタイ (ヴァルス/ワイノ)
 Ollantay
デスデレホス (クジャワーダ)
 Desde Lejos
素焼きのかめ (ダンサンテ)
 Vasija de Barro
草原のマルコ (ミロンガ/トロテ)
 草原のマルコ
ラグリマス (サヤ=カポラル)
 Lagrimas
ホワイトバッファロー 
 Bufalo Blanco
ため息 (クエカ?)
 Suspiros 2015
カンテラス (カルナバル?)
 Canteras
カウサイ (サンフアニート)
 Kawsai
コンドルは飛んで行く(ロス・インカス オリジナル) (ヤラビ/ワイニョ)
 El Condor Pasa - Los Incas ver.
サヤ・コルディエラ (サヤ=カポラル)
 Saya Cordillera
リャキ・ルナ(グルーポ・カンタティ バージョン) (ラメント・ワイニョ)
 Llaki Runa(Grupo Khantati)
クシクシ (サンフアニート)
 Kusi Kusi
インバブラ・デ・ミ・ヴィーダ (ダンサンテ)
 Imbabura de mi vida
エン・ラ・プロキシマ・ヴィダ (サンフアニート)
 En la Proxima Vida
コジータ (タキラリ)
 Collita
花祭り(ウニャ・ラモス バージョン) (カルナバリート)
 El Humahuaqueno〈Una Ramos〉
リャメラーダ (トバ)
 Llamerada
オタバレーニャ・ワルミ (サンフアニート)
 Otavalena Warmy
ファンダンゴ・スイート (ファンダンゴ)
 Fandango Suite
パストラル (ワイニョ)
 Pastoral
ワイラパ・ムスプイニン 
 Wayrapa Muspuynin
ソンコイマン (ヤラビ)
 Sonqoyman
風の踊り (ワイニョ)
 Danza del Viento
イスカンワヤ (カルナバル)
 Iskanwaya
オリジナル曲試聴コーナー
虹色のルンバ (ルンバ) 2008.02
 Rumba de Arco
砂漠のトラ (トバス) 2008.03
 Tigre del Desierto
日だまりの白ネコ (クエカ) 2008.03
 El Gato Blanco en el Sol-trampa
星の道 (タキラリ) 2008.03
 El Camino al Sol
陽炎ゆらり 2008.03
 Olas de Calor ~ルンバ・バージョン
楽園なんてない! (ラテン風) 2008.03
 No hay el Paraiso!
夏が来る (タキラリ風) 2008.05
 Verano Viene
見知らぬ街角 (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2008.07
 見知らぬ街角
雲は流れて (カルナバル) 2009.01
 La Nube que pasa
雪原の狼 (トリステ ~ トロテ) 2009.01
 Lobo Blanco 2016
水の旅人 (カルナバル) 2009.06
 El Agua se da la Vuelta 2016
星風 ~ Hoshikaze ~ (ワイニョ) 2009.12
 El Viento de la Estrella
焚き火でサンフアニート (サンフアニート) 2010.01
 TAKIBI DE SANJUANITO
見知らぬ街かど (アイレ・デ・クエカ・アルヘンティナ) 2010.01
 La Esquina Extranjera
早春のうた(円環のワルツ) (ヴァルス) 2010.01
 Anillo Vals
HAYATE ~ ニジドリのテーマ (ティンク) 2010.06
 HAYATE
やかんのあらし(七夕の星) (サンフアニート) 2010.07
 Tormenta Hervidor
霜月の花 (ヴァルス) 2010.10
 Flor Serenidad
なずな ~La Primavera 卒業のうた~ 2011.03
 La Primavera
アンディアモ (クンビアミックス) 2011.04
 Andiamo
チンボラソ (サンフアニート) 2011.04
 Chimborazo
木びきのモレナーダ (モレナーダ) 2011.05
 Escarabajo de Ciervo 2016
麦わらマーチ (マーチ) 2011.06
 Marzo de Paja
夜半の雨 (サンフアニート) 2011.07
 Lluvia de la medianoche
夏の夕雲 (ヴァルス) 2011.08
 Nubes de la Tarde
そら色風鈴 (タキラリ) 2011.08
 Swinging Wind Bell
カフェ・ボンバニータ (ボンバ) 2011.08
 Bomba Morena
センサシオン・ビエネ・マニャーナ (ヴァルス) 2011.11
 Sensacion Viene Manana
薔薇のタキラリ (タキラリ) 2011.11
 Taquirari de Rosas
セレスティーナ (サンフアニート) 2011.11
 Celestina
チャスキの祭り (サンフアニート) 2011.12
 SanJuanito de Chaski
白い湖 (トバス) 2011.12
 Cruzar el Lago
海渡るパランティカ (カルナバル) 2011.12
 Parantica Sita
ゆず湯のクエカ (クエカ) 2011.12
 Cueca de el Solsticio Invernal
エスパダデルディーア (トリステ/トロテ) 2011.12
 Espada del Dia
大統領宮殿 (モチーホ) 2012.01
 El Gobierno del Palacio
彗星エクスプレス (ティンク) 2012.01
 Comet Expreso 2016
センテレオ (ワイニョ) 2012.01
 Centelleo 2016
電気湯沸かし器 (カポラル) 2012.01
 Olla Electrica
モノクロームの雨 (ワイニョ) 2012.01
 Lluvia Monocroma
羽ひき野 (ヴィダーラ) 2012.02
 HAHIKINO 2016
サクラサクルンバ (ルンバ) 2012.02
 Rumba de Florecer
春になりました (サンバ) 2012.03
 Era Para Ser Feliz
アンパトの青い空 (サンフアニート) 2012.03
 El Ciero Azul Ampato
深緑の雨 (ワイニョ) 2012.05
 Lluvia Verde
つばめ (ヴァルス) 2012.06
 TSUBAME
暁のプラニティア (トリステ/トロテ) 2012.07
 Planitia de la Amanecer
時の砂 (バラダ) 2012.09
 Arena del Tiempo
雲のどこかで (クエカ) 2013.03
 Donde estas villar
太陽の下で (ビジャンシーコ) 2013.07
 Under the Sun
銀鮭の踊り (カポラル) 2013.08
 Raza del Salma
湯引きの鱧ルンバ (ルンバ フラメンカ) 2013.08
 Rumba Rico Rico Pescadita
霧の朝 (ヤラビ) 2013.11
 Manana Velado
ゆめさき (ヴァルス) 2013.12
 Danza del sueños
おうちえんソング 【全84曲】 2013.12 ~ 2015.3
 かもめのヒーロー
ゆきわらべ (トロテ) 2014.1
 Danza del Angeles
おれのむねにこい (トロテ) 2014.2
 おれのむねにこい
戦国のカバジョ (トロットバ) 2014.2
 El Caballo del Mundo Salvaje
蒼天の扉 (16ビート) 2014.3
 Avance Stratosphere
やぎのうた (ワルツ) 2014.3
 Lindo Cabra
階 -KIZAHASHI- (クンビアミックス) 2015.3
 Escalera a la Frontera
ハグレグモ (カルナバル) 2015.6
 Nube Callejero
クリスタルの空 (ダンサンテ) 2015.6
 Cielo Crystal
かなたの空に (サンバ) 2015.6
 Acá Nada!
風つむぎ (ヴァルス) 2015.6
 Tejiendo Vientos
はるかぜの丘 (ダンサンテ) 2016.02
 Paso de Montaña
早雲 -HAYAKUMO- (トバ) 2016.2
 Llanuras Ventosas
リベルタスの涙 (チュントゥンキ) 2016.2
 Libertas Tristeza
ディエンテデレオン ~春の日の思い出~  (サンバ) 2016.3
 Zamba del Diente de Leon
遠離 -Onriy- (16ビート) 2016.4
 Partiendo
小麦のエトゥデ (ワルツ) 2016.5
 Etude de Trigo
塩竈の人 (パサカジェ) 2016.5
 Shiogamano soy
シアトル (タキラリ) 2016.6
 Seattle
天上の街 (トバ) 2016.8
 Astawan Pata
遠い空 (バイレシート) 2016.8
 Cielo Lejos
セントロ (サンフアニート) 2016.8
 Barrio Antiguo
テレフェリコ (カルナバル) 2016.8
 Teleferico
太陽の広場 (ワイニョ) 2016.8
 La Plaza del Sol
栗色 (サンフアニート) 2016.9
 Maroon Road
オンザウェイバック (サンフアニート) 2016.9
 Viaje de Vuelta
こわれた風車 (アイレ・デ・クエカ) 2016.10
 Molino de Viento Rota
七夕の長いシャワー (アイレ・デ・クエカ) 2017.7
 Long time to take a shower
赤か白か (モレナーダ) 2017.7
 Rojo o blanco
リデル (アイレ・デ・バイレシート) 2017.9
 Líder
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数: